お題:激しいあいつ 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1077字

向けられた目
「あいつ、いつもあんな感じなんだぜ」
通り過ぎた廊下からそんな声が聞こえる。
いつもそうなのだ。
この風貌。派手な髪、浅黒い肌。
そんな特異な見た目を持った人間に、学校という空間は少し冷たかった。
皆が奇異な目で見て、そして噂する。
もっと皆も自分も幼かった頃には、そんなことなかったのだと思う。
外見の違いは褒められたり興味を示されたりすることが多かった。
でも、今は違うのだ。
自分のことはよくわかってる。
だからそうやって投げかけられる言葉を無視しながら学校に通った。

学校は、四方を森に囲まれた、そんな田舎にたたずんでいた。
地元の人間しか行かないような、生徒数も少なくほぼすべての人間が顔見知りだった。
だからこそ、一度目立ってしまったら仕方がない。
田舎という環境からか、学校という閉鎖的な状況からか。
地元の名士の一人娘。
そんなお嬢様が外国人と駆け落ちして、その後町に帰ってきたという話はすでに噂として学校中に広まっている。
そんな俺を生んだ母はすでに病気で他界しており、子供の記憶はもうあやふやで顔すらも覚えていない。
それでも記憶にあるのは病床に伏せていたそんな姿であり、あまりいい思い出とは言えないのだ。
周りの大人たちから、嫌がらせを受けるという事はなかった。
いかに娘がバカだろうと、その孫の出来が悪かろうと、親の権力には変わりがない。
それを恐れてか、街を歩けば距離をとられることはあっても、それでも悪意をぶつけられるわけではない。
子供の頃でもなんとなく気が付いていたが、大人というものはやはり頭がいいのだ。
さかしく、こちらを気遣うふりをする。
そんな生活に慣れていた俺は、やはりどこかでねじれてしまったのだろう。

世間の目に慣れて、周りから向けられる眼の意味に気が付くころ。
中学生に上がった時だった。
学校の中でも目立つ、そんな悪ガキに絡まれた。
無視すればよかったのだ。
向こうも本気ではなかったのだろう。ただ、周りの環境が変わったという高揚感からか、彼はこちらに明確な悪意を向けた。
そして、喧嘩になった。中学生の殴り合いの話は、すぐに街に広がった。
ああ、あのバカ娘の出来損ないが、ついに。
母親があれなら子もあれなのか。
そんな話が町中でささやかれた。
言い訳なんてできない。
相手が悪ガキだろうと、出自の大きさはこちらのほうが大きい。
だから話の主役はいつも俺だった。

それからの話は単純だ。
学校での目は、結局が高校に上がっても続き、今もその目にたえている。
明日も結局その目は変わらないのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:甘食(告知用) お題:激しいあいつ 必須要素:日本酒 制限時間:30分 読者:285 人 文字数:1557字
誰だあいつに日本酒飲ませたの! 両課の課長たちの独断で開催が決まった我が開発課と営業課の親睦会。営業課にはエネルギッシュなメンバーが多く、ともすれば大声での喧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の海 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:847字
陸地が減り続けてる現代。なんとか生きてくために人間という個体は、多種族の遺伝子を組み込まれ、亜人へと変わることとなった。 その中でも多いのはネコ科の亜人。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男は佇む ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と時計 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:281字
旧い人間だと嗤われる程度に俺はこの店が好きだ。今時禁煙席喫煙席の区分もなく、便所はボットン。ド田舎の道をドライブしていてふっと現れる幽霊店舗のような佇まいなのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝の模倣犯 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:932字
本当に苛立っていることがある。 私は俳優で主役こそないものの、名前を聞けば半分ぐらいの人は知ってそうな、有名なドラマや映画に脇役として多く出演しているような俳 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:消えた血液 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:585字
敷地の外にいたとき、ポケベルが鳴った。 「先生、またタバコですか」 看護師が顔をしかめる。手は空いていても、臭いは隠せないものらしい。 「二徹目だ、何かしてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:10の男の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1159字
ある時期に、全国各地で10歳の少年がいなくなるという事件が起こった。それぞれ別の地域で起こった事件のため、関連性を疑う者はいなかった。 たった一人を除いては。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:私と銀行 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:776字
自販機で缶ジュースを買おうとしたら、小銭を落とした。はずなのに、なんの音もしなかったせいで、しばらく落下地点を見失った。たしかに落とした感覚はあった。100円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:赤い話 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:621字
俺には子供のころからの異名がある。 その名も≪算数のタカシ≫。まあ、由来は単純だ。 俺は子供のころから算数が得意だった。 そろばんを習っていたわけでも、特別何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:未来の慰め 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1068字
僕は子供のころから世の中が嫌いだった。 程度の低い、けれども確かな悪意が蔓延する世界。それを苦にせず、有ろうことか他人に強いる人間。見聞きする世界は、ひどくゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1238字 評価:1人
子供を産むって言うのは、当たり前ですけど大変なことです。 二人の人間が愛し合ったり愛し合わなかったりして、新たな命を育む。 生命の神秘といえば聞こえがいいです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
困った笑顔 ※未完
作者:トゥーディー お題:楽観的な公認会計士 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:793字
「この分なら何とかなりそうですね~」 妙に間延びした声で、目の前の男が笑う。 全身紺で染めた皺一つないスーツ。乱れ一つない姿勢。ただ、その表情だけが人を小ばかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と憎しみの嫉妬 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:936字
最初はただ見てるだけで幸せだった。あなたの笑顔が、たとえ私に向けられたものじゃなくても。でも、いつからだろう。私がそれに満足できなくなってしまったのは。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:大人の宿命 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:939字
月日は残酷に過ぎていくものだ。光陰矢のごとく。私の人生もまるで弓から放たれた矢のようにまっすぐ飛んで行った。生まれた瞬間を思い出そうとすると、頭の中にモヤがかか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:もしかしてダンジョン 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1015字
トンネルを抜けるとそこは……冷たい闇に満たされた洞窟だった。「いやいや、トンネルの中じゃないのか、ここ」そうひとり呟く。列車の中から見える風景は、むき出しの岩肌 〈続きを読む〉