お題:何かの感覚 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:899字

冷え性
目を閉じるとうなじがひんやりとして、喉の奥からつめたいものがこみ上げてきた。冷たいものが喉の奥からこみ上げてくることはしょっちゅうあって、病気だったら嫌だなとスマホをたぷたぷスワイプしたのだが一行にヒットする気配がない。

思わず手のひらでまぶたを覆うと、生きているのが不思議なくらいの冷たい指先がまぶたにふれ、アイシングをはじめた。

やっぱり欲しい情報はないのだろう。

諦めてスマホをベッドの上に放った。一歩踏み出そうとして、そのまま足が麻痺する感覚にうずくまってしまう。喉の冷たさもさることながら、時折足が瞬時に冷えて立っていられなくなり、その場に倒れてしまうということも珍しくなかった。ひどい冷え性だからこんなことになるのだろう。そう思ったが、周りの冷え性に聞いてみても、誰もそういう経験はないのだという。末端は常に冷たい状態がデフォルトなのであり、そのように瞬時に冷えることはないし、ましてや歩けなくなるなんてことはないと。
では、この末端を凍えさせる原因は何なのだろう?

仕事は嫌いではないが、出勤途中に気分が悪くなり、ひどい時にはそのまま吐いてしまうこともあった。吐く時には決まって冷たい感覚が喉をせり上がってくるのだが、やはりこれも奇妙な感覚なのだという。胃の中にあるものや胃酸が冷たいはずはないだろうというのだ。
確かに吐いたものは冷たくない。ただ喉が冷たいだけなのだろうか。そう思いながら何度目か分からない吐き気を感じたのでトイレに駆け込み、便器に寄りかかった。その場で膝を着いたが気にならなかった。もともと、地べたに座ることをいとわない人間だ。

その後は頭だけがぼんやりと熱く火照っていて、やはり喉から全身に流れるように悪寒が駆け巡っていくのを感じた。この喉が冷たいのはどうしてだろう?思わず両手の平をかざして見た。

末端は氷のように冷たい。熱に触れても、どんどん冷気が製造されていくようにちっとも温まらない。誰かの手を握ると永遠に熱を奪ってしまうから、夏以外は決して人肌に触れられないのだった。内臓が集まっている胴体部分は温かいので、全身性の冷え性ではないのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Setsuka@ラムウ鯖 お題:ゆるふわ愛され笑顔 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
待ち合わせ時間まで、あと13分。彼女はきっと、今日も10分前になったら現れるだろう。我ながら意地悪だなぁと思うのだけれど、僕のことをソワソワと待っている姿を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:間違った幻覚 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1005字
寝ていたはず。寝ていたとは思いたい。だからこれは、夢である。夢じゃなきゃ困る。いや本当に、夢だよなこれは。うん。 これが例えば、ふと横を見たらクラスメイトのそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:肌寒い祖母 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:912字
あれだけ暖かかったおばあちゃんが、冷たくなっている。 棺に納められている姿は、ただ寝ているだけと勘違いしそうになる。しかし、あたしはおばあちゃんの寝ている所な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶるいがらっしー お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:494字
お前、それ苦手だって言ってなかったっけ、と友人に声をかけられたので、そうだよ、と返した。目の前にあるのは大嫌いな魚の煮付け。「ついに克服する気になったか。まあ食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「サイコロを振る」 「はい?」 「出た目の順番に会った相手にケンカを売りましょう」 「えー?」 人生に行き詰ったので、クスリと宗教とマルチと風俗とオトコとオン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの好きな音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:694字
私には好きな音がある。それはふとした時に聞こえてくる、一つのフレーズ。同じものがあっても同じ響きは、そして同じ意味は無い、誰もが持っている音。そう、本当になんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男浪漫 ※未完
作者:匿名さん お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:165字
ガリガリガリガリ、と音が鳴る。土塊を砕き、空気に溶かす。それは、積み上げたモノの悲鳴、または歓喜。先に逝くぜ、とでも言うように。ここでは輪廻転生が流行っているら 〈続きを読む〉

溟野 周の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:あいつの嵐 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:437字
自動ドアが彼のために音もなく開くと、勢いよく流れ込んだ湿気を含む風に体をなぞられた。けたたましく振る雨をかき回す風。このうっとうしさを払うように爽やかな秋が来る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:いわゆるお茶 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:368字
キンと冷たい真水をバケツに汲むのが彼女の日課だ。なみなみと注がれる軟水は空気をたっぷり含んでいて、そのまま飲んでもおいしい。冷たいままでも良いのだが、朝には温か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:何かの感覚 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:899字
目を閉じるとうなじがひんやりとして、喉の奥からつめたいものがこみ上げてきた。冷たいものが喉の奥からこみ上げてくることはしょっちゅうあって、病気だったら嫌だなとス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:春の太陽 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:415字
皆が直立し、腕を振り上げて吠えている。彼はただぼんやりとそれを見ていた。白いタイル張りの室内に閉じ込められてから、彼はもう頭を開ける気力もなく、ただぼんやりと「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:狡猾な暴走 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:763字
彼女が、またブチ切れて走り出した。馴染みの飲食店に酔っ払いが入ってきて、店の雰囲気や彼女の食べている料理を罵倒したからだ。そのあと、部下らしき人がぺこぺこあやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:未来の別居 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:568字
彼にプロポーズされたときから、彼女はすでに旧時代の言語の解読に成功していた。彼の言葉を翻訳した時、彼と結婚しても将来別居し、いずれ彼が自分で自分の人生を終わらせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:もしかしてジジィ 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:766字
調教のありさまでステップを踏み、鳥が跳ねるボルテージが最高潮に達した。シャウトするギター、喉を突き上げひれ伏す歓声。ステージは熱狂の渦に包まれた。この渦の中心で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:小さな心 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:602字
血管系統がすべてあつまる心臓の造形、その家々、ギチギチとうごめく無数の猫のひげ。亜鉛色の粉薬の滝。意思を持った固形物の湖。彼が見ている夢はあまり気持ちの良いもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:部屋とYシャツと自動車 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:351字
彼女は部屋の前で自転車を止め、チリンチリンとベルを鳴らした。返事はない。彼女はため息をついてドアを開けた。彼女自身が2人寝そべることができるくらいの、1人でくつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:黒尽くめの足 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:625字
どうして、僕の生きがい。僕らは海から生まれて海へと還る。黒くつややかな尾ひれをなびかせながら泳ぐ。僕らは一定数生まれ、数が増えると古い順に海へと還る。海へと還っ 〈続きを読む〉