お題:大人のパラダイス 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:436字

大人のパラダイス
小さい頃から見ていた、駅から歩いて5分もかからない場所にある繁華街。

夜になると赤、黄色、紫、青、ピンクとたくさんの色でキラキラと光っている。
幼い私はキレイに輝くそこに憧れていた。いつか行ってみたいと思っていた。

パパにあの繁華街に連れて行ってと言っても「あそこは大人しか行けないんだよ。」と言って連れて行ってくれない。
ママに言っても返ってくる返答は同じだった。だから私は早く大人になってあの繁華街に行ってみたかった。

中学生になって、私はパパとママに黙ってあの繁華街へ行った。
どうしてもキラキラ輝くその場所を知りたかったのだ。

繁華街に着いて、キレイに着飾った女性やビシッとスーツを着こなす男性が目に入った。きっとシンデレラに出てくるようなダンスパーティが毎日のように開かれているんだろうと思った。

声をかけることもできなかったし、声をかけられることもなかったけれど煌びやかな場所の空気を感じた。

少しだけの罪悪感と少しだけ大人になれたような気がした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夜明けのメロP お題:大人のパラダイス 制限時間:2時間 読者:200 人 文字数:2119字
京王永山駅から徒歩数分のところに、それはあった。それは居酒屋のような店構えで、「やきとり」と書かれた赤い提灯なんかもついていたが、焼き鳥は出していない。回転刺身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:意外な熱帯魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:416字
タイの田舎町に、魚のお祭りっていうのがあるんですよ。居酒屋のカウンター席で、隣に座ったおやじが話しかけてきた。箸の先に、なんだかわからない魚の切れ端をつまんで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

こぶたの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:ねじれた熱帯魚 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:497字
「なぁ、お前は幸せなのか?」俺は水槽を泳ぐグッピーに問いかける。今朝飼ってたグッピーのピー助が力なく水槽に浮かんでた。特になんとも思わない。ただ飼ってた魚が死ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:悲観的なスキル 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:228字
誰が望んで人を○す?僕にはそんなクソッタレな力しかなかったんだ。頭の中で「○ね」と思うだけ。それだけで人を殺せる力が僕にはあった。この力で人を殺した。しかもたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:真実の団地 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:341字
この何の変哲も無い団地に住む人々には様々な事情がある。101号室に住む麻倉さん。彼は204号室の三井さんの奥さんと不倫しているし、奥さんは302号室に住む加藤さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:3月の暴走 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:439字
卒業式に彼は姿を見せなかった。彼は優秀で、人当たりがよく、周りからの信頼も厚い人だった。早くに大手企業からの内定をもらっていた彼のこれからの人生は間違いなく「勝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:斬新な善人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:324字
僕は何人殺してきただろうか。僕は何人不幸にしてきただろうか。人を○すたび、不幸にするたびに僕の心は死んでいった。それもいつからか何も感じなくなった。強きを挫き弱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:たった一つの道のり 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:515字
僕は何かになりたかった。自分はこんなにも輝かしい人間だと証明したかったんだ。ずっとがむしゃらに生きてきた。血を吐くように言葉を紡ぎ、肉を削ぐように自分の分身とも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あの人は今 ※未完
作者:こぶた お題:栄光の人 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:522字
そのバンドは今、伝説と呼ばれている。インディーズ時代に武道館でのライブを行い、そのライブのチケットを完売させ大成功させた。その勢いのままメジャーデビューを果たし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:嘘の友人 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:355字
彼は優しい人だった。彼は私の傷ついて乾ききっていた心に、優しく雨を降らした。彼は人を喜ばせるのが好きで、人が喜んだ顔を見ると子供のように無邪気に笑う。そんな彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:不幸なお天気雨 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:397字
突然の通り雨が降る。晴れている空から降る雨は空の涙。まもなく豪雨になるだろう。僕はその涙を全身で浴びる。雨雲が近づいて来ているけれど僕は倒れたまま動かない。動け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:おいでよスキル 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:532字
昔から思っていた。僕は人の倍努力してようやく一人前のことができる、平凡以下の人間なんだって。とにかく周りに必死について行くので精一杯で、僕にはこれといった取り柄 〈続きを読む〉