お題:愛と欲望の誤解 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:921字

狭隘
「僕は、愛というものがよく分からないんだ」
 裕二は言った。
「その話は僕にする話なの?」
 健太は動揺を隠せない。
 放課後の健太の部屋は、健太の好きなもので満たされている。部屋の壁一面にカーペットの模様のように並べられているのは美少女やロボットのフィギュアで、ショーケースにポージングされている。それを見た裕二は、開口一番言うのだった。
「健太はさ、この人形を集めるのに、どれだけの情熱を傾けたの?」
 裕二は言葉遣いが独特で、それを理解できる健太は裕二の無二の親友と言ってよい。
「どれだけ、って……まあ結構な額は使っているかな」
 よそ事には目もくれず、健太は自分の欲しいと思うフィギュアに対してお金を支払ってきた。ショーケースを買い、そこに自分が目標とした世界観を作り上げた時、えもいわれぬ達成感を覚えた。最初の達成感を味わうために、健太は次々とショーケースを自分の部屋に増設していき、そこに自分の好きを集め、作り上げていった。
 言わば、彼の部屋の壁は、健太自身の心のパノラマだった。
「僕には、この部屋を作り上げるだけの……愛がないんだ」
「愛、って言われても僕にはよく分からないけど」
 慈しむような顔で、裕二はショーケースに近づく。健太は少しハラハラしたが、裕二の伸ばす手は、ゆっくりとショーケースのガラスを撫でるだけだった。
「鍵がかけてあるんだね」
「一応ね」
 フィギュアは健太の生き方だった。あらゆるものを諦めて得てきた健太の命。それは誰かに触らせるためのものではなく、自分が見るための物。他人に見せてもいいけれど、触れられたくはない物。
「……触ってみる?」
「遠慮しておくよ。変に触ったら壊れそうだ」
 フィギュアならば簡単には壊れない。プラモデルだとちょっとの刺激が大変なことになるかも知れないが。健太はそう思いながら、裕二が遠慮したことに、胸をなでおろしてもいた。
「健太は、人形を愛しているの?」
「さっきも言ったけれど、愛っていうのはちょっとよく分からないな。これは……趣味だよ。僕の人生をかけた趣味。自分の欲しいものを得て、自分の欲しいままに世界を作る。この壁は、僕の世界そのものなんだ」
「世界、ね」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ちょ子 お題:愛と欲望の誤解 制限時間:15分 読者:373 人 文字数:678字
「あのさ、未海」「なあに、和也」「……もう俺、我慢できないんだけど」 和也が赤い顔をして、こちらを見ている。震える声、熱い瞳。あっ、これはあれだ。いわゆる、発情 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:愛すべき税理士 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:460字
正直僕は彼についてよく知っているわけではないが、彼は多くの人に愛されている。どこから話せばいいだろうか。一言で言うならば、まず人当たりが良い。とても穏やかな性格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:見憶えのある光 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:697字
光があると生き物は近づく。それは本能に従う行為で、罠を仕掛けるのに最適だ。「……一匹か」 望遠鏡でライトアップされた場所を何度確認しても、鹿は一匹しかいない。 〈続きを読む〉

雷藤和太郎@バーチャルピエロの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:走る小説上達法 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:929字
早朝、まだ陽の昇らないくらいの時間に起きると、僕はご飯を食べる前に色んなことを済ませる。 体を起こすために軽くその場でジャンプし、それから寝ている間に縮んだ筋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:もしかして英霊 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:961字
例えばここに一枚のお札があるとする。 そのお札の名前は何でもいい。ウェブマネーだろうとアイチューンカードだろうと、それは僕の与り知らぬところではない。 そのお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:昨日のつるつる 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:2954字 評価:1人
「これを使えば昨日のつるつる頭も今日になれば若かりし頃のふさふさに!あまりに効きすぎるので、日本人使用不可寸前に追い込まれたトンデモ効果の発毛剤! 生える、増え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:優秀な天井 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1142字
朝、目が覚めた時に天井に書いてあることをすると、必ず良いことが起こる。 これは僕だけが持っている特別な力で、お母さんに話しても何も理解は得られなかったが、老人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:真実のラーメン 必須要素:うへへ 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:3630字 評価:0人
油で妙に湿ったテーブルに肘をつけるのはためらわれた。 凝った居酒屋のような、丸太の椅子。異世界の酒場のようなテーブルには、ラミネートされたメニュー用紙が一枚置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:疲れた宗教 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1165字
「音楽を聞く?」「そう、音楽を聞く」 ハンバーガーショップの不安定な丸椅子に座って、キミコはにっこりと笑った。「ただ音楽を聞くだけの宗教なんて、聞いたこと無いよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:くさい町 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1047字
「この時期になると、通学路が臭くなるから嫌なのよね」 昨晩降った雨が、アスファルトにイチョウの葉を貼りつかせている。イチョウの葉だけならまだしも、紅葉の時期にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:僕の好きな電車 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:984字
総武線快速は嫌いだった。 あの電車は市川も船橋も止まるのに、肝心の本八幡に止まらないのだ。 おかげでどんなに総武線が速かろうが僕は快速を用いるのは嫌だったし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:あいつと魔王 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1042字
俺の彼女はカラスになって飛んでいった。 デパ地下のパン屋でアルバイトをしていた気立てのいい女の子だった。「パン屋だから、普段はつけられないんだ。ゴメンね」 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎@バーチャルピエロ お題:男同士の挫折 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:962字
「告白は成功したのか?」 何か不安なことや悩みがあると、わざと遠回りをするように防波堤の上をトボトボと帰る癖が宗次郎にあることを、真は知っていた。 だから、その 〈続きを読む〉