お題:うわ・・・私の年収、弁当 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:908字

普通のOLミナミの華麗なる転身
まるでドラマみたいだなと思った。お医者さんが無表情なのも、母が泣きじゃくるのも。
「端的に言いますと、娘さんの腕の筋組織はいわゆる一種の甲殻類…おそらくシャコのものと置き換わっています。大変珍しい症例なので、治療法は現在見付かっておりません。」
それはそうだろう。私もそんな病気聞いた事が無い。
「か…。」
「どうしました?」
「…カブトガニでは無いんですね。」
「…おそらく十中八九、シャコのものかと。」
母は鼻をすすり上げてわっと泣き出した。
「せめて…せめてカブトガニだったら、母さん大学で研究していたのに…。ああ!こんな事になるのだったらシャコの研究をすれば良かった‼頼りない母さんを赦して‼」
シャコでもカブトガニでもどうでもいい。それよりも母さんがカブトガニの研究をしていたなんて初耳だ。
母の背中をさすろうとして、やめた。たしかシャコはとんでもないパンチ力を持っているのでは無かったか。別に私は母さんをミンチにしたいという願望は持っていなかった。

「そんな事もあったわねえ。」
母は暢気にお茶を啜っている。
「それよりなんで母さん私の控え室にいるの。」
「娘の体調が心配でない親がどこにいるのよ。後、私シャコの成長に関するホルモンをまた1つ見つけたんだけど…。」
「興行終わってからにしてよ…。ドーピングに引っ掛かるかもしれないじゃん。」
私は会社を辞めて、プロボクサーになっている。ぶっちゃけあんまり儲かってはいない。シャコのパンチ力はたしかに強力だが、その分体力を使うし、お腹も減る。計算すると、私の去年の年収はほぼ弁当代に消えていて、頭を抱えたくなる。
「もう少し燃費が良くなるといいのになぁ。」
なんて呟いていたら、コーチと行き合った。
「いいかミナミ!お前は強い‼相手が足の筋肉がカンガルーのものと置き換わる奇病だからって何だ!お前のパンチでオーストラリアに強制送還してやれ‼」
きっと誰よりも変わったのはこの人だろう。彼は私の主治医からコーチになって、母と再婚したあげくに、父親になっている。
「お父さん…解ったから。」
彼を受け流し、私はリングサイドへと向かった。


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:輝く結婚 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:402字
雲一つない青空の下、僕たちは夫婦になった。式場は砂浜。来客は気まぐれに空を飛ぶ海鳥達。僕たちを見下ろす太陽を神父とした。これからの人生はがらりと変わるだろう。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:猫の境界 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:739字
大雨だ。 土砂降り。 雨の予報とは聞いていたが、まさかこんなに降るとは。「うわっ!」 突然吹いた強い風に傘がもっていかれる。吹き付ける雨粒が私の体を叩きつける 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酢上裕也 お題:情熱的な帝王 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:2291字
僕は情熱的な帝王だった。だけど、僕は情熱的な帝王ではなかった。どうして情熱的な帝王でない僕が情熱的な帝王なのだろう。それを明らかにするには、僕の生い立ちを話す必 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ゆるふわ愛され道 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:658字
まず、論理的に考えてみようではないか。愛されるにはどうすべきか。ひいては、好感度をいかに上げるか。私は教室にいる周囲の人々を見渡しながら、そんなことを考えた。教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女と躍動 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1086字
ある夕方、僕はいつもの町並みを眺めつつ、家への道を歩いていた。 いつもと全く変わらない白い壁の家、数件前の家から聞こえる犬の鳴き声。 何も変わらない景色に、平 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左の秀才 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1482字
左隣の席の山田君は、学校で一番の優秀な人だ。生徒会長もしている。ほら、誰にだって解けないその問題をそんなに簡単に解いてしまう。100m走だって一番早いし、跳び箱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と窓 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1112字
「夜になったら窓を閉めてカーテンを閉めるんだよ」と、子供のころから教わって育ったけども、いまいちその理由がわからなかった。カーテンを閉じなかったらなんかあるんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:未熟な馬鹿 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:945字
俺は動物の能力を一時的に得ることができる超能力者。 特に悪と戦うわけでも人助けに超能力を使うことはない。 適当にお遊びで馬鹿をやるときに時々使う。 だが、この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:暑いこだわり 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:819字
俺はこだわりを持っている。これだけは譲れないという熱いこだわりだ。 そのこだわりは、普段は効力を持たないが、回転寿司に行ったときだけは違う。つまり俺のこだわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:バイオ小説練習 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:789字
ボリ…ボリ…もう、日常となった音を聞きながら僕は、恐怖に震えていた。目の前の出来事から必死に目をそむけて、泣きわめく。今まで話していたはずの彼女はすでに死体とな 〈続きを読む〉

ハチマルの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:限界を超えた蕎麦 必須要素:フォロワーの誰かを○す 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:493字
良く解らない罪で逮捕された。罪状は驚くなかれ、『殺人罪』である。殺した相手はtw○tterのフォロワーで、そういえば3日前くらいにちょっとした言い合いをしたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:早すぎた死刑囚 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:581字
私は、『告悔師』という仕事をしている。主仕事場は、安楽死施設と病院、そして刑務所である。 死に行く者の、最期の言葉を記録し、保存するのが私の役目だ。レコーダー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:最強の解散 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:785字
その日、文学界に衝撃が走った。『二人で1つの最強の小説家』として名高い、「下高井戸 遠近」が突如として解散を発表したのだ。「下高井戸 遠近」は、50代半ばの男 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:早すぎた失踪 必須要素:800字以内 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:794字
クソ兄貴が帰ってきた。約3ヶ月ぶりに。いや、帰ってこさせられたと言うのが正しいか。クソ兄貴は隣の隣の町の橋の袂で野良猫と野良犬と野良イグアナと南極2号改と仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:肌寒い排泄 必須要素:戦闘機 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:655字
ご存じ無いかたもいらっしゃいますでしょうが、私は、かのミュンヒハウゼン男爵の孫息子なのです。ミュンヒハウゼン三世とでもおよびくださいませ。 さて、本日は私が世 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:狡猾な海風 必須要素:まいたけ 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:946字
黒っぽくてなんかギザギザの模様が入っているのが、お父さんの。赤みがかった鼈甲色のつやつやしてるがお母さんの。真っ黒で持ち手の部分が濃い緑色をしているのがお兄ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:彼とボーイズ 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:529字
ずっと気になっていた事をのっぺに聞いてみた。 のっぺはUFOが壊れて不時着しただけの普通の宇宙人だ。「なぁ、のっぺって男?それとも女?」『うーん…。ボクの種族 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:不思議な私 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:548字
私はいつものゴツめのヘッドフォンをつけている。蛍光ブルーに鮮やか赤と黄色なラインが入ったヘッドフォンは嫌でも人の目を引く。別に私は『不思議な私☆カッコカワイイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:遅すぎたあの人 必須要素:復讐劇 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:470字
今から私は、あなたに復讐します。とっても意気地無しのあなたに。 私達は、3歳から一緒だったというのに、私は、ずっとあなたが好きだったというのに。あなたがイジメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:遠い蟻 必須要素:つけ麺 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:417字
今、僕は黄色くて長い長い道をとぼとぼと進んでいる。そして、猛烈に後悔している。そうだった。僕の恋人は、とんでもない金持ちで、なおかつ恐ろしい勢いで冗談が通じな 〈続きを読む〉