お題:打算的な宗教 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:875字

結局徳とかですか?
冬という時期的な問題なのか、あるいはお布団という物理的な問題なのか、もしくはは精神の病なのか自律神経失調症なのか、もしかして全部なのかわからないが、

とにかく最近布団から出られない。

ちなみにそれは布団から出られないっていうもがきがあるわけではない。
「あー、寒いしなー、出たくないなー」
っていう感じじゃない。

「はっ!時間だ起きなくては・・・zzz」
目覚ましが鳴り、携帯が鳴り、私は目を覚ます。目を覚ますんだけども、携帯を止め、邪魔者がいなくなると同時に、また意識が飛ぶ。即飛ぶ。即落ち。

子供のころから布団から出るのはそこまで苦ではなかった。温いのは好きだけども、布団の中で意識があり続けるとだんだんと体が温すぎてくるようになる。それが嫌いだった。ホテルとか行っても折りたたんでしまいこまれている足元の布団を出すようなタイプである。足が温くなりすぎるととても不快なのだ。

だから布団の中でグダグダしているという事で起きれないわけではない。布団からはすぐ飛び出ることができる。チンってなったら飛び出すパンの様に飛び出せる。カタパルトできる。

が、昨今は意識がすぐに飛ぶため、その隙が無い。

目覚ましが鳴る。起きる。止める。飛ぶ。

ここに隙間がない。

意識を刈り取る、刈り取られる。というような表現が以前読んだなんかの本であったような気がするけど、私と布団の関係性でこの表現をするとえげつないことになる。

私は意識というものを刈り取られる側だから、そのように記載するけど、

私が実なり、花なりをつけるとする。咲かしたりするわけだ。

すると即刈られる。

なってすぐ刈られる。早くつまにゃ使い物にならないあの、花かなんか何でしょうか?染料をとるためですか?油をとるためですか?

みたいな感じさ。

そうして布団に抗えない。

全く抗えない。

そこで、Googleでそういうのが無いか、そういうときの対処法みたいのが無いか、調べてみた。

すると宗教が出てきて、

徳がたりない。

みたいな事が書かれてて、怖くなった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な宗教 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:223字
宗教というのは信仰から生まれるものだろうが、果たして信仰で成り立っているものなのだろうか。矛盾することを言うかもしれないが、多くを支えるのは信仰である。けれど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:打算的な宗教 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:2時間 読者:105 人 文字数:2267字
「おはよう、アミ」ユウジは茂みに隠れていた少女へ声を掛ける。「うん」茂みに隠れたアミは、ぶっきらぼうに返事をする。黒い短い髪が、彼女の妖艶な雰囲気を醸し出してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:トカゲの内側 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:229字
彼女は狡猾でずる賢い。色目を使い、男をたぶらかす。彼女に貢ぐ男は数知れず。人を使うのがうまく、ボロを出した人間は尻尾のように切り捨てる。それなのに彼女は誰からも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:進撃の夜中 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1119字
端的にいって、終電がなくなった。終電がなくなったというか、気が付いたら知らない駅のホームにいて、寒そうな顔をした駅員さんの「お客さん、そろそろ閉めますんで、」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
めんたりすと ※未完
作者:はめこみショーン お題:強いあの人 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:567字
「ということで、社内にプロジェクトチームを立ち上げます」 社長のひと言で立ち上がったチームに、入社二年目のボクが配属された。チームの目的は、なんだかあまりパッと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:団地妻の悪役 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:876字
無表情でそれは落とされた。 ベランダから地面に。 それは大きな風船だった。 彼女は風船お姉さんと呼ばれている団地の若妻だ。いつでも下に子供が通ると、彼女の言う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きさ お題:とんでもない経験 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:868字
軽い気分での参加だった。 中米の感光ツアーの途中。いまだに生贄の儀式をやっている村に立ち寄ったんだ。 最初は単なるショーだと思っていた。観光客向けのお芝居だと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:阿修羅草 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:750字
戦が終わった。どうやら徳川の勝利らしい。石田方の兵が、雪崩を打って逃げ出してゆく。槍先を見る。血糊がこびりつき、先が欠けていた。私は槍を捨て、足元の石を何個か拾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユリイカ お題:君と病院 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:872字
街はずれの精神病棟に君はいる。 この、時が止まったかのような静寂を携えた空間は、忙しく働く身にとっては異質な空気に感ずるだろう。 でも僕はこの空気感が好きだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
出戻りの朝 ※未完
作者:下道@りみてーしょん お題:死にぞこないの朝飯 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:319字
すこし凝ったことをする気になって、味噌汁を作ることにした。普段朝食にはパン一枚を用意するだけのわたしにとって、これは珍しいことだ。 まず火を使うのが久しぶりな 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:官能的な夕飯 必須要素:山田 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1022字
家に帰ってドアを開けると、南国みたいな植物が玄関先に鉢植えで置かれていて照明がピンク色だった。だもんで最初、やべ間違えた。って思った。帰る家を間違えたってドキッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ひねくれた何か 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
そもそもが深くはないが、思考を巡らせて、思考の中にもぐって始める即興小説。ではあるのだけども、本日は余裕がありません。私のスケジュール的な話とは違います。必須要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:紅茶と川 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:974字
世の中には不思議な事がたくさんあるという話を聞く。最近聞いたのは、うちの実家のほうにある雄物川(最近大雨で氾濫しているらしいやつ)のさらに支流に紅茶の味がする川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:いわゆる内側 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1073字
体内の水は三週間から四週間で全部入れ替わるらしい。あ、期間に関してはあやふやですので、本気にしないでください。十五分でやってますので、グーグルで調べている余裕も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:熱い地下室 必須要素:全力のエロス 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:871字
ザ・タワーの2を子供のころにやった。その当時まだパソコンを持っている環境というのは珍しいものであった。少なくとも私の周りではそういう感じだった。インターネットに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3088字 評価:1人
死んでから天国に向かう道中と、精子が卵子に向かう工程というのはある種似ている部分があると思う。あ、そういう風に考えたのは私が死んだからなんだけども、死ぬまではそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大きなゲーム 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1017字
個人的にはゲームキューブの四角い感じが好きである。それに鈍器になるし。だからゲームキューブを振り回して敵を倒していくゲームがあったらいいのにと思う。無いんだけど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つらい土 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1058字
歯が取れた。下の歯は屋根の上に投げて、上の歯は土に埋める。みたいななんかそういうのがあったような気がする。乳歯に限った話だったような気もしないでもないが、とにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけのドア 必須要素:セリフ無し 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:931字
リサイクルショップに行くと、ピンク色のドアが一枚売られてて、それはもう完全にあのドアだった。青い狸の出してくるドアだった。どっからどう見てもあのドアだった。セリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2915字 評価:0人
つい最近、必須要素:ホモを体験したばかりであったため、ホモに関しての使い方をその時考えていた。「自分の事をホモサピエンスです!っていうのよ。そんで・・・」その十 〈続きを読む〉