お題:純白の女 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1238字

幽霊の正体
 友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。
 決まった時間はなく、ふとした時に現れて微笑んでくれるのだという。
 こちらを襲うようなことも驚かすこともなく、すぅと消えてく。まさに幽霊といえる。
 そして俺もついに泊まる案件が発生してしまったために、研究室で今夜食を作成中だ。夜食と言っても、ただのカップラーメンに過ぎないが栄養は大事だ。
 糖分と塩分を補充するためにチョコレートを入れたから、醤油ラーメンなのに茶色だが腹に入れば一緒だ。短期間で効果があるなら味なんて大したことない。
「美味しいの?」
「えっ」
 研究室に俺しかいないはずなのに声がはっきりと聞こえた。
 だが、研究室を見渡しても人の気配はない。
 徹夜でゲームクリアして研究しようというのが間違ってに違いないと、カップラーメンの元へ急ぐと
「……ん?」
 中身がかなり減ってた。
 いや、減ってるというよりかなくなってるーー大事な麺が。
「はぁ……」
 穴でも空いてたかとカップを調べてもそれらしいものはない。それもそのはずだ。穴があけば中の液体が溢れるし、麺が全部なくなるという結末は迎えない。
 これはいわゆる噂の幽霊か。実害がないと言われてたのに実害が発生してしまった。
「いるなら、勝手に食うのはルール違反じゃないか?」
「ごめんね、お腹空いてた」
 机の下を覗けば、ワンピース姿の少女が体操座りでこちらを見てた。
「ぐぇ!? ゆ、幽霊!?」
「違うよ、ほら」
 そういう幽霊は俺の足を掴んできた。
「ねっ?」
「うーん……」
 触れるタイプの幽霊や妖怪はいるし……そのタイプの可能性も。
「信じてない顔だね?」
 仕方ないなと少女は机の下から出てくるとなぜか俺の膝の上に座った。
「これでどう?」
「どうって……取り憑いたってことか?」
「そうじゃないよ。人の体温を感じるでしょ?」
 確かに少女のお尻からは人のぬくもりを感じるとともに、違った感覚がすりすりと俺の神経を刺激してくる。
「い、一回降りてくれないかな」
「えー幽霊っていうんでしょ! やだ!」
 少女のお尻がふりふりと優しく撫でてくるせいで余計に男としての機能が覚醒しそうで、
「わっ!?」
 無理やり少女を持ち上げると膝の上からどかした。
「た、確かに持ち上がる幽霊なんていないな」
「そうでしょ? でも、お兄さんすけべだな」
 ふふと少女は笑う。
「これは違うからな」
 手元が狂ったこともあるが、少女が見つめる場所は急所だった。

 これが俺と後の嫁になる女との出会いのはじまり。

 幽霊のように行動してたのは、忍者の家系で修行に適した大学ビルだったかららしい。
「懐かしいの見てるね?」
「あぁ、今もお前はちっこいままだけどな」
 怒る彼女はまるで色あせないキャンパス。
 愛を忘れない味だ。
「もう、知らない!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:783字
スマートスピーカーに連動してカーテンを開け閉めすることもできるようになった。各種家電製品がオンラインでコントロールできる世の中になるとは。 カーテンや部屋の電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルサイア お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1303字
「そんなバカな!」私は焦った。「この世の中が、すべて造りものだったとは…。」今、私の画面に表示されているのは、「Game over」の文字。どういうわけか、私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:賢い窓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1090字
私「あの落ち葉が散るとき、私の命も散ってしまうのね……」などと悲劇のヒロインを気取ってみても何もならない。私、白雪姫子(しらゆき ひめこ)、23歳独身。窓に映る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:845字
警察に一本の電話が入った。近くで殺人事件が起きたらしい。 新米刑事の私は早速現場に急行した。先輩は後から合流するとのこと。不安しかない。 通報してきた人もそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヴァレー@6/3音けっと お題:とてつもない血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:822字
小さな田舎の駅。すでに午後10時を過ぎていて、田舎の小さな駅舎には誰もいなかった。この駅は無人駅で、駅員すらいない。私「トイレはどこだ・・・」突然催してきたので 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:944字
ベタ惚れした相手がメンヘラだった── 非モテの俺にもモテ期が来たと勘違いしていた。人生には三度モテ期が訪れるなんていう言葉を真に受けて、熱烈なアタックに舞い上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:たった一つの帰り道 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:5465字
真っ青な空、凍てついた空気。最後の力を振り絞るような、冬の朝。姉妹揃って玄関を出るのは、いつぶりだろう。もこもことしたレインは、ひなたの腕からぴょん、と飛び降り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:夜の夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:790字
ちょっと変わった機械が完成した。 一定の空間のみ温度と湿度を完璧に調整できるものだったのだが、それはエアコンと何が違うのかと問われそうである。炬燵だって湿度は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:寒いいたずら 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:4613字
コールは止まらない。目の前で命を失くした5分後に救急車が来るなんて、日常茶飯事だ。嘆く時間も許されない、日々。上手に嘆くことができないことも、PTSDの症状の一 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:可愛い天使 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:760字
最初に触れたのは幼稚園の頃。ボクがまだ人と触れ合うことになれてない時だった。 外は危険がいっぱいだから1人で過ごせとおばあさまにさんざん言われてたけど、みんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授業 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:失敗の小説上達法 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:940字
ものごとには準備があって、予習復習を繰り返す必要がある。試験であったり、大賞であったり、グランプリであったり、を。そして次にインプット。アウトプットするだけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:人妻の消しゴム 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:853字
人生に終わりがあるならそれは人に忘れられた時。 つまりは人に刻印を押し付ければ、僕という個体は消えはしない。 かといって作りすぎるのも考えようだ。 相手に顔が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:白い会話 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1041字
誰かと会話してるようでしてないことは起こりえない。 とはいえ、携帯電話を片手に忙しそうにしてるのは人に見えない。「……」 昔は本を読んだり、新聞を読んだりした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
グンマ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:群馬のギャグ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:605字
群馬といえば、にほんの秘境と呼ばれた場所であった。 そのことをニュースで取り上げた次の日に出演者が謎の失踪を遂げたことから、話題にしてはいけない黒いギャグとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:蓋然性のある表情 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:909字
「……笑うって楽しいかな?」「うーん……。笑うことが既に楽しいという前提に近いって、僕は思うかな」「でも、ずっと笑ってる人いるよね? 人が死んでも、何があっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:男の踊り 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:495字
刻印として残されたものは親から子へ。 受け継ぐのは遙かなる過去の記憶も含む知識となる。 だからこそ、王への嫌悪感は当事者に行われた行為よりも、一層強くなる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:3月の第三極 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:819字
別れはいつも突然で、その流れを止めることはできなかった。私には到底できない。 また出会えたらとお互いに思いあっても、現実は違う。 疎遠は心までも侵食し、やがて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:メジャーな天使 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1063字
クリスマスの夜、ベランダに天使が舞い降りた。「はじめまして」 金色のように月夜で輝く金髪はとても眩しかった。「はじめまして?」 天使と思った生命体は見知った顔 〈続きを読む〉