お題:どこかの娼婦 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:807字

仮の宿
 本来とるはずだった宿が、いろんな不運が重なって駄目になった。一日の営業回りを終えて、あたたかい寝床で一息つける予定だったのだ。それが訪れてみれば受付で告げられた一言。
「雨漏りがひどいので泊まれません」
 雨漏りくらいなんだと思った。客のご機嫌取りが仕事のようなもので、クレーマーに困らされる苦労は十分にわかっているつもりだった。が、いざ客の立場になるとそんな気持ちも忘れて、突如被った理不尽を端からあげつらってすべてを相手の非にしたくなる。
 宿の主人は慣れている。動じてはしまいだとよく理解している。客でないときの俺のように。
「試しにご覧になりますか」
 なんて、懐広く提案してくる。見てやろうじゃないかと思った。最近はあまり雨に出会わず、長い借りを返してもらうぞとばかり、その夜は豪雨だった。見たところ古くもないようだし、部屋の四隅に染みができる、そのくらいなら十分修繕がきくじゃないかと文句をつけてやるつもりだった。……が。
「今日の日中、隕石が落ちてきたんですよ」
 その客室にはそもそも天井がなかった。四隅どころか四方の壁、カーペットの下にいたるまで水浸しである。主人は悲しい目をしていた。一体空からとつぜんやってきた災厄に、なんの保険が下りるというのか、修理にかかる費用を思って、悲しみに暮れている。散々街を歩きまわってようやく得た契約先から、自社に帰った途端にキャンセルの連絡をもらう、俺にしたらそのくらいの悲劇といえるだろう。
「あのベッドで寝たいというのなら構わないです。大穴は下の階にまで及んでいますが」
 駄目になったのはその下を含む二部屋だった。穴を覗けば、もうひとりの客と思しき男が、同じように悲しみに暮れている。
 いいです、と遠慮がちに言って辞した。

 そして野宿するわけにも行かず、適当なラブホテルに一泊している。どこかから娼婦の喘ぎが聞こえてきて、さんざんな夜だと思った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:わたしの嫌いな列車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:781字
「よく飛ぶ紙飛行機を折れるのが自慢なんだ」 紙を受け取るやいなや、上司は嬉しそうに折り目をつけはじめた。子供時代を思い出したのか、にこにこしてしまって、つられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死出 ※未完
作者:にい お題:右の屍 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:631字
枕元に次から次に群がるカラスを追い払ってやると、不吉な鳴き声をあげながら、死神の使者どもは窓から一斉に飛び立っていった。置き土産はベッドシーツを真っ黒に塗りつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2421字 評価:0人
本で作られた森を抜けると、まるく開けた場所に出る。そこには、お茶会ができるほどの小さなテーブルと、これまた小さな吊り下げ式のランプがある。森のなかの憩いの場所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:疲れた修道女 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:961字
教会のなかへ差し込む明かりは天使の降りてくる梯子のようで、跪いて両手を組み、敬虔に祈りを捧げるシスターの姿といったら、侵し難い、この世でなによりも神聖な存在の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
水葬 ※未完
作者:にい お題:怪しい殺人犯 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:777字
ひとしきり便所で泣いて出てくると、廊下で同僚がにやにやしながら待っていた。ハンカチでは足りなかろうと吸水性のよさそうなタオルまで用意している。風俗店でおしぼり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2685字 評価:1人
受付はずいぶん混んでいた。休日の市役所の窓口並みだ。番号札が発券されて、椅子すらない待合所で立って待たされる。待合所といっても寒空の下で、壁すらない吹きさらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:男の成熟 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1503字
ど田舎で育ったおかげで、畑仕事は身近な存在だった。実家の所有する畑には、今みたいに便利な作業機械はなく、子供まで人手として駆り出された。 そんな子供時代、仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女と百合 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:801字
玄関に置いた姿見は外出前の最終チェック用で、その鏡の前には長々と立っていたり、化粧直しをしたりすることはない。ちょっと前髪の分け目を直したり、くるりと一回転し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:群馬の動揺 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:817字
歩いて県境を越えよう、ととつぜん思い立って、真夜中に家を出た。ときどき、衝動に駆られて馬鹿なことをするときがある。道端の猫を急に追いかけたくなって、思いがけず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:謎の命日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:808字
ずっと透明人間みたいに生きてきたものだから、しばらくは死んだことに気づかなかった。朝起きて、出勤して、帰って寝る。その合間に食事を摂るのだが、忘れることも多か 〈続きを読む〉