お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:496字

12月の丸いコート
 オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変えながら往復すれば、コートの半面が綺麗になった。
 コートの外、隅っこのほうでは新キャプテンがボールを数えていた。うちの部では練習を始める前にかごのボールの数をかぞえる決まりになっている。練習が終わった後にもう一度数えて、もし数が足りなければ大捜索だ。
 12月の風は冷たい。うずまって小さくなるか動くかしないと、寒くて筋肉がかじかんでしまいそうだった。
「……よし。おい打ち合いやろうぜ」
「オッケー」
 新キャプテンがボールを数え終え、かごからボールをひとつ持ち上げた。おれもブラスを脇に片付け、立てかけておいたラケットを握る。残りの半面をまだやっていなかったが、新キャプテンは咎めなかった。
 ボールを打ってくる、何度かボールの応酬が続き、おれのバックハンドがネットに引っかかった。
 秋の大会が終わり、3年生たちは引退した。それでもたまに顔を出す。
 ネット際に落ちたボールを拾う。テニスボールはまるで丸いコートみたいだ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:769字
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説41日連続 お題:少年の裏切り 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:484字
これは、年頃の男子達には避けられない話題によって起こった話である。「お前、好きな女子いるか?」話は突然始まった。いつものように大輔の家に集まって遊んでいたときの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怪しいホテル ※未完
作者:匿名さん お題:哀れなホテル 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:571字
「今日が、最終日ですよね」暗いコートに暗い顔をした男はぼそりと言う。「はい……どうかしましたか」受付のお姉さんは戸惑いながら質問をする。本来なら目の前の男から返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:愛と欲望の囚人 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:957字
人のことを殺したりしてる人が、愛しているからみたいな事を言ってて、そんで主人公の人にそれは愛じゃない的なことを言われたりしている映画を観て、「愛じゃないんだ」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
視線が痛い ※未完
作者:むぢから お題:わたしの嫌いな電撃 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:656字
私が悪さをしないように、衛星軌道上から神様ならぬ人工衛星が見つめている。せめて暖かな眼差しで見守ってくれればいいのだけれど、機械にそれを求めるのは野暮だろう。「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:いわゆる傘 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:993字
時たまそういうことに出会うことがある。何が?ああ、いわゆる傘みたいな事。傘じゃーんっていうこと。そういうこと。そういうことに時たま出会うことがある。バイオハザー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼の毛皮 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の狼 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:548字
コートは嫌いだ。来年のことを嫌でも考えてしまうから。ぽつりと呟いた彼はすでに隠すという行為の意味を見失っていた。来年という単語が意味するところを、その場にいた全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識の小説修行 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:604字
「無意識?」「そう」彼がうなずく。「無意識にやってたって?」「だからそういってるでしょ」「なんだってそんなことをやってるのか聞いてもいい?」「コートを……」「は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の昼食 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:564字
こんなお題で書けるわけがないじゃないかと思った。お題とはズバリ「冬の昼食」(必須要素 コート)だ。いや書けるだろと言われるかもしれない。寒空でコートを羽織ってベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戸田 さくや お題:かゆくなる水 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:296字
テニスコートの周りはまるで花壇の花のように、女子生徒でとり囲まれていた。「きゃー!!西條様こっち見た!!」「東條様素敵っ!」そのコートの中では二人の男子生徒が 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:憧れの耳 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:398字
土星の耳が欲しかった。片方だけでもいいから、あるいは片方のなかのほんのひとかけらでもいいから、土星の耳が欲しかった。 だからサンタさんに頼んだ。宇宙図鑑で見た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:鈍い凶器 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:652字
人は脆い。すぐに歪み、すぐに潰れ、使えなくなる。しかしこういう、変形性のある凶器のほうが、対象物に与えるダメージは大きいのだ。行き場のない直線よりも、もろとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の女祭り! 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:900字
怪獣が街に現れた。小学校からの帰り道だったダイゴは、数百メートル向こうでビルを壊す怪獣を見て、腰を抜かした。その咆哮がダイゴの腹の奥に響く。「な、なんだありゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:興奮した音 必須要素:ジャケット 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:459字
「へえ、CDたくさん持ってるね」「ええ。私CDジャケット音がフェチなんですよ」「うん? CDの音ではなくて?」「だってこれどれも未開封ですよ」「ほんとだ。ビニー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:暑いこだわり 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:819字
俺はこだわりを持っている。これだけは譲れないという熱いこだわりだ。 そのこだわりは、普段は効力を持たないが、回転寿司に行ったときだけは違う。つまり俺のこだわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:大人の作家デビュー 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:440字
「作家? 大人なのに作家をやるの?」「ソウサクって子供がやるものだと思ってました」「きっとまだ卒業できていないんだよ」 いろんな声がする。かつて聞いた声のリフレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:自分の中の弔い 必須要素:うっ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:482字
願いがあぶれる。素敵な映画や音楽にもっと出会いたいし、美味しいものを食べたいし、気持ちよい汗をかく程度には運動したいし、旅行に行きたいし、一人になりたいし、何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:強いおっさん 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:556字
髭を剃ってから、また髭を剃るまでの間ずっと働いていた。洗面台にいるとテレビの音が遠く聞こえる。 テレビのなかのおっさんに憧れていた。おっさんは強そうな髭をたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:来年の靴 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:713字
未来に行ける靴を手に入れた。17,500円だった。未来に行けるわりにはお買い得だ。「誰も買ってくれねえもんだから、ここまで値下げしたのさ」と、靴屋の主人は言う 〈続きを読む〉