お題:苦しみの小説練習 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:1107字

苦しみの小説練習
 バックスペースキーを連打する望月の顔は険しい。書いては消し、書いては消し、書かずに消す。実際に残った文字は、費やした時間に比べると驚くほど少ない。
「……あのさあ」
 がりがりと爪を噛み出した望月を見かねて口を挟む。
「とりあえず、駄作でもいいから完成させるのがいいんじゃない。完璧を目指すよりまず終わらせろって言ってたよ、なんだっけ……チーズインハンバーグみたいな名前の人」
 ザッカーバーグな、と冷静な指摘が返ってくる。切羽詰まっているようだけれど、こちらと会話できるくらいの余裕はあるらしい。安心した。
「だからと言って、最初から手を抜いて書くのは気に入らない。突き詰めれば初稿が出来上がった時点で既に修正の余地がないというのが理想だ」
「さすがにそれは」
「わかっている。だから、理想だ」
 たんたんたん、となおもキーボードを叩く。肩越しに真っ白なテキストエディタが見える。
「現実から理想へ少しでも近づけるのが練習というものだろう」
 だから、と望月は冷え切ったマグカップに手を伸ばす。湯気を立てるのをやめて久しい珈琲を一口啜り、顔をしかめる。
「苦しくても練習をしなければいけない。理想に近づけないまま終わるほうが、よっぽど苦しいからな」
 ふうん、と相槌を打ってポテチの袋を探り一枚を摘まみ出す。今日はのり塩味。塩気と香ばしさの、理想的な味のバランス。
「たとえば伊里谷、お前はプログラマだろ。さっき言ったザッカーバーグもそうだが、お前は納期にさえ間に合えば、完成さえすれば質の低いソフトウェアを客に引き渡しても良いと思うか?」
「それは卑怯な質問だな。良いわけないだろ」
 そういうことだ、と望月は続ける。
「品質は最高、かつ納期は最短。それが生む最上の報酬。俺はそれが理想、王道だと思う」
 望月の手が再び走り始めた。喋りながらもすさまじい勢いで言葉を綴る。皮肉屋の完璧主義者、ただし努力だけは一切惜しまない。望月はそういう男だ。
「でもさ、今回ばかりはまず完成させてみなよ。騙されたと思って」
 ちらと振り返った望月に、なるべくいたずらっぽくなるように笑いかける。
「早く読みたいな、望月の小説」
 はあ、とため息をついて三秒。ぱたんとノートパソコンが閉じられた。
「腹が減った」
「はい?」
「腹が減っては戦はできぬと言うだろう。今日はお前が作れ。腹が膨れたらアイデアも浮かぶだろうさ」
 お前が読みたいと言ったんだからな、と冷たく言いながらもその目には既に闘志が満ちている。
「……わかったよ。で、何が食べたい?」
「チーズインハンバーグ」
「わははは。了解、買い物付き合って」
「ああ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな小説練習 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1323字
小説を書くにあたって、ごまかす能力は必要不可欠だ。言葉だけで読む相手に伝わるように物事を書くためには想像だけでは限界があるし、かと言って体験したことだけでは味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
存在 ※未完
作者:バクロ婆 お題:俺とドア 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1032字
時々不思議な夢を見る。何もないまっさらな空間とそこに立つ自分。そして目の前には大小形も様々な無数の扉。木製、鉄製、ガラス製、自動ドア...中にはマンホールのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:枯葉野 晴日 お題:間違った食器 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:854字
眉間に皺を寄せて、彼は腕を組み眼前の皿を睨んでいた。そこにあるのは、小振りのショートケーキだ。淡いブルーのいびつな皿に、真っ白いクリーム。上に苺がちょこんと乗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさり お題:急な出会い 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1705字
空を見ていた。ぼうっとしたくて空を見上げたのにひとつの雲もない退屈な空だった。気を利かせてひとつくらい浮かべておいてくれたらいいのに。こんなぼうっとしたい日に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京カラス 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:847字
かぁ、とどこかでカラスが鳴いた。スマートホンの画面に釘付けだった僕の視線は、その声に導かれるかのように空へと向けられた。東京の空は鈍色に染まっていた。分厚い雲が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:枯葉野 晴日 お題:臆病な闇 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:868字
真っ暗な闇の中に、私はいた。耳をつくのは雨音だけ。雨が迫ってくるような、そんな夜だった。 あの日、少しだけ勇気を出せていたなら。そう思わずにはいられない。降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー お題:忘れたい絵画 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:453字
