お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:79 人 文字数:3920字 評価:1人

ヒーローの資格
 黒い軍勢が、白昼の街を駆け抜ける。彼らが通り過ぎた後は、ビルが崩れ、炎が燃え盛り、人々の悲鳴が響いた。
「B班は散開せよ。A班は俺と共に来い」
 軍勢の先頭に立つクマのような怪人が指示すると、後に続く影からにじみ出たような姿の戦闘員たちの半分が、街中に散っていく。
「さあ出て来い、ガーディス。でなければ、街は守れんぞ」
 手近に転がる瓦礫を、クマの怪人・デスグリズリーは軽々と高層ビルへ投げつける。上階にそれは命中し、大きなビルはぐらぐらと揺れた。
「ギ、ギギギ!」
 戦闘員の一人がデスグリズリーの下へ戻ってくる。小脇には一人の少女を抱えていた。それを見て、クマ怪人は鋭い犬歯を見せた。
 デスグリズリーは戦闘員から少女を受け取ると、青い顔の彼女を高々と掲げた。
「出て来い、ガーディス! でなければこの子どもを殺す! それとも、貴様は少女一人守れない腰抜けヒーローか?」
 ギギギギギ、と周りの戦闘員たちが嘲笑のような唸り声を上げた。
「どうした? 早く来なければ、この細い首をへし折るぞ!」
 また周りの戦闘員たちが笑い声を上げたその時だった。
 それは、上からやって来た。
 デスグリズリーの上に、近くの建物から飛び降りるようにして。
「何!?」
 虚を突かれたその腕から、少女の身体がこぼれる。飛び降りてきた青年は、それを上手く抱き留めて着地した。
「来たか、ガーディス!」
 どこか嬉しそうなデスグリズリーの言葉に、青年は背中を向けたまま応じた。
「悪いな、『キルデス』の諸君」
 少女を抱えたまま少し振り向いて、にやりと笑う。
「今ちょっと、お前らと遊んでやる暇はないんだわ」
 じゃあな、と言って青年は、正義のヒーロー・ガーディスは少女を抱えたままその場を走り去る。
「ふん、だからこそ追っているのだ」
 不敵に笑みを返し、デスグリズリーは「A班!」と叫ぶ。
「追え! 奴が変身できないこの機を逃すな! 必ずや抹殺するのだ!」


「ふー、ここまでくれば何とかなるだろ」
 デスグリズリーから走って逃げ、途中で見つけた車を盗み、田井シノブは運転席で一息ついた。
 辺りは人家どころか人通りすら乏しい山道だ。ここなら、と思った瞬間、後部座席から声がした。
「ねえ、お兄さん。もうドライブはおしまい?」
「あ?」
 驚いて振り返ったシノブの目に、後部座席からひょっこり顔を出す少女が映る。
 中学生くらいの、髪を片側で結った小柄な少女――デスグリズリーから救った彼女だ。
「おいおい、マジかよ……。いつの間に乗り込んだんだ?」
 気絶している様子だった彼女を歩道に寝かせてから、シノブは近くにあった車のドアのキーを破壊して乗り込んだのだ。確かに置いてきたはずなのに……。
「ずっと乗ってたよ」
「参ったぜ……」
 がっくりとハンドルに額をつけて、シノブは呟いた。
「なあ、お嬢ちゃん」
「スミレだよ」
 そっかスミレちゃん、と言い直してシノブは顔を上げた。
「お家どこだ?」
「帰りたくない」
 は? とシノブは顔をしかめる。
「帰れよ、いいから。でないと、またさっきのクマの化物が来るぞ?」
「どうして?」
 シノブは少し逡巡した後、ため息とともに答えた。
「俺を追って来てるからだ。聞こえてなかったかもしれないが、俺は――」
「守護戦士ガーディス?」
「……そう」
 ホントに、と尋ねられて、バツ悪そうにシノブは口を尖らせた。
「本当だ。でも今は、ちょっと変身できないんだが……」

