お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:769字

彼と彼女と円周率と
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。
算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるものだ。
一時期今の学校は円周率を一律「3」に教えている、なんて噂も流行ったが、私の学校では無縁のものだった。

クラスの中でいつもトップ争いをしていたのは、私とハルキだった。
ハルキが小数点100までの数を暗唱してみせれば、私が101までを唱えてみせる。
そんなイタチごっこの勝負がずっと続いていた。

それは授業中や皆の前だけではなかった。
いつしか放課後、2人で空き教室にいき、円周率の暗唱勝負をするのが私達の日課になっていた。
片方が暗唱するのをもう片方が円周率が延々とのったプリントを眺めて聞くという寸法。
もちろん相手が間違えれば容赦なく指摘する。
負けん気旺盛に挑みながら、どこか楽しく心躍る時間でもあった。

それは12月の終業式の日。
いつものように私とハルキが空き教室に入ると、ハルキが唐突にいった。
「俺、冬休み中に引っ越すことになった」
HRでも発表されないことだったので、私は初耳だった。酷く驚いた。
「だからお前との勝負も、これで最後になる」
そう呟く彼の声が寂しそうに聞こえたのは、気のせいだったろうか。

勝負は私の先行で始まった。小数点120まで言った処でトチってしまった。

次はハルキの番。順調に進んでいったが、110の数が違っていた。
私はそれを聞き流した。
そのまま、ハルキは125まで数え上げた。

「…負けたわ、あんたの勝ちよ」
「へへ、どんなもんだ!」

ハルキはミスに気づかないまま元気に勝どきをあげたが、次の瞬間涙を流してしまった。
私も続いて涙を流した。

だから12月に限り、私の中の円周率は、今でも1つだけ数が違っている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:年中さん お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:582字
「全軍、準備はいいか?」「アイアイサー!」「よろしい。わが同胞よ、我々は今日のために備えを果たしてきた。いざ出陣と、幾度思ったか知れない。その度、今ではないと耐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:もしかして海辺 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:944字
私の脳裏に、突如波が浜辺を打つ光景が過った。「もしかしたら私は、海辺に住んでいた人間なのだろうか」頭に浮かんだ光景を必死に手繰り寄せようとあがくが、思いも虚しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:夜の母 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1078字
私の家は母子家庭でした。小さい頃から母と2人、薄汚れたアパートで暮らしていました。貧しい暮らしでしたが、自分が不幸だと思ったことはありません。冬の寒い夜など、母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:鈍い償い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:785字
住屋詩織は、前世で俺を殺した女である。あの時俺達は同じ国に属する戦士だった。ある時俺は敵国への逃亡を謀った。それを察知した前世の詩織が、裏切者を断罪したというわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:間違った机 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1177字
学年集会のために廊下に出していた机を教室内に戻す時、どうやら自分のと間違えて相原美咲の机を持ってきてしまったらしい。集会後はすぐに休み時間に入っている。教室内に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:トカゲの小説 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1002字
あなたはトカゲみたいね、と彼女は言った。どんな場所に行っても、自分を殺して同化してしまう、と。子供の頃は親の仕事の都合でしょっちゅう転校を繰り返していた。処世術 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:許されざるうどん 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:735字
蕎麦の名産地某県。ここでは今日も、武闘派達による”うどん狩り”が横行していた。町はずれに店を構えるうどん屋のドアが突如吹き飛ばされ、そこから武装した男たちが続々 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:初めての笑顔 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:858字
義理の妹の琴音は、笑わない女の子だった。父の再婚と共に継母が連れてきた少女だが、出会った時からいつもムスッとした表情をしていた。笑わない子供は大人には可愛げが無 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:孤独な整形 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1193字
私は自分が嫌いだった。自分の醜い容姿が嫌いだった。この容姿のせいでいつもいじめられていたし、友達もできなかった。小学生時分は休み時間や放課後、誰も話す相手もいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:天才の囚人 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:729字
独房が並ぶ薄暗い石畳の廊下を、王は反響音を響かせて歩いていた。つい先日、実の兄を弑しその王位を奪った、覇気にはちきれんばかりの野心家である。王は地下も最も奥にあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:斬新な野球 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:930字
西暦20××年、人類の中に突如出現し瞬く間に頭角をあらわしてきた超能力所持者がスポーツ界にまで進出したことで、野球の風景も随分の様変わりしていた。アナウンサー( 〈続きを読む〉