お題:どす黒い小説練習 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:899字

黒い文字
 黒い紙に黒い文字で小説を書く(あるいは、黒いディスプレイに黒い文字で小説を書く)ことによって、記憶力も同時に鍛えられるというスパルタスペクタクル練習法。某囲碁漫画でも同じ色の石で打つ話とかあったし、小説でもやってええやろ、と思ったので実践してみた。したがっていま自分がなんと書いているのか、読み返しながら書くことはできない。修正も困難。じゃあそういう感じで頑張ってみよう。(※なお、本作はフィクションであり、実際には白い背景に黒い文字で執筆されておりますことを、ご了承ください。)という但し書きも黒い文字。
 あるいは読まれないための小説があってもいいだろう、と思う。読まれないために書く。黒い背景に黒い文字を書くというのはその実践例のひとつではなかろうか。しかしプリント紙に印刷した場合、紫外線を当てるなどして読む方法はあるようだ。それでは読む手段を制限しているだけであって、読まれないために書けているわけではないから、実践は失敗といえる。黒い紙に手書きで黒い文字を書くのだって、筆圧が残る。また、パソコンなどの画面に黒背景黒文字で書いたとしても、選択すれば文字色は反転するわけだから、これもやはり読む手段を制限しているに過ぎない。つまり、背景と同じ色の文字を書く程度のことでは、読まれない小説を書くことは困難であり、この練習法はやはり単なる記憶力を鍛える脳トレーニングにしかならないということだ。いや、果たして本当にそうなのか? 文字を選択できないようにすれば可能なのではないか? CSSに-webkit-user-select:none;とでも指定して黒い背景黒い文字でアップロードすれば、文字色を反転させることはできなくなる。ああ、しかしそうか、その場合だとソースを覗けば読めてしまうのか。いや、ならばソースも覗けないようにすれば!
「というような話を延々延々と聞かされる身にもなってくれ」という幻聴が聞こえたところで、記憶力が途絶え、何を書いているのかわからなくなり、読み返すこともできず、なんだか保存するのが忍びなく、それでも削除する気にもならないまま、このパソコンは凍結されている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:どす黒い小説練習 必須要素:会話劇 制限時間:4時間 読者:74 人 文字数:1989字
薄暗い部屋で、男が机に向かってぼんやりと宙を見つめている。机には書きかけの原稿用紙、その上に転がる鉛筆と消しゴム。鉛筆の芯は折れていた。 空の部屋に、男の声が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:何かの雨 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:488字
「雨が降ります 雨が降る♪」 「あー、聞いたことあるな、なんだっけ、その曲?」 「いや、実はわたしも思い出せなくて……」 「なんだそれはw でもそういうことあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの伝説 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:183字
○○湖にある古びた神社を見つけてそこにお参りしたカップルは未来永劫結ばれる。すっごい憧れちゃうよねー。ここから離れたところの伝説なんだけどね、そこに祀られてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:元気な嵐 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1057字
夢の中に女神を名乗る何者かが現れてこう言った。「あなたに素晴らしい能力を授けましょう」 別に死にかけてもいないし、起きたら異世界に、というわけでもなかったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:イギリス式の円周率 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:354字
ロンドンに住む伯父さんがいる。小さい時からずっと私を可愛がってくれる、大好きな人だ。死に絶えて身内の少ない私たちは、身を寄せ合って生きてきた。しかし英国人のパー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:ゆるふわな夫 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:776字
(#102) 今日も疲れた。 慢性の肩こりと首こりに悩まされながら今日も何とか凌いだ。 家へ向かう足取りが自然と速くなる。 窓からこぼれるオレンジ色の明かりが見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な弁当 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:446字
夕日に照らされ一人で歩く帰り道。秋の深まるこの季節、部活で出た汗もだんだんと冷えてきて思わずウインドブレーカーのジップを閉め、マフラーをずりあげる。でも今は、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の海 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:847字
陸地が減り続けてる現代。なんとか生きてくために人間という個体は、多種族の遺伝子を組み込まれ、亜人へと変わることとなった。 その中でも多いのはネコ科の亜人。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男は佇む ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と時計 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:281字
旧い人間だと嗤われる程度に俺はこの店が好きだ。今時禁煙席喫煙席の区分もなく、便所はボットン。ド田舎の道をドライブしていてふっと現れる幽霊店舗のような佇まいなのだ 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:小説家たちの電車 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:612字
怪獣が街を蹂躙していた。沈む道路、崩れていくビルディング、逃げ惑う人々。一体の怪獣が、車窓の向こう側で日常を破壊しつくしている。「なんだありゃあ」 席はすいて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:過去の消しゴム 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:86字
クラスの消しゴムを集めて艦隊を作った。Bクラスのやつらも艦隊を作り、くっつけた机の海に、ふたつの艦隊が向かい合っている。 それからなんやかんやあって負けた。悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:残念な熱帯魚 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:632字
透明な膜が目の前を覆っていた。なんだろうと思って手を伸ばした。ひんやりとした。水が宙に浮かんでいるのだった。 水の塊。直方体の水が道を塞いでいる。 どうしたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:狡猾な彼女 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:634字
「狡猾な人が好き」と、サークルの新歓の席で豊美は言っていた。個性的なことをいうものだと思った。しかし彼女はそれを望んでいるのだし、好かれればあとはなんでもよいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の海辺 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:471字
風呂は格好の遊びの時間だ。おれは風呂場のタイルに仰向けになって、自分の腹に慎重にお湯をかけていった。へそのところに水が溜まっていく。おれの腹の上に海が生まれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:苦い屍 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:672字
あの森に入っちゃいけないよ。 小さいころからそう言い聞かされてきた。家のすぐそばに広がる森は、私が生まれたときにはすでに立ち入り禁止になっていて、厳重なバリケ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:10の宴 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:493字
小説の書き方なんてものはとっくの昔に忘れてしまった。しかしそんなものを忘れても、小説を書くうえで不都合が起こることは滅多にないから、今日も私は酒を飲む。 かつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:失敗のぬめぬめ 必須要素:戦闘機 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:504字
ヘッドラインは「オオサンショウウオ、戦闘機を丸呑みにする」。全国紙を賑わせたその摩訶不思議な文字列を見て、私はすかさず岡山県真庭市を訪れた。 [検閲段落] そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:最弱の夕日 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:541字
「さあ、あの夕日まで走るんだ!」 ボクらは青春の汗を目元でぬぐって、コーチの背中を追いかけていった。 夕日は存外に近くて、ものの五秒もせずにボクらは夕日に辿り着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:277字
蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。 第八ビルに住まう 〈続きを読む〉