お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:689字

酒だけ
「「ウーロン茶で」」
 注文の声が隣とかぶった。酒を出す店にきているというのに、開口一番がそれ。おまけにカウンターにひとりでかけているところまで一緒。気まずさを覚えたのはこちらだけのようで、その女はお品書きをすみずみまで読んで、頼む料理を熟考している。
「お腹すいたな~」
 しかもひとりごとまで聞こえてきた。ぐーぐー腹の虫も鳴っている。女性にとっては他人に聞かれると恥ずかしいたぐいのものではないかと思うが、気にした様子はない。自分の部屋にいるつもりなのかもしれない。たまに見かける、外食にくると必要以上にくつろいでしまう客だ。
 酔っ払ったら質が悪そうだ。絡まれたらどうしよう、と心配する。けど、ウーロン茶を注文するのを聞いたし大丈夫だろう。
 そんなうちに、カウンター奥からグラスが運ばれてきて置かれる。
「これ、ウーロンハイですよう」
 オーダーのミスがあったようだ。例の腹を空かした女は飲むまえに気づいたようで、店員に言っている。あぶないところだった。このくつろぎまくりの客が飲めもしない酒で悪酔いして絡まれる未来が訪れるところだった。
 酒を飲まないのは好き嫌いとか体質的に駄目とかでなく、単に酔うからだ。体調を崩すのもあるけど。我を失ってわけもわからずに楽しくなったり、悲しくなったりするのが嫌だから。それを求めて飲む人もいるのだろうけど、生憎なにもかも忘れたいと思うほどひどい日常は送ってない。
「ひどいですよねえ?」
 酒も呑んでないのに絡まれた。近くににじり寄ってきた相手の顔はすでに赤らんでいる。何軒目の居酒屋だったのか、酔い覚まし、という言葉が浮かんだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:壁こ お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:298字
足りないアルコール分を他の「何か」で補おうとするから、だめな人に成るのだと言われた。足りないものは足りないものそのもので補わなければならないと。そうしないと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:191 人 文字数:1440字
マッド菜園ティストたるドクターは、今宵は一杯の酒を楽しみにしていた。彼女が旅行先から、お土産にと買ってきてくれためずらしい酒である。 しかし今日は面倒な患者が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日々野 暗黒日記くん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:291 人 文字数:302字
部屋で泥酔していた僕は吐き気を催し目を覚ました。かすんだ目で部屋を見回す。明らかに何者かに荒らされたような形跡。割れた皿やコップなどの食器。ベッドはシーツまでく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:537字
「あぁ!?なんだこりゃあ‼」手洗いから戻った俺は思わず叫んでしまった。シメに飲もうと思っていたプレミアのワインが忽然と消えてしまったのだ。今、かなり酔っているわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:155 人 文字数:874字
ゆらゆらとした感覚、私は起床する。がしゃがしゃとテレビのこえが、こえとならずに消えていく。身体が重い。ずぐずぐといやな痛みが頭をしめあげていた。二日酔いの症状だ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:千日紅 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:428字
気が付いたら朝だった。腰やら肘やら首やらがもう半端ない位に痛みを主張している。顔を上げれば、空き缶の山。はてこんなに飲んだかと疑問符が頭上に浮かぶほどに。飲んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:愛と欲望の娘 必須要素:カレー 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1219字
今日も窓の外を人が落ちていって、庭木なんて気の利いたもののないマンションの駐車場へまっさかさま、どすんと重い音を立てた。死んだに違いない。事故物件で、かつ空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:どこかの娼婦 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:807字
本来とるはずだった宿が、いろんな不運が重なって駄目になった。一日の営業回りを終えて、あたたかい寝床で一息つける予定だったのだ。それが訪れてみれば受付で告げられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:689字
「「ウーロン茶で」」 注文の声が隣とかぶった。酒を出す店にきているというのに、開口一番がそれ。おまけにカウンターにひとりでかけているところまで一緒。気まずさを覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:重い映画館 必須要素:ダイアモンド 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1372字
ポップコーンを買って戻ると、妹の姿はどこにも見当たらなかった。薄暗いホールに、予告やら上映案内の音声やらが反響している。平日の午後なので客の入りはまあまあ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:遠い同情 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:3024字 評価:0人
子供向けのアニメキャラクターをかたどった、その全長20センチほどの人形は、瓜二つのもう一体と同期している。片方に加えられた刺激、たとえば腕をもいだり、頭を坊主 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:飢えた世界 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:758字
「豚の去勢は無麻酔で行われる。子供のころにやれば痛みが少ないとは大嘘で、ショック死する個体もいるくらいの耐え難い苦痛が襲うそうだ。実際のところ、『雄臭』を防ぐた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:調和した黒板 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:647字
長年その仕事を続けてきて、自分なりに自負があった。ほかの人間にはできない、とまではいかないが、もっとも上手くこなせるのが自分である、と……握りしめた拳を俺はぼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デザイン重視 ※未完
作者:にい お題:隠された傘 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:746字
冬といっても紫外線対策を怠ってはならない。曇天であろうと、路面にまだとけていない雪が残っていようとも。うかつに素肌をさらしたが最後、十年、二十年後にしっぺ返し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:馬鹿なお天気雨 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2561字 評価:0人
暴風雨の日にカッパ着ながら傘差して、吹き飛ばされそうなマイクを握って必死に実況しているアナウンサーを見るだに、雨がすごいのはわかったから早く帰ってきなよあぶな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:初めてのデザイナー 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:784字
四足でしゃんと立ったモデルは、りっぱな服を着せてもらったおかげか、こころなし誇らしげな顔をしていた。自分はあくまで付き添いとばかり、いたって地味な服装できた飼 〈続きを読む〉