お題:誰かの小説修行 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:398字

愛し君への小説修行
僕に与えられた猶予は酷く短かった。「400字以内」なんて、短すぎて君の魅力を充分に書く事なんか到底出来ない。けれどもこれでも僕だって芸術家の端くれだ、今から僕の全身全霊を使って君を描写しようじゃないか。400字以内で。
まず、君は目が美しい。この世のどんな宝石だって、光の加減で表情を変える君の青い瞳にかなう物など無いだろう。誓ってもいい、きっとそこには月の女神の加護が宿っている。
そしてその気質も素晴らしい、野放途だが粗野では無く、繊細だがそこに煩わしさは無い。可愛らしくはあるが、君の性質はあざとさとは無縁の総天然色の魅力に溢れている。どんなファム・ファタルも君の前では子猫同然だ。
もう文字数が足りない、君の数多くの美点の中から、もう1つだけ賛美しよう。
君のその灰色の毛並みといったら!生ける天鵞絨その物だ。天国のひじ掛けだって、君より僕を心地よくすることはできないだろう!
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せないガールズ 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:459字
某県某駅前のファーストフード店にて、女子高生らしき少女たちが三人で世の不満について喋り合っていた。別に政治だとか貧困だとかの大きな事柄についてではなく、自分達 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識の情事 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:398字
昔の人は夢の中に好きな異性が出てくるとその相手と両想いであると考えた。僕にはある能力がある。それは「人の夢に自由に出入りできる」というものだ。対象の人を思い浮か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スイバ お題:僕が愛したガールズ 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:162 人 文字数:617字
一つずつ、丁寧に埃を払う。髪や衣類のシワといった微かな隙間まで見落とさないように、綿密に。足元は一人でも立てるが、転倒させて手首などの繊細な部分にダメージを与え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん お題:強い殺し屋 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:185 人 文字数:396字
強い殺し屋になるには強くならなければならない。文字にすると馬鹿のようだが、その通りなのだから仕方ない。簡単な話だ。だけどこれが結構難しい。腕っ節が強いだけでは駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:3月の昼下がり 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:341 人 文字数:2375字
449220 017449220/0一七瀬四谷篠擬木子多々良智浩弘前愛小畑朝和委志・・「へえ~アダムってあの人をどうしてもやりたかったんだ~」小畑朝はウィキを読 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:禁断の殺人犯 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:262 人 文字数:1711字
その子の名前はペペロと言いました。そしてペペロはみんなから『強い子』だと思われていました。なんでそんな風に思われているのでしょうか?それは簡単です。だってペペロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:秋の美術館 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:349 人 文字数:399字
「綺麗だねぇ…」溜息まじりに囁いた少女の声に応えたのは、マフラーにくぐもった少年の声だった。「…美味そう」何やら同意めいた声音だったが、それは自分の意見への賛同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:秋の美術館 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:231 人 文字数:1909字
「もしもし?」「ああ、つながったか、相変わらず君は電話に出ないな」二十一世紀になり電話だって進化しているのに、どうしてそんなことを簡単に決めることができるのか私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハイメア お題:秋の脱毛 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:220 人 文字数:400字
彼女と二人で歩く並木道は秋の色だった。「やっぱり綺麗だね、ここは」 彼女の言葉に、そうだねと僕は頷く。黄色い葉が、視界を上から下まで埋め尽くしていた。秋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スキル お題:秋の脱毛 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:397字
毛が抜ける。冬を目の前にして脱毛というのもおかしな話だがそれは仕方無い事だったりする。季節が進むごとに俺の頭の毛がどんどん薄くなってくることを実感する。何故だろ 〈続きを読む〉

ハチマルの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:苦い悪意 必須要素:ゴム 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:911字
私の恋人は、キスが上手い。いつも、まるで仔犬がじゃれつくように、やわらかく、無邪気に舌をからめてくる。彼の唇はちょっと苦くて、大人の味がする。私が今までキスし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:限りなく透明に近い地下室 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:814字
幼馴染が部活動を作ったと風のウワサで聞いた。その名も『穴堀り部』と言うらしい。ウワサは後に訂正された。『穴堀り部』は、正式な部活動として認められなかった。なの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:孤独なパソコン 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:733字
7月2日、午前9時2分14秒。いつもの時間に足音は響く。「おはよう。」『おはよう。ハカセ。』「おいおい、それは止めてくれって言ったじゃないか。」 彼の言うとお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:簡単な兄弟 必須要素:ひょっとこ 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:874字
子供は苦手だ。 多分子供の方でも私を苦手だろう。黒づくめの服を着て、面を被り、足音をたてずに歩く。おまけに私は生来無口である。だからこそ私はいままでこの『お面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:刹那の失踪 必須要素:胸キュン 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:957字
友人にはよく、「由貴ちゃんって、不思議ちゃんで、おっとりしてるよね。」なんて言われる。口の悪い弟に言わせれば、「ねーちゃんはきっと小さい頃どっかで強力な磁石脳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:壊れかけの眠り 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:766字
僕を作った人が好きで口ずさんでいた曲がある。あの曲を聞くたびに、「何故壊れかけのモノに幸せなぞ訊ねるのだろう。」と思っていた。きっと完成品の方が正しい答えがか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:ワイルドな妻 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:873字
私の妻は、とても美しい女だ。黄金に輝く小麦色の肌を持っていて、艶やかな黒い目をしている。笑うと乳白色の八重歯が真珠のようにきらきら光る。右目には大きな傷痕が斜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:栄光の事件 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1057字
日本が亜熱帯気候であるという事を、今俺は身を持って感じている。「暑い…。」 窓を開けてみる。泣ける程無風だ。これじゃあきっと閉めてても同じだ。けれども少しでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:免れた結婚 必須要素:イヤホン 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1017字
動悸がおさまらない。断っておくが、体調が悪い訳では無い。私は今からデートをするのだ。(落ち着け、落ち着け。) 自分自身にそう言い聞かせるが、口許がゆるむのも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:プロの経歴 必須要素:若者使用不可 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:951字
部屋の中で待っていたのは、髪をお団子にひっつめにした恐ろしく無愛想な女だった。恐らく人事部の新人といったところだろう。それにしては妙に威厳があるのが気になる。 〈続きを読む〉