お題:右のふわふわ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:916字

魔道具工房にて
さあお入り、と師匠に促されて少女は作業場に足を踏み入れた。
部屋の隅の燭台に火が入り、闇が柔らかな光に払われる。
作業場は雑然とした印象があった。幾人もの魔法使いが愛用する魔道具は、師匠が一から作るというよりも、この雑然とした混沌の中から拾い上げられるものなのではないか。少女はそう感じた。

師匠は少し奥まった場所にある机に歩み寄り、少女もそれに続いた。
その机だけは多少なりとも片付けようと努力した後が見られ、やや空間があけられている。
そこには意味ありげに鎮座するふたつのこぶし大の物体があった。

左は滑らかな表面を持ったそら豆のような形をしていて、
右はふわふわとした毛に包まれた円錐形をしていた。

師匠は燭台の灯りがそれらをよく見えるようにかざし、注文があって発注したが手違いでふたつ届いたこと、注文者に渡すものはどちらか片方でいいから、好きなほうを少女に育てさせようと思っていることを伝えた。少女は驚いた。使い魔の卵を見たのは初めてであったし、師匠が好きな方を選べというのも大変珍しい出来事だった。
戸惑ったまま師匠と卵たちを繰り返し交互に見つめていると、師匠からさっさと戻って茶にしたいから早くするようにと叱責が飛んだ。少女は覚悟を決め、ふわふわした卵のほうに手を伸ばした。柔らかい毛のしたに硬い殻の感触がある。円錐の底面を触ってたしかめると、たしかに丸みを帯びていて、有機的な雫型を思わせた。

「これにします」

ぎゅうと円錐を抱きしめ、少女は青い瞳を師匠に向けた。
師匠は満足げに笑って、お茶にしようと退室を促した。


***


ビーカーに入れた水がカタカタと揺らいだかと思うと、そこから何かが飛び出した。
翼の羽ばたく音が朝の寝室に響き、少し大人びたがまだ少女と言える彼女の頭の周りをまわる。
水が入っていたはずのビーカーの中身はいまは空であり、少し大きめの鳥ほどのサイズに変化したドラゴンが彼女を叩き起こすべくギャアギャアと騒ぎ立てていた。
はい、はい、起きます。おはよう。
一緒に育っていく使い魔は彼女よりも幾分か時間にうるさいようだ。
今日も彼女は使い魔と一緒に、魔道具工房で修行に励んでいる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:783字
スマートスピーカーに連動してカーテンを開け閉めすることもできるようになった。各種家電製品がオンラインでコントロールできる世の中になるとは。 カーテンや部屋の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルサイア お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1303字
「そんなバカな!」私は焦った。「この世の中が、すべて造りものだったとは…。」今、私の画面に表示されているのは、「Game over」の文字。どういうわけか、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1090字
私「あの落ち葉が散るとき、私の命も散ってしまうのね……」などと悲劇のヒロインを気取ってみても何もならない。私、白雪姫子(しらゆき ひめこ)、23歳独身。窓に映る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:845字
警察に一本の電話が入った。近くで殺人事件が起きたらしい。 新米刑事の私は早速現場に急行した。先輩は後から合流するとのこと。不安しかない。 通報してきた人もそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:822字
小さな田舎の駅。すでに午後10時を過ぎていて、田舎の小さな駅舎には誰もいなかった。この駅は無人駅で、駅員すらいない。私「トイレはどこだ・・・」突然催してきたので 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:944字
ベタ惚れした相手がメンヘラだった── 非モテの俺にもモテ期が来たと勘違いしていた。人生には三度モテ期が訪れるなんていう言葉を真に受けて、熱烈なアタックに舞い上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:たった一つの帰り道 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:5465字
真っ青な空、凍てついた空気。最後の力を振り絞るような、冬の朝。姉妹揃って玄関を出るのは、いつぶりだろう。もこもことしたレインは、ひなたの腕からぴょん、と飛び降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:夜の夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:790字
ちょっと変わった機械が完成した。 一定の空間のみ温度と湿度を完璧に調整できるものだったのだが、それはエアコンと何が違うのかと問われそうである。炬燵だって湿度は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:寒いいたずら 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:4613字
コールは止まらない。目の前で命を失くした5分後に救急車が来るなんて、日常茶飯事だ。嘆く時間も許されない、日々。上手に嘆くことができないことも、PTSDの症状の一 〈続きを読む〉

beta0874の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:男同士の挫折 必須要素:セリフ無し 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:867字
山田と俺は数秒の間、お互いに目配せし、周囲を見渡し、現状が変わらないことを認識し、ため息をついた。放課後の学校の家庭科室は見るも無残なことになっている。ぐちゃぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:団地妻の修道女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:561字
その地域の朝は早い。まだ夜が明けきらぬ前から、わらわらと勤めのために女たちは起き出してくる。彼女たちは自らが暮らすその一帯を箒で掃き清め、水をまき、窓を明け空気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:綺麗な凡人 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:850字
小さい頃からおきまりの褒められ文句は、「お人形さんみたいに可愛いわね」だった。高校生になった今でも、作られた人型のように素晴らしい、という謳い文句は変わらなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:破天荒なダンス 必須要素: 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:794字
蝉の鳴き声、田んぼを突き抜ける道路、そこから立ち上る陽炎。ここが側面を木々で囲まれている神社の石段であり、葉っぱが作り出す影によって多少癒されているといったとこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:記憶の多数派 必須要素:東京湾 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:787字
アオイは朝から感じていた違和感を、ユウリに打ち明けた。「ねぇ、昨日東京湾で何か事件あったよね?」「ーーん? 何それ、知らないけど」「ほら、変な光が海のそこからパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:イギリス式のぬめぬめ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:730字
その玉虫色のテカりで覆われた塊を見て、少年はひとつ、大きなため息をついた。まだ成長しきっていない身体にはそぐわない大きなバケツとモップを抱えて持ってくると、少年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:朝の喜劇 必須要素:ゲ○ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:733字
瞼を開けると同時に悟る。部屋が明るい。今は何時だーー8時40分。目覚ましはとうに無意識が止めてしまったらしい。遅刻確定だ。覚醒から布団を刎ねあげるまで約10秒。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:朝の社会 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:589字
ーーおはようございます、新しい朝です。ーーおはようございます、新しい朝です。突き抜ける快晴に向かってスピーカーから音声が放たれる。それを合図にして、ぞろぞろとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:君のお金 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:707字
「やぁ、きたね」扉はやたら軋んだ音を立てて開いた。がらんとした印象の部屋がその少女を迎え入れた。たった一つの丸テーブルに二脚の椅子。片方の椅子は先客が座っていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:裏切りの映画 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:837字
封切りしてからじわじわと人気がでてきた話題の映画が気になったのと、たまたま用事のまったくない休日が重なって、久しぶりに映画館に向かおうかという気になった。話題な 〈続きを読む〉