お題:あいつの百合 制限時間:4時間 読者:276 人 文字数:2515字
[削除]

百合といえば
 百合の花といえば、小学生の頃、お見舞いに持っていってはいけない花だと親に教えられたのが最初。なので以降、百合と聞いて好ましいイメージが浮かばない。百合の花も不本意だろう。
 その百合の花束を、あいつが持っていたのを休日に見かけた。
 持っているところだけだったが、当然見舞いではないのだろうから、誰かにプレゼント、もしくはプレゼントされたのだろう。と思うだろうが、影が薄いあいつの知り合いなんて、クラスメイトの俺か、ファンとして追いかけている先輩くらいだ。いや、くらいというか、完全にこの二人だけだ。誰かから貰ったりあげたりするはずない。なら自分用? いやまさか。中学の時から憧れの先輩を追いかけて、高校までついてきたようなやつが、自分用に花なんて買う趣味があるとは思えない。

 どうしても気になったので、次の月曜日、登校して教室に入ってすぐに聞いた。
「明保野、こないださ」
「はい?」
「こないだ百合の花を持っていなかったか?」
「あ、はい。買いました」
 買ったのか。
「いつも仏花用にしか花を買わないので、たまにはと思って」
「仏花用? ……あ、そっか、父親……」
「はい。お父さんのお墓参りに」
 お供え用の花だったのか。すごく失礼な勘違いをしていたのを心の中で謝罪する。
「お墓参りくらいは、さすがに家族で行くのか?」
「いいえ。日をずらして行きました。本当は、お父さんの命日は先週の土曜日でした」
「え! 一週間ずらしたのか?」
 明保野の家が、少し特殊な事情なのは知っている。
 父親が他界して、母親はすぐに再婚して。けど再婚相手の男と、明保野は相性が最悪に良くなくて、母親が男の味方をするものだから、見かねた弟の提案でプチ家出をして。ちょっとした騒ぎになってしまったらしいけど、結局、明保野を一人暮らしさせるという建前で家に残し、母親と弟は再婚相手の男の家に行ったとか。
 それ以来母親とも気まずいらしいとは言ってたけど。
「……いくらなんでも、お前のほうが気使いすぎじゃね? 父親の墓参りなんだし、向こうが遠慮するところだろ」
 向こう、と言ってもこの場合は新しい父親だけを指すけれど。名字はなんて言ったっけか。
「んー…………」
 唸っている。そんな難しいことか。
「なんか、駄目、なのか?」
「駄目というか……。お母さんが東雲さんにべったりで」
 東雲さん? あー、再婚相手か。
「弟の話だと。お母さんと東雲さんだと、東雲さんのほうが立場が偉い、みたいな?」
「なんだそれ? 社内恋愛的な?」
「というわけでもなく」
「ええ?」
「二人は二人のほうが好きなんだと思います」
「…………?」
 明保野の話がよくわからないまま、先生が来て、ホームルームが始まってしまった。
 先生は今日も、俺の目の前の席に座っている明保野を飛ばして、俺から出欠を取り始めた。



 放課後。明保野は今日も、憧れの先輩と一緒に、先輩の家までついていってから自分の家に帰るだろう。
 俺はというと。
「この先で墓参りって言ったら、ここだよな」
 帰宅部の特権で、早く学校を出て、この間明保野が向かったであろう墓地を歩いている。
 再婚相手を「東雲さん」と言っていたんだから、明保野自身は名字が変わってないんだろう。なら「明保野」という名前の墓があるはず。そして百合を目印に、ぐるっと見渡しながら、白い百合の花が供えられている墓を探す。
 端から順繰りに見て回って、数分して、それらしい墓を見つける。確かに「明保野」と彫られており、まだ綺麗な白百合が添えてある。
 しかし、百合以外の花はない。線香が少なくて周りが綺麗なのは、こないだ来ただろう明保野が掃除したからだろうけど。まさか既に家族が供えた花を片付けるなんてことはしないだろう。一週間しか経っていないのに。
 同級生の俺相手にだって敬語で話すようなあいつが、一週間だけ飾られた花をそのまま捨てて、自分の持ってきた分だけを置くようなことをするだろうか。いくらなんでも、そこまではしないだろう。向こうの父親と相性最悪でも、母親と気まずくても。弟には気を許してるようだし。いくら、自分を置いていった親二人でも、そこまでは────

『二人は二人のほうが好きなんだと思います』

 ふいに思い出した。
 意味は分からなかったけれど、いまこの状況を見れば、なんとなく分かるかもしれない。
 もし、自分だけ遅れて父親の墓参りに来た時に、先週誰かが来ていたはずの場所に、そんな痕跡がないくらいに汚れていたとしたら。花も線香も何もなかったら。
 今はきちんと手入れがされている。墓石に砂埃はついてないし、白百合はまだ茎がしっかりしている。
 俺は、あいつの持ってきた百合の水を取り替えた。部外者だけど、水を替えるくらいだったら、多分、セーフ、かな。いやセーフってことにしておいてほしい。百合の花を見ながら、あの日見かけたあいつの映像を浮かべる。あの時声をかけても、あいつは一人で行っただろう。
 一人でここに来て、どんな気持ちでここの掃除をして、花を添えて、線香を上げたか、想像つかなし、したくないけれど、『二人は二人のほうが好き』という言葉が全て物語っているように思う。
 父親がいた時は四人で住んでいた、かつての家に残されて、父親の墓にも自分しか来なくて。何重もの意味で、置いていかれたように見える。
 そろそろ帰ろう。よそんちの墓の前にあまり長居するものでもない。俺は俺の家に帰ろう。

