お題:右のふわふわ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:916字

魔道具工房にて
さあお入り、と師匠に促されて少女は作業場に足を踏み入れた。
部屋の隅の燭台に火が入り、闇が柔らかな光に払われる。
作業場は雑然とした印象があった。幾人もの魔法使いが愛用する魔道具は、師匠が一から作るというよりも、この雑然とした混沌の中から拾い上げられるものなのではないか。少女はそう感じた。

師匠は少し奥まった場所にある机に歩み寄り、少女もそれに続いた。
その机だけは多少なりとも片付けようと努力した後が見られ、やや空間があけられている。
そこには意味ありげに鎮座するふたつのこぶし大の物体があった。

左は滑らかな表面を持ったそら豆のような形をしていて、
右はふわふわとした毛に包まれた円錐形をしていた。

師匠は燭台の灯りがそれらをよく見えるようにかざし、注文があって発注したが手違いでふたつ届いたこと、注文者に渡すものはどちらか片方でいいから、好きなほうを少女に育てさせようと思っていることを伝えた。少女は驚いた。使い魔の卵を見たのは初めてであったし、師匠が好きな方を選べというのも大変珍しい出来事だった。
戸惑ったまま師匠と卵たちを繰り返し交互に見つめていると、師匠からさっさと戻って茶にしたいから早くするようにと叱責が飛んだ。少女は覚悟を決め、ふわふわした卵のほうに手を伸ばした。柔らかい毛のしたに硬い殻の感触がある。円錐の底面を触ってたしかめると、たしかに丸みを帯びていて、有機的な雫型を思わせた。

「これにします」

ぎゅうと円錐を抱きしめ、少女は青い瞳を師匠に向けた。
師匠は満足げに笑って、お茶にしようと退室を促した。


***


ビーカーに入れた水がカタカタと揺らいだかと思うと、そこから何かが飛び出した。
翼の羽ばたく音が朝の寝室に響き、少し大人びたがまだ少女と言える彼女の頭の周りをまわる。
水が入っていたはずのビーカーの中身はいまは空であり、少し大きめの鳥ほどのサイズに変化したドラゴンが彼女を叩き起こすべくギャアギャアと騒ぎ立てていた。
はい、はい、起きます。おはよう。
一緒に育っていく使い魔は彼女よりも幾分か時間にうるさいようだ。
今日も彼女は使い魔と一緒に、魔道具工房で修行に励んでいる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ@企画消化中 お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:569字
汚れなき白き生物は、ある一人の思惑により世界に売られたその身を狙う強欲な"モノ"から必死に逃げまとう新緑が芽生えていた大地は、血潮が染み付き、腐敗した土地へと姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:強い年賀状 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:517字
破けた紙が指に張り付いた。強い雨が体を打ちつける。「どうしてこんなことになったんだろうな」後ろから声がした。父親だ。母親に怒鳴りつける威勢の良さはもうない。事態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない机 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1280字
「人食い机の噂って知ってる?」 彼女は沈みかけた三日月のように唇をゆがめた。 人食い机は、僕の通う中学校に伝わる怪談の一つだ。 どこかの教室に人食い机と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

beta0874の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:宿命の嵐 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:715字
海の表面がうねりをあげ、その船は木の葉のように波に洗われていた。「縄で船と自分をしっかりとくくれ、放り出されるぞ!」「帆をたため!ひっくり返っちまう!」厚い暗雲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:俺と魚 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:691字
近所にある浜辺に出て、砂浜にそって1kmほど走って帰ってくるのがいつものランニングコースだった。砂浜は定期的にボランティアグループがゴミ拾いをしているのでそこそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:くだらない音 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:727字
そこには白と黒のモノトーンの世界が広がっていた。不思議な光景だ。ふらふらとした足取りで、白と黒が交互に折り重なる階段を進む。ここはどこだろう。どうやってやってき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:君の事件 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:713字
「君の好きに決めればいい。これは、君の事件だ」「わたしの、好きに......」僕の視線から逃げるように、言葉を詰まらせ、長谷は目をそらした。昔所属していた探偵事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:右のふわふわ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:916字
さあお入り、と師匠に促されて少女は作業場に足を踏み入れた。部屋の隅の燭台に火が入り、闇が柔らかな光に払われる。作業場は雑然とした印象があった。幾人もの魔法使いが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:限界を超えた克服 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:672字
その少年は力なく横たわっていた。転がされていた、という表現のほうが正しいかもしれない。身体は酷く鞭打たれ、あらゆる部位が裂けて血が滲んでいた。気温の下がる初冬の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:箱の中の酒 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:780字
「おまちどう。ご注文の品だよ」「待ってたわ!ありがとう」酒屋の店主が重たそうに木箱を運んできた。玄関を開いて、食料庫にそのまま運び入れてもらう。注文したのはたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:悔しいダンジョン 必須要素:鶏肉 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:926字
そのパーティはいよいよ我がダンジョンの最下層に足を踏みいれようとしていた。人間が踏破するのは不可能とまで言わしめたはずの部隊の数々を難無く撃破してくるそいつらは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:くさい冬 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:682字
パチパチという音が少しずつ少なくなっていく。鍋を揺するとだいぶ水分が飛んで食べごろになった焦げ目が見えた。たくさんの銀杏だ。少し前に取ってあった銀杏を、休みのう 〈続きを読む〉