お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:613字

モデルハウス見学
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入れております」
「ほほう。ごく普通の部屋に見えるけど」
「それでは、本日食べたい朝食をおっしゃってください」
「そうだな。焼き鮭と、白ご飯と大根の味噌汁。後ぬか漬け」
『焼き鮭、白ご飯、大根の味噌汁、ぬか漬け。和食セットですね。準備に3分ほどかかります。お座席に座ってお待ちください』
「お、今のは」
「食べたい料理の名前を呟くと、AIが注文を聞き取って料理を業者にオーダー致します」
「ロボットが調理してくれるわけじゃないのか」
「ロボットが自動調理可能なメニューもございます。一部の複雑な料理となると、ロボットでは美味しく調理ができないため人間が作ることになります」
『大変お待たせしました。こちら和食セットでございます。』
「おお、テーブルが割れて、中から料理が出てきた!」
「こちらのテーブルには料理の自動運搬システムが搭載されております。これにより、飲食店での注文、配膳を全てAIが行うことが可能になります」
「随分早いな。3分もかかっていない気がする。実は冷凍食品を使ってるんじゃないか?」
「目の付け所が良いですね。この食堂では一部のメニューは冷凍食材を使用しております。いつでも品質が変わらず同じ味の料理を提供するため、食材を冷凍管理しております」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

tomogataの即興 小説


ユーザーアイコン
海辺の村 ※未完
作者:tomogata お題:8月のしきたり 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:777字
8月になると海に入ってはいけない。この村に古くからある決まりである。夏、海水浴、もっとも海に近づくものが増える時期である。風光明媚で波も穏やかなこの村は8月にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:清い夜風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:223字
陽も暮れたはずなのに風はまだほのかに暖かく、ベランダの欄干を桜の花びらとともになぜていく。眼下に見下ろす景色は桜色に染まっている。見頃は今週いっぱいぐらいだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:どこかのスキル 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:854字
Infomation:どこかのスキルが上昇した狩りの途中、メッセージウィンドウにそんなシステムメッセージが表示されて俺はとまどった。どこかのスキル?どこのスキル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:戦争と「えいっ!」 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:876字
『きのこ党の支持者の皆様!ぜひ清き一票をお願いします!』スピーカーから伴って声明が流れてくる。僕はスピーカーをオフにすると、声を潜めて耳をすませた。今の音を誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:男の嘘 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:663字
パチン、と良い音が鳴った。左頰がじんと熱くなってようやく、彼女に平手で打たれたのだとわかった。「なにするんだよ」「本気で言ってるの?」据わった目で見つめられる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:早すぎた小説家たち 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:606字
「どうですか」「──S先生。これはいくら何でも売れないと思いますよ」「次にくると思うんですよ。○○ブーム」S先生は何やら自信ありげな様子だ。「実はですね。先日N 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:彼とアレ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:784字
深夜2時に彼女に電話で召喚された。アレが出たのでなんとかして欲しいそうな。アレってなんだよ。「来てくれた……!た、助けて」インターホンを押すと、恐慌状態の彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:未来の食堂 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:613字
「こちらが我が社の食堂です。コスト的な理由から現時点では一般家庭への普及が難しいところですが、次世代には一般的なものとなっているであろう新技術をふんだんに取り入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:安い殺し屋 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:587字
「殺しの依頼料いくらだったかわかるか?たったの10ドルだ。安い男だよお前は」男は既に事切れており、俺の言葉は聞こえなかったようだ。俺は硝煙漂う銃口に軽く息を吹き 〈続きを読む〉