お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:777字

海辺の村 ※未完
8月になると海に入ってはいけない。
この村に古くからある決まりである。
夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にもっとも多くの観光客が訪れる。そして、この村の収入源のトップは漁業でありその次が観光業である。8月になると、我が村の海岸線は完全に観光客と、観光客目当てに集まった業者に占有される。村は駐車場とショバ代で収入を得る。村人は決して海には近づかない。
ある時、海辺で怪我人が出た。怪我人は幼い子供で、その場に立ち会ったサーファーがすぐに村の医者を海辺へ呼びに行った。医者はなぜか海辺にいくことを渋った。しかし、子供の怪我の程度がひどくその場から動かすことが難しいこと、村の他の医者を呼びに行くと数時間はゆうにかかることから海辺まで行くことを了承した。
医者が海辺にたどり着くと、岩礁に足を挟んだ子供が満ちてきた潮の流れに揉まれて溺れかけていた。医者は慌てて海に飛び込み、子供を助けると、症状を見て応急的な処置を施した。
怪我の原因としては、子供が磯で遊んでいたところ転んで岩礁に落ちて、足を挟んでしまった。駆けつけたサーファーが様子を見ると、岩に挟まれた部分から出血が見られたため動かして良い状況かわからなかったらしい。
実際の出血は少なく、傷は浅かった。痛みの原因は主に海水が染みたことによるものであった。
医者は海から上がり安静にすること。危険な場所で一人で遊ばないことを子供に言い含めた。
子供の親が迎えにきて、海から帰ったその後も医者は海の中で何かしていた。
訝しげに話しかけたサーファーにも詳しいことは答えず、サーファーもそのうち帰ってしまった。
しきたりを破ってしまった医者は、もう二度と陸へ上がることはできなかった。
海の底にはしきたりを破ってにんぎょに戻ってしまった村人の村があるy
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京の男 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:135字
博はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」博は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて博はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の男 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:59字
東京にいた男はかつてそういったそうか女は冷たそうに答えたただそれだけそれだけだったけど男はそれで満足だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:免れた別れ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:730字
ぼーっとしているせいか、よく自動ドアに挟まる。気配の薄い人間にはセンサーが反応しないのか、まず開けてもらえないことも多く、いざ開いたと思えば通り抜けるまえに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:打算的な道 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:139字
こうすればこうなるだろうそういう計算のもと行動してみるそんな癖が僕にあったしかしこうすればこうなるだろうそういう打算に基づいた行動は相手に見抜かれているように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:僕と高給取り 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:503字
面白味のない機械音が、鼓動と同じ間隔で、パタンパタンと音を鳴らしている。高身長で口の達者な茶髪。明らかに社内規則に違反した髪色をしているくせに、業績を回復させた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:名もなき星 お題:部屋とYシャツとお嬢様 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:551字
「白がいいのよ、それもとびっきりの」まるで今から歌いだしそうな声色で彼女はそう私に告げた。簡易なベッドとテーブルだけの部屋に敷き詰められたYシャツたち。何故こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

tomogataの即興 小説


ユーザーアイコン
海辺の村 ※未完
作者:tomogata お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:777字
8月になると海に入ってはいけない。この村に古くからある決まりである。夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:清い夜風 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:223字
陽も暮れたはずなのに風はまだほのかに暖かく、ベランダの欄干を桜の花びらとともになぜていく。眼下に見下ろす景色は桜色に染まっている。見頃は今週いっぱいぐらいだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:どこかのスキル 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:854字
Infomation:どこかのスキルが上昇した狩りの途中、メッセージウィンドウにそんなシステムメッセージが表示されて俺はとまどった。どこかのスキル?どこのスキル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:戦争と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:876字
『きのこ党の支持者の皆様!ぜひ清き一票をお願いします!』スピーカーから伴って声明が流れてくる。僕はスピーカーをオフにすると、声を潜めて耳をすませた。今の音を誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:男の嘘 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:663字
パチン、と良い音が鳴った。左頰がじんと熱くなってようやく、彼女に平手で打たれたのだとわかった。「なにするんだよ」「本気で言ってるの?」据わった目で見つめられる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:早すぎた小説家たち 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:606字
「どうですか」「──S先生。これはいくら何でも売れないと思いますよ」「次にくると思うんですよ。○○ブーム」S先生は何やら自信ありげな様子だ。「実はですね。先日N 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:彼とアレ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:784字
深夜2時に彼女に電話で召喚された。アレが出たのでなんとかして欲しいそうな。アレってなんだよ。「来てくれた……!た、助けて」インターホンを押すと、恐慌状態の彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:613字
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:安い殺し屋 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:587字
「殺しの依頼料いくらだったかわかるか?たったの10ドルだ。安い男だよお前は」男は既に事切れており、俺の言葉は聞こえなかったようだ。俺は硝煙漂う銃口に軽く息を吹き 〈続きを読む〉