お題:死にぞこないの転職 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:603字

ツイッターの猫
 猫はいのちを九つ持っているという。最初その言を聞いたときは鼻で笑ったものだったが、どうやら本当のことだったらしい。我は蘇った肉球をまじまじと眺めていた。死ぬ前に持っていたような鮮やかなものではなく、庶民的な肉球だ。どうやら別の猫の姿として蘇ったらしい。
 死にぞこないの我はかつての貴族の猫から、庶民の猫へと転職した。いや、転職というより転生といったほうがより近しいのだろうか。しかし記憶を引き継いだままでこれなのは、少々困惑を隠せない。
 我の新しい飼い主はパソコンを付けたまま家を出る悪癖があった。画面のロックもかけないのである。それはまあ家の中には彼以外ほかの人間はいないので、油断するのは仕方のないことだろうが、我のような知恵のある猫に使われる可能性を考慮していなかったことを考えると、やはり庶民的人間であるのだろうと思う。
 我はツイッターを開いた。飼い主のものではなく、以前の我が持っていたアカウントだ。我はツイートした。我の訃報を聞いていたらしい、たくさんのフォロワーがこぞって驚きのリプライを送ってくる。やはり、猫は死んでも生まれ変わるという事実は、あまり知られてはいないらしい。きっと大抵は記憶を失くして生まれ変わるのだろう。
 そのことをツイートすると、たくさんの猫や人間どもがRTやいいねをしてきた。生まれ変わりたいがために、フォロワーの猫達は殺し合いオフまで開くようになっていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ぶらんこー ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:死にぞこないの転職 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:929字
「ケビン? 具合はどうだ」 ケビンは唸ってアルマジャの方を見た。付け髭が壊滅的に似合っていない。どうも彼は若く見えすぎるのだ。正確なところは知らないが、ケビンよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきら@すぷら お題:死にぞこないの転職 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:861字
「くそう。なんでだよ。なんでなんだよ、隊長っ……!」 真っ赤に濡れた、物言わぬ「彼」にすがりついた。だが泣いても笑っても目の前の男は再び声をかけてくれることはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな料理 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1352字
ヘドロという単語。よく聞くが実物をご覧になったことは? 私が初めて見たのは小学3年生のときだった。 手洗い場を掃除していると排水口からドロっと出てきた。 灰色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:やわらかい口 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:622字
ツイッターというものは、リアリティがないからこそ、過激な発言ができるものだ。ツイッターができる以前にも、ネットで顔が見えないからしょうもない口論が現実の殴り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:黄色い伝承 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1165字
「死にたいっていうのとは、ちがうんだよね。消えてなくなりたい」 彼女はそう言って笑った。ここではないどこかをぼんやりと眺めながら、俺はただその話を聞く事しかでき 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:早すぎた音 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:857字
爆ぜるようなブザー音で男は目覚めた。事態が飲み込めず周囲を見渡す。けたましいブザー音は未だなり続けていた。「何が起きた?」彼は考える。まだミスはしていないはずだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:過去の映画館 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1100字
メガロシティ東京、新宿の近く、うらぶれた繁華街の裏にマニア向けの映画館があるという時代錯誤な噂を聞きつけ、知る人ぞ知る老舗探訪ブログという、これまた時代錯誤な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:淡い壁 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:914字
高校に進学してから、みんながやっているという理由でいくつかSNSを始めた。最初のうちは楽しかったけれど、クラスの皆とたわいもないことを昼も夜もなく話し続ける空気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄熱帯魚 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:771字
カクレクマノミという魚がいる。山吹色に白色の縞模様が印象的な小さな魚だ。一昔前には映画の題材にもなっており、魚愛好家のみならず知っている人は多かろう。そんなカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:@! お題:遠い妻 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:463字
最近生きる意味についてよくよく考えさせられることが多い。朝起きたとき、朝食をとるとき、会社に出勤するとき、昼飯を食べるとき、帰るとき、晩御飯を食べるとき、寝る前 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:嘘の撃沈 必須要素:「ひょえー」 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:734字
嘘がとっても大好きな少年がおりました。一日一嘘をモットーに、毎日、欠かさず人を騙していきました。 たとえば「隕石が落ちてくるという報道があったんだけどアメリカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:箱の中の猫 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:741字
逆流を感じる。 箱がある。確かにそこに。目の前に。 速達で届いた段ボール箱。貼られている記載には「猫」と書かれてあった。よくこれで配達されたものだと思うが、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:夏の貯金 必須要素:iPhone 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:692字
iPhoneが欲しかったから、今年の自由研究は「貯金」にした。両親に打診して、制度を整えてもらった。皿洗いをすると10円貰える。肩たたきは30秒につき5円。ゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:空前絶後の恨み 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:408字
ナンシーは人一倍恨みに造詣が深い人間だった。幼少期おやつを母親に取られたとき、母親を末代まで呪ってしまい、結果的にナンシーは呪われた魔術師となった。その強力な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の液体 必須要素:ペロペロ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:707字
彼に出会ったのは水泳の授業を休んだ真夏の日。体操服で日陰のベンチにひとりで座っていた。クラスメイトたちは洗濯と呼ばれる、みんなでぐるぐるとプールを回る授業をや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:くさい奈落 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:932字
悪事を働くと奈落の底に落とされるのだと、おじいちゃんが言っていた。 奈落の穴はおじいちゃんの家から歩いて二十分くらいの山下公園に開いている。開いてはいるけど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:憧れの耳 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:398字
土星の耳が欲しかった。片方だけでもいいから、あるいは片方のなかのほんのひとかけらでもいいから、土星の耳が欲しかった。 だからサンタさんに頼んだ。宇宙図鑑で見た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:鈍い凶器 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:652字
人は脆い。すぐに歪み、すぐに潰れ、使えなくなる。しかしこういう、変形性のある凶器のほうが、対象物に与えるダメージは大きいのだ。行き場のない直線よりも、もろとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の女祭り! 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:900字
怪獣が街に現れた。小学校からの帰り道だったダイゴは、数百メートル向こうでビルを壊す怪獣を見て、腰を抜かした。その咆哮がダイゴの腹の奥に響く。「な、なんだありゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:興奮した音 必須要素:ジャケット 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:459字
「へえ、CDたくさん持ってるね」「ええ。私CDジャケット音がフェチなんですよ」「うん? CDの音ではなくて?」「だってこれどれも未開封ですよ」「ほんとだ。ビニー 〈続きを読む〉