お題:死にぞこないの転職 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:603字

ツイッターの猫
 猫はいのちを九つ持っているという。最初その言を聞いたときは鼻で笑ったものだったが、どうやら本当のことだったらしい。我は蘇った肉球をまじまじと眺めていた。死ぬ前に持っていたような鮮やかなものではなく、庶民的な肉球だ。どうやら別の猫の姿として蘇ったらしい。
 死にぞこないの我はかつての貴族の猫から、庶民の猫へと転職した。いや、転職というより転生といったほうがより近しいのだろうか。しかし記憶を引き継いだままでこれなのは、少々困惑を隠せない。
 我の新しい飼い主はパソコンを付けたまま家を出る悪癖があった。画面のロックもかけないのである。それはまあ家の中には彼以外ほかの人間はいないので、油断するのは仕方のないことだろうが、我のような知恵のある猫に使われる可能性を考慮していなかったことを考えると、やはり庶民的人間であるのだろうと思う。
 我はツイッターを開いた。飼い主のものではなく、以前の我が持っていたアカウントだ。我はツイートした。我の訃報を聞いていたらしい、たくさんのフォロワーがこぞって驚きのリプライを送ってくる。やはり、猫は死んでも生まれ変わるという事実は、あまり知られてはいないらしい。きっと大抵は記憶を失くして生まれ変わるのだろう。
 そのことをツイートすると、たくさんの猫や人間どもがRTやいいねをしてきた。生まれ変わりたいがために、フォロワーの猫達は殺し合いオフまで開くようになっていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ぶらんこー ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:死にぞこないの転職 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:929字
「ケビン? 具合はどうだ」 ケビンは唸ってアルマジャの方を見た。付け髭が壊滅的に似合っていない。どうも彼は若く見えすぎるのだ。正確なところは知らないが、ケビンよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきら@すぷら お題:死にぞこないの転職 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:861字
「くそう。なんでだよ。なんでなんだよ、隊長っ……!」 真っ赤に濡れた、物言わぬ「彼」にすがりついた。だが泣いても笑っても目の前の男は再び声をかけてくれることはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:素朴な光景 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:549字
Twitter社が通告してきた。「いまからフォロワー同士で殺し合いをしてもらいます」と。よくわからないが莫大な賞金がかかっているらしく、俺のフォロワー達は殺し合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:信用のない食事 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:865字
この世の中には飯テロというのがある。若干てへぺろみたいだけども違う。飯テロだ。ツイッターとかでもたまに写真が流れてくる。SNSでは大体そういうのがあると思う。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ悪魔 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:733字
今日、私はSNSのオフ会に来ている。……その筈だったのにどうして私はオフ会の会場に指定されたファミリーレストランの机の下で頭を抱えて震えているのだろう。その理 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな料理 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1352字
ヘドロという単語。よく聞くが実物をご覧になったことは? 私が初めて見たのは小学3年生のときだった。 手洗い場を掃除していると排水口からドロっと出てきた。 灰色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:やわらかい口 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:622字
ツイッターというものは、リアリティがないからこそ、過激な発言ができるものだ。ツイッターができる以前にも、ネットで顔が見えないからしょうもない口論が現実の殴り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:黄色い伝承 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1165字
「死にたいっていうのとは、ちがうんだよね。消えてなくなりたい」 彼女はそう言って笑った。ここではないどこかをぼんやりと眺めながら、俺はただその話を聞く事しかでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:早すぎた音 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:857字
爆ぜるようなブザー音で男は目覚めた。事態が飲み込めず周囲を見渡す。けたましいブザー音は未だなり続けていた。「何が起きた?」彼は考える。まだミスはしていないはずだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:過去の映画館 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:1100字
メガロシティ東京、新宿の近く、うらぶれた繁華街の裏にマニア向けの映画館があるという時代錯誤な噂を聞きつけ、知る人ぞ知る老舗探訪ブログという、これまた時代錯誤な 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:フォロワーの蟻 必須要素:日本酒 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:766字
アリの行列を見つけると、いつもその先頭を探したくなる。しかし決まって見つからない。たいてい行列は巣と獲物との往復になっていて、輪っかの形になっているからだ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:限りなく透明に近い娼婦 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:411字
男が果てると、精液は彼女の腹のなかを旋回し、金魚の糞のように意思もなく漂った。それを見て男は下卑た笑いを上げる。「ほんとに泳いでらあ」 ひとしきり彼女の体のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:穢された宿命 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:493字
魔王を倒すために生まれ、魔王を倒すために育ち、そして魔王を倒すために旅立った。道中魔物と幾重もの戦闘を繰り広げ、赴く村々の命を救い、仲間に出会い、様々な物語を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:茶色い洞窟 必須要素:街灯 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:577字
洞窟を抜けるとお菓子の世界だった。すべてがお菓子でできていた。ソーダ水の川が流れ、ケーキやクッキーが積み上げられた建物、チョコレートの道路。きっと空に浮いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:信用のない犬 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:872字
ぼくは天才なので自分が犬であることも知っているし、そうであるにも関わらず人間の言葉がわかることも知っている。ぼくはニュースを見ていた。すると不思議なことに、明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:小説の平和 必須要素:三人称 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:532字
天保八年、冬、飢餓に見舞われた人々を救うために空から天使が舞い降りた。天使の救済を得た人々は天へと昇り、清浄の土を踏むこととなった。「おれ」はその一人である。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:勇敢な踊り 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:708字
裸踊りを強要されそうになったため、代わりにこちらを披露いたしますと見せたのが、例の掃除機踊り。火照った顔のおじいさま方を、ぐるりと回って吸い込んで、虚空のなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:小説家たちの電車 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:612字
怪獣が街を蹂躙していた。沈む道路、崩れていくビルディング、逃げ惑う人々。一体の怪獣が、車窓の向こう側で日常を破壊しつくしている。「なんだありゃあ」 席はすいて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:過去の消しゴム 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:86字
クラスの消しゴムを集めて艦隊を作った。Bクラスのやつらも艦隊を作り、くっつけた机の海に、ふたつの艦隊が向かい合っている。 それからなんやかんやあって負けた。悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:残念な熱帯魚 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:632字
透明な膜が目の前を覆っていた。なんだろうと思って手を伸ばした。ひんやりとした。水が宙に浮かんでいるのだった。 水の塊。直方体の水が道を塞いでいる。 どうしたも 〈続きを読む〉