お題:あいつの百合 制限時間:4時間 読者:251 人 文字数:2515字
[削除]

百合といえば
 百合の花といえば、小学生の頃、お見舞いに持っていってはいけない花だと親に教えられたのが最初。なので以降、百合と聞いて好ましいイメージが浮かばない。百合の花も不本意だろう。
 その百合の花束を、あいつが持っていたのを休日に見かけた。
 持っているところだけだったが、当然見舞いではないのだろうから、誰かにプレゼント、もしくはプレゼントされたのだろう。と思うだろうが、影が薄いあいつの知り合いなんて、クラスメイトの俺か、ファンとして追いかけている先輩くらいだ。いや、くらいというか、完全にこの二人だけだ。誰かから貰ったりあげたりするはずない。なら自分用? いやまさか。中学の時から憧れの先輩を追いかけて、高校までついてきたようなやつが、自分用に花なんて買う趣味があるとは思えない。

 どうしても気になったので、次の月曜日、登校して教室に入ってすぐに聞いた。
「明保野、こないださ」
「はい?」
「こないだ百合の花を持っていなかったか?」
「あ、はい。買いました」
 買ったのか。
「いつも仏花用にしか花を買わないので、たまにはと思って」
「仏花用? ……あ、そっか、父親……」
「はい。お父さんのお墓参りに」
 お供え用の花だったのか。すごく失礼な勘違いをしていたのを心の中で謝罪する。
「お墓参りくらいは、さすがに家族で行くのか?」
「いいえ。日をずらして行きました。本当は、お父さんの命日は先週の土曜日でした」
「え! 一週間ずらしたのか?」
 明保野の家が、少し特殊な事情なのは知っている。
 父親が他界して、母親はすぐに再婚して。けど再婚相手の男と、明保野は相性が最悪に良くなくて、母親が男の味方をするものだから、見かねた弟の提案でプチ家出をして。ちょっとした騒ぎになってしまったらしいけど、結局、明保野を一人暮らしさせるという建前で家に残し、母親と弟は再婚相手の男の家に行ったとか。
 それ以来母親とも気まずいらしいとは言ってたけど。
「……いくらなんでも、お前のほうが気使いすぎじゃね? 父親の墓参りなんだし、向こうが遠慮するところだろ」
 向こう、と言ってもこの場合は新しい父親だけを指すけれど。名字はなんて言ったっけか。
「んー…………」
 唸っている。そんな難しいことか。
「なんか、駄目、なのか?」
「駄目というか……。お母さんが東雲さんにべったりで」
 東雲さん? あー、再婚相手か。
「弟の話だと。お母さんと東雲さんだと、東雲さんのほうが立場が偉い、みたいな?」
「なんだそれ? 社内恋愛的な?」
「というわけでもなく」
「ええ?」
「二人は二人のほうが好きなんだと思います」
「…………?」
 明保野の話がよくわからないまま、先生が来て、ホームルームが始まってしまった。
 先生は今日も、俺の目の前の席に座っている明保野を飛ばして、俺から出欠を取り始めた。



 放課後。明保野は今日も、憧れの先輩と一緒に、先輩の家までついていってから自分の家に帰るだろう。
 俺はというと。
「この先で墓参りって言ったら、ここだよな」
 帰宅部の特権で、早く学校を出て、この間明保野が向かったであろう墓地を歩いている。
 再婚相手を「東雲さん」と言っていたんだから、明保野自身は名字が変わってないんだろう。なら「明保野」という名前の墓があるはず。そして百合を目印に、ぐるっと見渡しながら、白い百合の花が供えられている墓を探す。
 端から順繰りに見て回って、数分して、それらしい墓を見つける。確かに「明保野」と彫られており、まだ綺麗な白百合が添えてある。
 しかし、百合以外の花はない。線香が少なくて周りが綺麗なのは、こないだ来ただろう明保野が掃除したからだろうけど。まさか既に家族が供えた花を片付けるなんてことはしないだろう。一週間しか経っていないのに。
 同級生の俺相手にだって敬語で話すようなあいつが、一週間だけ飾られた花をそのまま捨てて、自分の持ってきた分だけを置くようなことをするだろうか。いくらなんでも、そこまではしないだろう。向こうの父親と相性最悪でも、母親と気まずくても。弟には気を許してるようだし。いくら、自分を置いていった親二人でも、そこまでは────

『二人は二人のほうが好きなんだと思います』

 ふいに思い出した。
 意味は分からなかったけれど、いまこの状況を見れば、なんとなく分かるかもしれない。
 もし、自分だけ遅れて父親の墓参りに来た時に、先週誰かが来ていたはずの場所に、そんな痕跡がないくらいに汚れていたとしたら。花も線香も何もなかったら。
 今はきちんと手入れがされている。墓石に砂埃はついてないし、白百合はまだ茎がしっかりしている。
 俺は、あいつの持ってきた百合の水を取り替えた。部外者だけど、水を替えるくらいだったら、多分、セーフ、かな。いやセーフってことにしておいてほしい。百合の花を見ながら、あの日見かけたあいつの映像を浮かべる。あの時声をかけても、あいつは一人で行っただろう。
 一人でここに来て、どんな気持ちでここの掃除をして、花を添えて、線香を上げたか、想像つかなし、したくないけれど、『二人は二人のほうが好き』という言葉が全て物語っているように思う。
 父親がいた時は四人で住んでいた、かつての家に残されて、父親の墓にも自分しか来なくて。何重もの意味で、置いていかれたように見える。
 そろそろ帰ろう。よそんちの墓の前にあまり長居するものでもない。俺は俺の家に帰ろう。

