お題:安全なしきたり 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:1322字

ルールとは何か
「この国、つまり日本にはたった一つだけルールがある。このルールを守ればまず怒られない」先生は私をまっすぐ見ている。
「それはなんですか先生」私はその目をまっすぐ見つめ返す。少しドキドキする。
「人に迷惑をかけない。これにつきます。これを守るだけで、世の中は平和で安全なものになるのです」
「迷惑をかけない、というのはどういうことですか」
 先生は開け放たれた窓に歩み寄る。先生はその窓から見える景色が好きだった。
「世の中にはいろいろな人がいます。その誰もが不快に思わなければ何も問題がないのです」
「これまでに私は少なくない人を不快にさせたように思います。それはいけないことだったのでしょうか」
「例えば誰を不快にさせたのでしょうか」
「そうですね」少し考える。「家族や友人でしょうか」
「家族は迷惑を掛け合うものです。了承の上であるはずなのでそれは問題ありません。友人は、仲がよければ多少ならしょうがないでしょう。しかし、関係の薄い友人、クラスメイトの中でも話さない人はいますよね。そういう人は嫌なことをされたり、言われたりしたら印象が悪くなって、ろくに話してくれなるでしょう。つまり、程度によるのです。関係の深い仲のいい人なら大抵のことは許してくれるでしょう。けれど、赤の他人なら少しのことで、下手したら裁判や示談、という話になってもおかしくありません。だから、誰にも迷惑をかけない、ということが基本のルールということになります。このことを常に意識すれば、法律を犯すこともまずないでしょう」
「私は先生にピアノを教わっています。これは先生に迷惑を掛けているということなのでしょうか」
「それは違います。私は対価として、料金をいただいています。つまり、了承しているのです。第一、私は教えることが好きなので、迷惑とは一つも思っていません。ただ、誰かに何かを教わるときは、教わる前に、お願いします、と、教わった後に、ありがとうございました、と言うとよいと思います。そうすれば、教える方も気持ちよく教えることができます」
「なるほど。では、どうすれば人に迷惑を掛けない生活ができるのでしょう。家から一歩も出なければいいのですか」
「それも違います。もちろん、仕事をして、ちゃんと自分で稼いでいれば問題はないでしょう。しかし、今のあなたにはそれはできません。なぜなら、人間は食べていかなければならないのです。そのためにはお金が必要なのです。そのお金はおそらく両親が稼いだお金でしょう。それは両親に迷惑を掛けていることになります」
「なるほど。では生きていない方がいいのですか」
「それもまた違います。まず、死んでしまった後ですが、基本的に自分で自分の遺体を処理できないので誰かに迷惑を掛けることになります。次に、あなたの知り合いが悲しむことになります。これは迷惑を掛けているということになります。あなたが生きていればそんな思いはしなくてすむのですから。そして、私はこんな話をしましたが、あなたは今のまま生きるとよいと思います。人は迷惑を掛けることで成長すると思うのです」
「なるほど。もう時間ですね。ありがとうございました」
「どういたしまして」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:地獄のホテル 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1172字
ザクリ。嫌な響きが、近くで聞こえた。近く──それは己の腹部、つまりは目の前だ。温度のない刃が皮膚と血管を突き破り、臓腑にまで届く鈍い感覚。引き抜くと、塞がれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おきらく@140字DMできなくなりました。 お題:寒いアレ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:592字
厳寒《さむさ》に、真白な珠が空からふるえている。ふるえた真白は街路樹に落ちて、静けさを持った。 静けさの珠をあおいで、私は左の手でくれないの袖を手前へ引きよせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:夜と紳士 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1046字
残り火のようなチリチリとした痛み。背中から伝わり続ける冷たい感触。それらが鬱陶しくて眼を開けた。 視界に広がるのは暗い空で、僕は驚いた。 辺りを見回そうとして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:興奮したテロリスト 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1465字
都内のとある銀行。誰もがいつもと変わらぬ日常を送っていたその時に、異変は訪れた。「オラアアアァァァァァァァァッッ! 全員伏せろ、頭吹っ飛ばすぞコラァ!!」室内に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:今年のピアニスト 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:528字
今年の合唱コンクールで小松渚はピアノ演奏をしないらしい。「もうピアノは止めたから」と断っていた。 俺のクラスの演奏は、隣のクラスの人が兼任してくれるらし。 力 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:オレだよオレ、雑踏 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1346字
今となっては昔のことだが、日本という国を中心に、世界が「ズレた」。少し前には、機械・電気・電子・物理学などの存在があったのだが、すべての生物たちは、この世を漂う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の電話 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:499字
