お題:漆黒の闇に包まれし女祭り! 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1008字

人形演劇
かつて、この街には住民の間で有名な人がいました

街の一角で布屋を営む彼の本業

それは、人形を作ることでした

その者の腕はとても精工でした

彼が作る人形たちは、まるで生きているのではと疑わんばかりの美しさを保っていたからです

けれど、彼は一つの人形を作る毎に、こう呟いていたのです

「まだ足りない」

「これでは、ただの置き物だ」



そう、彼は生きた人形を目指していました

何をバカなことをと、思うかもしれませんが、当時、物に神が宿るというのは、あながち嘘ではなかったからです

とはいえ、その噂を信じていた人が少なかったのもまた事実ではありますが

ともかく、彼は生きた人形を作る為に、毎晩切磋琢磨しながら製作に励みました

そうして、はじめて自らの思う力作にたどり着きました

金髪が綺麗に靡く人形

今は瞳を瞑っているが、目を開けたらきっと動き出すと、そう思うほどの出来栄えでした

彼は、自らの出来に自信がついたのか、新たな人形の製作に手をかけました

「前は金色だったから、今度は白色にしよう」

そうして、二つ目の人形が完成しました

それをみて、彼は思わず涙を流しました

「私はかつてこれほどまでに綺麗な人形を見たことがあるだろうか」



彼は、前よりもより人形作りに励むようになりました

本業の経営が破綻することもなく、一定の軌道にのった彼は、無事に歳を重ねていきます

人形を作ることにしか興味の無かった彼は、40、50と歳を取り、婚期を逃し、やがて老人になりました

その頃には、既に部屋には埋め尽くされるほどの人形がありました

その中でも一際目を惹くのは、漆黒の色に身をまとった、黒い少女の人形でした

見るものすべてを虜にするそれは、まるで呪いのよう…

そう思えるほどに美しかったからです

さて、彼はこうして幾つもの人形を作ってから、亡くなりました

そう、彼は結局、人形が目を開けるところを一度も見ることはなかったのです

しかし、彼が死んでから、新たな噂が広まりはじめました

あの家では、毎晩物音がする

それも、一つではなく、多くの者達が騒ぎ立てるような…

そう、彼が作った人形達は、彼の最後を綺麗に飾るように、動き始めたのです…

虚しくも、彼がその光景を生きたまま見ることはありませんでしたが、それでも彼の意思はそこにあると…そう思います



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし女祭り! 制限時間:30分 読者:130 人 文字数:1068字
心が折れた場合の対処法。 一。頭を殴る。 二、過去を振り返らない。 三、相手に復習方法を考える。 と、こんなかんじでどんなもんだい。 私はいま、学校のいじめと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:1000年小説家 お題:漆黒の闇に包まれし女祭り! 制限時間:30分 読者:338 人 文字数:4817字
すべての哀れな童貞諸兄のための救済企画――通称、“女祭り”――という物を、ご存じだろうか。 全国から厳しい条件によって選抜された5人のエリート童貞の願望を、す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:イタリア式の正月 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:933字
お題無視メカ単発砂漠の中で孤立した部隊が声を上げる。「くっ!敵の位置は!」「ダメです!この砂嵐の所為で特定できません!」「なら何故、こちらの位置は特定されている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された門 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:642字
虚構の城の奥底で、ハデスは笑う。生を忌み嫌い、死を司り、世界を呪わんとするその者は、世界を腐蝕する。それが、生きる意味であると、死が救いであることを教えるために 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:興奮した発言 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:848字
ありきたりな日常。こんな日々がずっと続くのだと、そう思っていた。しかし、不変的な日常なんてものは存在しない。あるのはただ、出会いというの名の元に在り続ける小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:残念な稲妻 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1281字
一筋の光が世界を包む。それに気づいた人は僅かで、他はそれに気づくことすらままならず、消えてしまった。それほどまでに、世界の終末はあっけなかった。皆もっとドラマチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:僕の好きな小説新人賞 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:970字
お題無視:残光のフェルエスタ単発シーン周囲一帯が砂漠。吹き荒れる砂嵐は視界を塞ぐ。この光景は何度もシミュレータの中で見た。しかし、実戦と練習では訳が違う。一撃で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:わたしの好きな猫 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:844字
お題無視:残光のフェルエスタ単発シーン俺がフェルエスタのパイロットとして抜擢されてから1ヶ月が過ぎた。はじめのうちはピーキー過ぎる機体性能に振り回されていたが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:簡単な母性 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:991字
人は何故生きるのだろう。そんなことは普段考えない。僕らは、人が生きていることが絶対の事象として捉えている。だから、当たり前の事に対しては疑問を抱かない。それが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:光の笑い声 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1072字
お題:メカ単発「これが…試作機…?」「あぁ、これこそが私の考えた最強の機体だよ」デッキの上から機体を眺める。その造形は量産機とは違い、フォルムも異なっている。全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:やわらかい鳥 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1550字
君は世界について考えたことがあるだろうか?そう、世界。自分の世界でも、他人の世界でも、自他共の世界でも。それについて、どう考えるだろうか。ある人は、僕の世界は小 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:茶色い性格 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1008字
青。辺り一面が青。それが、この世界のすべて。私の世界のすべて。生まれた時からずっとこの世界しかしらない。私の目からは、青しかわからない。近くで光って、遠くで光っ 〈続きを読む〉