お題:ひねくれた傘 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1464字

想いを乗せた白い息
今日もまた、1日が終わってしまった。
伝えようと決めてからもう何ヶ月が経ったのだろう。
大好きで遠い遠い、彼の背中を見つめながら、また1日が終わる。
今にも雨が降り出しそうな、煙みたいな雲を眺めながら、私は帰ろうと息をついた。
ふう。
白い息。
ああ、もうそんな季節か。
そういえばやけに肌寒いと思っていた。
冬。春と夏と秋の次の、冬。
君の背中を見つめ始めてからもう三つも季節を跨いだけれど、私はずっとずっとこの位置にいるままだった。
なんとか隣に並んだと思ったら、すぐに追い抜かれて、また背中を追いかけて。
このまま進めないまま、私は何回か春を迎えてしまうのだろうか。
「よ。」
よく知った声が聞こえた。
いつのまにか隣に並んで歩いていた、優しい体温を感じながら私は、今日も目を逸らしながら答える。
「…よ。」
熱くなる顔を隠すように道端の小さなお花を見つめながら、私の心臓は嬉しそうに笑い始める。
どうやらまだ、今日は終わっていなかったみたいだ。

「今日の部活でさ〜、」
くだらない話を聞きながら一緒に歩く帰り道。
私にとっては何一つくだらなくはないのだけれど、あくまでも仕方なく、私は話を聞いてあげている。
家が同じ方向だなんて、前世で世界でも救ったんじゃないかと思ったりしているのだけれど、あくまでも仕方なく、私は一緒に歩いてあげているのだ。
「へえ、くだらな。」
それでも私のひねくれた口は言うことを聞かなくて、可愛げの無いことをいつも勝手に言ってしまうのだ。
本当に言いたいことは、こんなことじゃないのに。
私が本当に、ずっと前から言いたいことは。
「好きだなぁ、」
「え?」
目を見開いてこちらを見下ろす、彼。
え?
私、今、声に出した?
「えっ、あ、えっと、これは、」
えっと、と私は口籠もった。絶対に今、顔、真っ赤だ。
「えっと、その…俺の、ことが?ってこと?」
目が泳いでいる。
ああ、これは、きっと駄目な合図。
「違うよ、嘘。嘘だから!」
嫌だ、まだ終わりたくない。
必死に私は首を横に振った。
「そっか。」
安心したように彼はちょっと微笑んだ。お花が綻んだみたいに。
「よかった、俺さ、」
次の瞬間、私は人生の終わりみたいな何かを知ることになる。
「彼女出来たからさ。」



そこからのことはよく覚えていない。
気づいたら彼はいなくて、私の息は切れていて。
そこから走って逃げたのか、普通にばいばいしたのか、まったく覚えていなくて、ただひとつだけわかるのは、私の目からは水滴が溢れ出ているということ。
彼女。
全く、知らなかった。
予想外の失恋だった。
こんなはずじゃ、なかった。
失恋だとか、これからどう顔を合わせようかとか、いろいろ考えることがありすぎて、今は何も考えられない。
ふう。
また、白い息。
私は、次の春をちゃんと迎えられるだろうか。
あったかくなったら癒えるだろうか。
癒えるといいな。
珍しくそんな可愛いことを思っていると、空から冷たい水が降り注ぐ。
ああ、なんだか気持ちがいい。
ぽつぽつと冷たいものを頬に感じながら、彼の好きな人を想う。
どんな人だろう。
私より可愛い人なのだろうか。
私は前世できっと世界を救ったけれど、彼女はもしかしたら宇宙を作ったりしたのかな。
彼女を羨ましく思うと同時に、悔しいのでいなくなってほしいと、そんな単純なことを考える。
やっぱり私は、ひねくれているな。
そうしてちょっと笑みを零して、私は帰ろうと歩みを進めながら、ピンクの傘を開いた。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:つぶらん お題:夏の小説家たち 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1415字
小説家なんて蝉のようなものだと思う。一気に競争率が激しくなったこの界隈は若いうちに出版社の目に止まらなければあとは余生をメスを見つけられなかったオスの蝉のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:簡単な火事 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1045字
炎は心を奪う。それは有機的なゆらめきと、色のせいだ。 暖色は心を温かくする。 そう思いながら私は、ガスコンロのレバーを捻った。 根菜類は水から。濁りが出る肉は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるき お題:もしかして多数派 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1022字
これって、あんまり光りませんよね? そう聞くと店員は何やら閃いたような顔をして、「暖かい光で、ふんわり照らしますよ」 と、僕の持っているテーブルライトを指差し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵描きの俺 ※未完
作者:ぽぽ お題:絵描きの俺 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:655字
ある日、男が訪ねてきて俺に言った。「私を絵の中に描いてください。」「肖像画ですか?」「いいえ。」「暖かい木漏れ日の中、鳥が囀る緑の庭、そこに居る幸せそうな女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:少女のコウモリ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:83字
少女のコウモリと楓楓はコウモリを大事にしていたコウモリは怪我でおちていた楓が拾ってきたもの楓は大切に育てて元の場所にそっと戻した夏の風はやはり気持ちがよい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:孤独な整形 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1193字
私は自分が嫌いだった。自分の醜い容姿が嫌いだった。この容姿のせいでいつもいじめられていたし、友達もできなかった。小学生時分は休み時間や放課後、誰も話す相手もいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な春雨 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:746字
アジア地域でよく食べられるものらしい。原料は、国によって違うが、芋デンプンや緑豆デンプンなどから作られる。その人の好みによって、理想的な春雨が違うということだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かないドア ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:計算ずくめの犯人 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:529字
入眠の際に見る、夢うつつの風景は決まっていつも雨の日のドア。それは頑丈そうでいて赤い錆びだらけの鉄の塊で、きつい血液の匂いを立ち上らせて土手の真ん中にドアのみで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな独裁者 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:984字
日本国政府が、肝入り政策として、Cool-Japan輸出を積極的に行っている。ゲーム・アニメ・マンガといった日本国特有のサブカルチャーが中心だ。その中に、"ダ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:団地妻のブランド品 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1311字
「……どうして、これが売れると思ったんだ……」「だってぇ……これってば、いい商品でしょう?」「いや、どんな自信ですか……」 目の前に置かれたのは、古ぼけた紅いバ 〈続きを読む〉

