お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:496字

12月の丸いコート
 オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変えながら往復すれば、コートの半面が綺麗になった。
 コートの外、隅っこのほうでは新キャプテンがボールを数えていた。うちの部では練習を始める前にかごのボールの数をかぞえる決まりになっている。練習が終わった後にもう一度数えて、もし数が足りなければ大捜索だ。
 12月の風は冷たい。うずまって小さくなるか動くかしないと、寒くて筋肉がかじかんでしまいそうだった。
「……よし。おい打ち合いやろうぜ」
「オッケー」
 新キャプテンがボールを数え終え、かごからボールをひとつ持ち上げた。おれもブラスを脇に片付け、立てかけておいたラケットを握る。残りの半面をまだやっていなかったが、新キャプテンは咎めなかった。
 ボールを打ってくる、何度かボールの応酬が続き、おれのバックハンドがネットに引っかかった。
 秋の大会が終わり、3年生たちは引退した。それでもたまに顔を出す。
 ネット際に落ちたボールを拾う。テニスボールはまるで丸いコートみたいだ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:769字
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あいつのハゲ 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:428字
俺の会社には深見という女性社員が居る。お淑やかで笑った顔が幼く見えるのがとても良い。ちょっとした冗談にもニコニコ笑ってくれる姿に誰もが片想いをしていたと思う。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あいつのハゲ 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:747字
警視庁捜査二課。この時期になれば、全体がピリピリと毛立ち始める。理由は言うまでもない。所謂、昇格レースである。「今日の案件は。」「都内で起きた連続強盗事件の犯人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DQN物故露死体 お題:どうあがいても町 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:661字
ナナちゃんと僕は付き合っている。会社にいるみんなにバレていて、よくからかわれるのだが、村ですれ違っても知り合いから「ヒューヒュー」とからかわれる事がよくある。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
壊れた真実 ※未完
作者:匿名さん お題:壊れかけの真実 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:249字
真実はいつも一つ!という言葉を皆一回は聞いたことがあるだろう。その真実はいま1着のコートにより壊れようとしていた。どういうことなんでしょうかね?とおもった人がい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:たった一つの秋雨 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:518字
秋雨だ。肌寒い。私は薄手のコートをクローゼットから出した。ベージュのトレンチコートだ。今日はこれに黒いスキニーパンツで出かけよう。ブーツでもいいだろう。傘をさし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:フォロワーの想い 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:498字
こんな生活やってられっか!そう呟きながらスマホを布団に投げつける。コートを乱雑に床に放り投げ、俺は休息形態にトランスフォームする。布団が俺を呼んでいる。フォロワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:少年の裏切り 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:484字
これは、年頃の男子達には避けられない話題によって起こった話である。「お前、好きな女子いるか?」話は突然始まった。いつものように大輔の家に集まって遊んでいたときの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怪しいホテル ※未完
作者:匿名さん お題:哀れなホテル 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:571字
「今日が、最終日ですよね」暗いコートに暗い顔をした男はぼそりと言う。「はい……どうかしましたか」受付のお姉さんは戸惑いながら質問をする。本来なら目の前の男から返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:愛と欲望の囚人 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:957字
人のことを殺したりしてる人が、愛しているからみたいな事を言ってて、そんで主人公の人にそれは愛じゃない的なことを言われたりしている映画を観て、「愛じゃないんだ」と 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:宿命の話 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:545字
「見つけたぞ、勇者ブラウよ……!」 ひとりの騎士が剣を構え、青年の前に立ちはだかった。一帯は広がる草原。雨上がりのため少し地面はぬかるんでいた。遠方に小さく王国 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高いプロポーズ 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:971字
りょくにゃんに最高のプロポーズをしようと思い立った。思い立ったというより、もう何か月も前から、どうやって実行しようか思案を重ねていたのだ。それでこのたび案がま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:破天荒な宇宙 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:288字
多元宇宙のひとつに、ロッテルという宇宙がいる。彼はとにかく破天荒なやつで、外膜のいくつもの穴をふすふすと広げながら、その身の銀河系たちを動かしていた。「やいや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:斬新な海辺 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:763字
「はいこちら斬新な海辺と話題のワイワイビーチに来ています! 見るところいたって普通ですが、一体なにが斬新なんでしょう? 海水浴客の方々に聞いてみましょう! こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:フニャフニャの洞窟 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:874字
「フニャフニャ……え、ここは?」「起きたか、修司」「隆司。なんだここ。洞窟?」「わからん。俺も起きたらここにいたんだ」「確かさっきまで二人で公園にいたよな? い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:大好きな男 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:851字
ここに、「大」が好きな男がいた。彼は「大」に関するものであればなんでも好きだった。 たとえば大工。彼の幼少の頃の夢は「大くさん」だった。しかしそのうち、自分が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:潔白な尿 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:579字
不貞を疑われ、私は否定したが、妻は信じてくれなかった。そこで少々費用はかかるが、裁判官を呼ぼうということになった。先払い分の費用を送金し、申請が受理され、裁判 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:ラストはラーメン 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:633字
「よっ」 暖簾を押し上げると、磯の香りが鼻をくすぐった。このラーメン店に入ると、いつも港町に迷い込んだような気持ちになる。「よー、兄ちゃん。今日も来たのかい」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:3月の強奪 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:911字
3月になったので、人員を増やすことにした。「う、いてて」「な、なんだここは……」「たしかさっきまで家でゲームをしていたはずだが」「私は街でショッピングをしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:男同士の夜風 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:476字
夜は静かだ。国民は寝静まり、国を照らす光はわずかになる。まれに出歩いている人がいても、その足音は星空が吸い取ってしまうのが大半だった。 城壁から見下ろす国内外 〈続きを読む〉