お題:プロの墓 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:738字
[削除]

湿った弾丸
 ある男が死んだ。
 何も残せず、何も果たせず。
 ただ冷たい石の下、地面から6フィート下で物言わぬ躯となって埋葬された。
 墓に刻まれた名と生没年以外、彼が何者かを知る術は今はもう存在しないだろう。

 重く冷たい雨が傘を叩く。吐く息は、冷たい。無機質で陰鬱とした雨模様。
 だが私と彼の生死を分けたあの日の暖かく軽い雨と比べれば、まだ有情と言えよう。

 その道で名を馳せたであろうプロフェッショナルたる彼は雨によって殺された。
 彼が仕損じた最後の仕事のターゲットである私は雨によって生かされた。


 線香代わりと言い訳をしてタバコに火をつけ、重い煙を肺いっぱいに吸い込み、猥雑に捻れた思考を平坦にしようと軽い酸欠状態へと自分を貶める。

 あの日……
 照りつけるような夏の日差し、フライパンのように熱せられたアスファルト。
 スコープの十字線と私の顔が重なる直前に突如降り出した天気雨は地面にぶつかった端から蒸発し湿度を急上昇させ弾丸に予期せぬ抵抗をもたらした。
 恐らく名うてのスナイパーであっても神が気まぐれに降らした雨までは計算できはしなかったのだ。
 放たれた弾丸はまだらな湿気の分布と回転の力とで不規則な弾道へと歪められ、私に穴を穿つこと叶わず。彼が厳重な警戒態勢の中で持ち込めたただ一発の銃弾と杖に偽装した狙撃銃はその役割を果たせず。

 私の死に起因する混乱に乗じて逃げ出す、そんな算段もまた機能せず。
 駆けつけたシークレットサービスに容赦なく、贅沢なまでの数の銃弾を打ち込まれ彼は死んだ。


 後の捜査で彼のおおよその正体はつかめたが。結局、それが限界だった。
 あるプロは、そのおぼろげな正体の秘密を抱いたまま、石の下で延々に黙秘を続ける……
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:そ、それは・・・孤島 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:444字
「犯人は……あなたです!!!」「「な、なんだって?」」「貴女のアリバイは崩れました。お巡りさん、焼却炉の底に凶器が残っている筈です」「そんな、そんな……」刑事ド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある意味納涼 ※未完
作者:卵かけご飯 お題:女の幻覚 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:233字
今年もお盆がやってきた。例によって枕元にまたあいつが立っている。「ヘイヘイヘイヘーイそこのイケメンおにーちゃん、私と一緒にDOしない?」半透明の体の女。毎年俺の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
離脱 ※未完
作者:にい お題:かっこいいドア 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:712字
習慣とは身に染みついた無意識の動作としてあらわれ、そのせいですごく恥ずかしい目にあったりする。帰宅して、これからやるべき家事とかのことを考えながら鍵穴に鍵をさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:斬新な超能力 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:106字
自宅で昴はティータイムしていた。すると、なにやら喉に詰まる症状が現れた。「なんだ、あのお菓子か。」不安がとれて昴は胸のつまりがとれた。そして再びティータイムにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:斬新な超能力 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:128字
尊はいつもと変わらず料理をしていた。すると、なにやらビービーと変な音が現れた。「そんなことある!?」尊は近くを探した。「なんだ、あのPC故障の警告音か。」不安が 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:309字
「犯行現場に血痕があったとする」「唐突ね」 彼女は目をぱちくりさせる。だが、食事の手を緩めることはなかった。「非常に重要な証拠だ。もしかしたら犯人に繋がる手がが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1049字
日本国って海洋国です。ある程度の経済規模がある同じような国って、イギリス、オーストラリアぐらいですが、この2つは造船業に関してはそれなりの実力を持っています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ラブレター ※未完
作者:匿名さん お題:儚い軽犯罪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:447字
駄菓子屋で一人の少年がきょろきょろと回りを見渡している。 ーーあからさまに怪しい……。 どうやら奥の方にいる私の姿は入口近くにいる彼には見えていないらしい。 私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは誰か 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:607字
「……しまった」 営業に向かう途中、私はポールペンのインクを切らしていることを思い出した。道中で購入するつもりだったのだが、うだるような夏の暑さがその思考を奪い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの稲妻 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:338字
ぐちゃぐちゃな稲妻はまっすぐ着地する。着地した後どこに行くかというとわからないが、ただただ進んでいく。ぐちゃぐちゃな稲妻はこの場所を見る。ぐちゃぐちゃな稲妻はこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない春 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1264字
春が落ちてきた。こう書くと、わざとらしく大きな溜息でも1つついて、「おいおい君、季節は巡るものであって、動いたり落ちたりするものではないよ」なんて苛立ちげに言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