お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:613字

モデルハウス見学
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入れております」
「ほほう。ごく普通の部屋に見えるけど」
「それでは、本日食べたい朝食をおっしゃってください」
「そうだな。焼き鮭と、白ご飯と大根の味噌汁。後ぬか漬け」
『焼き鮭、白ご飯、大根の味噌汁、ぬか漬け。和食セットですね。準備に3分ほどかかります。お座席に座ってお待ちください』
「お、今のは」
「食べたい料理の名前を呟くと、AIが注文を聞き取って料理を業者にオーダー致します」
「ロボットが調理してくれるわけじゃないのか」
「ロボットが自動調理可能なメニューもございます。一部の複雑な料理となると、ロボットでは美味しく調理ができないため人間が作ることになります」
『大変お待たせしました。こちら和食セットでございます。』
「おお、テーブルが割れて、中から料理が出てきた!」
「こちらのテーブルには料理の自動運搬システムが搭載されております。これにより、飲食店での注文、配膳を全てAIが行うことが可能になります」
「随分早いな。3分もかかっていない気がする。実は冷凍食品を使ってるんじゃないか?」
「目の付け所が良いですね。この食堂では一部のメニューは冷凍食材を使用しております。いつでも品質が変わらず同じ味の料理を提供するため、食材を冷凍管理しております」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の殺し屋 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:421字
過去に一度だけ、殺し屋に狙われたことがある。なぜ狙われたのか、それは依頼者が俺に対して些細な恨みを覚えていて、「自分が手を下すのではないからいいだろう」とか安 〈続きを読む〉

tomogataの即興 小説


ユーザーアイコン
海辺の村 ※未完
作者:tomogata お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:777字
8月になると海に入ってはいけない。この村に古くからある決まりである。夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:清い夜風 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:223字
陽も暮れたはずなのに風はまだほのかに暖かく、ベランダの欄干を桜の花びらとともになぜていく。眼下に見下ろす景色は桜色に染まっている。見頃は今週いっぱいぐらいだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:どこかのスキル 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:854字
Infomation:どこかのスキルが上昇した狩りの途中、メッセージウィンドウにそんなシステムメッセージが表示されて俺はとまどった。どこかのスキル?どこのスキル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:戦争と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:876字
『きのこ党の支持者の皆様!ぜひ清き一票をお願いします!』スピーカーから伴って声明が流れてくる。僕はスピーカーをオフにすると、声を潜めて耳をすませた。今の音を誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:男の嘘 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:663字
パチン、と良い音が鳴った。左頰がじんと熱くなってようやく、彼女に平手で打たれたのだとわかった。「なにするんだよ」「本気で言ってるの?」据わった目で見つめられる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:早すぎた小説家たち 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:606字
「どうですか」「──S先生。これはいくら何でも売れないと思いますよ」「次にくると思うんですよ。○○ブーム」S先生は何やら自信ありげな様子だ。「実はですね。先日N 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:彼とアレ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:784字
深夜2時に彼女に電話で召喚された。アレが出たのでなんとかして欲しいそうな。アレってなんだよ。「来てくれた……!た、助けて」インターホンを押すと、恐慌状態の彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:613字
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:安い殺し屋 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:587字
「殺しの依頼料いくらだったかわかるか?たったの10ドルだ。安い男だよお前は」男は既に事切れており、俺の言葉は聞こえなかったようだ。俺は硝煙漂う銃口に軽く息を吹き 〈続きを読む〉