お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:314字

降雪考 ※未完
玄関のドアを開けると、肌を突き刺すような寒さに襲われた。
四国で生まれ、育った私は本当の雪の寒さなど、知らなかったのだ。
そこは止まない雪に囲まれた場所で、私の知らない世界だった。

彼氏の実家に挨拶に来ただけなのに、こんなにみじめな気分になるのはなぜだろう。
彼のご両親はよく笑う人たちで、いい人そうだった。
「私たち付き合ってるんです」と話したら、反対もせずにあっさりと認めてくれて、晩御飯までご馳走してくれた。
食事中、私たちの仕草を見て、「若いっていいわねえ」と、ご両親は事あるごとに言っていた。
思い出のアルバムを眺めるような気分で。

今から部屋に戻って、「私たち今すぐ結婚したいんです」と叫んでみようか。



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
告白 ※未完
作者:トゥーディー お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:814字
「こんなこと話せるの、お前だけだよ…」そう言いながら彼は私の前で泣いていた。慰めるように手を広げて正面から抱き締める。涙を隠すように肩に顔を置かれたせいで、耳元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と王子 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:568字
ボーンボーンボーン柱時計が鳴る。先輩のもとを訪ねたのはたしか2時頃だったのでかれこれ一時間はいる計算だ。「おや、もう3時か。お茶でもどうだい?」疑問系だが実際の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれしサイト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
検索に出てこないサイトがあるらしい。検索しても出てこないから、口コミで存在が噂になっている。誰かに教えてもらわないとサイトの場所がわからないことから、ある意味 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どす黒い恨み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:230字
首に手を掛ければ、ひゅっ、と喉が鳴った。自分がしでかしたことだと言うのに、これほどの恨みを買うとは思わなかったのだろうか? ほんと、反吐が出る。「……いいわ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏野 千尋@低浮上 お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:959字
真新しいスニーカーを、睨み付ける女の子がいた。 僕はそのスニーカーが羨ましかった。僕のうちは貧乏だ。お父さんがいないし、お母さんも、せーしゃいん、じゃない、ぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:622字
10/20(土) 曇りのち雨今日は買い物へ行った。2分ほど歩いた先のコンビニだ。2分といっても、僕の家から2分という意味ではない。家から徒歩4、5分先にある電柱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:419字
街の外れ、小高い山の中腹あたりに1棟のマンションが建っている。私が小さな頃に不正が発覚し、住人は立ち退き。結果としてマンションは捨てられた。正面にあるこの坂から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イタリア式の教室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:752字
転校生への洗礼は、まず顔面ピザ投げだ。生徒の机には各種チーズが常備されていて、給食のピザの際は好きなだけ追いチーズができる。サラミやらバジルやらお好みのトッピ 〈続きを読む〉

abcqの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:abcq お題:死にぞこないの極刑 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:485字
三人殺したら死刑と聞いたから、余裕を持ってやろうと思った。高層ビルのオフィスに忍び込んでナイフを振り回したあの日。俺はこの上なく爽快な気分だった。エレベーターの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:日本式の儀式 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:354字
その二人は向かい合って誓いの口づけを交わした。長く激しい口づけだった。それはこの世の摂理に沿うのであれば、けして結ばれない二人の、せめてもの抵抗のように思われた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
血脈 ※未完
作者:abcq お題:真紅の怒りをまといし事故 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:550字
あの交通事故で、私は最愛の兄を無くした。腹違いの兄弟で、血は繋がっていなかったけれど、私にとっては世界で一番大切な人だった。17歳で死んだお兄ちゃん。お兄ちゃん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
VIP
作者:abcq お題:君の事件 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:414字
山田太郎は、ごくごく平凡な中学生だった。朝は7時に起きて毎日学校に行き、6時間授業を受けて帰る。部活は運動部で塾には行っていない。勉強の出来は普通。運動も普通。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
降雪考 ※未完
作者:abcq お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:314字
玄関のドアを開けると、肌を突き刺すような寒さに襲われた。四国で生まれ、育った私は本当の雪の寒さなど、知らなかったのだ。そこは止まない雪に囲まれた場所で、私の知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:愛と死の艦隊 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:356字
二人は愛し合っていた。生まれた時から一緒で、共に育った。同じ仕事に就くことを宿命づけられていた二人は、職場も一緒で、常にチームで任務に当たっていた。一卵性双生児 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:黒い神様 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:443字
世界の起源の話である。よく言われていることだが、初めは無であり、混沌だった。まだ何でもないものがある状態。一つの、ごちゃごちゃしたものがそこに密集している状態で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:未来の犯人 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:512字
好きな女の子の靴を隠すことにした。小学校の裏庭に呼び出して手紙を渡したのに、目の前でその手紙をその子の友達に読まれ、からかわれたことがきっかけだった。手紙を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:鋭い葬式 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:504字
親友の由美が殺された。よくモテる子だったから、いろいろな人から恨みを買っていたのだと思う。私は小学校からの幼なじみだったから、目の前で由美の遺体を見つけた時は本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:ねじれた空想 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:384字
僕には空想癖がある。物心ついた時には自覚していたから、空想歴は15年ほどになる。仕事だったら大ベテランの域だ。自慢じゃないが僕は大抵の空想を経験済だ。男だったら 〈続きを読む〉