お題:大人のパラダイス 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:436字

大人のパラダイス
小さい頃から見ていた、駅から歩いて5分もかからない場所にある繁華街。

夜になると赤、黄色、紫、青、ピンクとたくさんの色でキラキラと光っている。
幼い私はキレイに輝くそこに憧れていた。いつか行ってみたいと思っていた。

パパにあの繁華街に連れて行ってと言っても「あそこは大人しか行けないんだよ。」と言って連れて行ってくれない。
ママに言っても返ってくる返答は同じだった。だから私は早く大人になってあの繁華街に行ってみたかった。

中学生になって、私はパパとママに黙ってあの繁華街へ行った。
どうしてもキラキラ輝くその場所を知りたかったのだ。

繁華街に着いて、キレイに着飾った女性やビシッとスーツを着こなす男性が目に入った。きっとシンデレラに出てくるようなダンスパーティが毎日のように開かれているんだろうと思った。

声をかけることもできなかったし、声をかけられることもなかったけれど煌びやかな場所の空気を感じた。

少しだけの罪悪感と少しだけ大人になれたような気がした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夜明けのメロP お題:大人のパラダイス 制限時間:2時間 読者:197 人 文字数:2119字
京王永山駅から徒歩数分のところに、それはあった。それは居酒屋のような店構えで、「やきとり」と書かれた赤い提灯なんかもついていたが、焼き鳥は出していない。回転刺身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:年中さん お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:582字
「全軍、準備はいいか?」「アイアイサー!」「よろしい。わが同胞よ、我々は今日のために備えを果たしてきた。いざ出陣と、幾度思ったか知れない。その度、今ではないと耐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

こぶたの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:斬新な善人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:324字
僕は何人殺してきただろうか。僕は何人不幸にしてきただろうか。人を○すたび、不幸にするたびに僕の心は死んでいった。それもいつからか何も感じなくなった。強きを挫き弱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:たった一つの道のり 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:515字
僕は何かになりたかった。自分はこんなにも輝かしい人間だと証明したかったんだ。ずっとがむしゃらに生きてきた。血を吐くように言葉を紡ぎ、肉を削ぐように自分の分身とも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あの人は今 ※未完
作者:こぶた お題:栄光の人 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:522字
そのバンドは今、伝説と呼ばれている。インディーズ時代に武道館でのライブを行い、そのライブのチケットを完売させ大成功させた。その勢いのままメジャーデビューを果たし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:嘘の友人 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:355字
彼は優しい人だった。彼は私の傷ついて乾ききっていた心に、優しく雨を降らした。彼は人を喜ばせるのが好きで、人が喜んだ顔を見ると子供のように無邪気に笑う。そんな彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:不幸なお天気雨 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:397字
突然の通り雨が降る。晴れている空から降る雨は空の涙。まもなく豪雨になるだろう。僕はその涙を全身で浴びる。雨雲が近づいて来ているけれど僕は倒れたまま動かない。動け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:おいでよスキル 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:532字
昔から思っていた。僕は人の倍努力してようやく一人前のことができる、平凡以下の人間なんだって。とにかく周りに必死について行くので精一杯で、僕にはこれといった取り柄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:素人の湖 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:258字
彼は本当に未来から来た人物だったのかもしれない。奇抜なショッキングピンクの髪をした、エベレストよりも鋭い感性を持ち、海よりも深く優しい心を持ったエイリアン。彼が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:女同士の外資系企業 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:529字
ゴゴゴゴゴ…とビル全体が揺れているようだった。日本のトップ企業の女社長同士が手を組み大プロジェクトを行おうとしている。その会議がいま開かれているのだ。片時も隙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:彼女と踊り 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:472字
彼女は踊っている。オリンピック種目に創作ダンスが正式に決定され、東京オリンピックで初めて競技が行われている。彼女は今その舞台の上にいる。彼女は決して天才ではなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:悲観的な階段 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:408字
一段、一段、ゆっくりゆっくり、僕は小さな階段を上る。僕の運命は決まっていた。「死にたい」と声に出したあの日に、僕の死刑が決まった。そういう世界なんだとわかった。 〈続きを読む〉