お題:誰かの小説修行 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:398字

愛し君への小説修行
僕に与えられた猶予は酷く短かった。「400字以内」なんて、短すぎて君の魅力を充分に書く事なんか到底出来ない。けれどもこれでも僕だって芸術家の端くれだ、今から僕の全身全霊を使って君を描写しようじゃないか。400字以内で。
まず、君は目が美しい。この世のどんな宝石だって、光の加減で表情を変える君の青い瞳にかなう物など無いだろう。誓ってもいい、きっとそこには月の女神の加護が宿っている。
そしてその気質も素晴らしい、野放途だが粗野では無く、繊細だがそこに煩わしさは無い。可愛らしくはあるが、君の性質はあざとさとは無縁の総天然色の魅力に溢れている。どんなファム・ファタルも君の前では子猫同然だ。
もう文字数が足りない、君の数多くの美点の中から、もう1つだけ賛美しよう。
君のその灰色の毛並みといったら!生ける天鵞絨その物だ。天国のひじ掛けだって、君より僕を心地よくすることはできないだろう!
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:晴本 お題:不思議な動揺 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:815字
同棲している彼が何かを隠している。 その確信はあるのだけれど、実際隠しているのが何なのか心当たりがまったくなかった。 自慢じゃないが、人の心の機微には鋭い方だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せないガールズ 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:122 人 文字数:459字
某県某駅前のファーストフード店にて、女子高生らしき少女たちが三人で世の不満について喋り合っていた。別に政治だとか貧困だとかの大きな事柄についてではなく、自分達 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識の情事 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:150 人 文字数:398字
昔の人は夢の中に好きな異性が出てくるとその相手と両想いであると考えた。僕にはある能力がある。それは「人の夢に自由に出入りできる」というものだ。対象の人を思い浮か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スイバ お題:僕が愛したガールズ 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:617字
一つずつ、丁寧に埃を払う。髪や衣類のシワといった微かな隙間まで見落とさないように、綿密に。足元は一人でも立てるが、転倒させて手首などの繊細な部分にダメージを与え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん お題:強い殺し屋 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:198 人 文字数:396字
強い殺し屋になるには強くならなければならない。文字にすると馬鹿のようだが、その通りなのだから仕方ない。簡単な話だ。だけどこれが結構難しい。腕っ節が強いだけでは駄 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:3月の昼下がり 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:355 人 文字数:2375字
449220 017449220/0一七瀬四谷篠擬木子多々良智浩弘前愛小畑朝和委志・・「へえ~アダムってあの人をどうしてもやりたかったんだ~」小畑朝はウィキを読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:禁断の殺人犯 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:270 人 文字数:1711字
その子の名前はペペロと言いました。そしてペペロはみんなから『強い子』だと思われていました。なんでそんな風に思われているのでしょうか?それは簡単です。だってペペロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:秋の美術館 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:358 人 文字数:399字
「綺麗だねぇ…」溜息まじりに囁いた少女の声に応えたのは、マフラーにくぐもった少年の声だった。「…美味そう」何やら同意めいた声音だったが、それは自分の意見への賛同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:秋の美術館 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:245 人 文字数:1909字
「もしもし?」「ああ、つながったか、相変わらず君は電話に出ないな」二十一世紀になり電話だって進化しているのに、どうしてそんなことを簡単に決めることができるのか私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハイメア お題:秋の脱毛 必須要素:400字以内 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:400字
彼女と二人で歩く並木道は秋の色だった。「やっぱり綺麗だね、ここは」 彼女の言葉に、そうだねと僕は頷く。黄色い葉が、視界を上から下まで埋め尽くしていた。秋だ。 〈続きを読む〉

ハチマルの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:彼とむきだし 必須要素:ボールペン 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:584字
彼にとってそれは暇つぶしにすぎなかった。相手がどんなに嫌がろうと知ったことじゃあない、そんな、ただの日常。 硬く強ばった外殻は指で弄くるとすぐにほどけた。その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:君の喜び 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:434字
最初は花を贈った。 君はすぐさまそれをゴミ箱に放りこんだ。「花なんて、大嫌い。あんなの、すぐに萎れちゃうじゃない。」 次はラブレターを贈った。心をこめて、10 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:ロシア式の接吻 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1042字
困った。相手は身長二メートル、体重百キロを超える熊の如き大男だ。そんな奴が店の床でオイオイ泣き崩れている。抱き起こすのも相当の骨だ。しかしもうすぐ店も閉店だし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:初めての正月 必須要素:出会い系サイト 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1099字
今日は、世界で一番孤独が胸に染みる日---クリスマスだ。別に、一人でいたい訳では無い。ただ、自分以外の、他人が全部が全部、誰かと楽しく過ごしているのだと思うと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:絶望的な小説の書き方 必須要素:にゃんまげ 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1025字
おそらく、人類が道具を使わないで出せる最大級の騒音をたてながら、吉岡マサルは文芸部の部室に現れた。「マルちーん‼オレに小説の書き方を教えてくれぇえ‼」「…すま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:純白のにおい 必須要素:脂肪吸引 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:818字
私の夫は、とても優しい人だ。家事はほとんど私にやらせてくれない。私は結婚してこの方、小指一本家事のために動かした事は無いのではないかと思ってしまえる位だ。『成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:男の洞窟 必須要素:大道具さん 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:942字
要するに、俺達はヒマだったのだ。会社は定年、かといってカネがありあまる程ある訳でもない。ギャンブルには興味は無い。ゴルフはもうたくさんだ。酒もそんなに強く無い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:僕の好きな夏休み 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:614字
先生あのね、僕は夏休みがだいすきです。だって、おじいちゃんちにいけるでしょ?あとプールにも入れるし、アイスもかき氷も食べれるよ。大嫌いな塾だって空手だってそろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:疲れた車 必須要素:奴の小指 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:909字
まただ、あの野郎、またストを起こしやがった。 「おい、ウスノロ!今度は何だ!?ガソリンはたっぷりやっただろ!」『すいません。ちょっと疲れてしまいまして。ついで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:気高い反逆 必須要素:マクガフィン 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1026字
「さあ、○すがいい。」 と、男が笑う。 ツイてない俺にとっては、それは最高のチャンスだった。男は、正に人間のクズといって差し支えのない人間だった。女子供ばかり 〈続きを読む〉