お題:ひねくれた傘 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1464字

想いを乗せた白い息
今日もまた、1日が終わってしまった。
伝えようと決めてからもう何ヶ月が経ったのだろう。
大好きで遠い遠い、彼の背中を見つめながら、また1日が終わる。
今にも雨が降り出しそうな、煙みたいな雲を眺めながら、私は帰ろうと息をついた。
ふう。
白い息。
ああ、もうそんな季節か。
そういえばやけに肌寒いと思っていた。
冬。春と夏と秋の次の、冬。
君の背中を見つめ始めてからもう三つも季節を跨いだけれど、私はずっとずっとこの位置にいるままだった。
なんとか隣に並んだと思ったら、すぐに追い抜かれて、また背中を追いかけて。
このまま進めないまま、私は何回か春を迎えてしまうのだろうか。
「よ。」
よく知った声が聞こえた。
いつのまにか隣に並んで歩いていた、優しい体温を感じながら私は、今日も目を逸らしながら答える。
「…よ。」
熱くなる顔を隠すように道端の小さなお花を見つめながら、私の心臓は嬉しそうに笑い始める。
どうやらまだ、今日は終わっていなかったみたいだ。

「今日の部活でさ〜、」
くだらない話を聞きながら一緒に歩く帰り道。
私にとっては何一つくだらなくはないのだけれど、あくまでも仕方なく、私は話を聞いてあげている。
家が同じ方向だなんて、前世で世界でも救ったんじゃないかと思ったりしているのだけれど、あくまでも仕方なく、私は一緒に歩いてあげているのだ。
「へえ、くだらな。」
それでも私のひねくれた口は言うことを聞かなくて、可愛げの無いことをいつも勝手に言ってしまうのだ。
本当に言いたいことは、こんなことじゃないのに。
私が本当に、ずっと前から言いたいことは。
「好きだなぁ、」
「え?」
目を見開いてこちらを見下ろす、彼。
え?
私、今、声に出した?
「えっ、あ、えっと、これは、」
えっと、と私は口籠もった。絶対に今、顔、真っ赤だ。
「えっと、その…俺の、ことが?ってこと?」
目が泳いでいる。
ああ、これは、きっと駄目な合図。
「違うよ、嘘。嘘だから!」
嫌だ、まだ終わりたくない。
必死に私は首を横に振った。
「そっか。」
安心したように彼はちょっと微笑んだ。お花が綻んだみたいに。
「よかった、俺さ、」
次の瞬間、私は人生の終わりみたいな何かを知ることになる。
「彼女出来たからさ。」



そこからのことはよく覚えていない。
気づいたら彼はいなくて、私の息は切れていて。
そこから走って逃げたのか、普通にばいばいしたのか、まったく覚えていなくて、ただひとつだけわかるのは、私の目からは水滴が溢れ出ているということ。
彼女。
全く、知らなかった。
予想外の失恋だった。
こんなはずじゃ、なかった。
失恋だとか、これからどう顔を合わせようかとか、いろいろ考えることがありすぎて、今は何も考えられない。
ふう。
また、白い息。
私は、次の春をちゃんと迎えられるだろうか。
あったかくなったら癒えるだろうか。
癒えるといいな。
珍しくそんな可愛いことを思っていると、空から冷たい水が降り注ぐ。
ああ、なんだか気持ちがいい。
ぽつぽつと冷たいものを頬に感じながら、彼の好きな人を想う。
どんな人だろう。
私より可愛い人なのだろうか。
私は前世できっと世界を救ったけれど、彼女はもしかしたら宇宙を作ったりしたのかな。
彼女を羨ましく思うと同時に、悔しいのでいなくなってほしいと、そんな単純なことを考える。
やっぱり私は、ひねくれているな。
そうしてちょっと笑みを零して、私は帰ろうと歩みを進めながら、ピンクの傘を開いた。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きっかけ ※未完
作者:匿名さん お題:男の性格 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:939字
私はやることがなくて、西洋画家兼小説作家になった。この手の職業は皆が憧れるものだ。 住んでいるところが海沿いなので、都会に出たときだけになるが、稀に、弟子にし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暴かれた電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:777字
『正面から見ろ。目を逸らすな。世界一美しい宝石を前にしても、この世のものとは思えないような美しい娼婦を前にしても目を奪われるてはいけない』 石碑に浮かんだ文字な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:昔の朝飯 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:573字
細い指先でつまんだ茄子の漬物をひらひらと弄びながら、静香は言った。「翔太はさぁ、どうやったら茄子を食べてくれるのかなぁ」 静香はそれを口に放り込むと、奥歯でゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:3月の小説練習 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1174字
「卒業式ってなんで練習するんだと思う?」隣の藤倉がぼやく。俺だってわかんねぇよ。こんなに寒い体育館でぼんやり突っ立ってるのが好きなやつなんてそうそういないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貴族の宿命 ※未完
作者:匿名さん お題:ひねくれた神様 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:545字
ジョーヌ家では、毎週日曜日の朝は教会に行くことになっている。「ねぇ、執事、神様でもひねくれることってあるのかしら」 令嬢であるミモザのこの質問に、執事は彼女の 〈続きを読む〉

