お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:689字

酒だけ
「「ウーロン茶で」」
 注文の声が隣とかぶった。酒を出す店にきているというのに、開口一番がそれ。おまけにカウンターにひとりでかけているところまで一緒。気まずさを覚えたのはこちらだけのようで、その女はお品書きをすみずみまで読んで、頼む料理を熟考している。
「お腹すいたな~」
 しかもひとりごとまで聞こえてきた。ぐーぐー腹の虫も鳴っている。女性にとっては他人に聞かれると恥ずかしいたぐいのものではないかと思うが、気にした様子はない。自分の部屋にいるつもりなのかもしれない。たまに見かける、外食にくると必要以上にくつろいでしまう客だ。
 酔っ払ったら質が悪そうだ。絡まれたらどうしよう、と心配する。けど、ウーロン茶を注文するのを聞いたし大丈夫だろう。
 そんなうちに、カウンター奥からグラスが運ばれてきて置かれる。
「これ、ウーロンハイですよう」
 オーダーのミスがあったようだ。例の腹を空かした女は飲むまえに気づいたようで、店員に言っている。あぶないところだった。このくつろぎまくりの客が飲めもしない酒で悪酔いして絡まれる未来が訪れるところだった。
 酒を飲まないのは好き嫌いとか体質的に駄目とかでなく、単に酔うからだ。体調を崩すのもあるけど。我を失ってわけもわからずに楽しくなったり、悲しくなったりするのが嫌だから。それを求めて飲む人もいるのだろうけど、生憎なにもかも忘れたいと思うほどひどい日常は送ってない。
「ひどいですよねえ?」
 酒も呑んでないのに絡まれた。近くににじり寄ってきた相手の顔はすでに赤らんでいる。何軒目の居酒屋だったのか、酔い覚まし、という言葉が浮かんだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:壁こ お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:298字
足りないアルコール分を他の「何か」で補おうとするから、だめな人に成るのだと言われた。足りないものは足りないものそのもので補わなければならないと。そうしないと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:1440字
マッド菜園ティストたるドクターは、今宵は一杯の酒を楽しみにしていた。彼女が旅行先から、お土産にと買ってきてくれためずらしい酒である。 しかし今日は面倒な患者が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日々野 暗黒日記くん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:299 人 文字数:302字
部屋で泥酔していた僕は吐き気を催し目を覚ました。かすんだ目で部屋を見回す。明らかに何者かに荒らされたような形跡。割れた皿やコップなどの食器。ベッドはシーツまでく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:272 人 文字数:537字
「あぁ!?なんだこりゃあ‼」手洗いから戻った俺は思わず叫んでしまった。シメに飲もうと思っていたプレミアのワインが忽然と消えてしまったのだ。今、かなり酔っているわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:874字
ゆらゆらとした感覚、私は起床する。がしゃがしゃとテレビのこえが、こえとならずに消えていく。身体が重い。ずぐずぐといやな痛みが頭をしめあげていた。二日酔いの症状だ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:千日紅 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:428字
気が付いたら朝だった。腰やら肘やら首やらがもう半端ない位に痛みを主張している。顔を上げれば、空き缶の山。はてこんなに飲んだかと疑問符が頭上に浮かぶほどに。飲んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:わたしの嫌いな列車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:781字
「よく飛ぶ紙飛行機を折れるのが自慢なんだ」 紙を受け取るやいなや、上司は嬉しそうに折り目をつけはじめた。子供時代を思い出したのか、にこにこしてしまって、つられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死出 ※未完
作者:にい お題:右の屍 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:631字
枕元に次から次に群がるカラスを追い払ってやると、不吉な鳴き声をあげながら、死神の使者どもは窓から一斉に飛び立っていった。置き土産はベッドシーツを真っ黒に塗りつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2421字 評価:0人
本で作られた森を抜けると、まるく開けた場所に出る。そこには、お茶会ができるほどの小さなテーブルと、これまた小さな吊り下げ式のランプがある。森のなかの憩いの場所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:疲れた修道女 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:961字
教会のなかへ差し込む明かりは天使の降りてくる梯子のようで、跪いて両手を組み、敬虔に祈りを捧げるシスターの姿といったら、侵し難い、この世でなによりも神聖な存在の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
水葬 ※未完
作者:にい お題:怪しい殺人犯 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:777字
ひとしきり便所で泣いて出てくると、廊下で同僚がにやにやしながら待っていた。ハンカチでは足りなかろうと吸水性のよさそうなタオルまで用意している。風俗店でおしぼり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2685字 評価:1人
受付はずいぶん混んでいた。休日の市役所の窓口並みだ。番号札が発券されて、椅子すらない待合所で立って待たされる。待合所といっても寒空の下で、壁すらない吹きさらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:男の成熟 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1503字
ど田舎で育ったおかげで、畑仕事は身近な存在だった。実家の所有する畑には、今みたいに便利な作業機械はなく、子供まで人手として駆り出された。 そんな子供時代、仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女と百合 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:801字
玄関に置いた姿見は外出前の最終チェック用で、その鏡の前には長々と立っていたり、化粧直しをしたりすることはない。ちょっと前髪の分け目を直したり、くるりと一回転し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:群馬の動揺 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:817字
歩いて県境を越えよう、ととつぜん思い立って、真夜中に家を出た。ときどき、衝動に駆られて馬鹿なことをするときがある。道端の猫を急に追いかけたくなって、思いがけず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:謎の命日 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:808字
ずっと透明人間みたいに生きてきたものだから、しばらくは死んだことに気づかなかった。朝起きて、出勤して、帰って寝る。その合間に食事を摂るのだが、忘れることも多か 〈続きを読む〉