 途中寄ったコンビニで百円のコーヒーを飲んで、そういえば「歩く姿は百合の花」なんてことわざがあったよなー、とぼんやり。もっと長かったような。なんだっけ。立てば芍薬座れば牡丹、か。女性らしさをたとえたやつだっけ。百合の花を抱えて歩く明保野の姿を思い出す。そして今日の朝、いつものように「おはようございます」と返事をした時の顔、いつもどおりだった。何の変わりもない。女性らしいかどうかはさておき、あいつらしいな、とは思う。
 俺は当分、花屋を通りかかるたびに、百合の花とあいつを思い出しそうだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:さつきな お題:無意識の母性 制限時間:4時間 読者:29 人 文字数:2416字
「姉貴さ、なんでいつも俺の右隣に来るんだ? 道路側だ。危ないだろ」 そう言って巧は私を押しのけていつも私の騎士になる。 寂しかった。 年の離れた弟の成長をずっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西瓜くん お題:不幸な秀才 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:7636字
今、僕は100階建てのマンションの最上階に住んでいる。 白と金で意匠が凝らされたアンティークが部屋の隅々にまで置いてある華やかなリビング。 僕の為だけに作られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉本 糸真 お題:走る小雨 制限時間:4時間 読者:37 人 文字数:815字
走る小雨 葉本糸真 電車の窓に打ち付けられた水の粒が、つつっとガラスに走る。灰色の澱んだ雲を割って、昼過ぎの太陽の光が神々しく落ちている。この現象は、天使の梯子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西瓜くん お題:綺麗な夜中 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:6282字
「月が綺麗ですね。」「そうですね。とても」「ああ、だけど、君の方が美しく光り輝いているよ」「ヒッ…………きゅ、急用ができたので帰りますね!」<><><><><> 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋滄 お題:苦し紛れの本 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:2218字
「こういうときにはこうするのがいいって、この本に書いてあったからさ……」 近頃、いろいろなことに関する本があまりにも溢れかえっている。例えば、今彼が出してきたこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:うわ・・・私の年収、人々 制限時間:4時間 読者:41 人 文字数:1806字
私は冒険者である。ある調査のため、湖に浮かぶ小さな島にすむハーピーの卵の採取を依頼された。相方と一緒に罠を仕掛け実行に移したが番いのハーピーにばれてしまい傷を負 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煩悩日記帖 お題:男同士のお嬢様 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:598字
私は冒険者だ。ある村の調査を依頼された。その村はなぜか男性がおらず女性しかいない村だった。村人に聞いても特にへんなところがない。村の中央に大きな鐘があるくらいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんて@118 お題:遠い遭難 制限時間:4時間 読者:29 人 文字数:2387字
玄関を出ると、空は雲一つない青空だった。 夕(ゆう)は徒歩通学。学校まで続く歩道を歩く。 緩やかな坂道になっているその道を歩くのが好きだった。 オレンジ色のカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんて@118 お題:飢えた本 制限時間:4時間 読者:36 人 文字数:2253字
●:まったりシリアス寄せ★:萌え寄せ/***START***/【第1話】★Cから告白される・Bは家が神社・小さな門が開いている●雑魚妖怪倒す★突然の転校生A★A 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんて@118 お題:彼女が愛した祖母 制限時間:4時間 読者:21 人 文字数:2919字
第二話叩き台第一話あらすじ 突然の転入生である藍野英子(あいのえいこ)が眼鏡の妖怪に対して「あなた達の助力なんて要らないわ」と言い放ち、一人で倒してみせた。戦闘 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家のブランド品 必須要素:バナナ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:237字
箱を開けてみる、また入ってる。毎日送られてくる段ボール。送り主は父の名前。父は小説家で、小学生の時に亡くなった。気味が悪い。箱の中身をのぞくと、ブランドのカバン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:578字
俺は田中一郎とても平凡な名前で平凡な日常だ俺の近所ではとてもうるさい犬がいる。俺はそつがあまり好きではない。なぜなら俺の荷物を持って行って穴に埋めていたのを見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼の春雨 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:453字
私が塾の塩田先生から聞いた話。休み時間に先生は冷蔵庫を開けた。疲れていて半分目が閉じた状態で、先生はその中にあったりんごジュースを出した。そして飲んだ。その時、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な経歴 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:360字
「随分と、特殊な経歴をお持ちですね……」「そうなんです……あはは」 目の下にクマのある、ひどく病弱そうにやせた男は空笑いをした。「義務教育を終える前に出国して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:真実の平和 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:538字
「今日、悪い人が逮捕されました」悪い人ね、悪い人。本当に彼は悪いのか。──────────「白澤くん?どうした?顔色悪いぞ。」一体誰のせいだと言うのか。「いえ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い負傷 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:89字
ある日、俺は、重い怪我をした。入院中、俺はふと思った。(映画みたいな…)そう思った俺は、そう思った俺は、ne◯flexで斉木楠雄の災難をみた。なんとも面白いこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:群馬の女 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:606字
と、言われてまず思い出したのは中学からの友人のことである。彼女とは高校まで同窓生だったのだが、不思議と一度たりも同じクラスになることはなかった。部活も別、委員 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く失望 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1321字
「私も昔はねえ…」祖母はよく昔のことを語って聞かせてくれた。学生時代に取った賞のこと、若い頃はモテモテだったこと、祖父との出会いのこと、昔の電化製品のこと、昔あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ちっちゃなユートピア 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:242字
「これは、誰もが憧れるユートピアの模型です。ジオラマです」「ほー、これが」 覗き込むと、驚くことに中で人が動いている。日常をなぞるように、何か特殊なことが起きた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の窓 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:411字
カチャ…静寂を窓の開く音できりさいた。(ああ、平和だな)と心の中で呟くと、いきなり無数のカチャ…という音が聞こえる。(そういえばここら辺まどが1000あるんだっ 〈続きを読む〉