お題:緩やかな深夜 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:1000字

十六夜
 秋の夜長というけれど、それほど長さに差を感じない。
 それはすぐに寝てしまうからだ、と彼は言ってわたしを外に連れ出した。
 玄関先で大きな欠伸をすると、外にいた彼は笑って南の空を指差した。
「あの月も入りそうな口してる」
 月はほとんど新円に近い姿で南中していた。
 そんなわけあるか、と言う気も起きずに、わたしは無言で靴を履いた。

 日中は、まだまだ夏かと思うぐらいに暑いくせに、夜になるとさすがにひんやりとしている。
 街灯に照らされたアスファルトは黒く、大きな穴が開いていても分からないだろう。そう思うと、あんまり歩いていく気がしない。
 引き返そう、とわたしは家から5メートルぐらいのところで言った。彼はまた笑う。笑って、「まだまだ夜は長いよ」と返す。
 彼はいつも笑っているように思う。そういう風に意識して、わたしの前では振舞おうとしているだけかもしれない。
「おあつらえ向きの、満月の夜じゃないか。秋は月がきれいなんだって言うだろう?」
「月なんていつ見たって同じだよ」
 おあつらえ向き、と聞いてわたしは彼の笑顔のことを思う。いつも満月に見える月として、わたしの周りを回ってくれている、そんな風な傲慢な想像をしてしまう。
「そんなことないよ」
 月には色々あるのだ、と彼は言った。
 地球に近くて大きく見える満月が「スーパームーン」、一か月で二回目の満月を「ブルームーン」、他にも「ブラッドムーン」とか、色々な呼び方があるらしい。
「もちろん、形も変わるからね。三日月、上弦の月、下弦の月……」
 理科の授業が始まったので、わたしはそっぽを向いた。
「今日は、何の月? 満月?」
 彼はスマホを取り出して、「正確なところを調べる」と言った。
「……ああ、違うんだ」
「何?」
「今日は十六夜だよ」
 日にちとちょっとずれてるんだ、太陽暦だから。ピンとこないが彼はそう言った。
「あるいは、『キボウ』とも言うそうだよ」
「きぼう……」
 どんな字を書くのだろう。希望、ではないと思う。
 既に望月をすぎたから、で「既望」と書くと彼は言った。
「どっちでもいいや。『きぼうのある』夜空だと思って」
 ないよ、と言いかけてわたしはやめた。
 ない、と言うのは簡単だ。でも、わたしはもう昼間に家から出られなくなって久しいのに、彼はこうして構ってくれる。それを、突っぱねるような気がしたから。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と王子 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:568字
ボーンボーンボーン柱時計が鳴る。先輩のもとを訪ねたのはたしか2時頃だったのでかれこれ一時間はいる計算だ。「おや、もう3時か。お茶でもどうだい?」疑問系だが実際の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれしサイト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
検索に出てこないサイトがあるらしい。検索しても出てこないから、口コミで存在が噂になっている。誰かに教えてもらわないとサイトの場所がわからないことから、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どす黒い恨み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:230字
首に手を掛ければ、ひゅっ、と喉が鳴った。自分がしでかしたことだと言うのに、これほどの恨みを買うとは思わなかったのだろうか? ほんと、反吐が出る。「……いいわ、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夏野 千尋@低浮上 お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:959字
真新しいスニーカーを、睨み付ける女の子がいた。 僕はそのスニーカーが羨ましかった。僕のうちは貧乏だ。お父さんがいないし、お母さんも、せーしゃいん、じゃない、ぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:622字
10/20(土) 曇りのち雨今日は買い物へ行った。2分ほど歩いた先のコンビニだ。2分といっても、僕の家から2分という意味ではない。家から徒歩4、5分先にある電柱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:419字
街の外れ、小高い山の中腹あたりに1棟のマンションが建っている。私が小さな頃に不正が発覚し、住人は立ち退き。結果としてマンションは捨てられた。正面にあるこの坂から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イタリア式の教室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:752字
転校生への洗礼は、まず顔面ピザ投げだ。生徒の机には各種チーズが常備されていて、給食のピザの際は好きなだけ追いチーズができる。サラミやらバジルやらお好みのトッピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:箱の中の国 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:765字
昔から関節がやわらかいのだけが自慢で、体を折りたたんでトランクケースに入る遊びをしていたら、はずみで留め金が閉じてしまった。内側からは開けられず、外からはなん 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2901字 評価:0人
かつて、鬼束シンスケというプロ野球選手がいた。 当時としては長身の180センチから投げ下ろす速球を武器に、甲子園を大いに沸かせた。 高校卒業後はプロ入りし、ド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