お題:光の14歳 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:1592字

散歩
 ある日とある街の昼下がり。
 オフィス街というには言い過ぎだが住宅街とは言えないような都市計画が進む街の中心街で少年は佇んでいた。
 周りのビルに囲まれたそこはポツンと街の真ん中に採光がとれるようにスペースを上手く開けられており、冬だと言うのにも関わらず風は穏やかで日差しは暖かく、ベンチに座って談笑するのも良いだろうと思われる場所であった。空は晴れ渡り雲一つなく空気は澄んでいた。上空には何も飛ばず、ビルのガラスがキラキラと陽光に煌めき輝いていた。その場所で手持ちのサンドイッチかホットドックでも食べれば良い昼食をとった、と思えることだろう。
 少なくともそこが放射能で汚染されていなければ。
 街には人影は微塵もなく、その少年を除けば一切の生命はそこに存在していなかった。
 ざりっ、と少年が足を動かし地面を踏みしめる。
 少年の周囲には生命はなかった。そこは公園であったが既に主を喪った車が道路脇や公園の回転する遊具に衝突したまま二度と動かないようにされていた。車の中にいたであろう人は既に白く、半円形の白さは砕け散り座席には砂を撒いたようになっていた。公園の至る所で同じようにされ、公園の砂以外の白さで斑模様を描いている状態だ。
 オフィス街であったそこも既に誰もいないと思われた。ガラスが残っているがその建物を利用する者は既にいない。いたとしても、この放射能の大気をものともしない生物になっているのであれば、過去の街の主たちとは既に違う存在であろう。新たな主人が誕生するまで存在しているのか、それとも壊れていくのか分からなかったが少年はそれらに一瞥すると、再び歩き始める。
 見た目からして14歳程度、しかし目からは年齢には不相応な剣呑さが、そして何よりも他の人間とは違い頭上には輪が存在していた。それは言ってしまえば家庭用の蛍光灯のように昼の明るさの中でも輝いていた。
 少年は進む。
 何か目的がある訳でもない。生存者を見つけようとするということでもない。
 助けてくれと言われて何をする訳でもない。だが誰かを助ける訳でもない。
 少年は気の向くままに進んでいくだけ進み、自由に何かをすることをした。
 だが何かをするからといって何かを望んだ訳でもなかった。
 この世界で少年は特に何かをすることはなかった。ただ周囲の人間に「神だ」、「天使だ」ともてはやされたにすぎなかった。
 少年はなんでもできた。死に逝く者を蘇らせ万物を転換させられる。望まれれば全てを実現できる。
 誰もが気にしないわけがなかった。だからこそ少年は光の少年と呼ばれた。
 世界は繁栄したがたった一人の人間の、たった小さな、細やかな誰もが気軽に言える言葉で。
「何もしないでくれ」
 終末は何の気なしに、ある酔っ払いによって始まった。そして。
 世界は滅んだ。
 核戦争でも細菌でも隕石でもなく、ただ少年は「何もしなかった」。
 そう言われた瞬間から人々は魂が抜けるように、突然死に始めた。
 原因は分からず恐慌が起こりかけたが起こる前に収束した。
 誰もが言っていたにも関わらず、神だと言っていたにも関わらず。
 何でもできる存在が世界に介入しないことを指示されたならば。
 管理者がいなくなった世界は物語でもプログラムでもやはり終わるしかないのだろう。
 少年はその際も特に何もしなかった。何故かたまに生存している人間もいたが何もしなかった。
 ただ、頼まれれば施しをした。そして恐れられた。
 かつて戦争の勝者となった征服者が、とある国の国民性を見てこう言った。
「この国は12歳だ」
 ならば、神という世界の征服者は少しばかり年上の14歳程度で十分なのではないだろうか。
 少しばかり腹の立つ命令をされて逆らったところで誰が文句を言うのだろう?
