お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:769字

彼と彼女と円周率と
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。
算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるものだ。
一時期今の学校は円周率を一律「3」に教えている、なんて噂も流行ったが、私の学校では無縁のものだった。

クラスの中でいつもトップ争いをしていたのは、私とハルキだった。
ハルキが小数点100までの数を暗唱してみせれば、私が101までを唱えてみせる。
そんなイタチごっこの勝負がずっと続いていた。

それは授業中や皆の前だけではなかった。
いつしか放課後、2人で空き教室にいき、円周率の暗唱勝負をするのが私達の日課になっていた。
片方が暗唱するのをもう片方が円周率が延々とのったプリントを眺めて聞くという寸法。
もちろん相手が間違えれば容赦なく指摘する。
負けん気旺盛に挑みながら、どこか楽しく心躍る時間でもあった。

それは12月の終業式の日。
いつものように私とハルキが空き教室に入ると、ハルキが唐突にいった。
「俺、冬休み中に引っ越すことになった」
HRでも発表されないことだったので、私は初耳だった。酷く驚いた。
「だからお前との勝負も、これで最後になる」
そう呟く彼の声が寂しそうに聞こえたのは、気のせいだったろうか。

勝負は私の先行で始まった。小数点120まで言った処でトチってしまった。

次はハルキの番。順調に進んでいったが、110の数が違っていた。
私はそれを聞き流した。
そのまま、ハルキは125まで数え上げた。

「…負けたわ、あんたの勝ちよ」
「へへ、どんなもんだ!」

ハルキはミスに気づかないまま元気に勝どきをあげたが、次の瞬間涙を流してしまった。
私も続いて涙を流した。

だから12月に限り、私の中の円周率は、今でも1つだけ数が違っている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:意外な熱帯魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:416字
タイの田舎町に、魚のお祭りっていうのがあるんですよ。居酒屋のカウンター席で、隣に座ったおやじが話しかけてきた。箸の先に、なんだかわからない魚の切れ端をつまんで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:頭の中の経験 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:940字
私はアンドロイドだ。マスターが、かつての恋人を模して作った。その恋人は、不幸にも交通事故で亡くなってしまった。彼女を深く愛していたマスターは、嘆き悲しみながら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:苦し紛れの宴 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2015字
「さあ皆、俺たちの仲だ。遠慮せず楽しくやってくれ」ホストの菊水が音頭を取ると、全員が一斉にグラスを挙げて乾杯した。菊水晴彦。鴻上晃、その妻恵美。天野勝平。菱川英 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:臆病な夕飯 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:940字
10歳の皇帝は、いつも夕飯の時間を迎えるのが怖かった。いつ、自分が食するものに毒が仕込まれているか、しれた者ではなかったからだ。父である前皇帝の死去に伴い幼い彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:冷たい娼婦 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1092字
バイトの空き時間にスケッチをしていると、突然彼女が近寄ってきた。「一生懸命、何を描いているの?」「あ、これは…」ひょいとスケッチブックを取り上げられ、僕は赤面す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:純白の馬鹿 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1029字
ディスプレイの前で2時間ほど粘ったが、一行も書けなかった。俺は画面から離れ、疲れた眼をもみほぐしながら煩悶する。小説がまったく書けなくなって、かれこれ一月ほど経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ねじれた空想 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1845字
「兄さん、私と付き合いましょう」「突然何を言いだすのだ、妹よ」「私も兄さんも花の高校生だというのに、未だに異性と付き合った経験がありません」「悲しいが、まあその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:軽いぬるぬる 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:998字
昔から、俺はぬるぬるしたものが嫌いだった。子供の頃、どうしても納豆を食べることができず、残してはよくお袋に叱られた。海釣りに出かけた時、吊り上げてしまった蛸が生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ぐふふ、解散 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:852字
弟と美枝子を取り合い、俺は敗れた。潔く身を引く程人間が出来ていない俺は、弟を殺して美枝子にその罪を被せることに決めた。大企業の御曹司として生まれた選ばれた人間で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:最強のボーイズ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:835字
"白騎兵"の名を知らぬものは、周辺国にはいないだろう。一騎当千の猛者たちで編成され、戦場を縦横無尽に駆け抜ける白装束の騎馬集団。その正体は、全員が死刑に相当する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
石竹の押し花 ※未完
作者:いしゅと お題:子供の暴力 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1640字
十数年ぶりに訪れたその街で、横峯くんと出会った。記憶の中には小学生の彼しかいないはずなのに、すぐ彼だと気づいたのが我ながら不思議だった。向こうも私に気づいたらし 〈続きを読む〉