お題:殺されたぺろぺろ 制限時間:2時間 読者:143 人 文字数:2390字

復活の呪文を発表してください。
「はー! 今日ものばらちゃんが可愛い。のばらちゃんぺろぺろ」
「電車で言うな」
「じゃあツイッターで言う」
「そ…………れならいい」
 下校で利用する通学電車。下り電車なのであまり人はいない。ほとんどいつも、オタク友達の遠藤と一緒にだべりながら帰るのだが、最近の遠藤は魔法少女モノというかなりベタな作品にハマっているようだ。
「宝生、まだ『いのばら』見てないの?」
「お前が見終わったら見る」
「俺のせいか」
「そうだ」
「はっきりと! 酷い……」
「最近のアニメって、ワンシーズンだから脚本が走ってたりして最終回まごついたりするじゃん。最初が良くて見続けて最終回で裏切られるの嫌じゃん」
「大丈夫だって! 『いのばら』を信じろ!」
「お前が信じられない」
「酷い……ツイッターで呟いてやる」
 そういうところだよ。
 喋りながらスマホで遊んでたアプリを切り替えてツイッターのタイムラインを更新したらマジで「【定期】のばらちゃんprpr【手動】」というつぶやきもあったし、一番上に「心の友の裏切り絶対許さないマン」も更新された。このやろう。
 俺も対抗して「心の友の浅い宣伝に絶対乗らないマン」とつぶやいた。
「つか遠藤さ、去年もこの時期に魔法少女モノのアニメ見て推しキャラ死んで凹んでなかったっけか? 俺以外にも裏切られてんじゃん」
「のばらちゃんは大丈夫だって!」
「フラグ」
 喋っている間に電車は駅で停車したが、俺が降りるのはこの次だ。あまりおしゃべりに夢中になってると乗り過ごすから、この辺まで来たらゲームを終了させて、隣の遠藤に遠回しに『そろそろ降りるぞ』アピールをする。すると遠藤もちゃんと気づいて、イヤホンを取り出す。遠藤は更にもう一つ次の駅なので、いったんここで別れるのだ。
 そそくさと準備をしている間に、電車は割と早く次の駅に着いてまた停車し、ドアが開く。
「んじゃ」
「おーう」
 片手をひらひらさせて別れの挨拶は簡単に。どうせ明日も会うからだ。



   ***



 毎朝、朝食を食べながら、陰気なニュースには目をやらずに平和なツイッターを見ていると、遠藤のつぶやきがめちゃくちゃ陰気だった。
 恐らく深夜の放送をリアルタイムで見たのであろう実況風のつぶやきが、「のばらちゃん……」「まじか……」「のばらちゃん…………pr…………」で途絶えている。
 録画どころか一話も見てないので何が起きたかは皆目見当もつかない。が、実況つぶやきを見る限りかなり平和な内容だったはず。まさか死んだわけじゃあるまいに。
 まさか死んだ? マジで?

 支度を済ませて最寄りの駅で電車を待つ間、『いのばら』について検索すると、ネットの海は早い、昨晩の放送の感想一覧やあらすじまとめなどが続々引っかかる。
 そのうちのひとつを開くと、どうやら大筋の話としては平和に完結したらしい。別に何も問題ないのでは? 遠藤のあのダイイングメッセージの意味がよく分からない。

 学校について教室に入ると、まだ遠藤はいない。おおかた深夜アニメ見て夜更かししたせいだろうが。
 そのうち来るだろうと思っていたら朝礼には間に合わず、一時限目の授業開始にギリギリアウトで教室に入ってきた。「すんません、寝坊しました……」の声からして死んでいる。本当、なんでこんな死にきった顔してんのこいつ。『いのばら』に親でも殺されたの?
 とりあえず授業終わったら声かけるか……。



