お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:613字

モデルハウス見学
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入れております」
「ほほう。ごく普通の部屋に見えるけど」
「それでは、本日食べたい朝食をおっしゃってください」
「そうだな。焼き鮭と、白ご飯と大根の味噌汁。後ぬか漬け」
『焼き鮭、白ご飯、大根の味噌汁、ぬか漬け。和食セットですね。準備に3分ほどかかります。お座席に座ってお待ちください』
「お、今のは」
「食べたい料理の名前を呟くと、AIが注文を聞き取って料理を業者にオーダー致します」
「ロボットが調理してくれるわけじゃないのか」
「ロボットが自動調理可能なメニューもございます。一部の複雑な料理となると、ロボットでは美味しく調理ができないため人間が作ることになります」
『大変お待たせしました。こちら和食セットでございます。』
「おお、テーブルが割れて、中から料理が出てきた!」
「こちらのテーブルには料理の自動運搬システムが搭載されております。これにより、飲食店での注文、配膳を全てAIが行うことが可能になります」
「随分早いな。3分もかかっていない気がする。実は冷凍食品を使ってるんじゃないか?」
「目の付け所が良いですね。この食堂では一部のメニューは冷凍食材を使用しております。いつでも品質が変わらず同じ味の料理を提供するため、食材を冷凍管理しております」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:矢水びん お題:憧れの食器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:679字
光が一粒もない暗闇の中を、さまよい続けてどれくらいの時間がたったのだろう。 なにせ、ここには昼夜がない。朝日もなければ月もない。 ただただ、暗闇があるだけだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子供の帝王 ※未完
作者:イグモ お題:子供の帝王 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:454字
あの厄介な男が僕の前に現れたその日、僕は鬼川原公園の砂場で黙々と城を作っていた。この公園は僕の通う鬼川原小学校の学区であり、すなわちそれは我ら鬼川原小3-2組の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:急な死 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:243字
女は少年を押し倒すと、彼の服を剥いだ。そうして露わになったのは、当然、まだ幼い少年の身体である。女は狂ったように、まだ女を知らない少年の身体を愛撫する。少年は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
現を忘れて ※未完
作者:akari お題:意外!それは朝日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:275字
――……嘘でしょ。 愕然とした。今の状況が信じられない。目の前のブラックスクリーンに映る私の顔にはキーボードの痕がくっきり残っている。時計なんて見たくない。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文字の戦争 ※未完
作者:かの歌 お題:小説の中の戦争 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:261字
私は今小説の中にいる。小説を読んでいたら突然、小説の中に入ってしまったのだ。しかも読んでいた小説のジャンルは戦争ものだった。 異世界に入り込んだ私はある違和感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
尾ける男 ※未完
作者:イグモ お題:女のアパート 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:285字
ふと魔が差して、通りすがりの女を家までつけてみた。一抹の罪の意識がないわけではない、むしろその罪の意識こそ、万事が平和な、窮屈極まる日曜日の午後に少しのスリルと 〈続きを読む〉

tomogataの即興 小説


ユーザーアイコン
海辺の村 ※未完
作者:tomogata お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:777字
8月になると海に入ってはいけない。この村に古くからある決まりである。夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:清い夜風 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:223字
陽も暮れたはずなのに風はまだほのかに暖かく、ベランダの欄干を桜の花びらとともになぜていく。眼下に見下ろす景色は桜色に染まっている。見頃は今週いっぱいぐらいだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:どこかのスキル 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:854字
Infomation:どこかのスキルが上昇した狩りの途中、メッセージウィンドウにそんなシステムメッセージが表示されて俺はとまどった。どこかのスキル?どこのスキル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:戦争と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:876字
『きのこ党の支持者の皆様!ぜひ清き一票をお願いします!』スピーカーから伴って声明が流れてくる。僕はスピーカーをオフにすると、声を潜めて耳をすませた。今の音を誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:男の嘘 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:663字
パチン、と良い音が鳴った。左頰がじんと熱くなってようやく、彼女に平手で打たれたのだとわかった。「なにするんだよ」「本気で言ってるの?」据わった目で見つめられる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:早すぎた小説家たち 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:606字
「どうですか」「──S先生。これはいくら何でも売れないと思いますよ」「次にくると思うんですよ。○○ブーム」S先生は何やら自信ありげな様子だ。「実はですね。先日N 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:彼とアレ 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:784字
深夜2時に彼女に電話で召喚された。アレが出たのでなんとかして欲しいそうな。アレってなんだよ。「来てくれた……!た、助けて」インターホンを押すと、恐慌状態の彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:613字
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:安い殺し屋 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:587字
「殺しの依頼料いくらだったかわかるか?たったの10ドルだ。安い男だよお前は」男は既に事切れており、俺の言葉は聞こえなかったようだ。俺は硝煙漂う銃口に軽く息を吹き 〈続きを読む〉