お題:プロの墓 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:738字
[削除]

湿った弾丸
 ある男が死んだ。
 何も残せず、何も果たせず。
 ただ冷たい石の下、地面から6フィート下で物言わぬ躯となって埋葬された。
 墓に刻まれた名と生没年以外、彼が何者かを知る術は今はもう存在しないだろう。

 重く冷たい雨が傘を叩く。吐く息は、冷たい。無機質で陰鬱とした雨模様。
 だが私と彼の生死を分けたあの日の暖かく軽い雨と比べれば、まだ有情と言えよう。

 その道で名を馳せたであろうプロフェッショナルたる彼は雨によって殺された。
 彼が仕損じた最後の仕事のターゲットである私は雨によって生かされた。


 線香代わりと言い訳をしてタバコに火をつけ、重い煙を肺いっぱいに吸い込み、猥雑に捻れた思考を平坦にしようと軽い酸欠状態へと自分を貶める。

 あの日……
 照りつけるような夏の日差し、フライパンのように熱せられたアスファルト。
 スコープの十字線と私の顔が重なる直前に突如降り出した天気雨は地面にぶつかった端から蒸発し湿度を急上昇させ弾丸に予期せぬ抵抗をもたらした。
 恐らく名うてのスナイパーであっても神が気まぐれに降らした雨までは計算できはしなかったのだ。
 放たれた弾丸はまだらな湿気の分布と回転の力とで不規則な弾道へと歪められ、私に穴を穿つこと叶わず。彼が厳重な警戒態勢の中で持ち込めたただ一発の銃弾と杖に偽装した狙撃銃はその役割を果たせず。

 私の死に起因する混乱に乗じて逃げ出す、そんな算段もまた機能せず。
 駆けつけたシークレットサービスに容赦なく、贅沢なまでの数の銃弾を打ち込まれ彼は死んだ。


 後の捜査で彼のおおよその正体はつかめたが。結局、それが限界だった。
 あるプロは、そのおぼろげな正体の秘密を抱いたまま、石の下で延々に黙秘を続ける……
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:█████ お題:苦いコウモリ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:559字
あなたは気がつくことが出来なかった。背後から来たる黒い塊、予兆はあったはずなのだが、それをすべて見逃している。あなたは気づかない。洞窟内に響く水滴音に、すっかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:R お題:宗教上の理由でにおい 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:401字
近所の奥様にバーベキューに誘われた。「ふふ、よかったら。いろいろな人が来ますよ、紹介します」いやちょっとそれ何。辛すぎる。初対面、みんなで食事、会話、団らん、パ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:わたしの嫌いな列車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:781字
「よく飛ぶ紙飛行機を折れるのが自慢なんだ」 紙を受け取るやいなや、上司は嬉しそうに折り目をつけはじめた。子供時代を思い出したのか、にこにこしてしまって、つられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:█████ お題:メジャーな昼 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:481字
「それじゃないとダメなのかよ?」「いいから、踏んどけ」金具を、足先で。靴だとうまくいかないので、わざわざ裸足になってもらった。上履きと靴下は、規則正しく組まれた 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 必須要素:MD 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:491字
間違えて消してしまった。私が初めて真剣に"文"と向き合おうとしたこの時。"淡い洞窟"というお題を出され、タスク100%オーバーの小さな脳みそフル回転で考えに考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:反逆の小説訓練 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:398字
反逆。 その言葉は様々な場面で利用される。 教師に対する生徒の反逆。上司に対する部下の反逆。夫に対する妻の反逆。 立場の弱い人間が立場の強い人間に強い意志を持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな列車 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:212字
「へぇ、面白い作品ね」「この絵の作者って、通勤ラッシュ時の電車が嫌いだったのよね。その気持ちを表現したのが、この作品だそうよ」「乗客っていうのかな?。みんなため 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と土地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:315字
所々焦げ付きうな垂れた木や、骨組みだけになった建物が並ぶ。仲間の兵士と共に車を降りると、人の気配のない開いた場所についた。目線の端で何かが動いた。少しの緊張と恐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい信仰 必須要素:セリフのみ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:2157字
マーサと初めて出会ったのは、イタリアのマテーラという街だ。マーサというのがニックネームなのか本名なのかは未だにわからない。とにかく、マーサはマテーラのゲストハウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:おいでよつるつる 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:375字
あなたが引っ越してきたのは、とある神様が作った、不条理な人間の世界とはもうひとつ別の世界。あなたは人間の心を持った鶴。「鶴は千年」といわれているけど、人間界の鶴 〈続きを読む〉