お題:打算的な宗教 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:875字

結局徳とかですか?
冬という時期的な問題なのか、あるいはお布団という物理的な問題なのか、もしくはは精神の病なのか自律神経失調症なのか、もしかして全部なのかわからないが、

とにかく最近布団から出られない。

ちなみにそれは布団から出られないっていうもがきがあるわけではない。
「あー、寒いしなー、出たくないなー」
っていう感じじゃない。

「はっ!時間だ起きなくては・・・zzz」
目覚ましが鳴り、携帯が鳴り、私は目を覚ます。目を覚ますんだけども、携帯を止め、邪魔者がいなくなると同時に、また意識が飛ぶ。即飛ぶ。即落ち。

子供のころから布団から出るのはそこまで苦ではなかった。温いのは好きだけども、布団の中で意識があり続けるとだんだんと体が温すぎてくるようになる。それが嫌いだった。ホテルとか行っても折りたたんでしまいこまれている足元の布団を出すようなタイプである。足が温くなりすぎるととても不快なのだ。

だから布団の中でグダグダしているという事で起きれないわけではない。布団からはすぐ飛び出ることができる。チンってなったら飛び出すパンの様に飛び出せる。カタパルトできる。

が、昨今は意識がすぐに飛ぶため、その隙が無い。

目覚ましが鳴る。起きる。止める。飛ぶ。

ここに隙間がない。

意識を刈り取る、刈り取られる。というような表現が以前読んだなんかの本であったような気がするけど、私と布団の関係性でこの表現をするとえげつないことになる。

私は意識というものを刈り取られる側だから、そのように記載するけど、

私が実なり、花なりをつけるとする。咲かしたりするわけだ。

すると即刈られる。

なってすぐ刈られる。早くつまにゃ使い物にならないあの、花かなんか何でしょうか?染料をとるためですか?油をとるためですか?

みたいな感じさ。

そうして布団に抗えない。

全く抗えない。

そこで、Googleでそういうのが無いか、そういうときの対処法みたいのが無いか、調べてみた。

すると宗教が出てきて、

徳がたりない。

みたいな事が書かれてて、怖くなった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な宗教 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:223字
宗教というのは信仰から生まれるものだろうが、果たして信仰で成り立っているものなのだろうか。矛盾することを言うかもしれないが、多くを支えるのは信仰である。けれど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:打算的な宗教 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:2時間 読者:145 人 文字数:2267字
「おはよう、アミ」ユウジは茂みに隠れていた少女へ声を掛ける。「うん」茂みに隠れたアミは、ぶっきらぼうに返事をする。黒い短い髪が、彼女の妖艶な雰囲気を醸し出してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの魔物 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:310字
それは何気ない朝のことだった。いつもの如く尿意に起こされた私は、寝ぼけ眼を擦りながらトイレへ経った。季節は冬真っ只中。廊下は酷く冷え込んでいて、差し込む朝日に息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:アルパカの酒 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:803字
「酒を用意しろ!」 一年半にも及ぶ砂漠の旅から帰るなり、長老ラクダはそうさけんだ。集落じゅうの酒とラクダたちが長老の住まいに集まってくる。村の跡継ぎと定められた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:魅惑の豪雪 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:483字
白く淡い、羽のような雪が降り積もっていく。オレンジ色の光を放つ街灯に照らされた道は決して往来の少なくない足だとを拭き取るように消し去り、雪の毛布を敷き詰める。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:トカゲの内側 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:229字
彼女は狡猾でずる賢い。色目を使い、男をたぶらかす。彼女に貢ぐ男は数知れず。人を使うのがうまく、ボロを出した人間は尻尾のように切り捨てる。それなのに彼女は誰からも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:進撃の夜中 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:1119字
端的にいって、終電がなくなった。終電がなくなったというか、気が付いたら知らない駅のホームにいて、寒そうな顔をした駅員さんの「お客さん、そろそろ閉めますんで、」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
めんたりすと ※未完
作者:はめこみショーン お題:強いあの人 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:567字
「ということで、社内にプロジェクトチームを立ち上げます」 社長のひと言で立ち上がったチームに、入社二年目のボクが配属された。チームの目的は、なんだかあまりパッと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:団地妻の悪役 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:876字
無表情でそれは落とされた。 ベランダから地面に。 それは大きな風船だった。 彼女は風船お姉さんと呼ばれている団地の若妻だ。いつでも下に子供が通ると、彼女の言う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:とんでもない経験 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:868字
軽い気分での参加だった。 中米の感光ツアーの途中。いまだに生贄の儀式をやっている村に立ち寄ったんだ。 最初は単なるショーだと思っていた。観光客向けのお芝居だと 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ワイルドなライオン 必須要素:抜け毛 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
「せんせー、ライオンはあの顔の周りの毛が全部抜けたらメスになるんですか?」そんな何の脈絡もない質問をされた。ごはんの時間だった。その時間が始まってすぐ、間髪入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:暴かれた何か 必須要素:インドカレー 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:895字
カレー屋さんに行った。まずまず盛況であるようだった。カウンターにはずらりと人が並び、トイレに近い一席しか空いていなかった。普段だったらその盛況ぶりを見て退散する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:孤独な逃亡犯 必須要素:イヤホン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:910字
逃亡というのはつらい。逃亡っていう段階ですでにメンタル的に幾らか負担を負っているように思える。「でも、駅弁はおいしい」味付けがちょっと甘いのが玉にきずだけども、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:静かな食器 必須要素:純文学 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:930字
実家には食器がたくさんある。食器棚も結構ある。自身、子供のころは、変化を求めて毎日違うコップを使ったり、カレーの度に違う皿を使ったりして、つまらない平坦だと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:男同士の深夜 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1008字
友人と家飲みをした深夜、布団なんて当然出さないし、片付けもしてない鍋なんかが乗ったままの、炬燵でぐーすか寝ていると、不意に足に何かが触れた。「・・・足だ」足に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな笑顔 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:900字
去年まで、奇怪なCMで面白くて素敵で、かなり責めていた《算数のたかし》のCMが年を明けたと同時に代わって、なんか普通になった。去年までACとかみすず学苑とかあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:苦い愉快犯 必須要素:日本人使用不可 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:596字
日本人というブランドが世界一う○こみたいなものの代名詞に変わった。それというのも、やつらがんの特効薬とうたってある薬を開発したのだ。しかし実際のところその薬には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:暑い殺人 必須要素:コミティア 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1020字
その日コミティアに行こうとしていて、昨日の夜からいろいろと準備というか、メンタル的な準備も含めて色々としていて、睡眠もたっぷりとって、目覚めもよくて、よし、吉日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕と夕日 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1063字
緑のブログの方で、肉うどんの事をディスって、味噌ラーメンが食べたい味噌ラーメンが食べたい。っていう事を熱っぽく書いたら、味噌ラーメンの妖精が家にやってきた。家の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:昼の検察官 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:766字
事件の事を調べるために、ちょっと車を飛ばして県境まで行った。警察の皆さんがすでにかなり調べていて犯人も上げてたし、もう起訴するっていう段階ではあるし、こんなこと 〈続きを読む〉