それは突然だ。夜、電話が鳴った私[はーい、ゆうかです]相手[、、、ずー&@yいまrwr?!#^!!!]カチャン私[なにこれ!?]これは、ノイズがひどくて聞き取れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い関係 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:746字
学校の七不思議の一つこれはある事件から怒った、、、じゃない、起こった悠輝[!?死、死体!?]それは突然の出来事だっただがしかしそれはただの殺人事件と思われた。〜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おきらく@140字DMできなくなりました。 お題:殺された火事 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:816字
星月夜は清らかな気を吸ってかがやく。 おれはかがやきのもとで焔(ほのお)をころす。 昔、おれの家を焼いた焔をころす。 この山の泉には焔の獣がいる。獣は焔の母で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:君と食堂 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:573字
大学の食堂は10時半から開いていた。 まだ昼食時には早く、300席あるテーブルには殆ど人がいない。 僕は人混みを避けるためにあえてこの時間に早めの朝食兼昼食を 〈続きを読む〉

あきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:あき お題:帝王の会話 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:807字
「貴様っ、自分が何をしたのかわかっているのか」「わかっております、帝王様。私の行動を帝王様がご判断し、好きに処分なさって結構です。しかし、はたしてそれだけで民は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:ロシア式の慰め 必須要素:信仰 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:409字
「もう、こんなのやってられっか」 彼はウォッカをあおる。「そんなこと言わずに、ほらあと少しだよ」 俺は彼の肩を叩き、もう一本ウォッカの瓶を渡す。「俺たちはもう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:贖罪の博物館 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:661字
僕は博物館に入っていく。この博物館には誰もがいて、誰もいない。そんな場所を僕は独りで歩く。ここには様々な展示がある。僕はそれを一つずつ見て回る。 ドードーの剥 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:今日の町 必須要素:正月 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:924字
もうとっくに午前一時を過ぎてる。それでも今日の町は賑やかだ。それもそのはず、ついさっき新年を迎えたばかりで、誰もが初詣に行きたいのだ。 皆、大して神は信じてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:東京の私 必須要素:オリーブオイル 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:820字
「東京は良いところだ。 東京には渋谷や原宿がある。オシャレだ。私の地元には、渋谷と原宿はなかった。 東京にはデパートがいくつもある。私の地元には、イオンがあるだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:俺は猫 必須要素:右肩 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1245字
俺は猫である。友達の、一人称が「吾輩」な猫と違って名前もちゃんとある。ミケというキュートでクールな名前が。 俺はボロボロの家に住んでいる。でも、そんな家でも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:安全なしきたり 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:1322字
「この国、つまり日本にはたった一つだけルールがある。このルールを守ればまず怒られない」先生は私をまっすぐ見ている。「それはなんですか先生」私はその目をまっすぐ見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:楽しかった子犬 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:847字
授業で「夏休みの中で一番思い出に残ったこと」という作文を書いた。ぼくは、飼い犬のタロが事故で死んだことを書いた。 最初、先生は嫌な顔をした。先生は「何か楽しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:小説家たちのしきたり 必須要素:フランス 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1157字
「『今日ママンがしんだ』から始まる小説なんだっけ」「『異邦人』かな」「そうそう、それ。あれマジで意味わかんなかったな」「俺、読んだことねえや」「たしか、そこの本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:遅いコウモリ 必須要素:文学フリマ 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1079字
私は文学フリマに来ていた。 文学フリマとはなんぞや、と言う人もいるだろうが、コミケの文学バージョンだと思ってくれていい。開催地は様々で、東京以外でも大きめの都 〈続きを読む〉