 守護戦士ガーディスは、精霊界に選ばれた若者・田井シノブが変身する正義のヒーローだ。
 精霊界を離反し、人間界に攻撃を仕掛ける悪の組織・キルデスと戦っている。
 両腕の二対の丸い盾を唯一の武装とし、そこから発するエネルギーシールドや、円盤投げの要領での投擲が主な戦闘方法である。
 ただ、その戦いぶりは「守護戦士」の名に反するものである。
 エネルギーシールドを発生させて敵を弾き飛ばし、付近のビルを壊す。
 盾を地面の上で転がして敵を切り裂くついでに道路をえぐる。
 こういった破壊行為は日常茶飯事である。
 精霊界も、田井シノブの戦いぶりに「人選ミスか」と常々頭を悩ませていた。
 そんな折に事件は起こる。
 ガーディスが投げた円盤が電柱を切り倒し、逃げ遅れていた女性を下敷きにしたのだ。
 幸い女性は軽傷であったが、一般人に被害を出すのはヒーローにとってはご法度である。
 このことで精霊界は、ヒーロー監視組織「ウォッチャーズ」に働きかけ、シノブから変身能力を一旦剥奪し、査定に掛けることを要請した。精霊界の法律では、人間界にやってきて直接活動するのは違法とされていたためである。
 これを受けて、「ウォッチャーズ」はシノブの下にエージェント・ハングドマンを派遣。
 雷を操るハングドマンはシノブに夜襲をかけ、その電撃で彼を気絶させる。そして、変身アイテムである小型の盾を奪い去ったのである。
 だが、キルデスにその動きが漏れていた。
 ガーディスにシノブが変身できないことを知るや否や、こうして大攻勢をかけてきたのである。

「しっかし、あれはとんでもない電撃だったな……」
 シノブは脇腹をさする。
「お兄さん、鍛え方が足りないんじゃない?」
「うるさいよ」
 シノブと、スミレと名乗る少女は、車を降りて山道を歩いていた。車が入れないような山奥ならば、安全と考えたのである。
「まあ、鍛え方が足りないから? 俺は変身アイテムを奪われちゃったわけで」
 だからさ、とシノブはスミレを振り返る。
「君も俺みたいなヒーロー失格野郎の近くにいたら、危ないってことだーかーら……!」
「見て見て、でっかいキノコ!」
 無邪気にはしゃぐスミレに、シノブは呆れて肩をすくめた。
「聞いてるか、スミレ? てか、そんな離れんなよ、迷うぞ」
 それに危ない、とシノブは彼女に近付いた。
「でもさ、お兄さんはヒーローだと思うよ」
 急にスミレは真面目な顔でシノブの方を振り向く。
「だって、ボクを助けてくれたよね?」
「ま、そうだけどよ……」
「それって、正しいことでしょ?」
 だけど、とシノブは後ろ頭をかいた。
「あのクマ野郎を倒せなかった……」
「倒すばっかりが、ヒーローの仕事かな?」
「いやいや、お嬢ちゃんにはわかんないかもしんないけどね、俺は――!」
 危ない、とシノブは途中で言葉を切り、スミレを抱えて倒れ込んだ。彼らの立っていた場所に、銃弾が爆ぜる。
「見つけたぞ、ガーディス!」
「ちっ、もう来やがったか!」
 山道の下、デスグリズリーが戦闘員たちを引きつれてこちらを見上げている。
「変身できない貴様を殺し、我らの支配を確実なものとしてやる!」
「考えがせこいぜ、クマさんよ!」
 シノブはファイティングポーズをとる。
「ふん、何とでも言え。後ろの子どもごと、貴様はなぶり殺しだ!」
「ざけんなよ!」
 向かってきた戦闘員の一人を、シノブは殴り倒した。変身できなくとも、シノブの体の中には精霊の力が残っている。ただし、ガーディス変身時の1/10でしかないが。
「ぐ、クソ!」
 いつもなら簡単に倒せる戦闘員たちに、シノブは徐々に押し込まれていった。
 更に――
「おーっと、そこまでだぞガーディス!」
 デスグリズリーの声に振り向くと、クマ怪人の腕にはスミレが抱かれていた。
「てめ――!」
「この少女を助けたいらしいな、ガーディス?」
 シノブは歯噛みした。何で、逃げてないんだ。あいつがいなけりゃ、簡単に逃げられたし、逃げ回ってさえいれば、いつかは変身アイテムは戻ってきて、そして……。
「そんな考えでいいの?」
 クマ怪人の腕にありながらも、スミレは冷静であった。
「おい、貴様、何を勝手にしゃべって――」
「逃げて逃げて、変身アイテムが戻ってくればいい。それで、こいつらを倒せばいい。それって、正しいことなの?」
 シノブは拳を握る。
「君は何者? ワルモノを退治するワルモノ? 違うでしょ?」
 俺は――
「守護戦士、ガーディス……。正義の、ヒーローだ」
 スミレはゆっくりうなずいた。同時に、彼女の姿がデスグリズリーの腕から消える。
「な……!?」
 驚くキルデスの一団を尻目に、スミレは瞬時にシノブの目の前に戻ってきていた。
「試験はごーかく」
 シノブを背後にかばうようにして、スミレは立った。その背中は、小さな少女の者とは思えないぐらいに、大きく見えた。
「だけどごめんね、変身アイテム持ってきてないの」
 だからサービス。スミレがいつの間にか手にしていた鍵を自身の両脇に差し込むと、身体に紫の稲妻が走る。すると、彼女の身体は光に包まれた。
「ボクが倒してあげるね。久々に、暴れたいし」
 光が晴れたスミレは、大きく姿が変わっていた。どこかの制服のような服装から、ほとんど裸に二本の帯を巻いたような姿に。そして、その手には左右一本ずつの槍が握られていた。
「じゃ、いっくよー!」
 呆気にとられている周囲を置き去りに、スミレは強烈な雷を放った。


