お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:689字

酒だけ
「「ウーロン茶で」」
 注文の声が隣とかぶった。酒を出す店にきているというのに、開口一番がそれ。おまけにカウンターにひとりでかけているところまで一緒。気まずさを覚えたのはこちらだけのようで、その女はお品書きをすみずみまで読んで、頼む料理を熟考している。
「お腹すいたな~」
 しかもひとりごとまで聞こえてきた。ぐーぐー腹の虫も鳴っている。女性にとっては他人に聞かれると恥ずかしいたぐいのものではないかと思うが、気にした様子はない。自分の部屋にいるつもりなのかもしれない。たまに見かける、外食にくると必要以上にくつろいでしまう客だ。
 酔っ払ったら質が悪そうだ。絡まれたらどうしよう、と心配する。けど、ウーロン茶を注文するのを聞いたし大丈夫だろう。
 そんなうちに、カウンター奥からグラスが運ばれてきて置かれる。
「これ、ウーロンハイですよう」
 オーダーのミスがあったようだ。例の腹を空かした女は飲むまえに気づいたようで、店員に言っている。あぶないところだった。このくつろぎまくりの客が飲めもしない酒で悪酔いして絡まれる未来が訪れるところだった。
 酒を飲まないのは好き嫌いとか体質的に駄目とかでなく、単に酔うからだ。体調を崩すのもあるけど。我を失ってわけもわからずに楽しくなったり、悲しくなったりするのが嫌だから。それを求めて飲む人もいるのだろうけど、生憎なにもかも忘れたいと思うほどひどい日常は送ってない。
「ひどいですよねえ?」
 酒も呑んでないのに絡まれた。近くににじり寄ってきた相手の顔はすでに赤らんでいる。何軒目の居酒屋だったのか、酔い覚まし、という言葉が浮かんだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:壁こ お題:消えた酒 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:298字
足りないアルコール分を他の「何か」で補おうとするから、だめな人に成るのだと言われた。足りないものは足りないものそのもので補わなければならないと。そうしないと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:1440字
マッド菜園ティストたるドクターは、今宵は一杯の酒を楽しみにしていた。彼女が旅行先から、お土産にと買ってきてくれためずらしい酒である。 しかし今日は面倒な患者が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日々野 暗黒日記くん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:302字
部屋で泥酔していた僕は吐き気を催し目を覚ました。かすんだ目で部屋を見回す。明らかに何者かに荒らされたような形跡。割れた皿やコップなどの食器。ベッドはシーツまでく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:537字
「あぁ!?なんだこりゃあ‼」手洗いから戻った俺は思わず叫んでしまった。シメに飲もうと思っていたプレミアのワインが忽然と消えてしまったのだ。今、かなり酔っているわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:874字
ゆらゆらとした感覚、私は起床する。がしゃがしゃとテレビのこえが、こえとならずに消えていく。身体が重い。ずぐずぐといやな痛みが頭をしめあげていた。二日酔いの症状だ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:千日紅 お題:消えた酒 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:214 人 文字数:428字
気が付いたら朝だった。腰やら肘やら首やらがもう半端ない位に痛みを主張している。顔を上げれば、空き缶の山。はてこんなに飲んだかと疑問符が頭上に浮かぶほどに。飲んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
就活さん! ※未完
作者:匿名さん お題:疲れた就職 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:190字
大学4年の山田は、就職活動に悩まされていた。面接にはことごとく落ち、周りの友達は、次々と内定が決まり気が付けば、山田一人取り残される状態になった。 俺と周りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐賀通 お題:あいつと兄 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:209字
「全てを愛し、全てを憎み。ワタクシは、全てをバカにしてさしあげますわ」 などと、完全無欠の僕の一番上の姉は言う。 だからこそ、僕の一番上の姉は敗ける運命にあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2427字 評価:0人
駅からロータリーに降りる横幅の広い階段は、常に通勤通学の利用客でごった返しているのだが、もうひとつ、ビル風が吹き付ける場所であるということがあげられる。 市の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イタリア式の教室 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:752字
転校生への洗礼は、まず顔面ピザ投げだ。生徒の机には各種チーズが常備されていて、給食のピザの際は好きなだけ追いチーズができる。サラミやらバジルやらお好みのトッピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:箱の中の国 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:765字
昔から関節がやわらかいのだけが自慢で、体を折りたたんでトランクケースに入る遊びをしていたら、はずみで留め金が閉じてしまった。内側からは開けられず、外からはなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:複雑な惑星 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:782字
ここら一帯がお前の担当だよ、とおざなりに上司に渡された宇宙地図には、立体的にいくつもの点が分布していて、これをすべて訪問して営業回りに行くのかと思うと気が滅入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説の強奪 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:893字
通販で買った目出し帽は、あろうことか目の出る部分がなく、これではストッキングでも頭からかぶったほうがマシだった。サイトには『商品名に偽りあり』としてしっかりク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2573字 評価:1人
男が塀の外へ出る記念すべきその日、集まった刑務官たちはみな一様に涙していた。救いようのない極悪人を社会復帰させるための更生施設、ここに連れてこられた時の面影は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:俺はコメディ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:839字
喧嘩の兆候をすこしでも感じたら、道化の準備に入らないとならない。家庭における俺の役割はそれで、両親、兄弟、なにかといえばくだらない諍いを起こすやつらの仲裁役。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:でかい列車 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:843字
車両の連結部分のドアを通り抜けるのが、子供のころには大した冒険のように思えて、走行中に無意味に移動を繰り返したものだ。実をいうと今でも楽しくて、駅に着いたとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
登りたい ※未完
作者:にい お題:絶望的な能力者 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:722字
実家で飼っていた猫がよく自分で登った木から降りられなくなっていて、動物ってのはアホだなあと常々思っていたのだが、まったく同じ状況へ陥る羽目になっては馬鹿にして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:東京の解散 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:748字
23区もあるの、多すぎね? と誰かが言い出して、解散させることになった。東京の話ではない。某県某市が、東京にあこがれてはじめた、東京23区風ニュータウンのこと 〈続きを読む〉