お題:冬の悪魔 必須要素:ひょっとこ 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:1538字
[削除]

俺の実家は元地主で見上げるほど大きな蔵を一つ持っている。そして、今は使われなくなったその蔵の中には一つポツンとひょっとこのお面が所蔵されていた。子供の頃何故お面だけあるのかを祖母に聞いてみたことがあったが、この家を守ってくれているのよと曖昧にしか答えてくれず、その後同じことを問いただしてもはぐらかされて答えてくれなかった。俺は子供心に不思議に思ったが、同時にそれ以上聞いてはいけないのかもしれないと思い、忘れることにした。だから、実家の蔵にひょっとこのお面があることを父が死ぬまで思い出さなかった。


「あの人がこんなに早く亡くなるなんて」
母は喪服からハンカチを取り出し、めそめそと泣いていた。
「母さんしっかりしろよ。父さんは十分に生きたよ」
「こないだやっと70歳になったばかりよ!あと数年生きてくれてたっていいはずじゃない」
そう言ってまたすすり泣いた。さっきからこの繰り返しだ。確かに平均寿命に比べれば長いとは言い難い。だが、世の中には父よりもっと若くして亡くなる人がいるのだから、父も決して短くはないと思うのだが。
「そんなに泣くなよ。父さんだって母さんにそんな顔で見送って欲しくないだろ」
母のすすり泣きが止まった。母は俺のほうを振り返る。
「……それもそうね。私がしっかりしてなきゃ」
母はいつもの元気を戻し、キビキビと動き始めた。それを見て俺はほっとした。あれなら父も未練なくあの世に旅たてるだろう。


「あの蔵どうしようかな」
俺は夜中皆が寝静まった頃、蔵のことで頭を抱えていた。俺は一人っ子なので兄弟はいない。だから、父の相続人は母と俺なのだが、俺は普段東京で暮らしているためなかなかこちらのほうにはこれない。一方、母も高齢で足腰が悪く、あの蔵を手入れすることは出来ない。
「あの蔵にはお面しか入ってないし、必要ないよな。ならいっそのこと壊すか」
こうして蔵の処分は決まった。


父の葬式から数日後、俺は業者に連絡して蔵を壊してもらうことにした。なので、今日は蔵の中にあるものを家のほうへ運び出すことにした。
重い扉を開けた。中にあるのはあのひょっとこのお面だけだった。
「聞いてた通りだな。ここにはお面しかない」
一人呟きながら奥のほうに足を踏み入れた。中は数十年以上開けていなかったせいかカビ臭い。マスクでもしてくれば良かったと思いながら、ひょっとこのお面が掛けられている壁のほうに向かった。ひょっとこのお面を見つけ、手に取り、しげしげと眺める。
「不気味だな。なんでこんなものだけ置いてあったんだろう」
彼は不思議がりながら外に出ようと扉に向かった。ところが扉が開かない。
「嘘だろ。誰か閉めたのか?」
ちょうどそのとき後ろから気配を感じた。暗くおぞましい何かの。
「なんだ!」
振り返るとそこには魔物がいた。恐ろしい顔をした、魔物が。
「俺は悪魔だ。おまえ、よくもそれを外したな」
「このお面に何があるっていうんだ」
「それはおまえの先祖が家の繁栄を願って俺と誓約を結んだときのものだ。そして、それにはおまえの先祖が俺と誓約するときに代償にしたものどもの念が入っている。」
彼はハッとし、周りを見た。大勢の人間ではない者たちに囲まれている。
「オノレ、ヨクモワレワレヲコロシオッテ。ユルサン」
その者達は彼にゆっくりと近づいている。
「おい、助けてくれ」
「残念だが助けることはできん。それが誓約の代償だからな」
「そんな……」
「これはいずれ誰かが支払わねばならぬものだ。それがたまたまおまえだっただけのこと。助ける理由なんてない。じゃあな」
「まってく」
背中に衝撃をくらう。彼は息絶えた。


