お題:漆黒の闇に包まれし女祭り! 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1008字

人形演劇
かつて、この街には住民の間で有名な人がいました

街の一角で布屋を営む彼の本業

それは、人形を作ることでした

その者の腕はとても精工でした

彼が作る人形たちは、まるで生きているのではと疑わんばかりの美しさを保っていたからです

けれど、彼は一つの人形を作る毎に、こう呟いていたのです

「まだ足りない」

「これでは、ただの置き物だ」



そう、彼は生きた人形を目指していました

何をバカなことをと、思うかもしれませんが、当時、物に神が宿るというのは、あながち嘘ではなかったからです

とはいえ、その噂を信じていた人が少なかったのもまた事実ではありますが

ともかく、彼は生きた人形を作る為に、毎晩切磋琢磨しながら製作に励みました

そうして、はじめて自らの思う力作にたどり着きました

金髪が綺麗に靡く人形

今は瞳を瞑っているが、目を開けたらきっと動き出すと、そう思うほどの出来栄えでした

彼は、自らの出来に自信がついたのか、新たな人形の製作に手をかけました

「前は金色だったから、今度は白色にしよう」

そうして、二つ目の人形が完成しました

それをみて、彼は思わず涙を流しました

「私はかつてこれほどまでに綺麗な人形を見たことがあるだろうか」



彼は、前よりもより人形作りに励むようになりました

本業の経営が破綻することもなく、一定の軌道にのった彼は、無事に歳を重ねていきます

人形を作ることにしか興味の無かった彼は、40、50と歳を取り、婚期を逃し、やがて老人になりました

その頃には、既に部屋には埋め尽くされるほどの人形がありました

その中でも一際目を惹くのは、漆黒の色に身をまとった、黒い少女の人形でした

見るものすべてを虜にするそれは、まるで呪いのよう…

そう思えるほどに美しかったからです

さて、彼はこうして幾つもの人形を作ってから、亡くなりました

そう、彼は結局、人形が目を開けるところを一度も見ることはなかったのです

しかし、彼が死んでから、新たな噂が広まりはじめました

あの家では、毎晩物音がする

それも、一つではなく、多くの者達が騒ぎ立てるような…

そう、彼が作った人形達は、彼の最後を綺麗に飾るように、動き始めたのです…

虚しくも、彼がその光景を生きたまま見ることはありませんでしたが、それでも彼の意思はそこにあると…そう思います



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし女祭り! 制限時間:30分 読者:132 人 文字数:1068字
心が折れた場合の対処法。 一。頭を殴る。 二、過去を振り返らない。 三、相手に復習方法を考える。 と、こんなかんじでどんなもんだい。 私はいま、学校のいじめと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:1000年小説家 お題:漆黒の闇に包まれし女祭り! 制限時間:30分 読者:342 人 文字数:4817字
すべての哀れな童貞諸兄のための救済企画――通称、“女祭り”――という物を、ご存じだろうか。 全国から厳しい条件によって選抜された5人のエリート童貞の願望を、す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:おいでよ撃沈 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:965字
「犯人が分かりました。リビングに集まってください」 意気揚々とリビングにやってきたが、まだ誰も集まっていなかった。 5分経っても、10分経っても、人っ子一人やっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アリス@ドイツ&ウィーンへ行く お題:穢された何でも屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1320字
なんでもするよ、というのが口癖の少年と少女がいた。 ボロ布のような布をまとっているわけでも、飢えて困っているふうでもない、いたって普通の少年と少女が、駅前で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と王子 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:568字
ボーンボーンボーン柱時計が鳴る。先輩のもとを訪ねたのはたしか2時頃だったのでかれこれ一時間はいる計算だ。「おや、もう3時か。お茶でもどうだい?」疑問系だが実際の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれしサイト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
検索に出てこないサイトがあるらしい。検索しても出てこないから、口コミで存在が噂になっている。誰かに教えてもらわないとサイトの場所がわからないことから、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どす黒い恨み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:230字
首に手を掛ければ、ひゅっ、と喉が鳴った。自分がしでかしたことだと言うのに、これほどの恨みを買うとは思わなかったのだろうか? ほんと、反吐が出る。「……いいわ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏野 千尋@低浮上 お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:959字
真新しいスニーカーを、睨み付ける女の子がいた。 僕はそのスニーカーが羨ましかった。僕のうちは貧乏だ。お父さんがいないし、お母さんも、せーしゃいん、じゃない、ぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅いカラス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:622字
10/20(土) 曇りのち雨今日は買い物へ行った。2分ほど歩いた先のコンビニだ。2分といっても、僕の家から2分という意味ではない。家から徒歩4、5分先にある電柱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:419字
街の外れ、小高い山の中腹あたりに1棟のマンションが建っている。私が小さな頃に不正が発覚し、住人は立ち退き。結果としてマンションは捨てられた。正面にあるこの坂から 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋の即興 小説


ユーザーアイコン
衝動 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:無意識の職業 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:981字
抱くのは憎悪。掲げるのは信念。しかして、心から求めることは、ただ殺戮のみ。ただ己の正義を執行するのではなく、狡猾に、傷を抉るように。血は至高だ。生をその身で味わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:アブノーマルな花 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1103字
「―――待って…!」――の背中へと手を伸ばす。けれど、その手は虚空を切り裂いた。「行かないで…! 一人に…しないで…」涙を流し、懇願する。それでも、――は止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:穢された悲劇 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:921字
瞳に映らないもの。それこそが幻想の正体。だから、私の瞳に映っているこの黒い景色は、夢でもなければ幻でもない。きっとそう、誰かが奪い去ってしまったもの。それは果た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:混沌の慰め 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:825字
夕焼けの海辺。太陽が沈む中、私達に光が当たる。まるで、この世界には私達二人しかいないような、そんな気さえする。私と彼の間に言葉はない。この雰囲気がそうしてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王都の使命 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:帝王の小説練習 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:723字
言霊。人より発せられた言の葉は想いを持ちて形にする。それは、想像力が高ければ高いほど効力を増す。だからこそ、帝国の王となるものは力を蓄える為、読み書きを教わる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:誰かの冬 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:645字
滅び。それは、ある種の救い。始まりがあるから終わりがある。終わりがあるからこそ、始まりがある。そうしていくつもの歴史は紡がれてきた。誕生の春から、喪失の冬まで。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:優秀なババァ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1104字
失敗。その言葉を、どれだけ多くの者が言っただろうか。あれもダメ、これもダメ。結局は一人でから回っていただけだった。…いや、はじめから絡まってなんかいなかった。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:燃える食卓 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:902字
景色は廻る。春夏秋冬、止まることなく、惑星は廻る。時には色を添えて、また、色を落として…。見る者を魅了するこの光景は、何千年前から繰り返されてきたもの。決して覆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1163字
『あけましておめでとうございます』印字された一文。変わることのない文字の羅列を眺める。「年が明けて、本当にめでたいのかねぇ」愚痴が漏れる。ただ年号が変わっただけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:幸福なキス 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1074字
お題無視「西条(さいじょう)登(のぼる)。彼の能力は肉体強化と聞いているが」その言葉に、ゆっくりと頷く。「えぇ。教頭の仰る通りです」「ならば、あれはなんだ」目の 〈続きを読む〉