お題:どこかの娼婦 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:807字

仮の宿
 本来とるはずだった宿が、いろんな不運が重なって駄目になった。一日の営業回りを終えて、あたたかい寝床で一息つける予定だったのだ。それが訪れてみれば受付で告げられた一言。
「雨漏りがひどいので泊まれません」
 雨漏りくらいなんだと思った。客のご機嫌取りが仕事のようなもので、クレーマーに困らされる苦労は十分にわかっているつもりだった。が、いざ客の立場になるとそんな気持ちも忘れて、突如被った理不尽を端からあげつらってすべてを相手の非にしたくなる。
 宿の主人は慣れている。動じてはしまいだとよく理解している。客でないときの俺のように。
「試しにご覧になりますか」
 なんて、懐広く提案してくる。見てやろうじゃないかと思った。最近はあまり雨に出会わず、長い借りを返してもらうぞとばかり、その夜は豪雨だった。見たところ古くもないようだし、部屋の四隅に染みができる、そのくらいなら十分修繕がきくじゃないかと文句をつけてやるつもりだった。……が。
「今日の日中、隕石が落ちてきたんですよ」
 その客室にはそもそも天井がなかった。四隅どころか四方の壁、カーペットの下にいたるまで水浸しである。主人は悲しい目をしていた。一体空からとつぜんやってきた災厄に、なんの保険が下りるというのか、修理にかかる費用を思って、悲しみに暮れている。散々街を歩きまわってようやく得た契約先から、自社に帰った途端にキャンセルの連絡をもらう、俺にしたらそのくらいの悲劇といえるだろう。
「あのベッドで寝たいというのなら構わないです。大穴は下の階にまで及んでいますが」
 駄目になったのはその下を含む二部屋だった。穴を覗けば、もうひとりの客と思しき男が、同じように悲しみに暮れている。
 いいです、と遠慮がちに言って辞した。

 そして野宿するわけにも行かず、適当なラブホテルに一泊している。どこかから娼婦の喘ぎが聞こえてきて、さんざんな夜だと思った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と王子 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:568字
ボーンボーンボーン柱時計が鳴る。先輩のもとを訪ねたのはたしか2時頃だったのでかれこれ一時間はいる計算だ。「おや、もう3時か。お茶でもどうだい?」疑問系だが実際の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれしサイト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
検索に出てこないサイトがあるらしい。検索しても出てこないから、口コミで存在が噂になっている。誰かに教えてもらわないとサイトの場所がわからないことから、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どす黒い恨み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:230字
首に手を掛ければ、ひゅっ、と喉が鳴った。自分がしでかしたことだと言うのに、これほどの恨みを買うとは思わなかったのだろうか? ほんと、反吐が出る。「……いいわ、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夏野 千尋@低浮上 お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:959字
真新しいスニーカーを、睨み付ける女の子がいた。 僕はそのスニーカーが羨ましかった。僕のうちは貧乏だ。お父さんがいないし、お母さんも、せーしゃいん、じゃない、ぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:622字
10/20(土) 曇りのち雨今日は買い物へ行った。2分ほど歩いた先のコンビニだ。2分といっても、僕の家から2分という意味ではない。家から徒歩4、5分先にある電柱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:419字
街の外れ、小高い山の中腹あたりに1棟のマンションが建っている。私が小さな頃に不正が発覚し、住人は立ち退き。結果としてマンションは捨てられた。正面にあるこの坂から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金魚 お題:計算ずくめの任務 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1152字
木曜日はいつも七時四十三分にここを通る。私は腕時計の秒針を見ながら、心の中でそれを確認する。「がんばれ、がんばれ……」 小声で自分を励ましながら、肩にかけた鞄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:刹那の希望 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:560字
「きっとこれだ。間違いない」息を弾ませながら、僕は白い花にそっと触れた。ポケットの情報端末に入っている画像と何度も見比べ、ついに目的の植物を発見した。秘境のよう 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2427字 評価:0人
駅からロータリーに降りる横幅の広い階段は、常に通勤通学の利用客でごった返しているのだが、もうひとつ、ビル風が吹き付ける場所であるということがあげられる。 市の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イタリア式の教室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:752字
転校生への洗礼は、まず顔面ピザ投げだ。生徒の机には各種チーズが常備されていて、給食のピザの際は好きなだけ追いチーズができる。サラミやらバジルやらお好みのトッピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:箱の中の国 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:765字
昔から関節がやわらかいのだけが自慢で、体を折りたたんでトランクケースに入る遊びをしていたら、はずみで留め金が閉じてしまった。内側からは開けられず、外からはなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:複雑な惑星 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:782字
ここら一帯がお前の担当だよ、とおざなりに上司に渡された宇宙地図には、立体的にいくつもの点が分布していて、これをすべて訪問して営業回りに行くのかと思うと気が滅入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説の強奪 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:893字
通販で買った目出し帽は、あろうことか目の出る部分がなく、これではストッキングでも頭からかぶったほうがマシだった。サイトには『商品名に偽りあり』としてしっかりク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2573字 評価:1人
男が塀の外へ出る記念すべきその日、集まった刑務官たちはみな一様に涙していた。救いようのない極悪人を社会復帰させるための更生施設、ここに連れてこられた時の面影は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:俺はコメディ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:839字
喧嘩の兆候をすこしでも感じたら、道化の準備に入らないとならない。家庭における俺の役割はそれで、両親、兄弟、なにかといえばくだらない諍いを起こすやつらの仲裁役。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:でかい列車 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:843字
車両の連結部分のドアを通り抜けるのが、子供のころには大した冒険のように思えて、走行中に無意味に移動を繰り返したものだ。実をいうと今でも楽しくて、駅に着いたとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
登りたい ※未完
作者:にい お題:絶望的な能力者 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:722字
実家で飼っていた猫がよく自分で登った木から降りられなくなっていて、動物ってのはアホだなあと常々思っていたのだが、まったく同じ状況へ陥る羽目になっては馬鹿にして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:東京の解散 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:748字
23区もあるの、多すぎね? と誰かが言い出して、解散させることになった。東京の話ではない。某県某市が、東京にあこがれてはじめた、東京23区風ニュータウンのこと 〈続きを読む〉