お題:純白の女 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:1238字

幽霊の正体
 友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。
 決まった時間はなく、ふとした時に現れて微笑んでくれるのだという。
 こちらを襲うようなことも驚かすこともなく、すぅと消えてく。まさに幽霊といえる。
 そして俺もついに泊まる案件が発生してしまったために、研究室で今夜食を作成中だ。夜食と言っても、ただのカップラーメンに過ぎないが栄養は大事だ。
 糖分と塩分を補充するためにチョコレートを入れたから、醤油ラーメンなのに茶色だが腹に入れば一緒だ。短期間で効果があるなら味なんて大したことない。
「美味しいの?」
「えっ」
 研究室に俺しかいないはずなのに声がはっきりと聞こえた。
 だが、研究室を見渡しても人の気配はない。
 徹夜でゲームクリアして研究しようというのが間違ってに違いないと、カップラーメンの元へ急ぐと
「……ん?」
 中身がかなり減ってた。
 いや、減ってるというよりかなくなってるーー大事な麺が。
「はぁ……」
 穴でも空いてたかとカップを調べてもそれらしいものはない。それもそのはずだ。穴があけば中の液体が溢れるし、麺が全部なくなるという結末は迎えない。
 これはいわゆる噂の幽霊か。実害がないと言われてたのに実害が発生してしまった。
「いるなら、勝手に食うのはルール違反じゃないか?」
「ごめんね、お腹空いてた」
 机の下を覗けば、ワンピース姿の少女が体操座りでこちらを見てた。
「ぐぇ!? ゆ、幽霊!?」
「違うよ、ほら」
 そういう幽霊は俺の足を掴んできた。
「ねっ?」
「うーん……」
 触れるタイプの幽霊や妖怪はいるし……そのタイプの可能性も。
「信じてない顔だね?」
 仕方ないなと少女は机の下から出てくるとなぜか俺の膝の上に座った。
「これでどう?」
「どうって……取り憑いたってことか?」
「そうじゃないよ。人の体温を感じるでしょ?」
 確かに少女のお尻からは人のぬくもりを感じるとともに、違った感覚がすりすりと俺の神経を刺激してくる。
「い、一回降りてくれないかな」
「えー幽霊っていうんでしょ! やだ!」
 少女のお尻がふりふりと優しく撫でてくるせいで余計に男としての機能が覚醒しそうで、
「わっ!?」
 無理やり少女を持ち上げると膝の上からどかした。
「た、確かに持ち上がる幽霊なんていないな」
「そうでしょ? でも、お兄さんすけべだな」
 ふふと少女は笑う。
「これは違うからな」
 手元が狂ったこともあるが、少女が見つめる場所は急所だった。

 これが俺と後の嫁になる女との出会いのはじまり。

 幽霊のように行動してたのは、忍者の家系で修行に適した大学ビルだったかららしい。
「懐かしいの見てるね?」
「あぁ、今もお前はちっこいままだけどな」
 怒る彼女はまるで色あせないキャンパス。
 愛を忘れない味だ。
「もう、知らない!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:58字
うるさい。エアコンの音、差し込んでくる日光、頭に覆いかぶさる眠気、かすかに聞こえる蝉の音、つきものの沈黙、うるさい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗いカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:706字
昔々のお話です。 あるところにカラスという名の鳥がいました。 カラスは生物学的には間違いなく鳥であるのですが、ペンギンや鶏のように空を飛ぶことができない鳥のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの狸 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:620字
タヌキ自体はそうでもないが、タヌキの置物にだけは異常な執着を見せる男がいる。 彼はタヌキの陶器の置物を見るや耐えがたい嫌悪感と吐き気に襲われ、猛烈に叩き割りた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2018081401.txt ※未完
作者:樹真一 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:642字
「これはペンですか?」 という書き出しで始まり、「違うわ、それは血痕」 というオチでぞわりとさせるショートショートが好評を博したのが7年前で、それ以来、そのヒッ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:春の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:482字
まだまだ大学生になるのが、特権階級だったころ。東京の私立大学、N大学には毎年春先に開かれる知る人ぞ知るイベントがあった。春休みに入ると卒業生は去り、卒業できなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:官能的な負傷 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:373字
彼女は美しかった。私の知る彼女のうちで最も艶めかしく、蠱惑的だった。圧倒的な戦力差を物ともせず、僅か数千の部下と共に数十倍は下らない数の敵軍を引き留めた彼女。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:興奮した決別 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:98字
自宅で仁は瞑想していた。すると、なにやら雑念が現れた。「なんだ、あのあの子への気持ちか。」疑問がはれて仁はすっきりした。そして再び瞑想にもどった。こんな夏の終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:理想的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:774字
自家栽培のために裏庭に作った畑には、肥料が欠けていた。そのへんの土に種を蒔いたところで勝手に野菜が大きく育ったりはしないのだ。とはいえ、初心者のことだから買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:絵描きの同情 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:133字
仁は繰り返すように髪のセットをしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「そんなことある!?」仁はあたりを見回した。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」不安 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1216 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:免れた曲 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:725字
欲を制限できる医療技術が開発された。そのことにより犯罪は大幅に減り、人口増加率も普通以下へと落ちた。地球上に存在できる人の数が決められ、かつてあった温暖化現象 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の善意 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:640字
牙というのは全てが優しさできているわけじゃない。「あぁそういうことか」「そう、そういうことなの」 ルームメイトは自分で犯した罪を理解したのか、ごまかすつもりな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
わたし ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:わたしの嫌いな殺人犯 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:907字
人の声を近くで聞いた気がする。「……?」 そんなに離れてないはずだけど、その影がみえない。 クマかシカだったのだろうか。いや、しゃべる動物を他に知らない。わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:893字
人の温もりがほしいとは思っても、願いはしない。 なぜならばボクがこうしてぼくであるように、世界はセカイでしかない。裏切ることもなく、ただ進む。自然の摂理。因果 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:永遠の野球 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1022字
人は成し遂げたとき、生きる目的を失う。 いわゆる達成感の強さが、生力を奪う。 大抵の人間は夢を現実として叶えることはない。 お金持ちになりたい、アイドルになり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひとのうつわ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:でかいお茶 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:755字
「ねぇ聞いてるの?」 母親が朝から何度目になるかわからない問いを告げてくる。「……」 私といえば会話する気はもうとうない。というよりか、表情を作るのさえ生きると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:アルパカのロボット 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1064字
研究課題というのは付きないもので、かつて存在してた生き物を機械として蘇すことも造作もない。なぜなら我々人間も今は機械化され人間という部分はもはや2足歩行するこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:俺の小説 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1076字
文字を見るのに最適な時がある。 それは朝。 脳がはっきりしないときに、頭を働かすからだという説はあるが根拠はない。集中できてしまえば、いつでも意味はある。 3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:無意識の潮風 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:690字
潮風に煽られて駅に向かう通学時間は心臓に悪い。「んっ……」 冷たい空気がっていうのもあるけど、普通の風と違って肌に張り付いてくる気がする。ニオイも残るから駅内 〈続きを読む〉