お題:フハハハハ!それは高給取り 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:955字
[削除]

高給取り
 ある日、私は見てしまった。私と同期入社の、前園美香の給料明細を。
 私は驚愕した。
 なんと、美香の給料は、私よりも五百円高かったからだ。なぜだ! なぜ五百円高いのだ!
 私は憤怒にもにた感情を原動力に、美香に詰め寄った。
「どういうことかいね! なんでね、なんであんたのほうが、五百円給料高いとね!」
 美香は、口をあんぐりと開けて、しまった! みたいな顔をした。
「見てしまったのね。この世には、知らない方がいいこともあるのに。あなたは、知ってしまったのね」
 美香はまるで、怪談を話す夏の稲川淳二みたいなおどろおどろしい口調でくちゃくちゃ喋る。
「な、なんよ。なんなんよ」
 私は美香の気味の悪い喋り方に少しだけ、萎縮した。憤怒にも似た感情がさーっと引いていくのを感じた。あれはやはり、憤怒そのものではなく、憤怒に似た別の感情だったらしい。勘違いだわ。
 美香は、ニタニタと笑い、あー知ってしまったのね、のね、と言いながら、給料明細書で折り鶴を織始めた。美香の爪は、薄ピンクのネイルで装飾されている。相変わらず、女子力が高い。
「いい、引き返すなら今のうちよ。これから私が話すことは、そうね、言うなれば、地獄への片道切符よ。いいのね? 本当に話してもいいのね?」
 美香は執拗に確認をする。私はたじろいだが、ここで引くわけにはいかない。私だって、一生懸命働いているんだ。私は意を決し、頷いた。
「望むところんだ」
 美香はやれやれという表情で、静かに説明する。
「実はね・・・・・・私、大卒。あなた、高卒」
「へ?」
「ちゃんと会社の募集要項見た? お・ば・か・さん」
「な、なーんだ。そんなことだったんで。えへへ」
 私はえへへで誤魔化すことに決めた。うん、決めた。
「むしろ、私の方が驚いたわ。あんた、高卒のくせに、私と五百円しか違わないのね」
 美香は私の肩を掴み、今に私のことを丸呑みにしそうな勢いで睨む。美香の口からニンニクの臭いが漂う。こいつ、昼に餃子を食ったな。
 美香のネイルに装飾された爪が、私に埋没する。痛い。
「もすかすて、あたすって、もらいすぎのかしらん?」
 私はかわゆくウインクをした。
「フハハハ!それは高給取り」
 美香は不気味に笑いながら、私に頭突きをした。

おわり
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:富士口勇生@俺は神田ヨルムちゃんを推す お題:フハハハハ!それは高給取り 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:437字
「フハハハハ!」毎月25日になると隣の部屋で高笑いが聞こえる。「今日はデリヘル呼ぶぞー!」なんと品のない大声だ。 隣の部屋にこの高笑いがトレードマークである隣人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつのライオン 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:976字
「ライオンに行きたい」という様な事を突然に言い出された。「ライオン?」何?え?洗剤のメーカー?もしかして語彙力?語彙力がもう、著しく顕著にあれなの?それとも、え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:楽しい逃亡犯 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1498字
ふん、何年も前の事をいつまでもいつまでもネチネチと、しつっこいったらない。風呂場のカビか。こういう手合いにはさっさと引導を渡してやるに限る。一度情けをかけてや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:ひねくれたお天気雨 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:702字
「またかよ…」友人のいきなりの急すぎる結婚式。今月に入って3度目だ。気のいい奴だから欠席するわけにもいかない。はてさてどうご祝儀をひねり出そうかとか思案する。切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふらっと お題:それいけ液体 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:636字
20××年。サッカーや野球に代わる新ジャンルのスポーツとして、子供達がロボットを操作するバトルが流行していた。いわゆるロボコンのようなものである。 ルールは簡 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
INM
作者:けー お題:空前絶後の私 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:462字
これに乗ればもう後戻り出来なくなる。私は切符を握りしめ、駅のホームで1人佇んでいた。父親の浮気が原因で、両親は離婚した。私は母に引き取られた。母は働きながらも私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 お題:楽観的な兄 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:706字
「あー、ど、どうしよっ」私は、泣きそうになりながら鞄の中を探る。先ほど買った、電車の切符をなくしてしまったのだ。恐らく、扉が閉まりそうになったから慌てて走った時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:上林亨 お題:たった一つの強奪 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:200 人 文字数:478字
駅には意外と切符が落ちている。俺の調査によると、駅以外の場所に比べて、駅には実に30倍以上の切符が落ちている。俺の趣味は、その切符で知らないところに行くことだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:何かの発言 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:262 人 文字数:1105字
「なんでいまだにスイカを持っていないの?」立川は券売機で切符を買っている俺を見て呆れたような声をあげた。「なんでってなんだよ?」俺はいった。「切符さあ、なくすじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:不屈の僕 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:245 人 文字数:1334字
駅の自動改札っていうのがあるでしょう?もういつからあるんだか知らないけど、でももう長いこと自動改札にお世話になっているよね。関東圏に住んでいたらそれもまあ、普通 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカのうどん 必須要素:BMW 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:3407字
「今日はうどんにしようか」 僕の呟きに答える声はない。返ってきたのはコツコツと蹄がフローリングの床にぶつかる音だけだ。キッチンから振り返れば、白くボリュームのあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい雨 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1332字
ぽつぽつと語り出した彼の目に、不思議な色が見えたこと。どうして見逃してしまったんだろうか。「ぼくはきみと出会った。ただそれだけのことですよ。これは偶然にして必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昔のお茶 必須要素:アンドロイド 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:2050字
このお茶、君は覚えているかな? うん、そう。確かこれだったよね。 あの時の君はあまり喋らなかったから、意志疎通もままならなくて大変だったんだよ? 「こらこら、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の土 必須要素:力士 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:533字
私はその日の放課後も図書館にいた。本棚から適当に一冊手に取り、奥の窓辺の椅子に腰掛けた。指先で弄ぶようにしてぱらぱらと本のページをめくる。胸の高鳴りを感じながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された昼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
「実はね、今は夜なのよ」「はあ?」 日の光が眩しく射している十二時過ぎ。誰に聞いても十中八九「昼」と答えるだろう典型的な昼に、彼女はそう言った。嘘を言っているよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