お題:近い壁 必須要素:うんこ 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1063字

近い壁とか関係ないほぼうんこの話
うんこ味のカレーとカレー味のうんこどっちがいい?

みたいな得体のしれない問答がその昔学校ないではやったような気がする。小学校のころだったと思う。どうしてそのような二択が存在するのか、それは何かのパロディだったのか、はたまた元ネタがあったのか?そういうのは知らない。

ただ、この問答で重要なのは、うんこ味のカレーは、うんこなのか?そしてカレー味のうんこは、カレーなのか?という事である。

うんこである以上、それを食べるわけにはいかない。私は黄金を愛する趣味などもないし、うんこは食べられないものだという認識である。したがってうんこ味のカレーが、カレーではなく、うんこである場合、それを食べるというのは無理だ。うんこである以上、たとえ砂漠であっても、南極点であっても、極地だったとしても遭難中だったとしても無理だ。

だって味がうんこなんでしょう?見た目がカレーでも、味がうんこだった場合、ほぼほぼうんこだろう?ちなみに、においというのは味と同一化されるものとする。

食べ物のおいしさににおいは大いに関係してくる。食材を口に入れ、舌で味を調べ、においが鼻に抜ける。その時ようやくおいしいかまずいかという選別ができる。

だから風邪など、今の時期で行ったらタイムリーなのは花粉症か、鼻が詰まっているとき物の味がわからない事態になる。鼻が詰まってにおいの認識ができないからだ。

つまり、この話を基にすると、見た目がカレーでも、味がうんこという事は、においもうんこだ。

異世界などに転生したりして、現世にはない物質などで、その味=においという図式を崩されてしまったら、もうこの仮定は成り立たなくなるが、とにかく今は現世の話をしている。さらに言うと、これはもう私の基本的な感覚の話だ。

私は、味=においという認識だ。

だから、味がうんこだったら、それはうんこだ。だって鼻に抜けるにおいもうんこだもん。

というわけで、味がうんこのカレーは、カレーではなく、うんこだ。

そうなると、カレー味のうんこというのは、うんこではなく、カレーという事なる。

だって、味がカレーなんだ。鼻に抜けるにおいもカレーだ。

だったらカレーだろ。

じゃあ、見た目がうんこだろうが、においがカレーだ。

これはカレーという事でいいんじゃないだろうか?

さっきと違い、砂漠や南極点、極地、遭難中など、これは食べれる。

極力食べたくないが、でも、そういう状況下に置かれたら食べれると思う。

多分。

で、

今、そういう状況下にいる。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:求めていたのは警察官 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:889字
「ちょっと!また私の家の前に犬がう○こしてるんだけど!」 ヒステリックな怒鳴り声が朝のしじまを破って町内に響き渡る。またか。通算397回目の朝う○こシャウトに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:激しい土地 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:945字
「情報の伝わりやすいスピード、というものがある。」 先ほどから黙ってビニール袋をがさがさやっていた先輩が唐突に口にした。 「どうしたんですか藪から棒に。」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:激しい土地 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:592字
東京から電車で一時間、そこからローカル線に乗り換えて45分。そこに高仲居村がある。交通の便ははっきりいって悪い。住民は車で一時間かけて買い物に出かけている。特産 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
呆けた猫 ※未完
作者:Ammo_June お題:激しい土地 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1064字
天保12年、老中水野忠邦による天保の改革による締め付けは、かえって深刻な経済的混乱をもたらし、幕府の国庫は文字通り火の車であった。ところで、忠邦の意向により、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:俺の芸術 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:788字
気が付いたら執筆開始してしまっていただけなので、これは小説にはなりません。念のため。というワンクッション。中の人などいない。「冒頭から思い通りにはならない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ありきたりな悲劇 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:532字
愛する人が死んだ。僕は、その悲しみを受け入れきれずにいた。無理矢理に飲み込もうとしても、体がそれを拒んでいた。真っ暗な運命を消化しきれずに、苦くてすっぱい言葉ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:飢えた悲しみ 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:636字
冷たい風は身体を容赦なく刺す。僕は、もう日がほとんど沈んでしまった空を見上げた。日に日に寒くなっていくこの頃。三年前にイオンで買ったコート一枚で、凌がなくてはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
うん ※未完
作者:針野六四六 お題:暗黒の処刑人 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:616字
夜の帳が実体を持って舞い降りる。 段幕のようにゆらゆら揺れるのはされど、漆黒のマントだ。それを身に付ける存在こそが正に闇で、夜なのだった。『エクセキューショナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悔しいもこもこ 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:636字
まったく、娘のわがままにも困ったものだ。とある休日、久しぶりの家族サービスで近場にできたという大型ショッピングセンターに妻と娘と来たのはいいが、突然娘が1台の機 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:でかい正月 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1340字
「やはり他人ごとではないんだと思うよ、健やかな子供の成長、それこそが人生の実りであって、自分の事なんて二の次さ、親ってそういうもんなんだよ」「まあ、そういう美し 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:茶色い銀行 必須要素:阿部寛 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1045字
阿部寛さんのCMの銀行だと思ったら、違った。よく見ると違った。知り合いに、「銀行だったら三菱東京UFJがいいよ」って言われた。正直疑問ではあった。私は、え?いい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ドイツ式の伝説 必須要素: 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:893字
「急にドイツ式とか言われても・・・」困る。とても困るという話だ。もしもこれが即興さんの一発目、しょっぱな。最初にチャレンジした際に出てきたら嫌になってもう2度と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:緑の冥界 必須要素:どんでん返し 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:999字
緑内障っていう病気がどういうものかは知らないが、とにかく眼のなんか病気であるのは知っている。んで、字面だけを見ると、緑がインするって書くので、おそらく視界が緑に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素晴らしい雑踏 必須要素:靴紐 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:994字
普段、決まった道しか歩かない。理由は、それが一番楽だからだ。しかし将来的に狙撃、スナイピングされるような存在になったとき、それではいけないと思う。私がスナイピン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:楽しかった芸術 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:995字
先週の美術の授業で、美術担当教師が、「来週は、各々好きなものを一つ持ってきてください。それをデッサンします」と言った。その一週間はとても苦悶した。好きなものって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3131字 評価:0人
ふと、本当にふと、思ったことだからあんまり食いつかれても困るんだけども、この世の中には、「月に代わってお仕置きよ」っていう人達がいる。いるでしょ?知り合いの奥さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:天国のオチ 必須要素:カレー 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:998字
家庭の味、カレーライス。もっと言えば母の味といっても差し支えない。と、個人的には思っている。カレー。実家にいたころは毎週日曜日食べていたし、それはつまり略したら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい春雨 必須要素:一発ギャグ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1060字
西友が5%オフを開催したので、行くことにした。セゾンカードも持っているし、こいつはお酒が飲めるぜしめしめって思った。ちなみに、私の地元県には西友が無いそうなので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:誰かとあの人 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:864字
家に帰ると、誰かいた。玄関の三和土に見慣れない靴が置いてあって、一回音がしない様に静かにドアを閉めて、近くのファミマに避難した。無言で非難した。走らずに非難した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:めっちゃ春 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1015字
丸氷一個だけだった時は、特になんとも思わなかったんだけども、最近、なんか、その、ものすごく心がぴょんぴょんする。あ、冷蔵庫の話だ。新しく買った冷蔵庫の冷凍庫の製 〈続きを読む〉