お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:496字

12月の丸いコート
 オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変えながら往復すれば、コートの半面が綺麗になった。
 コートの外、隅っこのほうでは新キャプテンがボールを数えていた。うちの部では練習を始める前にかごのボールの数をかぞえる決まりになっている。練習が終わった後にもう一度数えて、もし数が足りなければ大捜索だ。
 12月の風は冷たい。うずまって小さくなるか動くかしないと、寒くて筋肉がかじかんでしまいそうだった。
「……よし。おい打ち合いやろうぜ」
「オッケー」
 新キャプテンがボールを数え終え、かごからボールをひとつ持ち上げた。おれもブラスを脇に片付け、立てかけておいたラケットを握る。残りの半面をまだやっていなかったが、新キャプテンは咎めなかった。
 ボールを打ってくる、何度かボールの応酬が続き、おれのバックハンドがネットに引っかかった。
 秋の大会が終わり、3年生たちは引退した。それでもたまに顔を出す。
 ネット際に落ちたボールを拾う。テニスボールはまるで丸いコートみたいだ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:769字
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:フォロワーの想い 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:498字
こんな生活やってられっか!そう呟きながらスマホを布団に投げつける。コートを乱雑に床に放り投げ、俺は休息形態にトランスフォームする。布団が俺を呼んでいる。フォロワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:少年の裏切り 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:484字
これは、年頃の男子達には避けられない話題によって起こった話である。「お前、好きな女子いるか?」話は突然始まった。いつものように大輔の家に集まって遊んでいたときの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怪しいホテル ※未完
作者:匿名さん お題:哀れなホテル 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:571字
「今日が、最終日ですよね」暗いコートに暗い顔をした男はぼそりと言う。「はい……どうかしましたか」受付のお姉さんは戸惑いながら質問をする。本来なら目の前の男から返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:愛と欲望の囚人 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:957字
人のことを殺したりしてる人が、愛しているからみたいな事を言ってて、そんで主人公の人にそれは愛じゃない的なことを言われたりしている映画を観て、「愛じゃないんだ」と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
視線が痛い ※未完
作者:むぢから お題:わたしの嫌いな電撃 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:656字
私が悪さをしないように、衛星軌道上から神様ならぬ人工衛星が見つめている。せめて暖かな眼差しで見守ってくれればいいのだけれど、機械にそれを求めるのは野暮だろう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:いわゆる傘 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:993字
時たまそういうことに出会うことがある。何が?ああ、いわゆる傘みたいな事。傘じゃーんっていうこと。そういうこと。そういうことに時たま出会うことがある。バイオハザー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼の毛皮 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の狼 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:548字
コートは嫌いだ。来年のことを嫌でも考えてしまうから。ぽつりと呟いた彼はすでに隠すという行為の意味を見失っていた。来年という単語が意味するところを、その場にいた全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識の小説修行 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:604字
「無意識?」「そう」彼がうなずく。「無意識にやってたって?」「だからそういってるでしょ」「なんだってそんなことをやってるのか聞いてもいい?」「コートを……」「は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の昼食 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:564字
こんなお題で書けるわけがないじゃないかと思った。お題とはズバリ「冬の昼食」(必須要素 コート)だ。いや書けるだろと言われるかもしれない。寒空でコートを羽織ってベ 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:277字
蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。 第八ビルに住まう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:記録にない「えいっ!」 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:802字
自分の発言のほとんどは記録されない、ということにふと気づいて、ちょっと虚しくなった。このご時世、人々は自分の食事風景や、行った場所、風呂に入る時間でさえ、SN 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:灰色の光 必須要素:アルパカ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:899字
頭上にUFOが現れた。小学校からの帰り道のことだった。とてもいい天気なのに、急に空が灰色になった気がして、見上げるとUFOがいたのだった。うわーすっげーと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:疲れた雑草 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:698字
雑草にも五分の魂。草むしりで無慈悲にも抜かれていく彼らに、少し同情を覚えた。「ほらそこ手が止まってるよ」 せんせいに注意されても、じっと雑草を眺め続ける。果た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:冷静と情熱の間にあるのは昼下がり 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:410字
(赤) 強い日差しを見に浴びて、光の照らす街を撮る。昼下がり、ビルの屋上から覗くレンズは、人でごった返していた。交差点を人が行き交っているのを、フレームに収める 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:殺された多数派 必須要素:ラーメン 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:662字
声の大きな少数派によって多数派は抹消された。節度を守っていればラーメンは自由に楽しんで食べればいいはずだった。それがいつしか、条件の厳しい規制がかかり、ルール 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:俺と動機 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:553字
君が生きる理由を知りたいと思った。君が生きることの喜び、君が生きることの悲しみ、君が生きることで得られるすべての感情の中の、一体どれが君の生きる理由なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:明るい大雪 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:454字
雪が降る。「どうだ明るくなったろう」 雪を降らせた男が、誇らしげに言った。雪は一粒一粒が発光していた。こんなに白い降雪を見るのは初めてだったので、私はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:未熟な希望 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:538字
もうすぐあの樹に実がなるだろう。家の前に生えたヒメリンゴの樹に。ここに引っ越してきたときから、ずっと楽しみにしていた。 田舎の道の、コンクリートの行き止まりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:あきれた姉妹 必須要素:ボールペン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:454字
「だってボールペンって鉛筆の上位互換じゃん?」 とお姉ちゃんは言っていたけれど、そんなことないだろって思う。 どういう根拠で上位互換なのか聞くと、「消されないし 〈続きを読む〉