お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:814字

告白 ※未完
「こんなこと話せるの、お前だけだよ…」
そう言いながら彼は私の前で泣いていた。
慰めるように手を広げて正面から抱き締める。
涙を隠すように肩に顔を置かれたせいで、耳元に聞こえる鳴き声が少しくすぐったい。
私はその感覚に少しうれしさを感じながら、彼の話を聞いていた。
「ううん、気にしないで」

「俺、振られたんだ。あの人に」
彼からは以前から何度も恋愛相談を受けていた。
家が近く、子供のころから遊んでいた私たちは高校生になった今でも仲良く遊ぶ間柄だった。
そして、彼が色恋に興味が出てきたとき、私は彼の相談相手となっていった。
今までずっと一緒にいたせいで、お互いのことをおそらく一番知っている。
その安心感と、身近にいる異性という存在は彼にとってもいい物だったのだろう。
「そっか…」

「俺、あの人に告白することにしたんだ」
そして、一週間前。
彼ははにかみながら私にそう告げた。
あの人、というのは彼の思い人。
高校に入って一目ぼれしたらしい。
今までも何度のわたしたちの話題に出てきていた、クラスのマドンナ。
ライバルも多いようだった打、私は自信を持ってこう告げる。
「君なら大丈夫だよ。私が保証する」

「ごめん、今日家行っていいかな」
そして、今日。
彼はどうやら告白したらしい。
いつも道理一緒に帰ろうと下校口で待ちながら、そしてもしかすると今日は来ないかも、と考えていた私は彼の沈んだ顔を見て驚いてしまった。
何があったのか聞くこともできずに、彼との下校が始まる。
いつもは私が少し急がないと追いつけないのに、今日は彼のほうが遅い。
彼は無言で私の後ろを歩きながら、いつもの道を行く。
私は勉めていつもの調子でこう返す。
「もちろん、いいよ」

「今日、告白したんだ」
それはもう知ってるよ。
家に入って、私の自室に招き入れても、彼はまだうつむいたままだ。
彼はいつもの彼には似合わない、細い声を出している。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
降雪考 ※未完
作者:abcq お題:冷たい慰め 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:314字
玄関のドアを開けると、肌を突き刺すような寒さに襲われた。四国で生まれ、育った私は本当の雪の寒さなど、知らなかったのだ。そこは止まない雪に囲まれた場所で、私の知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:783字
スマートスピーカーに連動してカーテンを開け閉めすることもできるようになった。各種家電製品がオンラインでコントロールできる世の中になるとは。 カーテンや部屋の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルサイア お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1303字
「そんなバカな!」私は焦った。「この世の中が、すべて造りものだったとは…。」今、私の画面に表示されているのは、「Game over」の文字。どういうわけか、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1090字
私「あの落ち葉が散るとき、私の命も散ってしまうのね……」などと悲劇のヒロインを気取ってみても何もならない。私、白雪姫子(しらゆき ひめこ)、23歳独身。窓に映る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:845字
警察に一本の電話が入った。近くで殺人事件が起きたらしい。 新米刑事の私は早速現場に急行した。先輩は後から合流するとのこと。不安しかない。 通報してきた人もそこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:822字
小さな田舎の駅。すでに午後10時を過ぎていて、田舎の小さな駅舎には誰もいなかった。この駅は無人駅で、駅員すらいない。私「トイレはどこだ・・・」突然催してきたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:944字
ベタ惚れした相手がメンヘラだった── 非モテの俺にもモテ期が来たと勘違いしていた。人生には三度モテ期が訪れるなんていう言葉を真に受けて、熱烈なアタックに舞い上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:たった一つの帰り道 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:5465字
真っ青な空、凍てついた空気。最後の力を振り絞るような、冬の朝。姉妹揃って玄関を出るのは、いつぶりだろう。もこもことしたレインは、ひなたの腕からぴょん、と飛び降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:夜の夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:790字
ちょっと変わった機械が完成した。 一定の空間のみ温度と湿度を完璧に調整できるものだったのだが、それはエアコンと何が違うのかと問われそうである。炬燵だって湿度は 〈続きを読む〉

トゥーディーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:大人の宿命 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:939字
月日は残酷に過ぎていくものだ。光陰矢のごとく。私の人生もまるで弓から放たれた矢のようにまっすぐ飛んで行った。生まれた瞬間を思い出そうとすると、頭の中にモヤがかか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:もしかしてダンジョン 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1015字
トンネルを抜けるとそこは……冷たい闇に満たされた洞窟だった。「いやいや、トンネルの中じゃないのか、ここ」そうひとり呟く。列車の中から見える風景は、むき出しの岩肌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:うるさいガールズ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1014字
「ねえ、ねえってばー」いつもこうだ。気持ちよく俺が寝てる時に限って、君たちはなぜこうも邪魔してくるのか。そう、聞こえてくる声に耳を傾ける。反応はしない。したらつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:純白の性格 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:930字
「なんでこんなことをしたんだ!」暗い部屋で父親の声が響く。彼は血走った目で僕を見つめていた。その瞳を真っ直ぐ見つめながら、僕は告げる。「なんでって、正しいと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:出来損ないのにわか雨 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:925字
子供の頃に覚えている空は、なぜかいつも曇り空だった。暑く暗い雲に覆われた、暗鬱な空。見上げるだけで気が滅入る筈なのに、僕は曇り空が好きだった。僕は子供のころから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:緑の幻覚 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1040字
私たちの一生は短い。おおむね、10年といったところだ。ただ、それでも個人差というものがあって、例えば私の友人にはすでに80年生きているものもいる。私たちはその一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:情熱的な光 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:851字
熱さえ感じる強い光に照れされて、俺は目を覚ました。視界には、ただただ白い空間があった。その光は寝転がった俺を、上から照らしているようだった。手をかざして遮ろうと 〈続きを読む〉