「ふー、じゃあ、そろそろ帰るね」
 キルデスの一団を文字通り瞬殺し、どこかすっきりした顔でスミレはシノブに言った。
「あ、ああ……スミレ、あんたって……」
 スミレは、少女はどこか寂しげに首を横に振った。
「スミレじゃないよ。今のボクは、ただのハングドマン」
 じゃあね、脇腹鍛えときなよ。
 そう言って、「ウォッチャーズ」のエージェントは飛び去って行った。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:79 人 文字数:3920字 評価:1人
黒い軍勢が、白昼の街を駆け抜ける。彼らが通り過ぎた後は、ビルが崩れ、炎が燃え盛り、人々の悲鳴が響いた。「B班は散開せよ。A班は俺と共に来い」 軍勢の先頭に立つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2726字 評価:0人
大体にして段ボールを触ってから金属片に触れると、電気が走る。静電気の話。「でも、少し前に静電気の話書いてたよね?」そういえばそう。確かに書いた記憶がある。確かタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:2885字 評価:0人
集まった親族は揃って妙な顔をしていた。さて、なにかおかしなことを言っただろうか。そろそろ結婚を期待される歳でもあるし、いい報告ができたと思ったのだが。「彼女と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:3128字 評価:0人
美味かった、そりゃもう舌でとろけるどころか舌が溶けたかと思うほど美味かった。たかが塩コショウで味付けしただけの肉、本当に、ただそれだけ。しかもステーキみたいに、 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:難しい成熟 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1128字
「新しい物語ができたから、聞いてくれるかしら?」「いいわよ、やりなさい」 大鷺高校文芸部所属の真倉エミリは、部活動の一環としてオリジナルの絵本や紙芝居を近隣の保 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3450字 評価:0人
俺が中学一年生の頃、学校でスリングショットが流行ったことがある。 スリングショットというのは、いわゆる「パチ○コ」のことだ。大人が朝から列なして、くわえタバコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:8月のサッカー 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1217字
サッカーは冬のスポーツだ。1試合平均で11キロ走ると言われているわけで、そんなものを夏にするのは愚の骨頂、熱中症まっしぐらである。学校の授業でだって、持久走を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遅いアレ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1213字
「アレが来ないのよ……」 ミキがやけに暗い顔をしているから理由を尋ねると、周りをはばかるようにして言った。「え、アレが!?」 わたしは息を飲んだ。アレとはつまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とびだせ伝承 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1344字
わたしの住んでいる地域には、「七太郎」という伝承がある。 ローカル版の桃太郎的な話で、七日で千里を走るという七太郎が、山にすくう鬼を退治するという物語だ。「で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:肌寒い列車 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1432字
寒い。 夏真っ盛りのこの時期に、そんな感想を抱くのは、冷房の効きすぎた電車の中だ。 しまったな、弱冷車に移動しよう。 そう思った時、折よく車内アナウンスがかか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:12月の夢 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1220字
「最近、12月の夢を見るんだ」 夏休みの前日に、草枕ユウトはそんなことを言った。「何で12月なんだ?」 わからない、とユウトは沈んだ表情でかぶりを振る。「言い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけデザイナー 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1167字
大型ショッピングモールのトイレの前を通りかかって、わたしは「あれ?」と違和感を覚えた。 ここにはよく来るのだが、今何かおかしかった。立ち止まってよく見ると、柱 〈続きを読む〉