ぷりっつ。の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ちっちゃなうどん 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:384字
僕の恋人は、ひとくちがとても小さい。小さい癖に、よく食べる。そして、幸せを溢れ落とすみたいに笑うのだ。僕はそんな恋人が楽しそうにご飯を食べているところを見るのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:君と草 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1104字
草を見ると、君を思い出す。そんなこと言ったら、思い出してばっかりじゃないかと思われるかもしれないけれど、そう、思い出してばっかりなのだ。君がいなくなってから、も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:頭の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1151字
どこまでも伸びていく青空。大きく堂々たる入道雲。ずっと先まで声を響かせる蝉。夏。夏。夏。こんな夏たちを生まれてから17年間ずっと見てきて、さすがに飽きたって思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:人妻の弁護士 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1183字
「じゃあ、これで、私の仕事は終わりですね」取り繕ったような仮面の笑顔で言い放たれた。この数ヶ月、ずっと貴方のその顔を想ってた。その仮面を奪ってみたくて、その顔は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:限界を超えた食堂 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:768字
初恋は実らない、なんて、よく聞く言葉だけれど、それはどんな初恋にも通ずる言葉なのだろうか。お昼休み、溜まりに溜まった仕事をやっと片付けた私は、優雅に友人のブログ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:箱の中の殺し屋 必須要素:お湯 制限時間:1時間 読者:98 人 文字数:1897字 評価:0人
世の中はJKという人種を、過大評価し過ぎだと思うのだ。可愛いだとか、青春だとか、ミニスカートだとか、そうやって甘ったるく表現されがちな、女子高生という3年間の短 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:苦しみの小説上達法 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:763字
「先生にとって小説とはなんですか?」目の前でペンを走らせながら、キラキラした目でそう言うのは、新人の記者さんだそうだ。まだ大学生の私にはよくわからない、何か有名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:同性愛の武器 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1192字
彼女は私のことが、好きだと言った。そしてよく彼女は、自分のことが好きかと問う。自分と一緒にいていいのか、とも。そんな彼女の不安な顔を両手で包んで、いつも私は人工 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:哀れな秋雨 必須要素:おっぱい 制限時間:1時間 読者:96 人 文字数:2175字 評価:1人
ずっとパソコンに集中していたせいか、さすがに目の疲労を感じたので、俺は窓の外に視線をうつす。空が泣いていた。こんな決まりきった生活を続けていると、たまらなく戻り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:小説の中の傑作 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:552字
隣ですやすやと優しい息を奏でている君の、柔らかい頬に触れる。そろそろ春も本番になってきた今日は、少し暑いくらいの気温だったのだが、くっついた熱を帯びる体温はなぜ 〈続きを読む〉