お題:純白の女 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:1238字

幽霊の正体
 友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。
 決まった時間はなく、ふとした時に現れて微笑んでくれるのだという。
 こちらを襲うようなことも驚かすこともなく、すぅと消えてく。まさに幽霊といえる。
 そして俺もついに泊まる案件が発生してしまったために、研究室で今夜食を作成中だ。夜食と言っても、ただのカップラーメンに過ぎないが栄養は大事だ。
 糖分と塩分を補充するためにチョコレートを入れたから、醤油ラーメンなのに茶色だが腹に入れば一緒だ。短期間で効果があるなら味なんて大したことない。
「美味しいの?」
「えっ」
 研究室に俺しかいないはずなのに声がはっきりと聞こえた。
 だが、研究室を見渡しても人の気配はない。
 徹夜でゲームクリアして研究しようというのが間違ってに違いないと、カップラーメンの元へ急ぐと
「……ん?」
 中身がかなり減ってた。
 いや、減ってるというよりかなくなってるーー大事な麺が。
「はぁ……」
 穴でも空いてたかとカップを調べてもそれらしいものはない。それもそのはずだ。穴があけば中の液体が溢れるし、麺が全部なくなるという結末は迎えない。
 これはいわゆる噂の幽霊か。実害がないと言われてたのに実害が発生してしまった。
「いるなら、勝手に食うのはルール違反じゃないか?」
「ごめんね、お腹空いてた」
 机の下を覗けば、ワンピース姿の少女が体操座りでこちらを見てた。
「ぐぇ!? ゆ、幽霊!?」
「違うよ、ほら」
 そういう幽霊は俺の足を掴んできた。
「ねっ?」
「うーん……」
 触れるタイプの幽霊や妖怪はいるし……そのタイプの可能性も。
「信じてない顔だね?」
 仕方ないなと少女は机の下から出てくるとなぜか俺の膝の上に座った。
「これでどう?」
「どうって……取り憑いたってことか?」
「そうじゃないよ。人の体温を感じるでしょ?」
 確かに少女のお尻からは人のぬくもりを感じるとともに、違った感覚がすりすりと俺の神経を刺激してくる。
「い、一回降りてくれないかな」
「えー幽霊っていうんでしょ! やだ!」
 少女のお尻がふりふりと優しく撫でてくるせいで余計に男としての機能が覚醒しそうで、
「わっ!?」
 無理やり少女を持ち上げると膝の上からどかした。
「た、確かに持ち上がる幽霊なんていないな」
「そうでしょ? でも、お兄さんすけべだな」
 ふふと少女は笑う。
「これは違うからな」
 手元が狂ったこともあるが、少女が見つめる場所は急所だった。

 これが俺と後の嫁になる女との出会いのはじまり。

 幽霊のように行動してたのは、忍者の家系で修行に適した大学ビルだったかららしい。
「懐かしいの見てるね?」
「あぁ、今もお前はちっこいままだけどな」
 怒る彼女はまるで色あせないキャンパス。
 愛を忘れない味だ。
「もう、知らない!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:小説の中の食卓 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:857字
おじいちゃん。ご飯はさっき食べたよ。 おばあちゃん。眼鏡はあたまの上だよ。 お父さん。ちゃんとごはん食べなきゃ。 お母さん。ぼくもお皿洗い手伝うよ。 ぼくの食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オソラアオイ お題:幼い小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
子どもはとにかく無知でわがままだ。それでいて、素直で感性豊かで、大人でさえ答えが出ないようなことも知りたがる。 例えば、宇宙の果てはどうなっているのかだとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一条祭り(プリチャン名オンナスキー) お題:進撃の任務 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:897字
先に言うとこの話にはオチがない。少し前、ネットカフェに泊まったことがある。確か大学の友人達と久々に集まってカラオケに行きそのまま終電まで居酒屋で飲んでいた。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:汚れたババァ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:611字
ずるずると片足を引きずって、よたよた歩いていたおばあさんは、紙袋のみかんを、横断歩道に積もった雪の上に落として五線譜みたいになった。それをお母さんに拾ってもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつもみんなにミニラ お題:素人のオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「とりあえずぶん殴ればいいの?」私は隣にいる友人に言った。友人オススメのこの遊びは、人間を操って周囲に混乱を振りまいたり、国を打ち滅ぼしたり、誰かを絶望させた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:プロの女の子 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1041字
いつもの部室。変わらない配置に座る三人の高校一年生。それと、デタラメな高校二年生。四人は部室にいるものの、やることはみんな違う。ゲームをしたり、雑誌を読んだり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1308字
本日、わたくし、こと、日に日にあだ名が増えていく男(最近ではよくデタラメな男と呼ばれている)は、弁当を持ってくることが叶わず(そういえば両親が旅行へ行っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神の渇き ※未完
作者:ナベ お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:598字
とある大陸で私は神になった。その大陸は世界的に発見されておらず、そこに住む先住民族は私が上陸した時に神様が参ったのだと信じ込んだのだ。先住民族たちは沢山の貢ぎも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:茶色い娼婦 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:408字
「ハロウィーンは、逢魔が時だよね」 「死者と生者の境があいまいになる、という意味ではそうかな?」 「黄昏時、とも言うから、彼と誰の間も曖昧になる」 「でも、彼 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみLOの即興 小説


ユーザーアイコン
目13 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:誰かの目 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:774字
そこは文字通り鏡の世界だった。 クラスでちやほやされる存在だった私が今じゃ影。無視される毎日だ。これを入れ替わった私が体験してたのならば、入れ替わりたいと思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:いわゆる階段 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:839字
いったい登り始めてどれくらいの時が経っただろうか。「……」 螺旋階段は上に続いてるのが見えるだけで数分前と何も違いがない。下でも見れればよかったのだが、螺旋階 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:赤い食卓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:785字
「なにこれ?」「ハンバーグです」 ハンバーグ……なのか。見事に真っ赤な円。言われてみればそう見えることもあるだろうが、唐辛子を塗りまくった下手な料理にしか見えな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:くだらないモグラ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:988字
バニラピーチというのをご存知だろうか。 無論私は知ってる。 もったいぶるつもりはないので説明するが、バニラピーチというのは世間に広まってる桃とは違う用途で使用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:俺は傘 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:545字
善と悪が人の中に存在するなら、すべては悪である。 なぜなら、善は佐久間まゆを奪った。 コトの発端はただの接触。傘がぶつかったとかそういう理不尽な行動で彼女は連 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:うわ・・・私の年収、小説の書き方 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1143字
お嫁においでと言われていろいろ準備してきたものの……。「物置く場所ないじゃない」 彼の部屋に入ってみると、うわ……部屋の中本だらけ。「あとでやろうと思ったらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:暑い殺人 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:795字
地球エコ計画。 その1、緑を増やす。 これにより、空気がよいものへとなる。 その2、野生生物の住処を増やす。 これにより、駆除対象という人間のご都合ワードがな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ぴあの ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:未熟なピアノ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:777字
音に生命が宿る時、それは神話を作る。不思議な声が耳をすませば届いてくる。それが世界の理であり、この世を統べるものの力でもある。汝はただ動かされる下僕。主を持つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:そ、それは・・・踊り 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:801字
この町の異様さを世間に知ってもらうためには見えないことが前提条件。 バレずに取得できる前提がデータが必要。いわゆる盗撮。ばれない盗撮を完遂するしかない。 普通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:簡単な私 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:738字
今日は久々の登校日。「ん……」 誰も私を気にしないから普通に遅刻して入室できた。 教師でさえ私を無視するのだからほんとどうかしてる。 ただプリントや、試験なん 〈続きを読む〉