お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:314字

降雪考 ※未完
玄関のドアを開けると、肌を突き刺すような寒さに襲われた。
四国で生まれ、育った私は本当の雪の寒さなど、知らなかったのだ。
そこは止まない雪に囲まれた場所で、私の知らない世界だった。

彼氏の実家に挨拶に来ただけなのに、こんなにみじめな気分になるのはなぜだろう。
彼のご両親はよく笑う人たちで、いい人そうだった。
「私たち付き合ってるんです」と話したら、反対もせずにあっさりと認めてくれて、晩御飯までご馳走してくれた。
食事中、私たちの仕草を見て、「若いっていいわねえ」と、ご両親は事あるごとに言っていた。
思い出のアルバムを眺めるような気分で。

今から部屋に戻って、「私たち今すぐ結婚したいんです」と叫んでみようか。



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
告白 ※未完
作者:トゥーディー お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:814字
「こんなこと話せるの、お前だけだよ…」そう言いながら彼は私の前で泣いていた。慰めるように手を広げて正面から抱き締める。涙を隠すように肩に顔を置かれたせいで、耳元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
檻の中 ※未完
作者:にい お題:今度の囚人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:667字
同室の4人にいまや名前はない。親から受け継いだ苗字も、将来の期待をかけて贈られた名も、法を犯したときから名乗ることは許されなくなった。個人を識別するために必要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ@企画消化中 お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:569字
汚れなき白き生物は、ある一人の思惑により世界に売られたその身を狙う強欲な"モノ"から必死に逃げまとう新緑が芽生えていた大地は、血潮が染み付き、腐敗した土地へと姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:強い年賀状 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:517字
破けた紙が指に張り付いた。強い雨が体を打ちつける。「どうしてこんなことになったんだろうな」後ろから声がした。父親だ。母親に怒鳴りつける威勢の良さはもうない。事態 〈続きを読む〉

abcqの即興 小説


ユーザーアイコン
血脈 ※未完
作者:abcq お題:真紅の怒りをまといし事故 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:550字
あの交通事故で、私は最愛の兄を無くした。腹違いの兄弟で、血は繋がっていなかったけれど、私にとっては世界で一番大切な人だった。17歳で死んだお兄ちゃん。お兄ちゃん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
VIP
作者:abcq お題:君の事件 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:414字
山田太郎は、ごくごく平凡な中学生だった。朝は7時に起きて毎日学校に行き、6時間授業を受けて帰る。部活は運動部で塾には行っていない。勉強の出来は普通。運動も普通。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
降雪考 ※未完
作者:abcq お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:314字
玄関のドアを開けると、肌を突き刺すような寒さに襲われた。四国で生まれ、育った私は本当の雪の寒さなど、知らなかったのだ。そこは止まない雪に囲まれた場所で、私の知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:愛と死の艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:356字
二人は愛し合っていた。生まれた時から一緒で、共に育った。同じ仕事に就くことを宿命づけられていた二人は、職場も一緒で、常にチームで任務に当たっていた。一卵性双生児 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:黒い神様 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:443字
世界の起源の話である。よく言われていることだが、初めは無であり、混沌だった。まだ何でもないものがある状態。一つの、ごちゃごちゃしたものがそこに密集している状態で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:未来の犯人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:512字
好きな女の子の靴を隠すことにした。小学校の裏庭に呼び出して手紙を渡したのに、目の前でその手紙をその子の友達に読まれ、からかわれたことがきっかけだった。手紙を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:鋭い葬式 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:504字
親友の由美が殺された。よくモテる子だったから、いろいろな人から恨みを買っていたのだと思う。私は小学校からの幼なじみだったから、目の前で由美の遺体を見つけた時は本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:ねじれた空想 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:384字
僕には空想癖がある。物心ついた時には自覚していたから、空想歴は15年ほどになる。仕事だったら大ベテランの域だ。自慢じゃないが僕は大抵の空想を経験済だ。男だったら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:abcq お題:未熟な稲妻 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:375字
業界では避雷針を壊してからが本番と言われている。でも俺がそんなことが出来るようになるのは、夢のまた夢だ。稲妻業界は華やかな業界だが、競争は苛烈だ。目立つのは一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:abcq お題:つまらない薔薇 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:450字
先生と会うのは音大を卒業して以来だ。小さな音大のピアノ科の先生。記憶の中の先生は、切れ長の黒い瞳で、長い黒髪をなびかせながら練習室の椅子に座り、ピアノごしに私を 〈続きを読む〉