お題:何かの感覚 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:899字

冷え性
目を閉じるとうなじがひんやりとして、喉の奥からつめたいものがこみ上げてきた。冷たいものが喉の奥からこみ上げてくることはしょっちゅうあって、病気だったら嫌だなとスマホをたぷたぷスワイプしたのだが一行にヒットする気配がない。

思わず手のひらでまぶたを覆うと、生きているのが不思議なくらいの冷たい指先がまぶたにふれ、アイシングをはじめた。

やっぱり欲しい情報はないのだろう。

諦めてスマホをベッドの上に放った。一歩踏み出そうとして、そのまま足が麻痺する感覚にうずくまってしまう。喉の冷たさもさることながら、時折足が瞬時に冷えて立っていられなくなり、その場に倒れてしまうということも珍しくなかった。ひどい冷え性だからこんなことになるのだろう。そう思ったが、周りの冷え性に聞いてみても、誰もそういう経験はないのだという。末端は常に冷たい状態がデフォルトなのであり、そのように瞬時に冷えることはないし、ましてや歩けなくなるなんてことはないと。
では、この末端を凍えさせる原因は何なのだろう?

仕事は嫌いではないが、出勤途中に気分が悪くなり、ひどい時にはそのまま吐いてしまうこともあった。吐く時には決まって冷たい感覚が喉をせり上がってくるのだが、やはりこれも奇妙な感覚なのだという。胃の中にあるものや胃酸が冷たいはずはないだろうというのだ。
確かに吐いたものは冷たくない。ただ喉が冷たいだけなのだろうか。そう思いながら何度目か分からない吐き気を感じたのでトイレに駆け込み、便器に寄りかかった。その場で膝を着いたが気にならなかった。もともと、地べたに座ることをいとわない人間だ。

その後は頭だけがぼんやりと熱く火照っていて、やはり喉から全身に流れるように悪寒が駆け巡っていくのを感じた。この喉が冷たいのはどうしてだろう?思わず両手の平をかざして見た。

末端は氷のように冷たい。熱に触れても、どんどん冷気が製造されていくようにちっとも温まらない。誰かの手を握ると永遠に熱を奪ってしまうから、夏以外は決して人肌に触れられないのだった。内臓が集まっている胴体部分は温かいので、全身性の冷え性ではないのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

溟野 周の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:あいつの嵐 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:437字
自動ドアが彼のために音もなく開くと、勢いよく流れ込んだ湿気を含む風に体をなぞられた。けたたましく振る雨をかき回す風。このうっとうしさを払うように爽やかな秋が来る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:いわゆるお茶 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:368字
キンと冷たい真水をバケツに汲むのが彼女の日課だ。なみなみと注がれる軟水は空気をたっぷり含んでいて、そのまま飲んでもおいしい。冷たいままでも良いのだが、朝には温か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:何かの感覚 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:899字
目を閉じるとうなじがひんやりとして、喉の奥からつめたいものがこみ上げてきた。冷たいものが喉の奥からこみ上げてくることはしょっちゅうあって、病気だったら嫌だなとス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:春の太陽 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:415字
皆が直立し、腕を振り上げて吠えている。彼はただぼんやりとそれを見ていた。白いタイル張りの室内に閉じ込められてから、彼はもう頭を開ける気力もなく、ただぼんやりと「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:狡猾な暴走 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:763字
彼女が、またブチ切れて走り出した。馴染みの飲食店に酔っ払いが入ってきて、店の雰囲気や彼女の食べている料理を罵倒したからだ。そのあと、部下らしき人がぺこぺこあやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:未来の別居 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:568字
彼にプロポーズされたときから、彼女はすでに旧時代の言語の解読に成功していた。彼の言葉を翻訳した時、彼と結婚しても将来別居し、いずれ彼が自分で自分の人生を終わらせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:もしかしてジジィ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:766字
調教のありさまでステップを踏み、鳥が跳ねるボルテージが最高潮に達した。シャウトするギター、喉を突き上げひれ伏す歓声。ステージは熱狂の渦に包まれた。この渦の中心で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:小さな心 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:602字
血管系統がすべてあつまる心臓の造形、その家々、ギチギチとうごめく無数の猫のひげ。亜鉛色の粉薬の滝。意思を持った固形物の湖。彼が見ている夢はあまり気持ちの良いもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:部屋とYシャツと自動車 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:351字
彼女は部屋の前で自転車を止め、チリンチリンとベルを鳴らした。返事はない。彼女はため息をついてドアを開けた。彼女自身が2人寝そべることができるくらいの、1人でくつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:黒尽くめの足 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:625字
どうして、僕の生きがい。僕らは海から生まれて海へと還る。黒くつややかな尾ひれをなびかせながら泳ぐ。僕らは一定数生まれ、数が増えると古い順に海へと還る。海へと還っ 〈続きを読む〉