お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:769字

彼と彼女と円周率と
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。
算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるものだ。
一時期今の学校は円周率を一律「3」に教えている、なんて噂も流行ったが、私の学校では無縁のものだった。

クラスの中でいつもトップ争いをしていたのは、私とハルキだった。
ハルキが小数点100までの数を暗唱してみせれば、私が101までを唱えてみせる。
そんなイタチごっこの勝負がずっと続いていた。

それは授業中や皆の前だけではなかった。
いつしか放課後、2人で空き教室にいき、円周率の暗唱勝負をするのが私達の日課になっていた。
片方が暗唱するのをもう片方が円周率が延々とのったプリントを眺めて聞くという寸法。
もちろん相手が間違えれば容赦なく指摘する。
負けん気旺盛に挑みながら、どこか楽しく心躍る時間でもあった。

それは12月の終業式の日。
いつものように私とハルキが空き教室に入ると、ハルキが唐突にいった。
「俺、冬休み中に引っ越すことになった」
HRでも発表されないことだったので、私は初耳だった。酷く驚いた。
「だからお前との勝負も、これで最後になる」
そう呟く彼の声が寂しそうに聞こえたのは、気のせいだったろうか。

勝負は私の先行で始まった。小数点120まで言った処でトチってしまった。

次はハルキの番。順調に進んでいったが、110の数が違っていた。
私はそれを聞き流した。
そのまま、ハルキは125まで数え上げた。

「…負けたわ、あんたの勝ちよ」
「へへ、どんなもんだ!」

ハルキはミスに気づかないまま元気に勝どきをあげたが、次の瞬間涙を流してしまった。
私も続いて涙を流した。

だから12月に限り、私の中の円周率は、今でも1つだけ数が違っている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:汚れた探偵 必須要素:TOEIC 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1555字
「…というような論理で、犯人はあなたしか考えられません」探偵はそう告げると、颯爽と芝居がかった仕草で容疑者の1人の男を指し示した。その様子を俺は横で胡散臭げに見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:769字
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:安い恨み 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1905字
「お前、俺の牛乳を飲んだだろう」朝、ダイニングに入ってくるなり、親父がドスの聞いた声で兄貴に語りかけた。「何のこと?わからないな」兄貴は済ました顔でそう応えたが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:元気な職業 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:880字
ゾンビ―を退治するには、いくつかのコツがある。弱点である頭部をはやめに叩くこと。手足や胴体にダメージを与えても人間のようにひるんだりしないので、すぐにその後の反 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:アルパカの夏休み 必須要素:セリフのみ 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1620字
「まさかこんな処で、鉄ちゃんに会うとはなあ」「高校卒業以来だから、大体20年ぶりかね」「お前は成績良かったし確か一流大学に進学したはずだよな、それがこんな片田舎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の娘 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1037字
「お父さんお父さん!」いきなり見ず知らずの女の子が部屋に現れて、寝ている俺(高校2年生)をお父さんと呼びだしたものだからどんな顔をしたらいいかわからなかった。目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の弁護士 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:867字
王妃様の寝室へ侵入した角でお縄になった俺は、王宮の秘密裁判にかけられることになった。はっきり言って身に覚えがまるでない。事件が起こった日に門衛の当直になっていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:意外なサーカス 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1815字
シンジが玉乗りをしながらトスしてくる複数のクラブを、同じく玉に乗っている俺が投げ返しながらジャグリングを続けると、会場に割れんばかりの拍手が響き渡った。自分でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昔の行動 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:762字
「あなた、お帰りなさい」そう言って奈津姫が掌にのせた泥団子を差し出してくる。僕は黙って受けとり、食べるふりをする。妹との一番古い思いでは、子供じみたままごとだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の儀式 必須要素:東京湾 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2836字 評価:0人
これは儀式なの―と、八羽は言った。東京湾に浮かぶ小型艇で、私達はお互いに銃を向け合っている。私の右腕に握られた拳銃を、彼女は自分の胸元まで手繰り寄せる。そうしな 〈続きを読む〉