お題:冷たい真実 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:837字

代償

とても、とてもわかりやすいテーマだと思う。
自動作成された意味の無い言葉でも無ければ、素っ頓狂な設定も無い。
子供の時に書いた読書感想文のように、ですます口調で続けてしまえば誤魔化せるだろう。
そこまでの想像は安易に出来るというのに、私の指はぎこちなかった。
指先から凍っていくような感覚。
視線が定まらず、不安げに宙を彷徨う。
自分を叱咤するには時間が無さ過ぎた。

心のままに、思うままに。
それが信条であり、自分の大事な大黒柱であったと思う。
それすら忘れてしまったこの頭はどこまでポンコツなんだか。

夢を見ていた時もあった。
今は、もうその夢は夢でしかないとわかっている。
夢は夢だからいいんだ。
言い訳はいくらでも思いつく、浮かび上がる。

刻一刻とその時は迫りくる。
誰にでも平等な時間という概念、もちろん私自身も例外ではない。
時間に追われ、日々に追われることなど慣れ親しんでいるはず。
だけど、この追われ方は、やっぱり好きで、嫌い。

さぁ、そろそろ仕上げに取り掛かろう。
頭からはそういった指令が出ているのだけど、なんせオチもなければ始まってもいない。
この状況はいかがしたものか。
ただ文字を起こし、並べればそれで満足か。
心が大声をあげているが、それでも指は凍ったまま。なんなら霜まで付いている。
腕を、身体を、頭を溶かす方法を、ご教示願いたい。

何もしない時間は、何も産まない私を作り上げてしまった。
キーボードがこんなにも固く、ディスプレイがこんなにも眩しく、インターネットがこんなにも私を苛めにくるとは。
それでも、私は突き進んでいかねばならない。
訳の分からない義務感に似たものが、ずっと私を蝕んでのさばってくる。
産み出すんだ、ひねり出すんだ、素晴らしいアイデアを。
お願いだ、でないと、私の存在意義がなくなってしまう。

無宗教を謳う私が、いったい何に願いをかけたのか。
聞き入れる存在など無く、無情にも、私のクビは切って落とされた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷たい真実 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:429字
痛いはずだ。寒いはずだ。鈍くなった頭はそう自身に言い聞かせるも、意思に反して体の感覚は遥か遠く、皮膚は焼けてしまったかのように熱い。どうしていこうなってしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冷たい真実 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:532字
幽霊だと思ったら枯れ尾花だった。心霊写真は映り込みか合成。ラップ音は家鳴り。世に蔓延る心霊現象なんて大抵はそんなものだ。 暗い夜道を歩いていれば不安にもなるだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:58字
うるさい。エアコンの音、差し込んでくる日光、頭に覆いかぶさる眠気、かすかに聞こえる蝉の音、つきものの沈黙、うるさい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗いカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:706字
昔々のお話です。 あるところにカラスという名の鳥がいました。 カラスは生物学的には間違いなく鳥であるのですが、ペンギンや鶏のように空を飛ぶことができない鳥のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの狸 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:620字
タヌキ自体はそうでもないが、タヌキの置物にだけは異常な執着を見せる男がいる。 彼はタヌキの陶器の置物を見るや耐えがたい嫌悪感と吐き気に襲われ、猛烈に叩き割りた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2018081401.txt ※未完
作者:樹真一 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:642字
「これはペンですか?」 という書き出しで始まり、「違うわ、それは血痕」 というオチでぞわりとさせるショートショートが好評を博したのが7年前で、それ以来、そのヒッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:春の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:482字
まだまだ大学生になるのが、特権階級だったころ。東京の私立大学、N大学には毎年春先に開かれる知る人ぞ知るイベントがあった。春休みに入ると卒業生は去り、卒業できなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:官能的な負傷 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:373字
彼女は美しかった。私の知る彼女のうちで最も艶めかしく、蠱惑的だった。圧倒的な戦力差を物ともせず、僅か数千の部下と共に数十倍は下らない数の敵軍を引き留めた彼女。そ 〈続きを読む〉

とらしゅーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:とらしゅー お題:冷たい真実 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:837字
とても、とてもわかりやすいテーマだと思う。自動作成された意味の無い言葉でも無ければ、素っ頓狂な設定も無い。子供の時に書いた読書感想文のように、ですます口調で続け 〈続きを読む〉