この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:( awa ) お題:ちっちゃな善 必須要素:ひょっとこ 制限時間:2時間 読者:205 人 文字数:2955字
祭り囃子がきこえる。子供たちの騒ぐ声が、夜店にむらがる人達が、いつもは活気のないこの神社をざわざわと満たしていた。俺は小さな妖怪だ。悪いことをしない、できないく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おじまふみひこ お題:でかい警察官 必須要素:ひょっとこ 制限時間:2時間 読者:365 人 文字数:1958字
今日は2620年4月17日。今日も街を熱電-光励起ハイブリッドエネルギー車が走る。電車は真空チューブの中を常温超伝導により浮遊し高速で走るようになっている。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ありきたりな病院 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:993字
それはまあ、ごくごく一般的な病院だった。四角い窓のいっぱいついた建物で、何階建て?えっといちにいさんしーごー、五階建て。五階建てだった。病院の壁というと、なんと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朱根標 お題:大きな朝日 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:506字
鳥の鳴き声が聞こえる。頬を撫でる風はひんやりとして心地好い。身体を起こすと、ひょっとこのお面が頭からずり落ちた。頭を振って意識を覚醒させ、周囲を見回す。建物はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
うそつき兵徳 ※未完
作者:はろー お題:8月の能力者 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:777字
あるところにたいそう顔の醜い男が住んでおりました。男は顔の醜さゆえにどこへも奉公へいけず、日がな一日、家で草鞋を編んだり、飯を炊いたりしておりました。「お前をそ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:簡単な兄弟 必須要素:ひょっとこ 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:874字
子供は苦手だ。 多分子供の方でも私を苦手だろう。黒づくめの服を着て、面を被り、足音をたてずに歩く。おまけに私は生来無口である。だからこそ私はいままでこの『お面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:簡単な仕事 必須要素:ひょっとこ 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1022字
ちろちろと、小さな火が燃える。火山に見られる荒々しさとはかけ離れた、それはそれは優しい火だった。その火を眺めるのは、やわらかな雰囲気を纏った女性だった。いや、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有無 紅@エビフライ巻き お題:子供の平和 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:820字
遊びに関して言えば、今では認められたものだが、それでも世間的には不必要で邪魔な存在である。それは子供の遊びであっても同様である。口では遊ぶことも重要だと言われ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:昨日食べた階段 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:874字
実家に備わっている階段は急だ。あるいはそれを昔ながらの階段というべきなのかわからないけどもとにかく急だった。「久々に見ると急だなあ」お正月実家に帰省した際もそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
呪いの書 ※未完
作者:きなこもち お題:10の本 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:648字
あの日、商店街の外れで見慣れない古本屋に入ってから、全てが変わってしまった。その古本屋は呪われた本を扱い、異次元に繋がる得体の知れないところだとは知らずに俺は 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカのうどん 必須要素:BMW 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:3407字
「今日はうどんにしようか」 僕の呟きに答える声はない。返ってきたのはコツコツと蹄がフローリングの床にぶつかる音だけだ。キッチンから振り返れば、白くボリュームのあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい雨 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1332字
ぽつぽつと語り出した彼の目に、不思議な色が見えたこと。どうして見逃してしまったんだろうか。「ぼくはきみと出会った。ただそれだけのことですよ。これは偶然にして必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昔のお茶 必須要素:アンドロイド 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:2050字
このお茶、君は覚えているかな? うん、そう。確かこれだったよね。 あの時の君はあまり喋らなかったから、意志疎通もままならなくて大変だったんだよ? 「こらこら、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の土 必須要素:力士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:533字
私はその日の放課後も図書館にいた。本棚から適当に一冊手に取り、奥の窓辺の椅子に腰掛けた。指先で弄ぶようにしてぱらぱらと本のページをめくる。胸の高鳴りを感じながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された昼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
「実はね、今は夜なのよ」「はあ?」 日の光が眩しく射している十二時過ぎ。誰に聞いても十中八九「昼」と答えるだろう典型的な昼に、彼女はそう言った。嘘を言っているよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い感覚 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:532字
これは昨夜見た夢の話だ。 20XX年、地球は未来からのタイムトラベラーと戦争をしていた。 スーパーマーケットの中で。 まあ、これは夢だからツッコミ禁止な! そ 〈続きを読む〉