ぷりっつ。の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:頭の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1151字
どこまでも伸びていく青空。大きく堂々たる入道雲。ずっと先まで声を響かせる蝉。夏。夏。夏。こんな夏たちを生まれてから17年間ずっと見てきて、さすがに飽きたって思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:人妻の弁護士 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1183字
「じゃあ、これで、私の仕事は終わりですね」取り繕ったような仮面の笑顔で言い放たれた。この数ヶ月、ずっと貴方のその顔を想ってた。その仮面を奪ってみたくて、その顔は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:限界を超えた食堂 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:768字
初恋は実らない、なんて、よく聞く言葉だけれど、それはどんな初恋にも通ずる言葉なのだろうか。お昼休み、溜まりに溜まった仕事をやっと片付けた私は、優雅に友人のブログ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:箱の中の殺し屋 必須要素:お湯 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:1897字 評価:0人
世の中はJKという人種を、過大評価し過ぎだと思うのだ。可愛いだとか、青春だとか、ミニスカートだとか、そうやって甘ったるく表現されがちな、女子高生という3年間の短 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:苦しみの小説上達法 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:763字
「先生にとって小説とはなんですか?」目の前でペンを走らせながら、キラキラした目でそう言うのは、新人の記者さんだそうだ。まだ大学生の私にはよくわからない、何か有名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:同性愛の武器 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1192字
彼女は私のことが、好きだと言った。そしてよく彼女は、自分のことが好きかと問う。自分と一緒にいていいのか、とも。そんな彼女の不安な顔を両手で包んで、いつも私は人工 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:哀れな秋雨 必須要素:おっぱい 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:2175字 評価:1人
ずっとパソコンに集中していたせいか、さすがに目の疲労を感じたので、俺は窓の外に視線をうつす。空が泣いていた。こんな決まりきった生活を続けていると、たまらなく戻り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:小説の中の傑作 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:552字
隣ですやすやと優しい息を奏でている君の、柔らかい頬に触れる。そろそろ春も本番になってきた今日は、少し暑いくらいの気温だったのだが、くっついた熱を帯びる体温はなぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ひねくれた傘 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1464字
今日もまた、1日が終わってしまった。伝えようと決めてからもう何ヶ月が経ったのだろう。大好きで遠い遠い、彼の背中を見つめながら、また1日が終わる。今にも雨が降り出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:つまらない星 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1114字
びびびーーっ。握りしめた小さな端末から笛の音が鳴り響く。表示された小さな女の子が溝に落ちていく。ゲームオーバー。私は小さなため息を吐いた。画面のタップで障害物を 〈続きを読む〉