お題:右のふわふわ 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:916字

魔道具工房にて
さあお入り、と師匠に促されて少女は作業場に足を踏み入れた。
部屋の隅の燭台に火が入り、闇が柔らかな光に払われる。
作業場は雑然とした印象があった。幾人もの魔法使いが愛用する魔道具は、師匠が一から作るというよりも、この雑然とした混沌の中から拾い上げられるものなのではないか。少女はそう感じた。

師匠は少し奥まった場所にある机に歩み寄り、少女もそれに続いた。
その机だけは多少なりとも片付けようと努力した後が見られ、やや空間があけられている。
そこには意味ありげに鎮座するふたつのこぶし大の物体があった。

左は滑らかな表面を持ったそら豆のような形をしていて、
右はふわふわとした毛に包まれた円錐形をしていた。

師匠は燭台の灯りがそれらをよく見えるようにかざし、注文があって発注したが手違いでふたつ届いたこと、注文者に渡すものはどちらか片方でいいから、好きなほうを少女に育てさせようと思っていることを伝えた。少女は驚いた。使い魔の卵を見たのは初めてであったし、師匠が好きな方を選べというのも大変珍しい出来事だった。
戸惑ったまま師匠と卵たちを繰り返し交互に見つめていると、師匠からさっさと戻って茶にしたいから早くするようにと叱責が飛んだ。少女は覚悟を決め、ふわふわした卵のほうに手を伸ばした。柔らかい毛のしたに硬い殻の感触がある。円錐の底面を触ってたしかめると、たしかに丸みを帯びていて、有機的な雫型を思わせた。

「これにします」

ぎゅうと円錐を抱きしめ、少女は青い瞳を師匠に向けた。
師匠は満足げに笑って、お茶にしようと退室を促した。


***


ビーカーに入れた水がカタカタと揺らいだかと思うと、そこから何かが飛び出した。
翼の羽ばたく音が朝の寝室に響き、少し大人びたがまだ少女と言える彼女の頭の周りをまわる。
水が入っていたはずのビーカーの中身はいまは空であり、少し大きめの鳥ほどのサイズに変化したドラゴンが彼女を叩き起こすべくギャアギャアと騒ぎ立てていた。
はい、はい、起きます。おはよう。
一緒に育っていく使い魔は彼女よりも幾分か時間にうるさいようだ。
今日も彼女は使い魔と一緒に、魔道具工房で修行に励んでいる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1308字
本日、わたくし、こと、日に日にあだ名が増えていく男(最近ではよくデタラメな男と呼ばれている)は、弁当を持ってくることが叶わず(そういえば両親が旅行へ行っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神の渇き ※未完
作者:ナベ お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:598字
とある大陸で私は神になった。その大陸は世界的に発見されておらず、そこに住む先住民族は私が上陸した時に神様が参ったのだと信じ込んだのだ。先住民族たちは沢山の貢ぎも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:茶色い娼婦 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:408字
「ハロウィーンは、逢魔が時だよね」 「死者と生者の境があいまいになる、という意味ではそうかな?」 「黄昏時、とも言うから、彼と誰の間も曖昧になる」 「でも、彼 〈続きを読む〉

beta0874の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:彼と光 必須要素:ロードローラー 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:658字
ガソリンがエンジンを震わせ、その振動が地面まで届く。夜間の工事を実行するために照らされている光量は強烈で、へたり込んだ男は思わず目を腕でかばった。男の心臓は早鐘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:左の花 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:804字
曽祖父の残した絵画の前で、ぼうっと見惚れている時間が昔から好きだった。豊かなブロンドの髪、白い肌、赤い唇、青い瞳の少女が、左隣に一輪だけ咲いている紫色の薔薇に手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:セクシーな映画館 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:802字
小学校低学年の頃は、まだ周りの大人たちに合わせて椅子の高さを調節するクッションが必要だった。そのクッションの上から、魔法を使える女の子の冒険を食い入るように見つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:永遠の何か 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:712字
空気が喉を通って、肺を焼いて、出て行く過程をまざまざと感じる。巡礼の列にひと度加われば、冷たく険しい岩肌を全身を使ってじりじりと登るしかない。脱落は許されない行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:最強の計画 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:654字
階下から、喉の奥から振り絞るような叫び声が聞こえた。四天王最後のひとりの断末魔だとすぐにわかった。胸の底が最後の最後まで知れぬ奇妙な奴だったが、あいつも死ぬとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:マイナーな勝利 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:882字
がぱ、と冷蔵庫を開けて、淡いオレンジ色で満たされた冷たい棚の中を見定める。賞味期限が実は昨日切れてしまった木綿豆腐が一丁、物珍しかったので買ったけど手をつけてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:女の男祭り! 必須要素:右肘 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:981字
ダンスホールは囁き声と弦楽器の響きに満たされていた。次々と入場してくる男女が弦楽器の音に流されるようにホールを進み、踊り出す。そのなかでひとり、ぽつりと会場の隅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:戦争と笑い声 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:799字
あの日、ぼくとキミの家のちょうど境目に、目には見えない壁が生まれた。ぼくの家から向こうが東側、キミの家からあっちが西側と呼ばれるようになった。大人たちはぼくらを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:男の体 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:618字
華やかな薔薇園と、石造りの城と、絹織りのドレス。常に数人の側仕えが控えており、薔薇園の散策をするにしろ友人をよびお茶会を開くにせよ、それを側仕えにお願いするだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:男同士の挫折 必須要素:セリフ無し 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:867字
山田と俺は数秒の間、お互いに目配せし、周囲を見渡し、現状が変わらないことを認識し、ため息をついた。放課後の学校の家庭科室は見るも無残なことになっている。ぐちゃぐ 〈続きを読む〉