お題:おいでよ小説家 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:721字

夢の中の大作家 ※未完
良く漫画や小説で、登場人物が夢を見ている時に「これは夢だ」と気づく場面があるが、私はそんな事を体験した事がない。毒々しい色をした馬鹿でかいキノコに食べられる夢とか、教室の机を積み上げてキャンプファイアーする夢とか、起きてから朧げに覚えている夢の内容を思い返すと何故それを現実だと思ったのか理解出来ない程に突拍子も無い出来事であろうとも、少なくとも夢を見ている間は私にとってそこは現在なのだ。
例によって、これは目が覚めた後から「夢だ」と気づいた夢の話。
私は鬱陶しい程、大量の葉を茂らせた木々が空を覆う森の中を歩いていた。何で森の中を歩いていたのか聞いてはいけない。なんせ私も知らないのだから。進んだ先には一軒の小さな家がある。今日から私はここに住むのだ。家族もいるし、学校にも行かなければ行けないが、そんな事は念頭にも無かった。ただ、この森の中で、この家で、1人で暮らすのだという謂わば設定の様なものだけが私の頭の中にあった。
家の中に入った私は本棚にぎゅうぎゅうに詰まった本のうち一冊を手に取った。静かな森の中での読書タイム。まさに理想だ。そう思って私は本を捲った。
白紙だった。
捲れど捲れど、出てくるのは白紙のページばかり。そんなバカな事があるかと本棚に詰まっていた本全てを流し読みした。やはり全て白紙だった。
読めない!本なのに!こんな事があってたまるか、私は本を読むのだ!
憤懣遣る方無い私は机に置いてあった羽ペンを手に取り、洒落たデザインのインク瓶の蓋を乱暴に開け、ペン先を容赦なくインク瓶に突っ込んだ。その拍子にインクがそこら中に飛び散ったが知るもんか。この世の本が白紙など許されない!
…そこで目が覚めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1308字
本日、わたくし、こと、日に日にあだ名が増えていく男(最近ではよくデタラメな男と呼ばれている)は、弁当を持ってくることが叶わず(そういえば両親が旅行へ行っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神の渇き ※未完
作者:ナベ お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:598字
とある大陸で私は神になった。その大陸は世界的に発見されておらず、そこに住む先住民族は私が上陸した時に神様が参ったのだと信じ込んだのだ。先住民族たちは沢山の貢ぎも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:茶色い娼婦 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:408字
「ハロウィーンは、逢魔が時だよね」 「死者と生者の境があいまいになる、という意味ではそうかな?」 「黄昏時、とも言うから、彼と誰の間も曖昧になる」 「でも、彼 〈続きを読む〉

タローの即興 小説


ユーザーアイコン
透明な物差し ※未完
作者:タロー お題:反逆の狂気 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:672字
『狂人』の定義とは何か。 曰く、発狂した人間。狂者。 では『発狂』の定義とは何か。 曰く、精神に異常を来たすこと。気が狂うこと。 では『狂う』の定義とは。 精 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:私が愛した音楽 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:683字
お世辞にも、上手いとは言えない。 喧しい。音程も碌に合わせられないくせに、声だけは矢鱈大きい。本当に喧しい。 ここが人家離れた山でなければ近所迷惑だと言われて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:免れた過ち 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:822字
やってしまった。 目の前の床には水溜り。そこに打ち捨てられたように倒れこんだ百合の花をまるで棺桶に入れられた花のように大小のガラス片が彩っている。 お母さんが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:危ない14歳 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:623字
人間、生きているなら消し去りたい過去や、思わず悶絶してしまうような思い出の1つや2つ、あるだろう。そして、そんな出来ればそっと見ぬふりしながら川にでも流して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:きちんとした「えいっ!」 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:500字
放課後の道場は踏み込みの足音や竹刀の打ち合う音、部員の掛け声が響き渡っている。鉄の扉もその音を断ち斬るには力不足な様で、剣道場の中から聞こえる音は近くにある自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗の帰り道 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:512字
両掌で握っていたゲーム機が、騒々しいファンファーレを撒き散らす。画面には、鬱蒼とした薄暗い森、地面に突き刺さったり折れたりした見るも無残な剣や杖、矢を背景に、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗のホテル 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:731字
現代においては大分多種多様化して来た様だが人間が生き物である以上、睡眠は必須だ。その必須事項のオマケとして、気まぐれについてくるのが、夢だ。 僕はそう思う。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:人妻の病気 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:563字
冬の足音が早足で隠しもせず近寄ってくる10月末日。普段は基本的には規則の奴隷で無礼講の大義名分に飢えている日本人が、海外から流れ込んだそこはかとなく祭りの気配 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大人物の欠点 ※未完
作者:タロー お題:天才のつるつる 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:447字
髪の毛が少ない、というのは損だ。絶対損だ。例え意図的に坊主頭にしているのだとしてもネタにされるし、不可抗力による世知辛い薄毛もまた然り。 チョビ髭だとかしゃく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:許されざる小雨 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:774字
無い。何処にも無い。 今朝、家から持って出て来た傘が何処にも無い。天気予報で午後から雨だって言うから忘れないように気をつけて家から持ってきた買ったばかりの割と 〈続きを読む〉