お題:最後の絶望 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:377字

最後の絶望
最後の絶望

会社を6時に出る

その足で6時10分の電車にのる

途中同僚に話しかけられたが
華麗にスルー、ごめん急いでる!

電車にのっておりる場所は
頭から3番目、すぐ降りれる用立ち待ち

ぷしゅー

ドアが開いた
階段を颯爽と降りる

バスは、、やっぱりな
改札を出たとたんバスが到着した

ここまで予定どおり
左側ポケットのSuicaイン財布を取り出して

ピピッ

乗車!

ふぅー
あとは読み貯めてた本を鞄から取り出す

青いindexで途中にピンポイントアクセス

ふむふむ

次は、みな..

ピンポーン、運転手よ読み上げんでも分かる
本を読み始めて5分ぐらいだろう

案の定、最寄りのバス停に到着
青のindexを張り直して

バス停降りる
家に着く

右ポケットについて手をつっこんで、、
手をつっこんで、、

鍵が...ない...
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:愛すべき税理士 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:460字
正直僕は彼についてよく知っているわけではないが、彼は多くの人に愛されている。どこから話せばいいだろうか。一言で言うならば、まず人当たりが良い。とても穏やかな性格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:見憶えのある光 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:697字
光があると生き物は近づく。それは本能に従う行為で、罠を仕掛けるのに最適だ。「……一匹か」 望遠鏡でライトアップされた場所を何度確認しても、鹿は一匹しかいない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:僕の嫌いな出会い 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:595字
僕は嫌いなあいつと、五年前に出会った。初めて会った時から、なんとなくだけど嫌いだった。どうして嫌いなのか、自分でもよくわからない。誰にでも優しくて、一人でなんで 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:左の熱帯魚 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:340字
雨が降ったら傘を差そんな単純なことを知っているけど私はいざ雨が降った時に傘を持っていない困っている人がいたら助けてあげなさいああ当たり前じゃないか、、ってあれ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの決別 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:182字
苦し紛れの決別と僕絶対こっちの方がいいのに本気でそう思って相手を誘うことがあるいや誘うときは大体そうだしかしながら、「こっち」が本当にいいか悪いか判断するのは相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:子供の視力 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:142字
銀行出入り口でこけたこけたときに打ち所が悪く血が出てしまった「いたい、いたい」そういうとお母さんがやってきてハンカチで足をまくってくれた「こんなところに躓くなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:100のサーブ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:275字
100のサーブと刃サーブを打つサーブをうってレシーブが返ってくるパン、ポーン刃はその感覚が好きだっただから何回もサーブを鍛えた感覚の虜になっていたのだバシーン、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:最弱の視力 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:863字
これはなんとも不思議な昔話昔あるところにウサギがいました。ウサギは何でも一番をとっていて動物界で人気でした。そこへカメが現れました。カメは言いました。ウサギさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:許されざるお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:130字
尊はいつもと変わらず髪のセットをしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「うそ!?」尊はあたりを見回した。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」不安がとれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:冬の公認会計士 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:186字
あの頃は勉強ばっかしていたなあの時があって今の俺がいるんだ正志は運転しながら3年前に思いをはせていたすると突然、猫が飛び出してきたキキー、あっ!!正志は猫をかば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:出来損ないの職業 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:501字
就職活動の面接におち瞳はゆく当てもなくなってしまった帰りの電車でふと人目をひく広告を見た好きなことを仕事に輝いてこちらを見つめる女優さんを見て瞳はふと思いついた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1407字 評価:0人
消えた天才中学の時、僕には一人、気になっている人物がいたその名は「鈴木太郎」彼は廊下に張り出されている成績表で常に1番を取っていたなんで1番なんだ、どこにでもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:潔白なお金 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:96字
自宅で佑は歯磨きしていた。すると、なにやら赤いものが現れた。「なんだ、あのトマトか。」不安がとれて佑はもやもやが晴れた。そして再び歯磨きにもどった。新緑がさわや 〈続きを読む〉