お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:354字

習作9
 一体どこへ行ってしまったの?

 その子との出会いは一ヶ月前、学校から帰る道端に捨てられていた子だった。
 ちいさくてふわふわした柴犬。撫でると温かくて、もふもふしていた。
 今までもペットを飼うことに憧れていたんだ。
 大急ぎで家に帰って、親に子犬を飼ってもいいかと頼み込んだ。

 でも駄目だった。面倒見きれないってさ。

 でもさ、どうしても諦めきれなかったんだよ。
 だから、親にも、友だちにも内証でこっそり飼うことにしたんだ。
 別に家の中で飼うわけじゃないから、“飼う”っていうのかわからないけれど。

 楽しかった。人生で初めてだった。生き物を飼う、育てるってこんな大変で楽しいことだったなんて。
 でもある日、あの子はどこかへ消えた。
 そして、もういない。

 僕は今でも彼を探している。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:782字
ぼくが生まれたとき、世界は砂漠だった。砂漠であろうが海であろうが変わりはない。どちらも限られたいきものだけ生き残ることが許される世界だ。ぼくが今存在するこの世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
僕の子犬。 ※未完
作者:匿名さん お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:372字
僕の子犬は、かじるのが好きだ。そう、とても。何故かは分からないが色んな物にかじりついては口の中に入れモグモグし始める。でも大抵は自分の口よりでかい物にかじりつく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子犬 ※未完
作者:佐藤りーまん お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:481字
「くるみ」名を呼ぶと小さな手足をむくむくと動かして子犬が振り向いた。まだ両手のひらに乗るような大きさだ。「翔ちゃんは本当にくるみが好きだねえ」亜希子が呆れたよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Setsuka@ラムウ鯖 お題:ゆるふわ愛され笑顔 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
待ち合わせ時間まで、あと13分。彼女はきっと、今日も10分前になったら現れるだろう。我ながら意地悪だなぁと思うのだけれど、僕のことをソワソワと待っている姿を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:間違った幻覚 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1005字
寝ていたはず。寝ていたとは思いたい。だからこれは、夢である。夢じゃなきゃ困る。いや本当に、夢だよなこれは。うん。 これが例えば、ふと横を見たらクラスメイトのそ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:肌寒い祖母 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:912字
あれだけ暖かかったおばあちゃんが、冷たくなっている。 棺に納められている姿は、ただ寝ているだけと勘違いしそうになる。しかし、あたしはおばあちゃんの寝ている所な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶるいがらっしー お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:494字
お前、それ苦手だって言ってなかったっけ、と友人に声をかけられたので、そうだよ、と返した。目の前にあるのは大嫌いな魚の煮付け。「ついに克服する気になったか。まあ食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「サイコロを振る」 「はい?」 「出た目の順番に会った相手にケンカを売りましょう」 「えー?」 人生に行き詰ったので、クスリと宗教とマルチと風俗とオトコとオン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作110 ※未完
作者:夢路 お題:シンプルなネット 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:242字
「ねぇねぇ、Aはさ、SNSやってないの?」そう突然聞かれて面食らう。わたしの席の隣で、何人かの友達と話していたEがふとこちらを向いて、そう質問してきたのだ。「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作109 ※未完
作者:夢路 お題:汚い馬鹿 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:142字
あるところに一人の少年がいた。どこにでもいるストリートキッズ。生まれはゴミ溜め。名前もない。誰からも馬鹿にされ、蔑まれた。生きるため、生き残るため、彼は何でもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:臆病な同性愛 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:382字
携帯電話のメッセージの履歴を見る。彼女から、何件ものメッセージが来ていた。心がぎゅうと締め付けられた。わたしとあの子が仲良くなったのは、学校で同じクラスになっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:捨てられたぺろぺろ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:440字
雨の中に、それはいた。汚れだらけで弱々しく佇んでいた。わたしもその時、とても弱っていた。彼氏に振られて、顔面泣き腫らして。メイクも溶けてぐちゃぐちゃになってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:370字
自然豊かで穏やかなこの世界に、突如として魔王と呼ばれる存在が現れた。魔王は人間に仇なす存在、魔物を世界中に放ち、世界を混乱の渦に落としていた。 この異物に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:くさい動機 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:305字
ドアを叩く音が聞こえる。 おれは焦った。やつら、とうとうここまで来やがった。 何度も強くドアが叩かれる。 逃げなくては。 おれは着の身着のまま窓からこっそりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:236字
水槽に赤い影が走る。 薄暗い室内。水槽からぼんやりと漏れる光が唯一の光源だった。 色とりどりの小魚が群れて縦横無尽に水槽の中を泳いでいる。 この時が唯一の癒や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作103 ※未完
作者:夢路 お題:悲観的な冤罪 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:288字
「おいテメー何しやがる」 手首をきつく握られる感触に心臓が高鳴る。 敵意のこもった声が誰に向けられたかはその感触ですぐに分かった。「この、痴漢野郎!!」 怒鳴り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:熱いサラリーマン 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:439字
「おはよう!今日もいい日だな!」 今日も鼓膜を震わせる大声のあいさつが聞こえた。 おはようございます、と返す。 声の主は目から炎でも出ているかのように煌めかせ 〈続きを読む〉