お題:純白の女 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1238字

幽霊の正体
 友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。
 決まった時間はなく、ふとした時に現れて微笑んでくれるのだという。
 こちらを襲うようなことも驚かすこともなく、すぅと消えてく。まさに幽霊といえる。
 そして俺もついに泊まる案件が発生してしまったために、研究室で今夜食を作成中だ。夜食と言っても、ただのカップラーメンに過ぎないが栄養は大事だ。
 糖分と塩分を補充するためにチョコレートを入れたから、醤油ラーメンなのに茶色だが腹に入れば一緒だ。短期間で効果があるなら味なんて大したことない。
「美味しいの?」
「えっ」
 研究室に俺しかいないはずなのに声がはっきりと聞こえた。
 だが、研究室を見渡しても人の気配はない。
 徹夜でゲームクリアして研究しようというのが間違ってに違いないと、カップラーメンの元へ急ぐと
「……ん?」
 中身がかなり減ってた。
 いや、減ってるというよりかなくなってるーー大事な麺が。
「はぁ……」
 穴でも空いてたかとカップを調べてもそれらしいものはない。それもそのはずだ。穴があけば中の液体が溢れるし、麺が全部なくなるという結末は迎えない。
 これはいわゆる噂の幽霊か。実害がないと言われてたのに実害が発生してしまった。
「いるなら、勝手に食うのはルール違反じゃないか?」
「ごめんね、お腹空いてた」
 机の下を覗けば、ワンピース姿の少女が体操座りでこちらを見てた。
「ぐぇ!? ゆ、幽霊!?」
「違うよ、ほら」
 そういう幽霊は俺の足を掴んできた。
「ねっ?」
「うーん……」
 触れるタイプの幽霊や妖怪はいるし……そのタイプの可能性も。
「信じてない顔だね?」
 仕方ないなと少女は机の下から出てくるとなぜか俺の膝の上に座った。
「これでどう?」
「どうって……取り憑いたってことか?」
「そうじゃないよ。人の体温を感じるでしょ?」
 確かに少女のお尻からは人のぬくもりを感じるとともに、違った感覚がすりすりと俺の神経を刺激してくる。
「い、一回降りてくれないかな」
「えー幽霊っていうんでしょ! やだ!」
 少女のお尻がふりふりと優しく撫でてくるせいで余計に男としての機能が覚醒しそうで、
「わっ!?」
 無理やり少女を持ち上げると膝の上からどかした。
「た、確かに持ち上がる幽霊なんていないな」
「そうでしょ? でも、お兄さんすけべだな」
 ふふと少女は笑う。
「これは違うからな」
 手元が狂ったこともあるが、少女が見つめる場所は急所だった。

 これが俺と後の嫁になる女との出会いのはじまり。

 幽霊のように行動してたのは、忍者の家系で修行に適した大学ビルだったかららしい。
「懐かしいの見てるね?」
「あぁ、今もお前はちっこいままだけどな」
 怒る彼女はまるで色あせないキャンパス。
 愛を忘れない味だ。
「もう、知らない!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:明日の私 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1330字
最近公園に来てるクレープ屋さん、今日こそ寄って行こうかな。 そう思って角を曲がったわたしの目の前に、見慣れた顔が立ちふさがった。 わたしだ。もう一人のわたし。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異界への扉 ※未完
作者:いしゅと お題:刹那のドア 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1125字
深き陰の森の彼方には、異世界へと繋がる扉があると言われている。森を支配する恐るべき魔獣、オーガ。そのオーガを100匹退治した時、扉は開かれ、勇者を素晴らしき楽土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:肌寒い社会 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:883字
しばらく自分のものでない思考の海をさまよっていた。行ったことのない馴染みの店で、見たことのない恋人と、今夜食事をするらしい。自分ではない男は緊張している。大切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:東京の失敗 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:887字
大都市東京。世界有数の大都市だった東京はわずか数十年でその見る影もなくみすぼらしい姿になっていた。理由は一つ。高度なAIによる雇用の喪失だった。単調な作業を人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四畳半カバネ お題:潔白な秘部 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:519字
自身の理想とは、果てなく脆い。際限なく求めてしまう。しかし現実がすぐに水を差す。そして悟るのだ。自分はいかに矮小であるかを。正しさを求めていた。誰もが正しさを重 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:俺の秋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1020字
「秋なんです」「今は冬ですよ」「私は秋なんです」「わかりました。あなたは秋なんですね。それでいいです。話を続けてください」「今は私以外が秋でなくても秋の食べ物が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:楽観的な帝王 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:451字
「もう、嫌だ」そのだだっ広い空間にコットリ国の帝王の声が響く。何を言っているんだ?またか、この王は…と大臣たちはいつもの事だとでも言うようにため息を飲み込んだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:557字
サンタクロースが来たことはなかった。保育園のお遊戯会や、お友達とのお話で出るその人は、地球上を一晩で回りきり、世界中の子どもたちの夢を叶えてくれるらしい。私の家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:i お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:588字
君は子犬になるといいよ。これからは僕の犬だ。私の人権を無視したその発言が、私を救ってくれたなんて誰にも言えるはずがない。かわいそうだね、と笑いながら私を拾い上げ 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ道団長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:地獄ラーメン 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1068字
屋台ラーメンというのをご存知だろうか。 いや、名前からして屋台のラーメンだろと誰もがつっこみを入れるところだろう。無論筆者である私も同じ考えだった。今回は都市 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:愛、それはロボット 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1306字
父を父としてみたことがない。 私を育ててくれたのは、3番目に生まれた兄。 そもそも私の父が本当に父なのかわからない。「お兄ちゃん、今日のご飯は?」「ハンバーグ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:アブノーマルな天井 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:986字
才能が咲くとはいったいどういうことなのだろうか? 大人になればなるほど天井が近づく、そして限界が見えてくる。 兄はよくそんな愚痴をこぼす。 市大会、県大会と優 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:幸福な平和 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1330字
生まれた瞬間、ラスボスと戦うことになったら。 僕はまさにそんな状態で生まれた。 母親が世界を恐怖政治で圧政してたんだ。 簡単にいえば、母は難産して死んだ。 僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:信用のない王子 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1243字
憲法は人が守るからこそ意味がある。守られない憲法は作った人の理を破壊する。その憲法も時が過ぎればゴミとは言わないが少しずつひび割れて使えない法へと変わってく。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:純白の女 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1238字
友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。 決まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:孤独な犯人 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1191字
生まれが同じなら思考も同じ。 ただターゲットの首のとり方が違う。「……」 急所をえぐり、それを食す妹と違って私には死体を貪る趣味はない。 やるなら、「ね? ク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ぐふふ、夫 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1066字
夫が夜に徘徊してることは知ってる。 僕が眠りにつくと判断すると、すぐにベッドから一人勝手に抜け出すんだ。 で、何をしてるかというと、居間でAV鑑賞。 全く僕と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:マンネリな体 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1273字
彼は平常という言葉が嫌だった。 老いという言葉も嫌いだった。 だからこそ、幼い子どもを好んだ。 未来の自分を見るかのように子どもたちを惑わせた。 しかしながら 〈続きを読む〉