お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:522字

クリスマスの子供達の蜂起
子供達は蜂起した。
彼らは最早サンタを信じる事を辞めたのだ。

「今年もクリスマスがやって来た」
長机に座る数人の子供達。彼らは暗い部屋で思い思いの様子であるが座っていた。
「今年こそは大人達の陰謀を暴いてやろう」
長身男子が声を荒げる。長身といっても子供の中ではの話だが。
「そう言って今年も無理だと思うけど」
「なんだと!」
ネイルをしている女の子が発した言葉に、男たちは憤慨していたが、一部である。
「まぁ、落ち着け」
落ち着いた声が響く。大人顔負けの低い声はこの会議ではよく響き渡るのである。
「でも、議長」
「言い争いは何も生まないさ。ここは会議をする場だよ?」
彼の威圧感に皆声を鎮める。

「さて、今年こそはサンタを捕まえる為の会議を始めよう」

子供達はサンタの存在を信じていた。
しかし、無慈悲な一部ものがその存在をリークした。
「サンタは両親が演じている」
半信半疑の子供達だったが、一部は納得した。しかし、そうじゃない層もいた。
彼ら、同じ孤児院で育てられている彼らには両親はいない。では、サンタは誰だ、という疑問は当然の帰結だ。

「今年こそはサンタを暴き、俺たちのクリスマスを取り戻す」

子供達の不眠の戦いが始まる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:729字
「つ、っかれた…………」手にした箱を畳の上に置いて、オレもその上に倒れ込む。暖房もついていない和室で、もうすっかり日も暮れた時間なので、室内はものすごく寒い。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉

akishinohonobuの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:優秀な作家デビュー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:594字
華々しいデビューになったと自分でも思う。 20歳で小説を書き上げてから四苦八苦して四作目。なんとか形になったと思ったので、投稿してみた。小説というものをあまり読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:出来損ないの大地 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:918字
人類はその生存領域を消失した。 度重なる戦争は、生物を○すことに特化していく。その連鎖は止まることがなくなった。進化は人類の制御を離れ、ついに星そのものを○す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:元気な映画 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:547字
死にたい、と考えて行動に移すことにする。実際に死ぬには何をしなければならないのか?全部捨てて死ぬこともできる。でも、未練がゼロというわけではない自分には出来ない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:失敗のサラリーマン 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:622字
企業立ち上げて三年で倒産した。借金は桁の数が多すぎて吐き気がする。もはや、奴隷のような生活しか残っていないという事実。なんとか就職した会社。営業の仕事は肌に合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:522字
子供達は蜂起した。彼らは最早サンタを信じる事を辞めたのだ。「今年もクリスマスがやって来た」長机に座る数人の子供達。彼らは暗い部屋で思い思いの様子であるが座ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:激しい勇者 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:658字
「こんにちは!私の勇者様!」「なんで此処がわかった北の魔女さん?」彼女はにっこりと満面の笑みを浮かべる。「愛です」グラタンヌ大陸の中央に位置する王都ジャバジャバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:くさい冬 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:571字
刺激がなくただ腐るように過ごす。私は現状の自分をそんな風に思っていた。食べられもせず、炬燵に放置された蜜柑みたいに。孤独は毒となって蝕む。会社での愛想笑いが日常 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:魅惑のところてん 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:609字
「ところてんってなんだっけ?」友人は突然そんなことを言い出した。脈絡はなく、本当に明日暇? くらいの気軽さだった。「ところてんがどうしたんだよ?」「いや、ツイッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:思い出の帰り道 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:639字
父は厳格な人物だった。そして、加減の知らない人でもあった。何をするにしても父の意見を聞くのが、私の家でのルールであり、法であり、秩序だった。私が小学生の時に友人 〈続きを読む〉