お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:522字

クリスマスの子供達の蜂起
子供達は蜂起した。
彼らは最早サンタを信じる事を辞めたのだ。

「今年もクリスマスがやって来た」
長机に座る数人の子供達。彼らは暗い部屋で思い思いの様子であるが座っていた。
「今年こそは大人達の陰謀を暴いてやろう」
長身男子が声を荒げる。長身といっても子供の中ではの話だが。
「そう言って今年も無理だと思うけど」
「なんだと!」
ネイルをしている女の子が発した言葉に、男たちは憤慨していたが、一部である。
「まぁ、落ち着け」
落ち着いた声が響く。大人顔負けの低い声はこの会議ではよく響き渡るのである。
「でも、議長」
「言い争いは何も生まないさ。ここは会議をする場だよ?」
彼の威圧感に皆声を鎮める。

「さて、今年こそはサンタを捕まえる為の会議を始めよう」

子供達はサンタの存在を信じていた。
しかし、無慈悲な一部ものがその存在をリークした。
「サンタは両親が演じている」
半信半疑の子供達だったが、一部は納得した。しかし、そうじゃない層もいた。
彼ら、同じ孤児院で育てられている彼らには両親はいない。では、サンタは誰だ、という疑問は当然の帰結だ。

「今年こそはサンタを暴き、俺たちのクリスマスを取り戻す」

子供達の不眠の戦いが始まる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:729字
「つ、っかれた…………」手にした箱を畳の上に置いて、オレもその上に倒れ込む。暖房もついていない和室で、もうすっかり日も暮れた時間なので、室内はものすごく寒い。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:矢水びん お題:憧れの食器 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:679字
光が一粒もない暗闇の中を、さまよい続けてどれくらいの時間がたったのだろう。 なにせ、ここには昼夜がない。朝日もなければ月もない。 ただただ、暗闇があるだけだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子供の帝王 ※未完
作者:イグモ お題:子供の帝王 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:454字
あの厄介な男が僕の前に現れたその日、僕は鬼川原公園の砂場で黙々と城を作っていた。この公園は僕の通う鬼川原小学校の学区であり、すなわちそれは我ら鬼川原小3-2組の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:急な死 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:243字
女は少年を押し倒すと、彼の服を剥いだ。そうして露わになったのは、当然、まだ幼い少年の身体である。女は狂ったように、まだ女を知らない少年の身体を愛撫する。少年は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
現を忘れて ※未完
作者:akari お題:意外!それは朝日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:275字
――……嘘でしょ。 愕然とした。今の状況が信じられない。目の前のブラックスクリーンに映る私の顔にはキーボードの痕がくっきり残っている。時計なんて見たくない。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文字の戦争 ※未完
作者:かの歌 お題:小説の中の戦争 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:261字
私は今小説の中にいる。小説を読んでいたら突然、小説の中に入ってしまったのだ。しかも読んでいた小説のジャンルは戦争ものだった。 異世界に入り込んだ私はある違和感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

akishinohonobuの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:優秀な作家デビュー 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:594字
華々しいデビューになったと自分でも思う。 20歳で小説を書き上げてから四苦八苦して四作目。なんとか形になったと思ったので、投稿してみた。小説というものをあまり読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:出来損ないの大地 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:918字
人類はその生存領域を消失した。 度重なる戦争は、生物を○すことに特化していく。その連鎖は止まることがなくなった。進化は人類の制御を離れ、ついに星そのものを○す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:元気な映画 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:547字
死にたい、と考えて行動に移すことにする。実際に死ぬには何をしなければならないのか?全部捨てて死ぬこともできる。でも、未練がゼロというわけではない自分には出来ない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:失敗のサラリーマン 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:622字
企業立ち上げて三年で倒産した。借金は桁の数が多すぎて吐き気がする。もはや、奴隷のような生活しか残っていないという事実。なんとか就職した会社。営業の仕事は肌に合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:12月の強奪 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:522字
子供達は蜂起した。彼らは最早サンタを信じる事を辞めたのだ。「今年もクリスマスがやって来た」長机に座る数人の子供達。彼らは暗い部屋で思い思いの様子であるが座ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:激しい勇者 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:658字
「こんにちは!私の勇者様!」「なんで此処がわかった北の魔女さん?」彼女はにっこりと満面の笑みを浮かべる。「愛です」グラタンヌ大陸の中央に位置する王都ジャバジャバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:くさい冬 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:571字
刺激がなくただ腐るように過ごす。私は現状の自分をそんな風に思っていた。食べられもせず、炬燵に放置された蜜柑みたいに。孤独は毒となって蝕む。会社での愛想笑いが日常 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:魅惑のところてん 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:609字
「ところてんってなんだっけ?」友人は突然そんなことを言い出した。脈絡はなく、本当に明日暇? くらいの気軽さだった。「ところてんがどうしたんだよ?」「いや、ツイッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:思い出の帰り道 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:639字
父は厳格な人物だった。そして、加減の知らない人でもあった。何をするにしても父の意見を聞くのが、私の家でのルールであり、法であり、秩序だった。私が小学生の時に友人 〈続きを読む〉