お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:354字

習作9
 一体どこへ行ってしまったの?

 その子との出会いは一ヶ月前、学校から帰る道端に捨てられていた子だった。
 ちいさくてふわふわした柴犬。撫でると温かくて、もふもふしていた。
 今までもペットを飼うことに憧れていたんだ。
 大急ぎで家に帰って、親に子犬を飼ってもいいかと頼み込んだ。

 でも駄目だった。面倒見きれないってさ。

 でもさ、どうしても諦めきれなかったんだよ。
 だから、親にも、友だちにも内証でこっそり飼うことにしたんだ。
 別に家の中で飼うわけじゃないから、“飼う”っていうのかわからないけれど。

 楽しかった。人生で初めてだった。生き物を飼う、育てるってこんな大変で楽しいことだったなんて。
 でもある日、あの子はどこかへ消えた。
 そして、もういない。

 僕は今でも彼を探している。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
子犬 ※未完
作者:佐藤りーまん お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:481字
「くるみ」名を呼ぶと小さな手足をむくむくと動かして子犬が振り向いた。まだ両手のひらに乗るような大きさだ。「翔ちゃんは本当にくるみが好きだねえ」亜希子が呆れたよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:意外な熱帯魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:416字
タイの田舎町に、魚のお祭りっていうのがあるんですよ。居酒屋のカウンター席で、隣に座ったおやじが話しかけてきた。箸の先に、なんだかわからない魚の切れ端をつまんで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:つまらない机 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:262字
少年が使っている勉強机。 何の変哲もない机だ。 しかし、少年が寝静まると、このありふれた勉強机はあらゆる夢を見せる舞台に変貌する。 おもちゃ箱から、おもちゃた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:大きな人間 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:278字
住んでいた島に、突如巨人が攻め込んできた。 大きな大きな体躯の人間。それが巨大な船に乗って、海を渡ってやってきた。 武装した巨人たちは、島の中を見渡した。 耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:真紅の怒りをまといし空想 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:437字
男が呪文を唱えると、周囲から目に見えない力が集まって、力場が形成された。 それが凝縮されて、カタチが現れる。 赤く赤く燃える炎を纏った魔神。 そう言いようのな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:明日の祖母 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:557字
後悔の念がいつまでも絡みついて消えない。 遺影に映る祖母を見て、わたしはそう思った。 わたしの親は忙しく家を開けることが多かった。 幼いわたしの面倒を見てくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:見憶えのある検察官 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:293字
殺人事件の弁護人として、ぼくは法廷に立っていた。 検察官は赤いスーツを身にまとったスルドそうな雰囲気の男だ。 胸元のヒラヒラが特徴的だ。なんでも無敗の男だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:黄色い決別 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:256字
古ぼけた小さな電車に足を踏み入れた。 ぼくは東京へ続く電車に乗ろうとしていた。 そしてこんな田舎とは別れを告げる。 今まで、この狭くて何もない田舎には嫌気が差 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:男の何か 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:583字
ない。あれがない。何がないのだ。ナニがない。 起きた瞬間、おれは本能的な恐怖を感じた。 やけに股が軽いと思って見てみれば、男の子の象徴がなくなっていることに気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:気高い怒り 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:268字
丘の上に見渡す限りの銀の絨毯。 それは鎧を纏った人の軍勢だ。 それが整列し、列の一番先には一人の女性がいた。 女ながらに同じように鎧を纏い、戦旗を掲げている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:気持ちいい極刑 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:575字
今夜も連日続く熱帯夜だ。 ぼくは布団の中で何度も寝返りを打ち、暑さに苦しんでいた。 寝ようと思うも眠れない。 布団も寝間着も汗で濡れ、気持ちが悪い。 そんな不 〈続きを読む〉