お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:814字

告白 ※未完
「こんなこと話せるの、お前だけだよ…」
そう言いながら彼は私の前で泣いていた。
慰めるように手を広げて正面から抱き締める。
涙を隠すように肩に顔を置かれたせいで、耳元に聞こえる鳴き声が少しくすぐったい。
私はその感覚に少しうれしさを感じながら、彼の話を聞いていた。
「ううん、気にしないで」

「俺、振られたんだ。あの人に」
彼からは以前から何度も恋愛相談を受けていた。
家が近く、子供のころから遊んでいた私たちは高校生になった今でも仲良く遊ぶ間柄だった。
そして、彼が色恋に興味が出てきたとき、私は彼の相談相手となっていった。
今までずっと一緒にいたせいで、お互いのことをおそらく一番知っている。
その安心感と、身近にいる異性という存在は彼にとってもいい物だったのだろう。
「そっか…」

「俺、あの人に告白することにしたんだ」
そして、一週間前。
彼ははにかみながら私にそう告げた。
あの人、というのは彼の思い人。
高校に入って一目ぼれしたらしい。
今までも何度のわたしたちの話題に出てきていた、クラスのマドンナ。
ライバルも多いようだった打、私は自信を持ってこう告げる。
「君なら大丈夫だよ。私が保証する」

「ごめん、今日家行っていいかな」
そして、今日。
彼はどうやら告白したらしい。
いつも道理一緒に帰ろうと下校口で待ちながら、そしてもしかすると今日は来ないかも、と考えていた私は彼の沈んだ顔を見て驚いてしまった。
何があったのか聞くこともできずに、彼との下校が始まる。
いつもは私が少し急がないと追いつけないのに、今日は彼のほうが遅い。
彼は無言で私の後ろを歩きながら、いつもの道を行く。
私は勉めていつもの調子でこう返す。
「もちろん、いいよ」

「今日、告白したんだ」
それはもう知ってるよ。
家に入って、私の自室に招き入れても、彼はまだうつむいたままだ。
彼はいつもの彼には似合わない、細い声を出している。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
降雪考 ※未完
作者:abcq お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:314字
玄関のドアを開けると、肌を突き刺すような寒さに襲われた。四国で生まれ、育った私は本当の雪の寒さなど、知らなかったのだ。そこは止まない雪に囲まれた場所で、私の知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1308字
本日、わたくし、こと、日に日にあだ名が増えていく男(最近ではよくデタラメな男と呼ばれている)は、弁当を持ってくることが叶わず(そういえば両親が旅行へ行っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神の渇き ※未完
作者:ナベ お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:598字
とある大陸で私は神になった。その大陸は世界的に発見されておらず、そこに住む先住民族は私が上陸した時に神様が参ったのだと信じ込んだのだ。先住民族たちは沢山の貢ぎも 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:猫の風 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:853字
小声で歌を歌いながら、僕は階段を歩いていく。 二段飛ばし、足取りは軽く。 今日の僕はとっても気分が晴れやかだった。 理由はわからないけど、なぜか直感でそう思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:緑の彼 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1000字
「ねえ、きみ」「なんでしょう?」 タクシーの運転手である私にとって、客から話しかけることは正直に言って苦痛だった。 特に、今後ろに座っている、高そうなスーツや時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:赤い話 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:621字
俺には子供のころからの異名がある。 その名も≪算数のタカシ≫。まあ、由来は単純だ。 俺は子供のころから算数が得意だった。 そろばんを習っていたわけでも、特別何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:未来の慰め 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1068字
僕は子供のころから世の中が嫌いだった。 程度の低い、けれども確かな悪意が蔓延する世界。それを苦にせず、有ろうことか他人に強いる人間。見聞きする世界は、ひどくゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1238字 評価:1人
子供を産むって言うのは、当たり前ですけど大変なことです。 二人の人間が愛し合ったり愛し合わなかったりして、新たな命を育む。 生命の神秘といえば聞こえがいいです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
困った笑顔 ※未完
作者:トゥーディー お題:楽観的な公認会計士 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:793字
「この分なら何とかなりそうですね~」 妙に間延びした声で、目の前の男が笑う。 全身紺で染めた皺一つないスーツ。乱れ一つない姿勢。ただ、その表情だけが人を小ばかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と憎しみの嫉妬 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:936字
最初はただ見てるだけで幸せだった。あなたの笑顔が、たとえ私に向けられたものじゃなくても。でも、いつからだろう。私がそれに満足できなくなってしまったのは。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