お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:613字

モデルハウス見学
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入れております」
「ほほう。ごく普通の部屋に見えるけど」
「それでは、本日食べたい朝食をおっしゃってください」
「そうだな。焼き鮭と、白ご飯と大根の味噌汁。後ぬか漬け」
『焼き鮭、白ご飯、大根の味噌汁、ぬか漬け。和食セットですね。準備に3分ほどかかります。お座席に座ってお待ちください』
「お、今のは」
「食べたい料理の名前を呟くと、AIが注文を聞き取って料理を業者にオーダー致します」
「ロボットが調理してくれるわけじゃないのか」
「ロボットが自動調理可能なメニューもございます。一部の複雑な料理となると、ロボットでは美味しく調理ができないため人間が作ることになります」
『大変お待たせしました。こちら和食セットでございます。』
「おお、テーブルが割れて、中から料理が出てきた!」
「こちらのテーブルには料理の自動運搬システムが搭載されております。これにより、飲食店での注文、配膳を全てAIが行うことが可能になります」
「随分早いな。3分もかかっていない気がする。実は冷凍食品を使ってるんじゃないか?」
「目の付け所が良いですね。この食堂では一部のメニューは冷凍食材を使用しております。いつでも品質が変わらず同じ味の料理を提供するため、食材を冷凍管理しております」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:強い年賀状 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:517字
破けた紙が指に張り付いた。強い雨が体を打ちつける。「どうしてこんなことになったんだろうな」後ろから声がした。父親だ。母親に怒鳴りつける威勢の良さはもうない。事態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない机 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1280字
「人食い机の噂って知ってる?」 彼女は沈みかけた三日月のように唇をゆがめた。 人食い机は、僕の通う中学校に伝わる怪談の一つだ。 どこかの教室に人食い机と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と死の彼女 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:892字
「ごめん、ごめんね…」そう言いながら彼女は泣いた。君は悪くないのになぜそんな顔をするのだろう。だから僕は…――彼女と付き合い始めてから3年。僕らの関係はある転機 〈続きを読む〉

tomogataの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:早すぎた小説家たち 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:606字
「どうですか」「──S先生。これはいくら何でも売れないと思いますよ」「次にくると思うんですよ。○○ブーム」S先生は何やら自信ありげな様子だ。「実はですね。先日N 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:彼とアレ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:784字
深夜2時に彼女に電話で召喚された。アレが出たのでなんとかして欲しいそうな。アレってなんだよ。「来てくれた……!た、助けて」インターホンを押すと、恐慌状態の彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:613字
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:安い殺し屋 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:587字
「殺しの依頼料いくらだったかわかるか?たったの10ドルだ。安い男だよお前は」男は既に事切れており、俺の言葉は聞こえなかったようだ。俺は硝煙漂う銃口に軽く息を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:冷静と情熱の間にあるのは自動車 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:702字
冷静と情熱の間にあるのは自動車で、そのどちらでもないニュートラルな存在が自転車だ。私は自転車が好きだ。自転車なら自動車のような大事故も起こさない。一人乗りであれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:薄汚い雲 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:435字
「実に美しい景色だと思わないか?」蒸気機関車、工場での大量生産、職人から組織的な分業化、産業革命によって大英帝国の様相は様変わりした。「蒸気機関によって、この国 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:突然の美術館 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:721字
「突然ですが、ただいまはいりましたニュースをお伝えします。本日2月7日午後12:45分。××美術館に刃物を持った男が侵入し、職員と客およそ200人を人質に立て籠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:ありきたりな自動車 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:731字
「これはなんかありきたりでつまらない」「これもダメ?」「全然ダメ」「仕方ない。なら次の店を見ようか」我々は4件目のクルマ屋を後にした。20年使ってきた愛車が壊れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:僕と悲劇 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:646字
僕の人生が物語ならそれはきっと悲劇だろう。 燃え盛る建物を見つめながら、ふとそう思ったのは現実逃避だ。 隣の家のおばさんが僕を羽交い締めにしているが、僕が火の 〈続きを読む〉