 少年は綺麗に整頓された区画を歩いていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:メソと青い鳥_ SRI お題:シンプルな罪人 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1822字
夜中に目を覚ますと、私は喉の渇きを感じた。もう夏がすぐそこに迫っている六月の半ばといっても、夜はまだ少し肌寒い。布団から這い出て、日中の日の暖かさを完全に忘れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨箕悠 お題:マンネリな雑踏 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1138字
男は物心ついた時から「普通」に「平凡」に生きる事を目指していた。幼い男の家には父親はおらず、その理由を母に訪ねてはいけない、と男は幼いながらに察していた。 母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツと村 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:569字
田中にとってはどうでも良い事だが、今泉にとってはどうでも良くない事が目の前で繰り広げられていた。今泉の顔色は忙しなく変化をしているのだが、田中の顔は平時と何ら変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フォロワーの敗北 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1055字
誰だって、少しくらいは承認欲求を満たしたいという感情はあるものだ。もし、そんなことを考えたことがなかったとしても、ひとたび誰かに肯定的な言葉をかけられればそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:8月のラーメン 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2171字
今、私の目の前には、とても耳障りな言葉をわめき散らす人間が居る。私は、蒸し暑い外を逃れたくて、そっと店に赴いた。暑いなどと言っているのだから、このような店に来る 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと即興小説 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:958字
「どちらが早く1つの世界をつくれるか勝負しよう」 君がそんなことを言い出したのはもう何年前のことだったか。 幼かった僕が大人になって、目線もうんと高くなって、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1629字
あの夏の日を、僕は忘れることが出来ないだろう。 ニュースでは連日、最高気温更新という言葉が連呼されている。季節は、夏……大学の図書館は適度にクーラーが効いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:250字
街灯が灯り始めたが、ついに男は現れなかった。女は水面に映る街灯の列をぼうと眺めていた。「お嬢さん、元気を出しなさいな」見かねた街灯が話しかける。「ありがとうござ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの眠り 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1736字
部室でアルパカさんが眠っていた。「おーい、アルパカさん」 椅子に座って、机に突っ伏している。肩を揺すってもアルパカさんは起きない。 確か四限に、赤澤教授に卒論 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なゆかちゃん お題:元気な死 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:876字
「ねえ聞いてーーマジむかつくんだけど」「何何ーー」「笹沢。いつ話しかけてもシカトしてくんだけど!」「あ~なんかウチらのことなんて見えてませーーんって感じだよね」 〈続きを読む〉

ワーカ=サボタージュ=ホリックの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:強い天井 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1147字
「ううん、困った」 近所で唯一やっている、と言ってもいい土建屋のおやっさんがそう唸っている。目の前には大きな、とはお世辞にも言えない小汚いアパートだ。 私の持ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:素人の情事 必須要素:自殺エンド 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:2200字
「はい、カット!」 パッ、と明るさが通常に戻る。それと同時に様々な声が狭い部屋の中で溢れていく様はいつも通りの光景だった。それよりも前に目の前にいる男が元通りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:光の14歳 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:1592字
ある日とある街の昼下がり。 オフィス街というには言い過ぎだが住宅街とは言えないような都市計画が進む街の中心街で少年は佇んでいた。 周りのビルに囲まれたそこはポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:怪しい借金 必須要素:育毛剤 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1301字
世の中にはうまい話などそうありはしない。 信じる者は「すくわれる」のだ。 ふとしたことからひょんなものを買ってしまうことはないだろうか? ウィンドウショッピン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:君と伝承 必須要素:靴の中敷 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:3247字
タッタッタ。タッタッタッタ。トッ、キュッ。うん、すべてを擬音語になりそうな会話をやめようか。自分の動きを言葉にしてもね。というよりも今日も特に何もないと言うのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:とんでもない超能力 制限時間:1時間 読者:197 人 文字数:2586字
一度も見たことがないはずの物事に対して既視感を覚えることをデジャヴと言う。 しかし、その既視感を前々から知っていればそれはデジャヴという感覚などではなく、デジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:残念な勝利 制限時間:30分 読者:241 人 文字数:4448字
腹が減った。 ううん、自分にあっている言葉としてはお腹が空いた、か。流石にあのマンガのようには自分はなれない。 電車から降りると同時にポケットの中に携帯電話を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:私が愛したもこもこ 制限時間:1時間 読者:238 人 文字数:2835字
社会的流行、というのはどこからか発生するものである。 ファッション、グルメ、ブランド、テーマパーク……様々なものが流行として人々を突き動かしていくエネルギーの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:俺は失敗 必須要素:テニスボール 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:1077字
俺は失敗をしない。 何事にも失敗しないという超能力を持っている。 よくわからないかもしれないが、例えばバスケットゴールの端からボールをシュートしてゴールに入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ワーカ=サボタージュ=ホリック お題:マイナーなデザイナー 制限時間:4時間 読者:268 人 文字数:3690字
シング、シング、シンキング。 おはようございます。 蒸し暑い室内の中で毎朝よくもまあこれだけの環境で寝られるなあ、と我ながら思いつつ体を起こしていきます。 室 〈続きを読む〉