お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:777字

海辺の村 ※未完
8月になると海に入ってはいけない。
この村に古くからある決まりである。
夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にもっとも多くの観光客が訪れる。そして、この村の収入源のトップは漁業でありその次が観光業である。8月になると、我が村の海岸線は完全に観光客と、観光客目当てに集まった業者に占有される。村は駐車場とショバ代で収入を得る。村人は決して海には近づかない。
ある時、海辺で怪我人が出た。怪我人は幼い子供で、その場に立ち会ったサーファーがすぐに村の医者を海辺へ呼びに行った。医者はなぜか海辺にいくことを渋った。しかし、子供の怪我の程度がひどくその場から動かすことが難しいこと、村の他の医者を呼びに行くと数時間はゆうにかかることから海辺まで行くことを了承した。
医者が海辺にたどり着くと、岩礁に足を挟んだ子供が満ちてきた潮の流れに揉まれて溺れかけていた。医者は慌てて海に飛び込み、子供を助けると、症状を見て応急的な処置を施した。
怪我の原因としては、子供が磯で遊んでいたところ転んで岩礁に落ちて、足を挟んでしまった。駆けつけたサーファーが様子を見ると、岩に挟まれた部分から出血が見られたため動かして良い状況かわからなかったらしい。
実際の出血は少なく、傷は浅かった。痛みの原因は主に海水が染みたことによるものであった。
医者は海から上がり安静にすること。危険な場所で一人で遊ばないことを子供に言い含めた。
子供の親が迎えにきて、海から帰ったその後も医者は海の中で何かしていた。
訝しげに話しかけたサーファーにも詳しいことは答えず、サーファーもそのうち帰ってしまった。
しきたりを破ってしまった医者は、もう二度と陸へ上がることはできなかった。
海の底にはしきたりを破ってにんぎょに戻ってしまった村人の村があるy
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:愛すべき税理士 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:460字
正直僕は彼についてよく知っているわけではないが、彼は多くの人に愛されている。どこから話せばいいだろうか。一言で言うならば、まず人当たりが良い。とても穏やかな性格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:見憶えのある光 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:697字
光があると生き物は近づく。それは本能に従う行為で、罠を仕掛けるのに最適だ。「……一匹か」 望遠鏡でライトアップされた場所を何度確認しても、鹿は一匹しかいない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:僕の嫌いな出会い 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:595字
僕は嫌いなあいつと、五年前に出会った。初めて会った時から、なんとなくだけど嫌いだった。どうして嫌いなのか、自分でもよくわからない。誰にでも優しくて、一人でなんで 〈続きを読む〉

tomogataの即興 小説


ユーザーアイコン
海辺の村 ※未完
作者:tomogata お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:777字
8月になると海に入ってはいけない。この村に古くからある決まりである。夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:清い夜風 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:223字
陽も暮れたはずなのに風はまだほのかに暖かく、ベランダの欄干を桜の花びらとともになぜていく。眼下に見下ろす景色は桜色に染まっている。見頃は今週いっぱいぐらいだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:どこかのスキル 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:854字
Infomation:どこかのスキルが上昇した狩りの途中、メッセージウィンドウにそんなシステムメッセージが表示されて俺はとまどった。どこかのスキル?どこのスキル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:戦争と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:876字
『きのこ党の支持者の皆様!ぜひ清き一票をお願いします!』スピーカーから伴って声明が流れてくる。僕はスピーカーをオフにすると、声を潜めて耳をすませた。今の音を誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:男の嘘 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:663字
パチン、と良い音が鳴った。左頰がじんと熱くなってようやく、彼女に平手で打たれたのだとわかった。「なにするんだよ」「本気で言ってるの?」据わった目で見つめられる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:早すぎた小説家たち 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:606字
「どうですか」「──S先生。これはいくら何でも売れないと思いますよ」「次にくると思うんですよ。○○ブーム」S先生は何やら自信ありげな様子だ。「実はですね。先日N 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:彼とアレ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:784字
深夜2時に彼女に電話で召喚された。アレが出たのでなんとかして欲しいそうな。アレってなんだよ。「来てくれた……!た、助けて」インターホンを押すと、恐慌状態の彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:613字
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:安い殺し屋 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:587字
「殺しの依頼料いくらだったかわかるか?たったの10ドルだ。安い男だよお前は」男は既に事切れており、俺の言葉は聞こえなかったようだ。俺は硝煙漂う銃口に軽く息を吹き 〈続きを読む〉