お題:燃える愉快犯 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:723字

化け猫の飛翔/Eve of War
 化け猫は笑っていた。いつも通りにやにやと、しかしよく見るとその笑みは普段よりも深い。目が爛々と輝き、口の端はきゅうっと吊り上がっている。
「さて、ついにこのときが来た」
 化け猫は語り始めた。埃っぽい狭い部屋、集まった人影は十と少し。どこから仕入れた話やら、明日「魔王」と「帝王」の会談が行われるという。
「お二人さんには存分に寝首を掻かれてもらおうと思う。剣呑なくせに、敵はお互いしかいないと思っている呑気な人たちだから、さぞ驚いてくれるよ」
 では最終確認といこう。宙を舞うチョーク、それを掴み取る右手。黒板に書き出される事項を、ひとつずつ点検していく。計画に瑕疵はない。完璧すぎるほど完璧な、無力な学生による小さな反逆。しかしこれがあの二人にとって強力な一撃になるのだと言う。
「学生ごときにこてんぱんにされるという事実こそが大事なんだよ。あの高いプライドをへし折ってやるにはね」
 これが最後ではない、と言外に語る化け猫はまだ笑っている。なんと楽しそうな、愉快そうな表情だろう。あんなにやる気のある顔は久しぶりに見た。無気力がマウンテンパーカを着て歩いていた姿が嘘のようだ。
 こつん、とチョークが置かれる。書き出されたリストはすべて二重線で消された。もう憂いは残っていない。あとは、俺たちが実行するだけだ。
「粛々と、淡々とやり遂げよう。一心に、ひたむきに、テスト前のように必死でやろう」
 化け猫はなおも朗々と語る。その笑みが隠す、燃えるような怒りを誰が知るだろう。
「私たちの学園が本当は誰のものなのか、思い知らせてあげようじゃないか」
 抑圧された学生たちの総代、嘲笑う非力、燃える愉快犯、化け猫。
 まさしく今日は、開戦前夜。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ドP お題:燃える愉快犯 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:812字
「どうしよう」「どうしようもねえよ」「いや、だって、あいつら寝てたぜ?」「そうだな」「寝てるのに、火、点けちゃったんだぜ?」「そうだな」「やばくね?」「そうだな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:518字
森の中を歩いてると一匹の狼に出くわした。咀嚼音を辺りに響かせて食ってたので出くわす前に存在には気づいていたがあえて出会いにきた。別に狼を捕まえて食いたかったわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八等分された日ノ宮理李 お題:俺の狼 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:916字
人を襲うとどんな動物であろうと殺傷処分を受ける。 何人もの仲間たちがそれで次々に消えてった。 最初のうちは悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいになった。けれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:気持ちいい許し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:949字
ご飯を炊き忘れた。 そろそろ夕食にするかと炊飯器を見れば、そこにあったのは水に浸された二合の米だけで、期待していたほかほかのご飯は存在しなかった。 寂しい一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:榮倉慶 お題:これはペンですか?違うわ、それは魚 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:682字
「これはペンですか?」「違うわ、それは魚よ」 終わりの見えないやり取りを先から続けている。昨日住宅街のゴミ捨て場で拾ったこの男はどうも外国人だったらしい。昨晩は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:DDT お題:純粋な病気 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:308字
電車を降りたところで呼び止められた。女子高生だ。ラッシュの波に押されて流されそうになったので、とりあえず腕を掴んでエスカレーター脇まで移動した。その二の腕の細さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:834字
自分の過去に、自信が持てず、悲観的になると、その後の生き方も狭くなる。 履歴書の空白を説明できない者は、代る何かを得られていないだけなのだが、それ以上に後退し 〈続きを読む〉

此瀬 朔真の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:ロシア式の作家デビュー 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1638字
馴染みの店のカウンターで息を飲んで待つ。隣にはどっかの建設会社の営業マン、反対側には web デザイナー、いつも通りの無表情でグラスを磨くのはここの店主。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:限りなく透明に近い犬 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1417字
くん、と鼻を鳴らす音。かちゃかちゃと固いものがアスファルトを叩く音。へっへと息を弾ませる音。ぱったぱったとやわらかいものが揺れる音。 奇妙な音が先ほどからつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:君と許し 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:528字
跪き、頭を垂れる。床に敷き詰められた緋毛氈、高い窓から射し込むわずかな光を反射して、漂う埃が煌めく。 呼吸の音さえ伽藍に反響しそうな、張り詰めた沈黙が辺りを支 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:黒い闇 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:1456字
深夜、路地裏。街灯もろくにない、立ち並ぶのは寝静まった民家ばかり。わざと危険な場所を選んで歩くのはこれが仕事だからだ。辺りに紛れる黒いパーカーの、前開きのファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:12月のぷにぷに 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:582字
暗い空からほわほわと、舞い落ちる白。ピンクとブラウン、カスタードのトリコロールの手袋がそれをそうっと受け止める。やわらかな毛糸にとまった雪のひとひらを、こちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:過去のガールズ 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1124字
あらまあ、いやだわあははは。大口を開けて笑うご婦人方はどうやら買い物帰り。近所のスーパーのビニール袋、はみ出している長ネギは炎天下にしおれ気味。そりゃそうだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:団地妻の人々 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:967字
陰口告げ口噂話、根も葉もきりもない井戸端会議。分厚い板チョコみたいな、おんなじ形の建物の群れ。暮らしているのは似たり寄ったりの家族。繰り返されるのは変わり映え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:苦しみの小説練習 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:1107字
バックスペースキーを連打する望月の顔は険しい。書いては消し、書いては消し、書かずに消す。実際に残った文字は、費やした時間に比べると驚くほど少ない。「……あのさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:愛、それは模倣犯 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:671字
「ささやかなテロ」から一か月。学園は相変わらず賑やかで、学生たちが胸を張って闊歩する。変わったことと言えば、「魔王」と「帝王」により強行されそうになった学則の 〈続きを読む〉