お題:人妻の食器 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:239字
[削除]

※未完
「この食器...」
暖房が効きすぎたショッピングモールで見覚えのある食器を見つけた。青を基調としたチェックのソーサーは探せば似たようなのがたくさんあるだろう。しかし、隣にあるお気に入りの色のそれではなく青いソーサーに目がいった。隣出歩いていた妻は、素早くそれを手に取り
「あなた、この色好きでしたっけ。こっちの方があなたに合うと思うのだけど」
と青いソーサーを戻し、同じ色のカップと合わせた。ああ、そうだな。と適当に返し、彼女が戻したそれに手を伸ばす。最近、妻との関係はマンネリ
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:783字
スマートスピーカーに連動してカーテンを開け閉めすることもできるようになった。各種家電製品がオンラインでコントロールできる世の中になるとは。 カーテンや部屋の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルサイア お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1303字
「そんなバカな!」私は焦った。「この世の中が、すべて造りものだったとは…。」今、私の画面に表示されているのは、「Game over」の文字。どういうわけか、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1090字
私「あの落ち葉が散るとき、私の命も散ってしまうのね……」などと悲劇のヒロインを気取ってみても何もならない。私、白雪姫子(しらゆき ひめこ)、23歳独身。窓に映る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:845字
警察に一本の電話が入った。近くで殺人事件が起きたらしい。 新米刑事の私は早速現場に急行した。先輩は後から合流するとのこと。不安しかない。 通報してきた人もそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:822字
小さな田舎の駅。すでに午後10時を過ぎていて、田舎の小さな駅舎には誰もいなかった。この駅は無人駅で、駅員すらいない。私「トイレはどこだ・・・」突然催してきたので 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:944字
ベタ惚れした相手がメンヘラだった── 非モテの俺にもモテ期が来たと勘違いしていた。人生には三度モテ期が訪れるなんていう言葉を真に受けて、熱烈なアタックに舞い上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:たった一つの帰り道 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:5465字
真っ青な空、凍てついた空気。最後の力を振り絞るような、冬の朝。姉妹揃って玄関を出るのは、いつぶりだろう。もこもことしたレインは、ひなたの腕からぴょん、と飛び降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:夜の夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:790字
ちょっと変わった機械が完成した。 一定の空間のみ温度と湿度を完璧に調整できるものだったのだが、それはエアコンと何が違うのかと問われそうである。炬燵だって湿度は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:寒いいたずら 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:4613字
コールは止まらない。目の前で命を失くした5分後に救急車が来るなんて、日常茶飯事だ。嘆く時間も許されない、日々。上手に嘆くことができないことも、PTSDの症状の一 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の人 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1601字
せっかく見事な椿なのだから、屋敷の方を向いて咲くようにしてほしかったわ、と。 母がそんな風に評していた庭の椿は、今冬も燃えるように美しい。少女は椿の赤色にさび 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:女の境界 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:667字
男と女の間には、暗くて深い河が流れている、なんて言われるものだ。つまり、こんなに似ているのに、お互いに相容れない存在であるということ。どうしてもわかりあえないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
拠点 ※未完
作者:匿名さん お題:朝の秘部 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:423字
私がかつて通っていた大学院には、伝説と呼ばれるサークルが有ったらしい。この大学院開校と同時にできたと言われ、数年後に部員全員が蒸発したことで廃部されたんだとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な電撃 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:220字
トレーダーは、一秒未満の判断で勝負をする仕事だ。それを金融市場の開店から閉店までやり続ける。三十五歳が実質的な定年と言われている。 私が率いているディーリング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本式の勇者 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1547字
道の真ん中で人が倒れているのを見つけた。 倒れているのは老人で、しかも身なりがえらく悪い。匂いもかなりのものがあって、端的に言って浮浪者の類であるようだ。道行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:838字
薔薇は本数によって花言葉が変わるのを皆さんご存知だろうか?1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」2本 「この世界は二人だけ」3本 「愛しています」「告白」4本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:636字
ぶぅぅーーーーーーー・・・・・・大きな音が鳴り、辺りは暗くなる。どうやらここは舞台ホールらしい。こんなにも広いホールなのに観客は私だけのようだ。「またこの夢か・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:499字
ムズムズ、ムズムズムズムズ。「ふぅ~、何だか変な感じがするな」人気者の青薔薇は頭を悩ませていた。「背中がムズムズするような。気のせいだろか」青薔薇はしばらく我慢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かは場所 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:661字
昔からよく見る夢がある。私はたぶん4、5歳で、小さい頃通っていた幼稚園でお迎えを待っている。とても天気良い日で季節はたぶん春。暖かい昼下がり、土いじりをしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな冬 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1092字
ふわりと雪が舞う深夜2時すぎ。僕は欠伸を噛み締めながら搬入された商品を捌いていた。夜勤のバイトはほとんど人がいない。寒さも、眠さも誰とも共有出来ずにのろのろとそ 〈続きを読む〉