 途中寄ったコンビニで百円のコーヒーを飲んで、そういえば「歩く姿は百合の花」なんてことわざがあったよなー、とぼんやり。もっと長かったような。なんだっけ。立てば芍薬座れば牡丹、か。女性らしさをたとえたやつだっけ。百合の花を抱えて歩く明保野の姿を思い出す。そして今日の朝、いつものように「おはようございます」と返事をした時の顔、いつもどおりだった。何の変わりもない。女性らしいかどうかはさておき、あいつらしいな、とは思う。
 俺は当分、花屋を通りかかるたびに、百合の花とあいつを思い出しそうだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:白原杏 お題:鋭いキス 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:1069字
いつもと同じはずだった。 その日は木曜日で、3限に体育があって、部活はなくて、なんとなく中だるみのする、そんな日。いつもみたいに先生の愚痴を話しながら薫と帰る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淵の助 お題:左の会話 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1045字
左の左は自分が居て、左の左の左には君がいる。君が「寒いね」なんて言うと僕は「寒いよ」なんていうただの円の中。またあいつが増えると円の左は君になって左の左はあいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ととのえ お題:ひねくれた大学 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:1059字
冷えた夜に吸い込まれる歌声は、上手なほうがいい。「明日、何時に起きるの?」「……ろくじはん」「じゃあ今日はもう寝ないほうがいいね」 萩原はそう言って笑ったあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花言葉の君 ※未完
作者:漣を大さじ3杯 お題:疲れたセリフ 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:5543字
花が咲いた。 毒々しいほどの鮮やかな花弁を四枚付けた、赤い儚げな花だ。 名前は知らない。もちろん花言葉なんて分からない。 人通りの少ない路地の奥でひっそりと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アマハム お題:昨日の汗 制限時間:4時間 読者:31 人 文字数:4330字
お風呂場の方から何かついてくるんだけど、と息子が訴えてきたのは、丁度夕飯を頂こうとしていた時だった。 味わおうとした料理をもぐ、と咀嚼してから嚥下して、落ち着 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ランセ お題:遅いパソコン 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:899字
今日も今日とてへとへとになりながら仕事で疲れた体を引きずり家に帰る。家に帰って体と心を締め付けるスーツを脱いで慣れ親しんだジャージに着替えてパソコンを起動させる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:薫女(ゆきめ) お題:打算的な時計 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:6319字
生まれた時から、人と視界が違っていた。 そのことに気がついたのは、物心がついて、少し経った頃だった。人の周りに金色の鱗粉のようなものが見え、人混みの中に入れば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハルルート お題:隠された夜風 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:2932字
徘徊するドローン、不可視のセンサー、火器携行自立人形(パトロールアンドロイド)通称、パトロ。高層ビルを中心に広がる、合金製の建物、味気ない黒鉄のアーケード。降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒剣 お題:限界を超えた行動 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:4362字
この世は弱肉強食。 食うか食われるか 「やられる前にやれ」 なんてよく言うもんで…自分の身を守るために 大切なものを守るために、人は強くなろうとする___。この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:種苗園(しゅびょうえん)@イラストレーター お仕事募集中 お題:もしかして悪人 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:617字
村外れの小屋から火が出た。90過ぎた爺さんが一人暮らしをしていた筈だが、もう何年も姿を見た奴は居なかった。火事の次の日までは。 お隣さんに呼ばれて、焼け果てた 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:356字
彼女が男と屋上に行くのを、昨日も見た。 彼女とは去年から同じクラス。笑顔がかわいらしくて、勉強ができて、おしとやかで、とにかく高嶺の花だ。だから当然、彼女に恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い能力者 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:507字
能力者、それは、みんな隠しているが、僕のクラスには軽く10名いるだろうもともと、人間も能力者も同じというコサッタムラリアラートミデシーキョウに基づき建設された町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄作未満 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな駄作 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:127字
がしっ、ぼかっあたしは死んだ。スイーツ(笑)まるで将棋だな。びゅっびゅっ包囲せん滅陣西軍から阿鼻叫喚があがった。鼻水止まらん。小型ハンター大型ハンターかゆ、うま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なマンション 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:725字
家賃の安さに惹かれたのが間違いだった。安いのにはそれなりの理由があるという当然の考えすら思い浮かばなかった自分の愚かさにあきれたが時すでに遅し。駅から少し遠いの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の計算 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1028字
昔、蝋の翼で空を飛んだ男がいた。その男は太陽の熱で翼を溶かされ、空から落とされた。その後、長い年月を経て太陽にも耐え抜く鉄の翼が作られ、人は自由に空を飛べるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い殺人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:272字
ほんまやで、ほんまに見たんやで!そこの路地裏でな、見たんやで!暗闇に光る二つの瞳!ギョロギョロとしたそれは何かを探しとった!手には鋭く尖った凶器や!きっとあれで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なぬるぬる 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:445字
ベッドの隅へと追いやられ、捕まってしまう。腕や肩を掴まれそのまま彼の顔が目の前に迫ってきた。そっと羽が触れたような唇へのタッチ。くすぐったくて笑みが溢れた。目を 〈続きを読む〉