「遠藤ー。生きてるかー?」
「死んでる」
「見りゃ分かる」
「じゃあ聞くなよ!」
「なんで死んでるん?」
「……………………」
 だめだ、死んでいる。
 昼休みになったらゆっくり聞こう。



   ***



 四限目が終わり、教室に戻って弁当を持って遠藤の机まで行ってやると、机に突っ伏したまま死んでいた。
 まあそれはさておき。弁当箱を開けると白米に唐揚げに厚焼き玉子にポテトサラダ。
「で結局なんで死んだの?」
 ポテトサラダうまい。
「のばらちゃんに…………彼氏がいる疑惑が浮上した…………」
「えっマジで?」
 先に唐揚げ食べて、ごはんっと。
「最後のエンディングのスタッフロールのカットで誰かと手繋いでるカットがあって……。のばらちゃんピンクの服で繋いでる相手の手の服の袖が青で……。背景が遊園地で……。完全にデートじゃんって……」
 まあ、色合いと場所からしていかにもデートを連想させられるが。卵焼きうまい。
「弟とかじゃなく?」
「お前は姉と二人で手を繋いで遊園地行くか?」
「行かねーな。じゃあ続編のフリ?」
「あると思って番組終了から次の番組が始まるまで待って公式サイトも更新し続けて何の成果も得られなかった俺に何か?」
「いえなにも」
 家から持ってきた炭酸ジュースはまだうまい。
「はあー…………」
「お前いま食っとかないと絶対次の体育後悔するぞ」
「…………食う」
 お、やっと生き返った。もそもそと鞄からコンビニで買ったらしいパンを食べ始めた。

 体育も帰りの電車も、遠藤はひたすら溜息をついていたし、帰ってからまたツイッターを開いたが、ツイッターでもひたすら「のばらちゃん……」といかにも落ち込んでる感じの更新ばっかりだった。
 とはいえ無事に最終回を迎えたということで、俺は今更ながら、ようやく『いのばら』もとい『魔女見習いの野ばら』をアニメ配信サイトで視聴した。
 二話目くらいで完全に見入った。
 でも最終回知ってるんだよなぁ。最終回だけ知っちゃったんだよなぁ。
 小休止もかねてスマホからツイッターを開いて「のばらちゃんに殺される」とだけつぶやいて三話目を続けて視聴した。ここまで全く男キャラが父親以外いないのに、最終回で彼氏疑惑で心が死ぬんだろう。俺の余命はあと九話。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:よろしくおあがり宴さん お題:殺されたぺろぺろ 必須要素:海苔 制限時間:2時間 読者:168 人 文字数:2182字
★その日、授業を受けていた俺たちは、午後の日差しを浴びてうとうとと夢の世界に旅立っていた。しかし、そんな穏やかな時間をぶち壊したのは、甲高い女の声だった。「誰だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:pon お題:100の「えいっ!」 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:814字
「あの鳥居の上に石を乗せられると、願いが叶うんだって。」「へえ、鳥居に石を投げたら罰当たりそうなもんだけどねえ」彼はのんびりとそう答える。ぽかぽかと暖かい春の陽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:来年のスキル 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:2616字
「あ……あ」 辺りは闇に包まれていて。「おい、ガキ」 目の前には大柄な男が僕の視界を遮っていて。 マスクにサングラスいういかにも格好で言葉を投げる。「お前が止め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ひねくれた喪失 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1147字
今日もまたベッドの上でスマートフォンを弄り続けている。そして、眠くなったら寝る。これこそが人間の有意義な時間の使い方だ。人が歯車のように延々と回り続けており、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳内みこと お題:煙草と話 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:2323字
「煙草、頂戴」 夜の摩天楼の中であっても、ここにそびえ立つ会社ビルの最上階において、一面を硝子張りで構成されたこの私室は、まるで世界の全てを見下すことを神に赦さ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
3 ※未完
作者:匿名さん お題:誰かの朝日 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:466字
太陽が、低い街の屋根や壁を染めている。これは私刑の範囲だと知っていたが、彼らの総意ならば仕方がないと思った。西日が私の瞳を射ぬいた。すこしだけ、ほんのすこしだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:つまらない電車 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:10456字
あの日、彼に一体何をしてあげられただろうか。その答えは、今でも、出ない。蓮城はるかは、神宮寺医師の元で、働いていたことがある。救急科の研修の時だった。救急外来に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
簡単な音 ※未完
作者:エビハラは愛知県に3月から住む お題:簡単な音 制限時間:2時間 読者:35 人 文字数:2228字
「『人を殺したくなる音楽』……ですか?」 栞さんの唐突な質問に、わたしはつい怪訝な態度を取ってしまった。 「そう、学校で噂になってたりしない? YouTube 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紫藤夜半@電撃締切まであと29日 お題:謎の保険 制限時間:2時間 読者:32 人 文字数:4491字
人々の危機に颯爽と現れ、悪と戦い、見返りを求めることなく人知れず去る――世界中の少年少女がかならず一度は憧れた、日曜朝のヒーローたち。彼らが虚構の存在ではなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ お題:とんでもない爆発 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:1471字
僕はジョン。親友のチャーリーはとっても優しい。何をしたって怒らない。僕がチャーリーのランチを食べちゃっても、チャーリーの体操着にうっかりミルクをこぼしちゃっても 〈続きを読む〉

