お題:フハハハハ!それは高給取り 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:437字

25日の高笑い
「フハハハハ!」
毎月25日になると隣の部屋で高笑いが聞こえる。
「今日はデリヘル呼ぶぞー!」
なんと品のない大声だ。

 隣の部屋にこの高笑いがトレードマークである隣人が越してきたのは半年前だった。
「あっ。俺、君より高収入だから」
引っ越してきたばかりのあいつは挨拶がてらこう言い放った。
 こんなやつさっさと引っ越してくれ、と思うがごみはきちんと指定日に指定された時間までに出す、騒音騒ぎは強いて言うなら今日みたいな給料日の高笑いぐらい。
 大家さんが言うには部屋もいつも綺麗にしているとのことで、追い出せる要素が何一つ見つからないのが腹ただしい。
 せいぜい俺ができることと言えば、わざわざ隣の部屋の前まで足を運んで忠告するくらいだ。
「あのー、給料日で嬉しいのはわかるんですけど少し静かにしてもらえないですかねー」
するとキザな高給取りはこう言った。
「なんだよー、お前の分まで頼んでおいたのにこの言い草はねえだろーよー」
これが俺がこいつを嫌いになれない理由だ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フハハハハ!それは高給取り 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:955字
ある日、私は見てしまった。私と同期入社の、前園美香の給料明細を。 私は驚愕した。 なんと、美香の給料は、私よりも五百円高かったからだ。なぜだ! なぜ五百円高い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

富士口勇生@無限の時間を持つ無職の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:怪しい女祭り! 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:550字
「女祭り?女だらけの格闘大会みたいなやつ?」「違うんだなそれが」急に矢部にとあるイベントに一緒に行ってくれと誘われた日のことだった。「どんなことをやるんだ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:くだらないお金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:515字
お金持ちになりたい。そう思ったことがない人間はほとんどいないだろう。そして自分はその夢を叶えてしまった。ただし、この世界では価値がないことに目をつむれば。「コノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:騙された水たまり 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:382字
「水たまりー、また騙されてやんのー!」昼休み、火村がまた私をからかう。これで本日3度目だ。 私、水田茉里は普通の女子中学生。アイドルに恋だってするし、放課後には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:フハハハハ!それは高給取り 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:437字
「フハハハハ!」毎月25日になると隣の部屋で高笑いが聞こえる。「今日はデリヘル呼ぶぞー!」なんと品のない大声だ。 隣の部屋にこの高笑いがトレードマークである隣人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:イギリス式の職業 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:817字
「今日からメイドを雇うことになった」仕事から帰ってきたオヤジが唐突に言った。「酔って帰ってきたのか、このクソオヤジ」「酔ってるわけではないぞ」「じゃあなんでだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:平和と魔法使い 必須要素:ウイスキー 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:537字
「ウィリアム!私、無尽蔵にウイスキーを生み出せる魔法を発明しちゃった」「ほう、そいつはこの酒場を潰す発言だな」今日のクエストを終えた俺はいつもどおり、酒場でルナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人間の定義 ※未完
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:僕の嫌いな人体 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:488字
目が覚めたら人間としての肉体を全て失っていた。交通事故で右腕を失い、義手を買うための資金稼ぎという名目でとある博士の人体実験に付き合うことになってはや10年。僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:素朴な嘔吐 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:268字
豪快な嘔吐をしたことがある。飲み会の席で酒を飲んで、飯が進んで、飯が進みすぎて、胃のキャパシティをオーバーして、鍋の中に盛大にぶちまけた。そんな豪快な嘔吐をした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:憧れの雑草 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:329字
野球部の田中先輩は野に咲く一輪の花というより、地面に生える雑草といった人物だ。小学生の頃から野球こそが全てで、練習も人一倍取り組んでいた。しかし悲しい哉、実力が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@無限の時間を持つ無職 お題:俺の恋人 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:342字
今日、恋人ができた。知り合ってはや半年、ただの漫研部員同士から恋人になるまであっという間に感じる。同じ作品を好きになって、絵が下手な俺に彼女が作画を担当してく 〈続きを読む〉