お題:冷たい真実 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:837字

代償

とても、とてもわかりやすいテーマだと思う。
自動作成された意味の無い言葉でも無ければ、素っ頓狂な設定も無い。
子供の時に書いた読書感想文のように、ですます口調で続けてしまえば誤魔化せるだろう。
そこまでの想像は安易に出来るというのに、私の指はぎこちなかった。
指先から凍っていくような感覚。
視線が定まらず、不安げに宙を彷徨う。
自分を叱咤するには時間が無さ過ぎた。

心のままに、思うままに。
それが信条であり、自分の大事な大黒柱であったと思う。
それすら忘れてしまったこの頭はどこまでポンコツなんだか。

夢を見ていた時もあった。
今は、もうその夢は夢でしかないとわかっている。
夢は夢だからいいんだ。
言い訳はいくらでも思いつく、浮かび上がる。

刻一刻とその時は迫りくる。
誰にでも平等な時間という概念、もちろん私自身も例外ではない。
時間に追われ、日々に追われることなど慣れ親しんでいるはず。
だけど、この追われ方は、やっぱり好きで、嫌い。

さぁ、そろそろ仕上げに取り掛かろう。
頭からはそういった指令が出ているのだけど、なんせオチもなければ始まってもいない。
この状況はいかがしたものか。
ただ文字を起こし、並べればそれで満足か。
心が大声をあげているが、それでも指は凍ったまま。なんなら霜まで付いている。
腕を、身体を、頭を溶かす方法を、ご教示願いたい。

何もしない時間は、何も産まない私を作り上げてしまった。
キーボードがこんなにも固く、ディスプレイがこんなにも眩しく、インターネットがこんなにも私を苛めにくるとは。
それでも、私は突き進んでいかねばならない。
訳の分からない義務感に似たものが、ずっと私を蝕んでのさばってくる。
産み出すんだ、ひねり出すんだ、素晴らしいアイデアを。
お願いだ、でないと、私の存在意義がなくなってしまう。

無宗教を謳う私が、いったい何に願いをかけたのか。
聞き入れる存在など無く、無情にも、私のクビは切って落とされた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷たい真実 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:429字
痛いはずだ。寒いはずだ。鈍くなった頭はそう自身に言い聞かせるも、意思に反して体の感覚は遥か遠く、皮膚は焼けてしまったかのように熱い。どうしていこうなってしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷たい真実 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:532字
幽霊だと思ったら枯れ尾花だった。心霊写真は映り込みか合成。ラップ音は家鳴り。世に蔓延る心霊現象なんて大抵はそんなものだ。 暗い夜道を歩いていれば不安にもなるだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

とらしゅーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:とらしゅー お題:冷たい真実 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:837字
とても、とてもわかりやすいテーマだと思う。自動作成された意味の無い言葉でも無ければ、素っ頓狂な設定も無い。子供の時に書いた読書感想文のように、ですます口調で続け 〈続きを読む〉