お題:何かの感覚 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:899字

冷え性
目を閉じるとうなじがひんやりとして、喉の奥からつめたいものがこみ上げてきた。冷たいものが喉の奥からこみ上げてくることはしょっちゅうあって、病気だったら嫌だなとスマホをたぷたぷスワイプしたのだが一行にヒットする気配がない。

思わず手のひらでまぶたを覆うと、生きているのが不思議なくらいの冷たい指先がまぶたにふれ、アイシングをはじめた。

やっぱり欲しい情報はないのだろう。

諦めてスマホをベッドの上に放った。一歩踏み出そうとして、そのまま足が麻痺する感覚にうずくまってしまう。喉の冷たさもさることながら、時折足が瞬時に冷えて立っていられなくなり、その場に倒れてしまうということも珍しくなかった。ひどい冷え性だからこんなことになるのだろう。そう思ったが、周りの冷え性に聞いてみても、誰もそういう経験はないのだという。末端は常に冷たい状態がデフォルトなのであり、そのように瞬時に冷えることはないし、ましてや歩けなくなるなんてことはないと。
では、この末端を凍えさせる原因は何なのだろう?

仕事は嫌いではないが、出勤途中に気分が悪くなり、ひどい時にはそのまま吐いてしまうこともあった。吐く時には決まって冷たい感覚が喉をせり上がってくるのだが、やはりこれも奇妙な感覚なのだという。胃の中にあるものや胃酸が冷たいはずはないだろうというのだ。
確かに吐いたものは冷たくない。ただ喉が冷たいだけなのだろうか。そう思いながら何度目か分からない吐き気を感じたのでトイレに駆け込み、便器に寄りかかった。その場で膝を着いたが気にならなかった。もともと、地べたに座ることをいとわない人間だ。

その後は頭だけがぼんやりと熱く火照っていて、やはり喉から全身に流れるように悪寒が駆け巡っていくのを感じた。この喉が冷たいのはどうしてだろう?思わず両手の平をかざして見た。

末端は氷のように冷たい。熱に触れても、どんどん冷気が製造されていくようにちっとも温まらない。誰かの手を握ると永遠に熱を奪ってしまうから、夏以外は決して人肌に触れられないのだった。内臓が集まっている胴体部分は温かいので、全身性の冷え性ではないのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:年中さん お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:582字
「全軍、準備はいいか?」「アイアイサー!」「よろしい。わが同胞よ、我々は今日のために備えを果たしてきた。いざ出陣と、幾度思ったか知れない。その度、今ではないと耐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:黄金の車 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:132字
佑は繰り返すように笛の練習をしていた。すると、なにやらかすれた音が現れた。「うそ!?」佑は辺りを見回した。「なんだ、あの清掃道具か。」納得がいってて佑はふっと安 〈続きを読む〉

溟野 周の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:あいつの嵐 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:437字
自動ドアが彼のために音もなく開くと、勢いよく流れ込んだ湿気を含む風に体をなぞられた。けたたましく振る雨をかき回す風。このうっとうしさを払うように爽やかな秋が来る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:いわゆるお茶 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:368字
キンと冷たい真水をバケツに汲むのが彼女の日課だ。なみなみと注がれる軟水は空気をたっぷり含んでいて、そのまま飲んでもおいしい。冷たいままでも良いのだが、朝には温か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:何かの感覚 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:899字
目を閉じるとうなじがひんやりとして、喉の奥からつめたいものがこみ上げてきた。冷たいものが喉の奥からこみ上げてくることはしょっちゅうあって、病気だったら嫌だなとス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:春の太陽 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:415字
皆が直立し、腕を振り上げて吠えている。彼はただぼんやりとそれを見ていた。白いタイル張りの室内に閉じ込められてから、彼はもう頭を開ける気力もなく、ただぼんやりと「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:狡猾な暴走 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:763字
彼女が、またブチ切れて走り出した。馴染みの飲食店に酔っ払いが入ってきて、店の雰囲気や彼女の食べている料理を罵倒したからだ。そのあと、部下らしき人がぺこぺこあやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:未来の別居 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:568字
彼にプロポーズされたときから、彼女はすでに旧時代の言語の解読に成功していた。彼の言葉を翻訳した時、彼と結婚しても将来別居し、いずれ彼が自分で自分の人生を終わらせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:もしかしてジジィ 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:766字
調教のありさまでステップを踏み、鳥が跳ねるボルテージが最高潮に達した。シャウトするギター、喉を突き上げひれ伏す歓声。ステージは熱狂の渦に包まれた。この渦の中心で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:小さな心 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:602字
血管系統がすべてあつまる心臓の造形、その家々、ギチギチとうごめく無数の猫のひげ。亜鉛色の粉薬の滝。意思を持った固形物の湖。彼が見ている夢はあまり気持ちの良いもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:部屋とYシャツと自動車 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:351字
彼女は部屋の前で自転車を止め、チリンチリンとベルを鳴らした。返事はない。彼女はため息をついてドアを開けた。彼女自身が2人寝そべることができるくらいの、1人でくつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:溟野 周 お題:黒尽くめの足 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:625字
どうして、僕の生きがい。僕らは海から生まれて海へと還る。黒くつややかな尾ひれをなびかせながら泳ぐ。僕らは一定数生まれ、数が増えると古い順に海へと還る。海へと還っ 〈続きを読む〉