お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:481字

子犬 ※未完
「くるみ」
名を呼ぶと小さな手足をむくむくと動かして子犬が振り向いた。まだ両手のひらに乗るような大きさだ。
「翔ちゃんは本当にくるみが好きだねえ」
亜希子が呆れたように笑う。白い麻のワンピースの下にジーンズを履いていた。季節は春から夏に変わろうとしている。
くるみが跳ねると、河原の湿った草の匂いが舞い上がる。
どんなに一緒にいても飽きることはなかった。
「亜希子もさあ、くるみのこと好きだろ」
「もちろん。それは当然。でも翔ちゃんほど溺愛してないって」
くるみが転がって腹を見せる。無造作に右手で撫でると喜んで尻尾を振った。
「私はさあ、くるみが大っきくなるまで一緒に居られるのかなあ」
その言葉に胸が詰まりそうになった。
結婚した時に子どもを持たないと決めたのは、亜希子だった。亜希子は、もう長くない。ずっと前から知っていたことだった。ただ二人で新しい生活を始めたら何かが変わると思っていたのも本当だ。
結局、二人で暮らす日々は平穏で豊かで、なんの代わり映えもしなかった。
その最中、翔がムクゲの子犬を拾ってきた。
頑なに飼いたがらなかった亜希子もほだされて
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:僕の子犬 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:354字
一体どこへ行ってしまったの? その子との出会いは一ヶ月前、学校から帰る道端に捨てられていた子だった。 ちいさくてふわふわした柴犬。撫でると温かくて、もふもふし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:年中さん お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:582字
「全軍、準備はいいか?」「アイアイサー!」「よろしい。わが同胞よ、我々は今日のために備えを果たしてきた。いざ出陣と、幾度思ったか知れない。その度、今ではないと耐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

佐藤りーまんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:汚れた狐 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:481字
獣の目を見たのは、その日が初めてだった。佐藤は荒ぶれた竹藪の奥で陽の光を避け、息を潜めている。昨日上級者向けの山を登っていると、正規ルートから外れ、遭難してしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:今年の豪雨 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:399字
窓を打つ雨音を聞いていると、高校の図書室を思い出す。古い紙が湿気を含んだ、独特の匂いが舞い上がってくる。そこにはいつも僕と彼女だけが居た。彼女はただ貸出カウンタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:439字
話したこともないクラスメイトの笑い声が、耳から離れないでいる。僕は頭を抱えた。長い髪が指の隙間を滑り抜ける。切り口からは黒く粘ついた血液が垂れ下がった。抱えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:ワイルドな豪雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:682字
「すげー雪だな。こりゃ」翔太が帽子のつばに手を掛け、空を見上げた。大きな平屋建ての瓦には、たっぷりと朝日を含んだ雪が乗っている。晴れた陽の光を反射して眩しいくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べた殺し 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:428字
手のひらから一羽の蝶が生まれるのが分かった。鱗粉を指に散らし、青く発光する羽を震わせている。背の高い白髪の青年は、手の中の命を慈しむように見つめていた。「またで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べたコンサルタント 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:614字
口の周りを拭った。髭にはところどころ冷えて固まった血がこびりついている。指先でほぐしながら唇を舐めた。「美味しかった?」隣の男がパソコン画面から目を逸らさずに聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:彼女が愛した風邪 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:707字
「秋人」無機質な彼女の声がした。ゆっくりと目を開ける。家庭用アンドロイドのユキが小さな土鍋を乗せた盆を持って立っている。「いいよ、そこに置いておいて」「お医者様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:過去のカップル 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:447字
目覚めても、涙は溢れていなかった。鳴り続けるスマートフォンを握りしめる。昨日の夜、いつものような食事の後に彼女に別れを告げられた。驚くほど呆気なく、つい一週間前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:今日の山 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:560字
「筆記用具を置いてください」聞き慣れた教師の無機質な言葉で、現実に引き戻された。とっくの昔に切れた集中力の切れ端を集めて、マークミスが無いか確認する。後ろから回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:空前絶後の悲しみ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:455字
空前絶後の悲しみは、不意に襲ってくる。今日は食器を洗うため、スポンジで泡を立てていると、視界が歪み涙が溢れてきた。理由などない。ただ、感情を排泄するように生理現 〈続きを読む〉