お題:どこかの娼婦 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:807字

仮の宿
 本来とるはずだった宿が、いろんな不運が重なって駄目になった。一日の営業回りを終えて、あたたかい寝床で一息つける予定だったのだ。それが訪れてみれば受付で告げられた一言。
「雨漏りがひどいので泊まれません」
 雨漏りくらいなんだと思った。客のご機嫌取りが仕事のようなもので、クレーマーに困らされる苦労は十分にわかっているつもりだった。が、いざ客の立場になるとそんな気持ちも忘れて、突如被った理不尽を端からあげつらってすべてを相手の非にしたくなる。
 宿の主人は慣れている。動じてはしまいだとよく理解している。客でないときの俺のように。
「試しにご覧になりますか」
 なんて、懐広く提案してくる。見てやろうじゃないかと思った。最近はあまり雨に出会わず、長い借りを返してもらうぞとばかり、その夜は豪雨だった。見たところ古くもないようだし、部屋の四隅に染みができる、そのくらいなら十分修繕がきくじゃないかと文句をつけてやるつもりだった。……が。
「今日の日中、隕石が落ちてきたんですよ」
 その客室にはそもそも天井がなかった。四隅どころか四方の壁、カーペットの下にいたるまで水浸しである。主人は悲しい目をしていた。一体空からとつぜんやってきた災厄に、なんの保険が下りるというのか、修理にかかる費用を思って、悲しみに暮れている。散々街を歩きまわってようやく得た契約先から、自社に帰った途端にキャンセルの連絡をもらう、俺にしたらそのくらいの悲劇といえるだろう。
「あのベッドで寝たいというのなら構わないです。大穴は下の階にまで及んでいますが」
 駄目になったのはその下を含む二部屋だった。穴を覗けば、もうひとりの客と思しき男が、同じように悲しみに暮れている。
 いいです、と遠慮がちに言って辞した。

 そして野宿するわけにも行かず、適当なラブホテルに一泊している。どこかから娼婦の喘ぎが聞こえてきて、さんざんな夜だと思った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1308字
本日、わたくし、こと、日に日にあだ名が増えていく男(最近ではよくデタラメな男と呼ばれている)は、弁当を持ってくることが叶わず(そういえば両親が旅行へ行っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神の渇き ※未完
作者:ナベ お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:598字
とある大陸で私は神になった。その大陸は世界的に発見されておらず、そこに住む先住民族は私が上陸した時に神様が参ったのだと信じ込んだのだ。先住民族たちは沢山の貢ぎも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:茶色い娼婦 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:408字
「ハロウィーンは、逢魔が時だよね」 「死者と生者の境があいまいになる、という意味ではそうかな?」 「黄昏時、とも言うから、彼と誰の間も曖昧になる」 「でも、彼 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:奇妙な秋 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:811字
面会時間には早かったので、病院への道のりの途中にある喫茶店に入った。通りかかるたびに見かけてはいたのだが、一度も入ったことのない店だ。年季の入った看板に、外観 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2397字 評価:1人
夜のあいだに工事を進めるのは楽だ。アスファルトは弾力を帯び、やわらかくなって掘りやすい。おかげで機械で掘り進めても騒音はしないし、近隣住民から苦情が入ることも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:あきれたパイロット 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:789字
実際、パイロットの二人に一人はUFOを目撃したことがある。三人に一人は異星人と交信した経験があり、五人に一人は拉致されて改造済みだ。もちろん、そんなことを周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱いにわか雨 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:782字
しばらく風呂に浸かっていない。浴槽に湯を溜めようにも、なにかの不具合で上手くいかないのだ。水なら溜まる。でもあいにく、冬に水風呂に入るようなあやしげな療法を実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:暗黒の朝 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:737字
夜型の僕にはなんら支障はなかったのだが、日の出とともに目覚めて日没とともに眠る普通の人々にとっては、太陽の不在は大打撃だったようだ。ああいった人々は、昼間は熱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:かっこいい食卓 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3026字
食卓の一席はもうずっと欠けている。新しくその席に座る者がいつまでも見つからないためだ。形式的に、食事の時間になると、料理のない空の皿だけが配膳される。和やかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生きている妻 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:954字
三日後から妻は死んでいる。町内会でよく話す顔見知りの住人は、最近酒が入るとその話ばかりで、ああ殺人計画をうっかり漏らしてしまったのだなあ、止めたほうがいいのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:贖罪の夜風 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:901字
お前の土下座は軽いと言われた。遅刻常習犯でしょっちゅう上司相手にしていたものだから、自分も周りも慣れてしまったようだ。土下座、プラス、後頭部を靴裏で踏みにじら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:つらいダイエット 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:841字
嫁が料理をしなくなった。ものを食べてすらいないようである。きっかけは同窓会に出かけてからだと思うのだが、そこで昔と比べて太ったとか言われでもしたのだろう。はっ 〈続きを読む〉