お題:最後の絶望 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:377字

最後の絶望
最後の絶望

会社を6時に出る

その足で6時10分の電車にのる

途中同僚に話しかけられたが
華麗にスルー、ごめん急いでる!

電車にのっておりる場所は
頭から3番目、すぐ降りれる用立ち待ち

ぷしゅー

ドアが開いた
階段を颯爽と降りる

バスは、、やっぱりな
改札を出たとたんバスが到着した

ここまで予定どおり
左側ポケットのSuicaイン財布を取り出して

ピピッ

乗車!

ふぅー
あとは読み貯めてた本を鞄から取り出す

青いindexで途中にピンポイントアクセス

ふむふむ

次は、みな..

ピンポーン、運転手よ読み上げんでも分かる
本を読み始めて5分ぐらいだろう

案の定、最寄りのバス停に到着
青のindexを張り直して

バス停降りる
家に着く

右ポケットについて手をつっこんで、、
手をつっこんで、、

鍵が...ない...
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の海 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:847字
陸地が減り続けてる現代。なんとか生きてくために人間という個体は、多種族の遺伝子を組み込まれ、亜人へと変わることとなった。 その中でも多いのはネコ科の亜人。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男は佇む ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と時計 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:281字
旧い人間だと嗤われる程度に俺はこの店が好きだ。今時禁煙席喫煙席の区分もなく、便所はボットン。ド田舎の道をドライブしていてふっと現れる幽霊店舗のような佇まいなのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝の模倣犯 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:932字
本当に苛立っていることがある。 私は俳優で主役こそないものの、名前を聞けば半分ぐらいの人は知ってそうな、有名なドラマや映画に脇役として多く出演しているような俳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:消えた血液 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:585字
敷地の外にいたとき、ポケベルが鳴った。 「先生、またタバコですか」 看護師が顔をしかめる。手は空いていても、臭いは隠せないものらしい。 「二徹目だ、何かしてな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:10の男の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1159字
ある時期に、全国各地で10歳の少年がいなくなるという事件が起こった。それぞれ別の地域で起こった事件のため、関連性を疑う者はいなかった。 たった一人を除いては。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:私と銀行 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:776字
自販機で缶ジュースを買おうとしたら、小銭を落とした。はずなのに、なんの音もしなかったせいで、しばらく落下地点を見失った。たしかに落とした感覚はあった。100円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:プロの敗北 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:514字
昔昔、ある食料の豊かな山に虎と狼と羊が住んでいました。羊はいつもお腹を空かせていました。というのも食べたいものを他の二匹に取られてしまうからです。そこで羊は、ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:素人の昼下がり 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:122字
ああ道がわからないもうじき夜になるただでさえ迷っているのに夜がさらに迫って辺りは真っ暗になったああ神は私を味方しないそして間も無く青年は逝った彼は素人だったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:清い足 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:238字
がさがさ仕事おわらないよ~おっ!?なんだい助けてあげようか?ありがとう、これお願いばたんまだ仕事をやってたのか助けようか?ありがとう、これお願いねかきかきまわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:狡猾な湖 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:283字
湖には宝が沈んでいたあるとき勇者が宝をとりに湖にむかったするとそこに看板があったこの湖で帰ってきたものはいない勇者は怖くなり引き返そうとしたが村人になっていいわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:天国のババァ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:181字
天国のババァは異文化交流が好きだったとにかく自分と違うものを求めていた外国人がいる場所に行っては物足りなさを感じていたのだ「もう天国じゃだめだ、そうだ地獄へ行こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:早すぎた朝日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:552字
「はぁあはぁ」守は全力で林の方に駆け込んでいった「うーうー...」おっての唸る声が小さくなるまで奥へ奥へ何も聞こえなくなったかと思うとまた聞こえてきた「うーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:綺麗な沈黙 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:147字
シリアス君は私にいった世界は危険だ、気をつけたまえユーモラス君は私にいった世界は最高だ、もっと楽しめシリアス君はユーモラス君にいったもっと危機感もてよユーモラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:2つの牢屋 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:93字
アダム「牢屋には必ず入っている動物それはなんでしょうか?」イブ「えっと...」アダム「ヒントは牢屋が2つだとその動物でいっぱいになりますよ」イブ「あっ!そういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:冷たい霧雨 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:186字
冷たい、冷たいな寒々とした雨が体に突き刺さる今宵彰は傘を折り畳み一人言を唱えるああ、冷たいな冷たいこの不快から逃れようとホカホカおでんが待ち構えるコンビニへいら 〈続きを読む〉