お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:689字

酒だけ
「「ウーロン茶で」」
 注文の声が隣とかぶった。酒を出す店にきているというのに、開口一番がそれ。おまけにカウンターにひとりでかけているところまで一緒。気まずさを覚えたのはこちらだけのようで、その女はお品書きをすみずみまで読んで、頼む料理を熟考している。
「お腹すいたな~」
 しかもひとりごとまで聞こえてきた。ぐーぐー腹の虫も鳴っている。女性にとっては他人に聞かれると恥ずかしいたぐいのものではないかと思うが、気にした様子はない。自分の部屋にいるつもりなのかもしれない。たまに見かける、外食にくると必要以上にくつろいでしまう客だ。
 酔っ払ったら質が悪そうだ。絡まれたらどうしよう、と心配する。けど、ウーロン茶を注文するのを聞いたし大丈夫だろう。
 そんなうちに、カウンター奥からグラスが運ばれてきて置かれる。
「これ、ウーロンハイですよう」
 オーダーのミスがあったようだ。例の腹を空かした女は飲むまえに気づいたようで、店員に言っている。あぶないところだった。このくつろぎまくりの客が飲めもしない酒で悪酔いして絡まれる未来が訪れるところだった。
 酒を飲まないのは好き嫌いとか体質的に駄目とかでなく、単に酔うからだ。体調を崩すのもあるけど。我を失ってわけもわからずに楽しくなったり、悲しくなったりするのが嫌だから。それを求めて飲む人もいるのだろうけど、生憎なにもかも忘れたいと思うほどひどい日常は送ってない。
「ひどいですよねえ?」
 酒も呑んでないのに絡まれた。近くににじり寄ってきた相手の顔はすでに赤らんでいる。何軒目の居酒屋だったのか、酔い覚まし、という言葉が浮かんだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:壁こ お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:298字
足りないアルコール分を他の「何か」で補おうとするから、だめな人に成るのだと言われた。足りないものは足りないものそのもので補わなければならないと。そうしないと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:1440字
マッド菜園ティストたるドクターは、今宵は一杯の酒を楽しみにしていた。彼女が旅行先から、お土産にと買ってきてくれためずらしい酒である。 しかし今日は面倒な患者が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日々野 暗黒日記くん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:316 人 文字数:302字
部屋で泥酔していた僕は吐き気を催し目を覚ました。かすんだ目で部屋を見回す。明らかに何者かに荒らされたような形跡。割れた皿やコップなどの食器。ベッドはシーツまでく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:284 人 文字数:537字
「あぁ!?なんだこりゃあ‼」手洗いから戻った俺は思わず叫んでしまった。シメに飲もうと思っていたプレミアのワインが忽然と消えてしまったのだ。今、かなり酔っているわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:874字
ゆらゆらとした感覚、私は起床する。がしゃがしゃとテレビのこえが、こえとならずに消えていく。身体が重い。ずぐずぐといやな痛みが頭をしめあげていた。二日酔いの症状だ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:千日紅 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:428字
気が付いたら朝だった。腰やら肘やら首やらがもう半端ない位に痛みを主張している。顔を上げれば、空き缶の山。はてこんなに飲んだかと疑問符が頭上に浮かぶほどに。飲んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:矢水びん お題:憧れの食器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:679字
光が一粒もない暗闇の中を、さまよい続けてどれくらいの時間がたったのだろう。 なにせ、ここには昼夜がない。朝日もなければ月もない。 ただただ、暗闇があるだけだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子供の帝王 ※未完
作者:イグモ お題:子供の帝王 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:454字
あの厄介な男が僕の前に現れたその日、僕は鬼川原公園の砂場で黙々と城を作っていた。この公園は僕の通う鬼川原小学校の学区であり、すなわちそれは我ら鬼川原小3-2組の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:急な死 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:243字
女は少年を押し倒すと、彼の服を剥いだ。そうして露わになったのは、当然、まだ幼い少年の身体である。女は狂ったように、まだ女を知らない少年の身体を愛撫する。少年は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:奇妙な秋 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:811字
面会時間には早かったので、病院への道のりの途中にある喫茶店に入った。通りかかるたびに見かけてはいたのだが、一度も入ったことのない店だ。年季の入った看板に、外観 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2397字 評価:1人
夜のあいだに工事を進めるのは楽だ。アスファルトは弾力を帯び、やわらかくなって掘りやすい。おかげで機械で掘り進めても騒音はしないし、近隣住民から苦情が入ることも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:あきれたパイロット 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:789字
実際、パイロットの二人に一人はUFOを目撃したことがある。三人に一人は異星人と交信した経験があり、五人に一人は拉致されて改造済みだ。もちろん、そんなことを周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱いにわか雨 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:782字
しばらく風呂に浸かっていない。浴槽に湯を溜めようにも、なにかの不具合で上手くいかないのだ。水なら溜まる。でもあいにく、冬に水風呂に入るようなあやしげな療法を実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:暗黒の朝 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:737字
夜型の僕にはなんら支障はなかったのだが、日の出とともに目覚めて日没とともに眠る普通の人々にとっては、太陽の不在は大打撃だったようだ。ああいった人々は、昼間は熱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:かっこいい食卓 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3026字
食卓の一席はもうずっと欠けている。新しくその席に座る者がいつまでも見つからないためだ。形式的に、食事の時間になると、料理のない空の皿だけが配膳される。和やかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生きている妻 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:954字
三日後から妻は死んでいる。町内会でよく話す顔見知りの住人は、最近酒が入るとその話ばかりで、ああ殺人計画をうっかり漏らしてしまったのだなあ、止めたほうがいいのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:贖罪の夜風 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:901字
お前の土下座は軽いと言われた。遅刻常習犯でしょっちゅう上司相手にしていたものだから、自分も周りも慣れてしまったようだ。土下座、プラス、後頭部を靴裏で踏みにじら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:つらいダイエット 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:841字
嫁が料理をしなくなった。ものを食べてすらいないようである。きっかけは同窓会に出かけてからだと思うのだが、そこで昔と比べて太ったとか言われでもしたのだろう。はっ 〈続きを読む〉