お題:おいでよ小説家 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:721字

夢の中の大作家 ※未完
良く漫画や小説で、登場人物が夢を見ている時に「これは夢だ」と気づく場面があるが、私はそんな事を体験した事がない。毒々しい色をした馬鹿でかいキノコに食べられる夢とか、教室の机を積み上げてキャンプファイアーする夢とか、起きてから朧げに覚えている夢の内容を思い返すと何故それを現実だと思ったのか理解出来ない程に突拍子も無い出来事であろうとも、少なくとも夢を見ている間は私にとってそこは現在なのだ。
例によって、これは目が覚めた後から「夢だ」と気づいた夢の話。
私は鬱陶しい程、大量の葉を茂らせた木々が空を覆う森の中を歩いていた。何で森の中を歩いていたのか聞いてはいけない。なんせ私も知らないのだから。進んだ先には一軒の小さな家がある。今日から私はここに住むのだ。家族もいるし、学校にも行かなければ行けないが、そんな事は念頭にも無かった。ただ、この森の中で、この家で、1人で暮らすのだという謂わば設定の様なものだけが私の頭の中にあった。
家の中に入った私は本棚にぎゅうぎゅうに詰まった本のうち一冊を手に取った。静かな森の中での読書タイム。まさに理想だ。そう思って私は本を捲った。
白紙だった。
捲れど捲れど、出てくるのは白紙のページばかり。そんなバカな事があるかと本棚に詰まっていた本全てを流し読みした。やはり全て白紙だった。
読めない!本なのに!こんな事があってたまるか、私は本を読むのだ!
憤懣遣る方無い私は机に置いてあった羽ペンを手に取り、洒落たデザインのインク瓶の蓋を乱暴に開け、ペン先を容赦なくインク瓶に突っ込んだ。その拍子にインクがそこら中に飛び散ったが知るもんか。この世の本が白紙など許されない!
…そこで目が覚めた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:58字
うるさい。エアコンの音、差し込んでくる日光、頭に覆いかぶさる眠気、かすかに聞こえる蝉の音、つきものの沈黙、うるさい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗いカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:706字
昔々のお話です。 あるところにカラスという名の鳥がいました。 カラスは生物学的には間違いなく鳥であるのですが、ペンギンや鶏のように空を飛ぶことができない鳥のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの狸 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:620字
タヌキ自体はそうでもないが、タヌキの置物にだけは異常な執着を見せる男がいる。 彼はタヌキの陶器の置物を見るや耐えがたい嫌悪感と吐き気に襲われ、猛烈に叩き割りた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
2018081401.txt ※未完
作者:樹真一 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:642字
「これはペンですか?」 という書き出しで始まり、「違うわ、それは血痕」 というオチでぞわりとさせるショートショートが好評を博したのが7年前で、それ以来、そのヒッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:春の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:482字
まだまだ大学生になるのが、特権階級だったころ。東京の私立大学、N大学には毎年春先に開かれる知る人ぞ知るイベントがあった。春休みに入ると卒業生は去り、卒業できなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:官能的な負傷 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:373字
彼女は美しかった。私の知る彼女のうちで最も艶めかしく、蠱惑的だった。圧倒的な戦力差を物ともせず、僅か数千の部下と共に数十倍は下らない数の敵軍を引き留めた彼女。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:興奮した決別 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:98字
自宅で仁は瞑想していた。すると、なにやら雑念が現れた。「なんだ、あのあの子への気持ちか。」疑問がはれて仁はすっきりした。そして再び瞑想にもどった。こんな夏の終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:理想的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:774字
自家栽培のために裏庭に作った畑には、肥料が欠けていた。そのへんの土に種を蒔いたところで勝手に野菜が大きく育ったりはしないのだ。とはいえ、初心者のことだから買い 〈続きを読む〉

タローの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:タロー お題:免れた過ち 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:822字
やってしまった。 目の前の床には水溜り。そこに打ち捨てられたように倒れこんだ百合の花をまるで棺桶に入れられた花のように大小のガラス片が彩っている。 お母さんが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:危ない14歳 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:623字
人間、生きているなら消し去りたい過去や、思わず悶絶してしまうような思い出の1つや2つ、あるだろう。そして、そんな出来ればそっと見ぬふりしながら川にでも流して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:きちんとした「えいっ!」 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:500字
放課後の道場は踏み込みの足音や竹刀の打ち合う音、部員の掛け声が響き渡っている。鉄の扉もその音を断ち斬るには力不足な様で、剣道場の中から聞こえる音は近くにある自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗の帰り道 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:512字
両掌で握っていたゲーム機が、騒々しいファンファーレを撒き散らす。画面には、鬱蒼とした薄暗い森、地面に突き刺さったり折れたりした見るも無残な剣や杖、矢を背景に、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗のホテル 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:731字
現代においては大分多種多様化して来た様だが人間が生き物である以上、睡眠は必須だ。その必須事項のオマケとして、気まぐれについてくるのが、夢だ。 僕はそう思う。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:人妻の病気 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:563字
冬の足音が早足で隠しもせず近寄ってくる10月末日。普段は基本的には規則の奴隷で無礼講の大義名分に飢えている日本人が、海外から流れ込んだそこはかとなく祭りの気配 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大人物の欠点 ※未完
作者:タロー お題:天才のつるつる 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:447字
髪の毛が少ない、というのは損だ。絶対損だ。例え意図的に坊主頭にしているのだとしてもネタにされるし、不可抗力による世知辛い薄毛もまた然り。 チョビ髭だとかしゃく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:許されざる小雨 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:774字
無い。何処にも無い。 今朝、家から持って出て来た傘が何処にも無い。天気予報で午後から雨だって言うから忘れないように気をつけて家から持ってきた買ったばかりの割と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:残念な表情 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:511字
列に並ぶ。 別に列に並ぶのが好きな訳ではない。只並ばないと自分の順番が来ないから並ぶだけだ。だから順番待ちの最中に気分が高揚しているとしても、それは列の先にあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:おいでよ小説家 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:721字
良く漫画や小説で、登場人物が夢を見ている時に「これは夢だ」と気づく場面があるが、私はそんな事を体験した事がない。毒々しい色をした馬鹿でかいキノコに食べられる夢 〈続きを読む〉