お題:おいでよ小説家 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:721字

夢の中の大作家 ※未完
良く漫画や小説で、登場人物が夢を見ている時に「これは夢だ」と気づく場面があるが、私はそんな事を体験した事がない。毒々しい色をした馬鹿でかいキノコに食べられる夢とか、教室の机を積み上げてキャンプファイアーする夢とか、起きてから朧げに覚えている夢の内容を思い返すと何故それを現実だと思ったのか理解出来ない程に突拍子も無い出来事であろうとも、少なくとも夢を見ている間は私にとってそこは現在なのだ。
例によって、これは目が覚めた後から「夢だ」と気づいた夢の話。
私は鬱陶しい程、大量の葉を茂らせた木々が空を覆う森の中を歩いていた。何で森の中を歩いていたのか聞いてはいけない。なんせ私も知らないのだから。進んだ先には一軒の小さな家がある。今日から私はここに住むのだ。家族もいるし、学校にも行かなければ行けないが、そんな事は念頭にも無かった。ただ、この森の中で、この家で、1人で暮らすのだという謂わば設定の様なものだけが私の頭の中にあった。
家の中に入った私は本棚にぎゅうぎゅうに詰まった本のうち一冊を手に取った。静かな森の中での読書タイム。まさに理想だ。そう思って私は本を捲った。
白紙だった。
捲れど捲れど、出てくるのは白紙のページばかり。そんなバカな事があるかと本棚に詰まっていた本全てを流し読みした。やはり全て白紙だった。
読めない!本なのに!こんな事があってたまるか、私は本を読むのだ!
憤懣遣る方無い私は机に置いてあった羽ペンを手に取り、洒落たデザインのインク瓶の蓋を乱暴に開け、ペン先を容赦なくインク瓶に突っ込んだ。その拍子にインクがそこら中に飛び散ったが知るもんか。この世の本が白紙など許されない!
…そこで目が覚めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

タローの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:タロー お題:危ない14歳 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:623字
人間、生きているなら消し去りたい過去や、思わず悶絶してしまうような思い出の1つや2つ、あるだろう。そして、そんな出来ればそっと見ぬふりしながら川にでも流して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:きちんとした「えいっ!」 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:500字
放課後の道場は踏み込みの足音や竹刀の打ち合う音、部員の掛け声が響き渡っている。鉄の扉もその音を断ち斬るには力不足な様で、剣道場の中から聞こえる音は近くにある自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗の帰り道 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:512字
両掌で握っていたゲーム機が、騒々しいファンファーレを撒き散らす。画面には、鬱蒼とした薄暗い森、地面に突き刺さったり折れたりした見るも無残な剣や杖、矢を背景に、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗のホテル 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:731字
現代においては大分多種多様化して来た様だが人間が生き物である以上、睡眠は必須だ。その必須事項のオマケとして、気まぐれについてくるのが、夢だ。 僕はそう思う。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:人妻の病気 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:563字
冬の足音が早足で隠しもせず近寄ってくる10月末日。普段は基本的には規則の奴隷で無礼講の大義名分に飢えている日本人が、海外から流れ込んだそこはかとなく祭りの気配 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大人物の欠点 ※未完
作者:タロー お題:天才のつるつる 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:447字
髪の毛が少ない、というのは損だ。絶対損だ。例え意図的に坊主頭にしているのだとしてもネタにされるし、不可抗力による世知辛い薄毛もまた然り。 チョビ髭だとかしゃく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:許されざる小雨 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:774字
無い。何処にも無い。 今朝、家から持って出て来た傘が何処にも無い。天気予報で午後から雨だって言うから忘れないように気をつけて家から持ってきた買ったばかりの割と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:残念な表情 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:511字
列に並ぶ。 別に列に並ぶのが好きな訳ではない。只並ばないと自分の順番が来ないから並ぶだけだ。だから順番待ちの最中に気分が高揚しているとしても、それは列の先にあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:おいでよ小説家 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:721字
良く漫画や小説で、登場人物が夢を見ている時に「これは夢だ」と気づく場面があるが、私はそんな事を体験した事がない。毒々しい色をした馬鹿でかいキノコに食べられる夢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:昼間の傘 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:519字
「ありがとうございます! 見つからないと思ってました!」 そう言って女性は可愛らしい傘を両手で握りしめて帰って行った。午前中の雨を忘れたかの様な午後の快晴。そん 〈続きを読む〉