お題:純白の女 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:1238字

幽霊の正体
 友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。
 決まった時間はなく、ふとした時に現れて微笑んでくれるのだという。
 こちらを襲うようなことも驚かすこともなく、すぅと消えてく。まさに幽霊といえる。
 そして俺もついに泊まる案件が発生してしまったために、研究室で今夜食を作成中だ。夜食と言っても、ただのカップラーメンに過ぎないが栄養は大事だ。
 糖分と塩分を補充するためにチョコレートを入れたから、醤油ラーメンなのに茶色だが腹に入れば一緒だ。短期間で効果があるなら味なんて大したことない。
「美味しいの?」
「えっ」
 研究室に俺しかいないはずなのに声がはっきりと聞こえた。
 だが、研究室を見渡しても人の気配はない。
 徹夜でゲームクリアして研究しようというのが間違ってに違いないと、カップラーメンの元へ急ぐと
「……ん?」
 中身がかなり減ってた。
 いや、減ってるというよりかなくなってるーー大事な麺が。
「はぁ……」
 穴でも空いてたかとカップを調べてもそれらしいものはない。それもそのはずだ。穴があけば中の液体が溢れるし、麺が全部なくなるという結末は迎えない。
 これはいわゆる噂の幽霊か。実害がないと言われてたのに実害が発生してしまった。
「いるなら、勝手に食うのはルール違反じゃないか?」
「ごめんね、お腹空いてた」
 机の下を覗けば、ワンピース姿の少女が体操座りでこちらを見てた。
「ぐぇ!? ゆ、幽霊!?」
「違うよ、ほら」
 そういう幽霊は俺の足を掴んできた。
「ねっ?」
「うーん……」
 触れるタイプの幽霊や妖怪はいるし……そのタイプの可能性も。
「信じてない顔だね?」
 仕方ないなと少女は机の下から出てくるとなぜか俺の膝の上に座った。
「これでどう?」
「どうって……取り憑いたってことか?」
「そうじゃないよ。人の体温を感じるでしょ?」
 確かに少女のお尻からは人のぬくもりを感じるとともに、違った感覚がすりすりと俺の神経を刺激してくる。
「い、一回降りてくれないかな」
「えー幽霊っていうんでしょ! やだ!」
 少女のお尻がふりふりと優しく撫でてくるせいで余計に男としての機能が覚醒しそうで、
「わっ!?」
 無理やり少女を持ち上げると膝の上からどかした。
「た、確かに持ち上がる幽霊なんていないな」
「そうでしょ? でも、お兄さんすけべだな」
 ふふと少女は笑う。
「これは違うからな」
 手元が狂ったこともあるが、少女が見つめる場所は急所だった。

 これが俺と後の嫁になる女との出会いのはじまり。

 幽霊のように行動してたのは、忍者の家系で修行に適した大学ビルだったかららしい。
「懐かしいの見てるね?」
「あぁ、今もお前はちっこいままだけどな」
 怒る彼女はまるで色あせないキャンパス。
 愛を忘れない味だ。
「もう、知らない!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐賀通 お題:あいつと兄 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:209字
「全てを愛し、全てを憎み。ワタクシは、全てをバカにしてさしあげますわ」 などと、完全無欠の僕の一番上の姉は言う。 だからこそ、僕の一番上の姉は敗ける運命にあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と王子 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:568字
ボーンボーンボーン柱時計が鳴る。先輩のもとを訪ねたのはたしか2時頃だったのでかれこれ一時間はいる計算だ。「おや、もう3時か。お茶でもどうだい?」疑問系だが実際の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれしサイト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
検索に出てこないサイトがあるらしい。検索しても出てこないから、口コミで存在が噂になっている。誰かに教えてもらわないとサイトの場所がわからないことから、ある意味 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どす黒い恨み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:230字
首に手を掛ければ、ひゅっ、と喉が鳴った。自分がしでかしたことだと言うのに、これほどの恨みを買うとは思わなかったのだろうか? ほんと、反吐が出る。「……いいわ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏野 千尋@低浮上 お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:959字
真新しいスニーカーを、睨み付ける女の子がいた。 僕はそのスニーカーが羨ましかった。僕のうちは貧乏だ。お父さんがいないし、お母さんも、せーしゃいん、じゃない、ぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:622字
10/20(土) 曇りのち雨今日は買い物へ行った。2分ほど歩いた先のコンビニだ。2分といっても、僕の家から2分という意味ではない。家から徒歩4、5分先にある電柱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:419字
街の外れ、小高い山の中腹あたりに1棟のマンションが建っている。私が小さな頃に不正が発覚し、住人は立ち退き。結果としてマンションは捨てられた。正面にあるこの坂から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イタリア式の教室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:752字
転校生への洗礼は、まず顔面ピザ投げだ。生徒の机には各種チーズが常備されていて、給食のピザの際は好きなだけ追いチーズができる。サラミやらバジルやらお好みのトッピ 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
666 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:汚れたしきたり 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:635字
純血を育てるという役割で僕たち分家は幼い頃から宗家の代わりになるのが習わしだ。 ただ純血を作るという技術もだいぶ廃れたようで、分家が事業などの取締役として働く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
013 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:綺麗な小説修行 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:586字
圧倒的ボリュームのあるものは人を寄せ付けない。 それは料理に限らずすべてのものが該当する。 そんなものを描写しようとすると、まず自分が体験しなければならない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:833字
人に努力を見られるわけにはいかない。「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」 が、講師の目に触れれば当然怒られる。「特待生だからといって何をやってもいいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:たった一つの町 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:862字
人の噂を頼りにすることは何も間違ったことじゃない。 地図も、電車も、あらゆる情報は誰か知らない人が作り出したもの。そしてごくあたりまえのことだけど、それで仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:君の霧雨 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:840字
葬儀を終えて教室に戻ると、彼女は泣いてた。「……大丈夫?」「う、ん、へいき。もういっぱい泣いた」 静かに彼女が座る席の隣へ。「キレイな顔だったね」「うん、美人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:遅い映画館 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:932字
開店するショッピングセンターの中に映画館ができるそうだ。 少し電車に乗って移動しなければ見ることが出来なかったので、ボクも含めて住民からかなりの協賛を得られた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:日本、と彼は言った 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1015字
彼の故郷は日本だという。 地図上に確かにその国は存在するが、人が住んでたのは数百年も前の話。今じゃ日本人というのは存在せず、野生児と呼ばれる人間の一歩前の動物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
みみあめ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:死にかけの耳 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:764字
水の落ちる音を聞きすぎたせいか、マンションのホールに入っても同じ音が脳内で響いてる。 気にしないのが一番だが、これから彼女と落ち合うのだから元に戻さないと。聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
112.0 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:殺された芸術 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:749字
一般受けしないものを作ると異端と言われる。変態、天才。カテゴリーが違ってもわかるのは人とは違うなにかを持ってるということ。 それにしたって好きなものは好きなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
がいぶ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:栄光の新卒 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1083字
新卒とは未来を作る人材のことをさす。 そのために、「部長と課長を首にします」 いつまでも居座り、実績をあげないものをきる必要がある。「どうしてですか?」「どう 〈続きを読む〉