お題:狡猾な事故 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:472字
[削除]

未必の故意
大声で子供が泣いている。12歳くらいの男の子、この渓流沿いのバーベキュー場にはおそらく夏休みを利用して家族と来たのだろう。右足が岩と岩の隙間に挟まっていて、少し血も見えている。どうやら、岩場を歩いていたところ岩が崩れて足を挟んだようだ。周りの大人たちは急いで救急車を呼び、電話口からの隊員の指示に従って岩をどかそうと試みている。男の子の泣き声が強くなった。

じき救急車が来た。救急隊員はあまりに見事な手際で男の子を瓦礫から救い、救急車に搬入して病院へ連れて行った。

……彼は、岩場が危険なことを、全く予想していなかったわけではないらしい。それどころか、半ば事故が起きることを期待していた嫌いもあったようだ。男の子が所属するサッカーチームの、次の試合のスタメンが決まるチーム内対戦を間近に控えていたらしい。どれだけ練習してもライバルに勝てないことを気に病み、もはやサッカーが嫌いになる寸前だったらしい。ここを歩いたら怪我できるかな、もしかしたら死んじゃうかも、……でもいいか……どうせ……。岩が崩れる。

彼の怪我は復帰に3ヶ月かかるそうだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
みかん ※未完
作者:渋澤怜 お題:かたい武器 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:202字
戦争にもスポーツとおなじで硬式と軟式があって、硬いほうは銃や大砲、刀で戦う。軟式は毒ガス、竹刀、ヌンチャク、細菌兵器などだ。それで核爆弾はどちらに入るのかという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:あきれたプレゼント 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:246字
「はい、これ」 夏休みにクーラーのきいた高校の図書館でグダグダしていると、,同級生がラッピングされた手のひらサイズの箱をずいと私に差し出してきた。「……何?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:凛とした食事 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1331字
いかにも、芸術にこそ犠牲はつきものだと考えている。講釈の必要も無い。必要に迫られる必要も無い。だからして、何も自ら進んで犠牲になることを望む物でも無い。安寧に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むーちょ お題:どうあがいても昼食 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:228字
朝早くに起きたかった。いや、早く起きなければ、ならなかった。しかし、起きれなかった。母親から、「もういい加減に起きなさい。もう昼よ!」と怒られながら起こされるま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すいかっち(磨く)/赤沼@ノベル お題:哀れな子犬 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:714字
空の上には大地を偉そうに見おろす入道雲がふんぞりかえっている。セミは短い生涯の伴侶を求めて力いっぱい叫び声をあげている。 待ちに待った夏休み。一年間の中で一番 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:黒絵 お題:昨日食べた会話 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:509字
私は普通の人とは違う。 ……思春期特有の症状ではなく、本当に。どんなところが違うのか。それは食べ物である。私は、人と会話することが食事となる特異体質なのだ。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:冷静と情熱の間にあるのはユートピア 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:457字
家に帰るとTVをつける。TVをつける。 TVをつけると、いろんなものが映しだされる。 まるで、今まで閉じられていた瞳が急に開かれたみたいに。 瞳の中に色々なも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
残響 ※未完
作者:帰ってこさせられたiPhone お題:許されざる顔 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:210 人 文字数:897字
窓の外で冬が啼いている。窓にはカーテンが閉められている。朝の光が回折する隙間もなくピッタリと閉じられたカーテンが窓辺に鎮座している。窓の外で冬が啼いている。音は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川島みち@原稿やれ お題:許されざる顔 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:594字
「お前は誰だ」鏡に問いかけたのは、一昨日病院に運ばれた男だった。男は昏睡状態から目を覚まして、慌てた様子で立ち上がると、真っ先に鏡へと突進したのだ。医師はこのよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ワシいろ お題:ねじれた娘 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:191 人 文字数:903字
つまるところ、夏の幻だったのだろう。いまとなってはそう解釈せざるをえない。回想することすら面倒だが、私が体験した事項を伝えなければならない。これは義務感だ。いや 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは魔物 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:302字
魔物を愛してしまったばっかりに、彼は入院するハメになった。 その際、医師がレントゲンを指しながら、口の端をひくひくと引き攣らせて述べたことは鮮明に覚えている。 〈続きを読む〉