名乗る程の者でもないの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:彼のオチ 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1739字
まず何事にも、順序というものがあるだろう。たとえば、人にものを頼むということひとつにも、こういう事情があるからだとか、その報酬にこれがあるだとか。それこそ、ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:そ、それは・・・冒険 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:1997字
我が高校の生徒会長は、なんというか、なんとも言えない人だ。 部活は弁論部で、原稿を片手に人前に立って演説するときの「楽しそうだな」感はすごい。だからあがり症と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:僕の小説家たち 制限時間:4時間 読者:122 人 文字数:2495字
──さあ、ここからが正念場だ! 行くぞ、みんな!「……んー」 ────さあ、ここからが正念場だ! 行くぞ! ────おう! ────やったろーじゃないの!「ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:殺されたぺろぺろ 制限時間:2時間 読者:143 人 文字数:2390字
「はー! 今日ものばらちゃんが可愛い。のばらちゃんぺろぺろ」「電車で言うな」「じゃあツイッターで言う」「そ…………れならいい」 下校で利用する通学電車。下り電車 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:不幸な脱毛 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1083字
「あれ? 田中先生イメチェンした?」「お? 分かるか? 全身脱毛してきた!」「まじィ?」 担任のアラフォーの田中先生が、妙に若々しくなったと思ったら脱毛か。なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:茶色い兄 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:522字
5がつ25日。はれ。 きょう、ちゃぱつはふりょーなんだって、ようちえんのたかしくんが言ってたけど、ふりょーってなんだろう。わからないことは光おにいちゃんに聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:昼間のガールズ 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:627字
「ゆうりちゃんおまたせ~」「おーう、ふみちゃーん」 お昼ご飯はふみちゃんのクラスの教室にお邪魔してお弁当を食べるのが日課。今日は直前が移動教室だったので遅くなっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:潔白な豪雪 制限時間:1時間 読者:135 人 文字数:2154字
「こちらオトミヤ。ウォンスの街は音沙汰なし。待機します」 両耳に当てたヘッドフォンから「待機。を承りました」の自動音声。私はしばらく、岩と砂ばかりの街に居座るこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:名乗る程の者でもない お題:死にかけの女祭り! 制限時間:4時間 読者:240 人 文字数:2591字
「待て。待つんだ」「いや雨美くんも待って」 待ちたくない。「部活の掛け持ちを理由にクラスの出し物について話を聞いていなかったことは素直に謝る、が」「雨美くん顔怖 〈続きを読む〉