お題:打算的な宗教 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:223字

宗教
宗教というのは信仰から生まれるものだろうが、果たして信仰で成り立っているものなのだろうか。
矛盾することを言うかもしれないが、多くを支えるのは信仰である。
けれど、根幹、成り立たせているものは何かと言えば、打算的な部分であろう。そうでなければこんなに長く信じられている宗教があるわけない。
別に悪いと言っているわけではない。
当たり前のことであろう。
純粋な信仰などなく、必ず打算的な部分が存在するということを知って、宗教に入ることが大事なのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:打算的な宗教 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:875字
冬という時期的な問題なのか、あるいはお布団という物理的な問題なのか、もしくはは精神の病なのか自律神経失調症なのか、もしかして全部なのかわからないが、とにかく最近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:打算的な宗教 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:2時間 読者:94 人 文字数:2267字
「おはよう、アミ」ユウジは茂みに隠れていた少女へ声を掛ける。「うん」茂みに隠れたアミは、ぶっきらぼうに返事をする。黒い短い髪が、彼女の妖艶な雰囲気を醸し出してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
檻の中 ※未完
作者:にい お題:今度の囚人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:667字
同室の4人にいまや名前はない。親から受け継いだ苗字も、将来の期待をかけて贈られた名も、法を犯したときから名乗ることは許されなくなった。個人を識別するために必要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ@企画消化中 お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:569字
汚れなき白き生物は、ある一人の思惑により世界に売られたその身を狙う強欲な"モノ"から必死に逃げまとう新緑が芽生えていた大地は、血潮が染み付き、腐敗した土地へと姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:強い年賀状 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:517字
破けた紙が指に張り付いた。強い雨が体を打ちつける。「どうしてこんなことになったんだろうな」後ろから声がした。父親だ。母親に怒鳴りつける威勢の良さはもうない。事態 〈続きを読む〉

むにゃむにゃ@即興の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:生かされた解散 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:458字
俺は荒野を走っていた。隣には誰もいない。風を切る音がもの悲しかった。元々は仲間六人といたが、森の真ん中で別れたのだ。追手から逃れるため。諜報部隊として活動してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最強の帝王 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:813字
先程のが消えてしまったので、お題は違いますがここに。インターネットなどによるアマチュアの活躍。それにより経験、実力をつけてきたアマチュアは、もはやプロと遜色ない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な宗教 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:223字
宗教というのは信仰から生まれるものだろうが、果たして信仰で成り立っているものなのだろうか。矛盾することを言うかもしれないが、多くを支えるのは信仰である。けれど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:東京の息子 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:605字
朝起きて何か足りないと思った。 あるべきものがないような、けれど何かは分からない。 気持ちの悪さを感じながらも思い当たる事もないので、切り替えるためシャワーを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:無意識の夕飯 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:406字
「ほら、パパが帰ってきましたよー。ご飯にしましょうね」「パパおかえりー」「ああ、ただいま。夕飯何だい?」「ハンバーグよ。この子と一緒に作ったの」「へぇ。それは楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:当たり前の靴 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:630字
靴の統一化が為された。より管理をしやすくするためらしい。職業、人種、国によって履く靴を決められた。これは差別だと意義を唱える者もいたが、靴ぐらいならと受け入れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:生かされた神様 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:382字
信仰により神は存在する。人々は理論で神を発見しようと、科学を発達させた。その結果得られたのは、神なんていないという結論であった。神は死んだーーーいや、そんなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:苦しみの母性 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:668字
愛の森。名前にちなみ恋人達が多く集まるここであるが、由来は男女間の恋愛とは関係のないものであった。ある所に一人の女がいた。村娘だった彼女は早くに父親を亡くし、貧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:凛とした始まり 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:706字
深い深い地の底。赤い光がぼうっと蔓延する土埃に溶けて、不気味に闇を赤く照らしていた。赤い光には強弱があった。何処かにある中心へと向かい、どんどんと強くなっていた 〈続きを読む〉