お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:354字

習作9
 一体どこへ行ってしまったの?

 その子との出会いは一ヶ月前、学校から帰る道端に捨てられていた子だった。
 ちいさくてふわふわした柴犬。撫でると温かくて、もふもふしていた。
 今までもペットを飼うことに憧れていたんだ。
 大急ぎで家に帰って、親に子犬を飼ってもいいかと頼み込んだ。

 でも駄目だった。面倒見きれないってさ。

 でもさ、どうしても諦めきれなかったんだよ。
 だから、親にも、友だちにも内証でこっそり飼うことにしたんだ。
 別に家の中で飼うわけじゃないから、“飼う”っていうのかわからないけれど。

 楽しかった。人生で初めてだった。生き物を飼う、育てるってこんな大変で楽しいことだったなんて。
 でもある日、あの子はどこかへ消えた。
 そして、もういない。

 僕は今でも彼を探している。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
子犬 ※未完
作者:佐藤りーまん お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:481字
「くるみ」名を呼ぶと小さな手足をむくむくと動かして子犬が振り向いた。まだ両手のひらに乗るような大きさだ。「翔ちゃんは本当にくるみが好きだねえ」亜希子が呆れたよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:魅惑の痛み 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:344字
舌を右の奥歯に押し当てる。 痛い。 歯の神経にじわりと広がっていく。 痛い。 でも何故かそうしてしまう。まるで痛みを味わうかのように、患部を刺激してしまう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:メジャーな保険 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:385字
我が家に保険の営業のお姉さんがやってきた。 ドアを開けた途端にこちらに突撃してきて(わかると思うが実際にぶつかってきたわけではない)、やけに笑顔で元気で、こち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:計算ずくめの音楽 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:391字
一片の狂いもない旋律が宙を舞う。 ここは音楽を演奏するためのコンサートホール。 舞台に座するグランドピアノとその奏者にスポットライトが当たっている。 その指は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:記憶の愛 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:258字
グラスを満たす濃密な琥珀色の液体。 ウイスキーが満たされたそれを見つめて、私は一つの過去を思い出していた。 二年前のこと。 あの時も、今日と同じだった。 外で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:ドイツ式の木 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:331字
鬱蒼とした木々が陽光を遮り吸い込む。 天まで届くかという針葉樹がどこまでも続いている。 この森は暗く、冷え込み、肝を冷やすような空気に包まれている。 黒い森( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:去年の正月 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:350字
あと数分で年が開ける。 暖かい室内。こたつでぬくぬくとした部屋に、私一人。 テレビでは『ゆく年くる年』が放送されていて、テレビを通して除夜の鐘を付く音が聞こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:幸福な平和 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:374字
「ん……むにゃ」 カーテンの隙間から差す光によって私は目覚める。 眠い目を擦りながら、身を起こす。 のんびりとした気持ちで洗面所に向かい、顔を洗う。 居間に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:354字
一体どこへ行ってしまったの? その子との出会いは一ヶ月前、学校から帰る道端に捨てられていた子だった。 ちいさくてふわふわした柴犬。撫でると温かくて、もふもふし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:経験のない夜風 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:333字
走っていた。がむしゃらに走っていた。 何の変哲もない、しかし愛着をもって乗ってきたママチャリでだ。 いつもいつでも、僕は、父と母の期待に沿うように生きてきた。 〈続きを読む〉