お題:どこかの娼婦 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:807字

仮の宿
 本来とるはずだった宿が、いろんな不運が重なって駄目になった。一日の営業回りを終えて、あたたかい寝床で一息つける予定だったのだ。それが訪れてみれば受付で告げられた一言。
「雨漏りがひどいので泊まれません」
 雨漏りくらいなんだと思った。客のご機嫌取りが仕事のようなもので、クレーマーに困らされる苦労は十分にわかっているつもりだった。が、いざ客の立場になるとそんな気持ちも忘れて、突如被った理不尽を端からあげつらってすべてを相手の非にしたくなる。
 宿の主人は慣れている。動じてはしまいだとよく理解している。客でないときの俺のように。
「試しにご覧になりますか」
 なんて、懐広く提案してくる。見てやろうじゃないかと思った。最近はあまり雨に出会わず、長い借りを返してもらうぞとばかり、その夜は豪雨だった。見たところ古くもないようだし、部屋の四隅に染みができる、そのくらいなら十分修繕がきくじゃないかと文句をつけてやるつもりだった。……が。
「今日の日中、隕石が落ちてきたんですよ」
 その客室にはそもそも天井がなかった。四隅どころか四方の壁、カーペットの下にいたるまで水浸しである。主人は悲しい目をしていた。一体空からとつぜんやってきた災厄に、なんの保険が下りるというのか、修理にかかる費用を思って、悲しみに暮れている。散々街を歩きまわってようやく得た契約先から、自社に帰った途端にキャンセルの連絡をもらう、俺にしたらそのくらいの悲劇といえるだろう。
「あのベッドで寝たいというのなら構わないです。大穴は下の階にまで及んでいますが」
 駄目になったのはその下を含む二部屋だった。穴を覗けば、もうひとりの客と思しき男が、同じように悲しみに暮れている。
 いいです、と遠慮がちに言って辞した。

 そして野宿するわけにも行かず、適当なラブホテルに一泊している。どこかから娼婦の喘ぎが聞こえてきて、さんざんな夜だと思った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:58字
うるさい。エアコンの音、差し込んでくる日光、頭に覆いかぶさる眠気、かすかに聞こえる蝉の音、つきものの沈黙、うるさい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗いカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:706字
昔々のお話です。 あるところにカラスという名の鳥がいました。 カラスは生物学的には間違いなく鳥であるのですが、ペンギンや鶏のように空を飛ぶことができない鳥のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの狸 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:620字
タヌキ自体はそうでもないが、タヌキの置物にだけは異常な執着を見せる男がいる。 彼はタヌキの陶器の置物を見るや耐えがたい嫌悪感と吐き気に襲われ、猛烈に叩き割りた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
2018081401.txt ※未完
作者:樹真一 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:642字
「これはペンですか?」 という書き出しで始まり、「違うわ、それは血痕」 というオチでぞわりとさせるショートショートが好評を博したのが7年前で、それ以来、そのヒッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:春の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:482字
まだまだ大学生になるのが、特権階級だったころ。東京の私立大学、N大学には毎年春先に開かれる知る人ぞ知るイベントがあった。春休みに入ると卒業生は去り、卒業できなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:官能的な負傷 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:373字
彼女は美しかった。私の知る彼女のうちで最も艶めかしく、蠱惑的だった。圧倒的な戦力差を物ともせず、僅か数千の部下と共に数十倍は下らない数の敵軍を引き留めた彼女。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:興奮した決別 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:98字
自宅で仁は瞑想していた。すると、なにやら雑念が現れた。「なんだ、あのあの子への気持ちか。」疑問がはれて仁はすっきりした。そして再び瞑想にもどった。こんな夏の終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:絵描きの同情 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:133字
仁は繰り返すように髪のセットをしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「そんなことある!?」仁はあたりを見回した。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」不安 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:理想的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:774字
自家栽培のために裏庭に作った畑には、肥料が欠けていた。そのへんの土に種を蒔いたところで勝手に野菜が大きく育ったりはしないのだ。とはいえ、初心者のことだから買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2740字 評価:1人
月夜に向けて指でつまんだ500円玉を掲げていて、なんのおまじないかなと思った。月光を浴びたことにより金運パワーがあがって、一番くじでA賞が当たるとか、そういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:青い会話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:704字
教え子の巣立ったあとのアトリエはがらんとして、なにかが足りないようだった。絵画教室なんて酔狂をはじめる前は、趣味でひとりで描いていたのだから、元に戻っただけな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:光の平和 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:829字
日の当たる場所でだけは仲良くしていましょうね、と破局寸前の夫婦のあいだで取り交わされた決まりごとは、とりあえずのところ、守られてはいた。ようするに昼間、子供た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:これはペンですか?違うわ、それは発言 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1136字
誰もいない駅舎のホームで、せっせと動く帽子をかぶった人影があった。ホームの端っこのあたりに、なにやらものを置いては移動しているようである。「駅長さん」 ほかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼が愛した狼 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2308字 評価:0人
幸福なまどろみのなかにいた小夜は、遠慮のない力で頬をつねられて飛び起きた。ふわふわの枕になかば顎をうずめて、イリスのいたずらっぽい瞳が顔を覗き込んでいた。「ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:光の小説訓練 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1003字
夜遅く、のっそりした足音とともに叔父が部屋に入ってきた。「ノック!」 私が鋭く声をあげると、あわてて扉に取って返し、一度きちんと廊下に出てから、今度は丁寧なノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
吐血癖 ※未完
作者:にい お題:私の血液 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:860字
「あ、吐血しそう」 藪から棒に彼女が言い出して口元を覆ったので、さて吐血とは自己申告するものだったかなと、じっとその様子を見つめていると、やがてふうとため息をつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:都会の怒り 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:940字
電車で乗り合わせた老婆のながながしい愚痴をもう小一時間も聞かされている。はじめての東京観光がさんざんだったようで、やれ都会のもんは冷たいだの、道を教えてもくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:名前も知らないしきたり 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1112字
庭に植えた覚えのない木がすくすく育っていて、いつの間にやら色とりどりの実をつけはじめたので、ひとまず収穫して片端から食べてみることにした。なにせ、どれも色とり 〈続きを読む〉