王宮には1枚の絵画が飾られている。こちらを憂うように見つめる、貴婦人の肖像画。それは国内外に知られる有名な画家が描いた作品のひとつで、大変高く評価されていた。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:同性愛の暴走 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:367字
あの頃は毎日のようにキャッチボールをしていたね。別に野球部でもないし、ピッチャーでもなかったのに、とにかく夢中で投げたよね。君はすごい。ただただ速い球を投げるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の敗北 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:449字
終わったか...わいは全速力で走る。ただ一つの場所に向かって。すると他の人間がわいの邪魔をする。[どけや!邪魔や!]ドン![ぐはっ!]この時間は皆がこうなってま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:永遠の小説トレーニング 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1762字
遊覧船のデッキにて、孝は由奈と食事をしながら夜の海を眺めている。 暗く静かな海。淡く輝く月を鏡のように写し出す光景は幻想的で、思わず見とれてしまうほどに美しい 〈続きを読む〉

此瀬 朔真の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:ロシア式の作家デビュー 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1638字
馴染みの店のカウンターで息を飲んで待つ。隣にはどっかの建設会社の営業マン、反対側には web デザイナー、いつも通りの無表情でグラスを磨くのはここの店主。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:限りなく透明に近い犬 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1417字
くん、と鼻を鳴らす音。かちゃかちゃと固いものがアスファルトを叩く音。へっへと息を弾ませる音。ぱったぱったとやわらかいものが揺れる音。 奇妙な音が先ほどからつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:君と許し 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:528字
跪き、頭を垂れる。床に敷き詰められた緋毛氈、高い窓から射し込むわずかな光を反射して、漂う埃が煌めく。 呼吸の音さえ伽藍に反響しそうな、張り詰めた沈黙が辺りを支 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:黒い闇 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:1456字
深夜、路地裏。街灯もろくにない、立ち並ぶのは寝静まった民家ばかり。わざと危険な場所を選んで歩くのはこれが仕事だからだ。辺りに紛れる黒いパーカーの、前開きのファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:12月のぷにぷに 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:582字
暗い空からほわほわと、舞い落ちる白。ピンクとブラウン、カスタードのトリコロールの手袋がそれをそうっと受け止める。やわらかな毛糸にとまった雪のひとひらを、こちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:過去のガールズ 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1124字
あらまあ、いやだわあははは。大口を開けて笑うご婦人方はどうやら買い物帰り。近所のスーパーのビニール袋、はみ出している長ネギは炎天下にしおれ気味。そりゃそうだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:団地妻の人々 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:967字
陰口告げ口噂話、根も葉もきりもない井戸端会議。分厚い板チョコみたいな、おんなじ形の建物の群れ。暮らしているのは似たり寄ったりの家族。繰り返されるのは変わり映え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:苦しみの小説練習 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:1107字
バックスペースキーを連打する望月の顔は険しい。書いては消し、書いては消し、書かずに消す。実際に残った文字は、費やした時間に比べると驚くほど少ない。「……あのさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:愛、それは模倣犯 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:671字
「ささやかなテロ」から一か月。学園は相変わらず賑やかで、学生たちが胸を張って闊歩する。変わったことと言えば、「魔王」と「帝王」により強行されそうになった学則の 〈続きを読む〉