お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:769字

彼と彼女と円周率と
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。
算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるものだ。
一時期今の学校は円周率を一律「3」に教えている、なんて噂も流行ったが、私の学校では無縁のものだった。

クラスの中でいつもトップ争いをしていたのは、私とハルキだった。
ハルキが小数点100までの数を暗唱してみせれば、私が101までを唱えてみせる。
そんなイタチごっこの勝負がずっと続いていた。

それは授業中や皆の前だけではなかった。
いつしか放課後、2人で空き教室にいき、円周率の暗唱勝負をするのが私達の日課になっていた。
片方が暗唱するのをもう片方が円周率が延々とのったプリントを眺めて聞くという寸法。
もちろん相手が間違えれば容赦なく指摘する。
負けん気旺盛に挑みながら、どこか楽しく心躍る時間でもあった。

それは12月の終業式の日。
いつものように私とハルキが空き教室に入ると、ハルキが唐突にいった。
「俺、冬休み中に引っ越すことになった」
HRでも発表されないことだったので、私は初耳だった。酷く驚いた。
「だからお前との勝負も、これで最後になる」
そう呟く彼の声が寂しそうに聞こえたのは、気のせいだったろうか。

勝負は私の先行で始まった。小数点120まで言った処でトチってしまった。

次はハルキの番。順調に進んでいったが、110の数が違っていた。
私はそれを聞き流した。
そのまま、ハルキは125まで数え上げた。

「…負けたわ、あんたの勝ちよ」
「へへ、どんなもんだ!」

ハルキはミスに気づかないまま元気に勝どきをあげたが、次の瞬間涙を流してしまった。
私も続いて涙を流した。

だから12月に限り、私の中の円周率は、今でも1つだけ数が違っている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Setsuka@ラムウ鯖 お題:ゆるふわ愛され笑顔 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
待ち合わせ時間まで、あと13分。彼女はきっと、今日も10分前になったら現れるだろう。我ながら意地悪だなぁと思うのだけれど、僕のことをソワソワと待っている姿を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:間違った幻覚 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1005字
寝ていたはず。寝ていたとは思いたい。だからこれは、夢である。夢じゃなきゃ困る。いや本当に、夢だよなこれは。うん。 これが例えば、ふと横を見たらクラスメイトのそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:肌寒い祖母 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:912字
あれだけ暖かかったおばあちゃんが、冷たくなっている。 棺に納められている姿は、ただ寝ているだけと勘違いしそうになる。しかし、あたしはおばあちゃんの寝ている所な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶるいがらっしー お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:494字
お前、それ苦手だって言ってなかったっけ、と友人に声をかけられたので、そうだよ、と返した。目の前にあるのは大嫌いな魚の煮付け。「ついに克服する気になったか。まあ食 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「サイコロを振る」 「はい?」 「出た目の順番に会った相手にケンカを売りましょう」 「えー?」 人生に行き詰ったので、クスリと宗教とマルチと風俗とオトコとオン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの好きな音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:694字
私には好きな音がある。それはふとした時に聞こえてくる、一つのフレーズ。同じものがあっても同じ響きは、そして同じ意味は無い、誰もが持っている音。そう、本当になんて 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:宗教上の理由で大学 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:812字
「離してくれ、俺はもうこんな大学いられないんだ!」そう言って立ち去ろうとする俺の肩を、友人の野上がつかんできた。「おい、いきなりそんなこというなんて、一体どうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昨日の粉雪 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:850字
龍彦は不機嫌だった。原因は昨日の午前中の積雪にあった。季節外れの異常気象により、四月だというのに雪が降りに降って、ついには一面の銀世界を現出させた。踏めばサクサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:捨てられた風 必須要素:化粧水 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1178字
「いつか空の向こうへ行ってみたいんだ」リアンがそう告げると、出会ったばかりの少女―確かシェーラとか名乗った―は不思議そうに首をかしげた。「どうして、そんなところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:黒い関係 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:832字
「ねー、やっぱりあの2人、怪しいよねえ」昼休み、私は同僚たちと噂話に花を咲かせていた。現在私たちのグループ内では、A子とB男の話で持ちきりである。「いつもこそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1060字
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。「はじめまして、あなたは世界で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:せつない夢 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1136字
名探偵には、ひとつの大きな夢があった。その夢に出会うために、彼は今日も事件現場に足を運ぶのである。「…以上が、この事件のあらましです」顔見知りの刑事に説明を受け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:臆病な靴 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:951字
その靴は、誰にも買ってもらえなかった。臆病で、ちょっとしたことがあるとすぐ逃げ出すからだ。「この前犬に吠えられただけで勝手に逆方向へ走り出して遅刻しちまった。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:私が愛したエデン 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1039字
跨線橋の上で、僕は去り行く彼女と向かい合っていた。冬だった。雪交じりに吹き付ける風が冷たかった。屋根もなく、左右に欄干が取り付けられているだけの、古い跨線橋だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:気持ちいい魔法使い 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:765字
この診療所は、どんな病気も立ちどころに直すと町中で評判である。訪れた患者もまるで痛みを覚えず、あっという間に症状が改善したことを不思議がっている。「まるで魔法み 〈続きを読む〉