お題:白いわずらい 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1006字

後に英雄と呼ばれる男
歴史の記録が今、幕を開ける

遥か古代より続く争いの歴史

その間にはいくつもの物語があった

あるときは荒野で争いが起こったり

またあるときは、海を跨いだ侵略が起こったり

そうして場所も時代も移ろいながら、争いの歴史は繰り返す

いずれ訪れる終焉まで、人々は闘争を繰り返す

それは、本能故なのか

それとも、陰から誰かが操っているのか

真実は誰にもわからない

けれど、そんなことはどうでもいい

何故なら、いまこうして激しく語り掛ける心臓の鼓動が、お前はまだ死ぬべきではないと言い張るからだ

そう、僕はまだ死んでない

これは、僕だけの物語なんだ

他人のものでもない

だから、俺の物語が完遂するまで生き続けなければならない

きっとこんなんな道だ

今目の前には茨の道がある

歩み切ったあとで、きっと後悔が残るだろう

それでも、歴史から早々退却してたまるか…!

俺の、俺だけの物語…

他人に好き勝手させられない…っ!

そうだ、目を覚ませ…

俺は、こんなところで死ぬべき人間じゃない…!

「―――っ!!」

ふっと、意識が覚醒する

ほんの数秒だけ気を失っていたようだ

「つっ! っぶねぇ!」

今が敵陣の真ん中であることを知る

今の記憶は…

脳が、心が、記憶が、なにもかもが語り掛けてくる

死ぬな

高ぶれ

名を遺せ


「ったくよぉ…身勝手なことを考えやがる…!」

だけど、それでも、俺が生き残る理由としては十分だ

「さぁ…パーティ(殺し合い)」を始めようか…!


搭乗する機械を全力で操作する


そう、かつては陸上で行われていた争いも、今では宇宙(ソラ)で行われている

地球からは遠すぎて見えないだろうが、俺たちが魂を燃やす叫びだけは、届くようになっている


(ここで、俺が…俺たちが死んでしまったら、元も子もない)

抱いている計画も、ささやかな約束も

みんなみんな、溶けてなくなってしまう

(その未来を守るために、俺は…!)


突然鳴るアラートで、身が完全に覚醒する

「そうだ…この感じだ……!」

久しく忘れていた、思い出の中の作法

それが、いま具現化して形になる

あぁ…星が赤い

それは、俺のせいなのか

それとも、周囲のせいなのか


「さぁ…相棒…」

誰もいない空中に向かって、声が走る

「俺たちで…生き残ろうぜ…!


作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:白いわずらい 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:819字
彼女には興ざめだった。どんなに気持ちよく酔っているときでさえ、彼女の顔を見るとふっと夢が冷めたような心地になるのだ。僕が、現実さまざまな問題を抱えていることが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

欄橋/イトカの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:アブノーマルな映画 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:687字
常闇に紛れる黒い影。それは人か妖か。"機械"の身体である私には、どちらも"同じ"存在とみなせるが、はたしてこの刃が獲物に通用するかどうか。逆手に刀を構え、瞳を閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:苦い土地 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1139字
世界はあれから変わってしまったあんなにもきれいだった光景が今ではもう灰色でそんな世界で、僕はただ一人生きる胸に残るは小さな想い熱も感じなくなってしまったこの身体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:少年の修道女 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:748字
机に置かれた一枚の手紙それを手に取り、中を読む予感はしていたいつかこの時が来るんじゃないかってそれでも、信じたくない不意に涙が溢れる僕にとって、あの人はぬくもり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:臆病な月 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:646字
夜空に浮かぶ月を眺めて私は思うどうして月は輝いているのかそう、あの暗い空間の中で光を失わないのか実際に月は輝いているわけではない大人になればだれでも知っているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:元気な潮風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:271字
進め進め帆を揺らして歌え歌え凪と踊れるように大海原は敵じゃない荒れた波は怒りの印僕らが歌えば友達さ進め進め大声で歌え歌え前進で船の上に音が宿るそれは、渡航者達の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:オレだよオレ、医者 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:879字
くらい廊下の一角で赤いランプが煌めく目の前には白い素肌の少女が横たわるとても浅いが息はあるだが、あまりよろしくない状態だ辛うじて機能する身体が、少女の魂をこの世 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:暑いこだわり 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:572字
高機動の機体が対峙する片方は全身を黒に染めた機体もう片方…俺の乗っている機体は全身が赤くなっているあの機体に乗っているのは、俺のライバルでもあり、親友でもあった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:闇の話 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1014字
深々と降り注ぐ雪が街の光に反射して輝く両手を口の前にあてて息を吐く「はーーっ…」白い吐息が少しだけ滞留して消える今日は12月24日そう、クリスマスイブだなのに… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:人妻の道 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:833字
人それはこの世界に住まう者知的生命体とも呼べるその実態は、物質で構成されている器に入っている存在に過ぎない人の形は時代と共に形を変えてきたある時は船を漕いで世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ お題:私が愛した愛 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:960字
この世界には秘密があるある時にはアカシックレコードとして顕現することもあればアストラル体の存在が現れる可能性もあるしかし、そんなことはとても些細な事象だ何故なら 〈続きを読む〉