お題:孤独な犯人 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1191字

復讐機
 生まれが同じなら思考も同じ。
 ただターゲットの首のとり方が違う。
「……」
 急所をえぐり、それを食す妹と違って私には死体を貪る趣味はない。
 やるなら、
「ね? クラスメイトだよね? な、なんで?」
 生きたまま、少しずつ生き血を吸う方がいい。

「お姉ちゃん、後片付け大変なんだから廊下で食べることやめてくれない?」
「ん……忘れてた」
 口元を拭いて、見渡せば確かにバラバラと骨とかが散らかってる。
「残飯を食べるのも好きだけど、お姉ちゃんのやり方ちょっと汚いよ?」
 そうなのかな。
「冷え切ってきちんと味付けしないと魚も肉も美味しくないでしょ?」
「何もかけない人もいる」
 考えるようにしながら、妹はスクールバッグを玄関におくと、手慣れた様子でまだ肉が残ってる骨を回収してく。
「今日は焼肉ができそう……なボリュームはあるかな」
「お願いね」
 その間に廊下を拭いておいてと渡される掃除用具の数々。
 一体どこで手に入れたかわからない名称の数々は、妹が外でハンティングする際に知り合った仲間から支援されたものらしい。
「……はぁ」
 失ってく生命を感じながら生き血を吸ってたせいか、ここまで血が飛び散るとはいつも忘れてしまう。穴という穴から吹き出る噴水のような生き物は他にいない。
 しかも仲良くなった友だちというのが重大で、さらに食欲をそそらせる。
「あまりクラスメイトだけを狙ってもバレちゃうよ?」
「そう……? 私わりと人気だからあまり噂されないよ」
「いやいやあたし学校で行方不明者続出してるから注意されるように言われたよ!?」
 あっ焦げるという声が聞こえた。
 こちらに視線を向けてる場合じゃないだろうに。
 さて飛び散った血の痕跡を消そう。
 
 作業は数分で終わった。
 手慣れたもので、あっけいないもの。
 お母さんを襲った親戚を磔にした時のが時間がかかった。
「……」
 あの時襲われたお母さんは未だ病院で眠る毎日。
 私たちは、復讐を行ってからおかしくなってしまった。
 人というエネルギーを摂取しなければ、狂気に落ちそうになる。
「お姉ちゃん? 終わった? お、きれいになったね」
 満足そうに居間から妹が出てきた。
「そろそろお姉ちゃんも外の人を襲う時期が来たと思う」
「親戚の残りは?」
「うーん、一応めどはつけてるけど足取りはまだ情報が入ってこないんだよね」
 そう。逃げられると思ってるのだろうか。
 お父さんを突き落とし、お母さんまでも襲おうとした血の一族は。
「大丈夫、殺し方はもう考えてあるから」
 嬉しそうに笑う妹の手を取りながら、居間へ入ると美味しそうなお肉の匂いがした。
 水分と生肉をかじっただけだからより一層美味しそうに見える。
「よくできました」
 たった一人の肉親。
 孤独じゃなくてよかった。
 
 でもーー
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な犯人 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:411字
犯行というものは、一人でやるものじゃないんだろうか。牢屋の中で私は考える「いや、私が力不足なだけ…か」私はそう呟き、ベットに転がる「生まれた環境は、悪くない。と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の殺し屋 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:421字
過去に一度だけ、殺し屋に狙われたことがある。なぜ狙われたのか、それは依頼者が俺に対して些細な恨みを覚えていて、「自分が手を下すのではないからいいだろう」とか安 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1216 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:免れた曲 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:725字
欲を制限できる医療技術が開発された。そのことにより犯罪は大幅に減り、人口増加率も普通以下へと落ちた。地球上に存在できる人の数が決められ、かつてあった温暖化現象 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の善意 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:640字
牙というのは全てが優しさできているわけじゃない。「あぁそういうことか」「そう、そういうことなの」 ルームメイトは自分で犯した罪を理解したのか、ごまかすつもりな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
わたし ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:わたしの嫌いな殺人犯 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:907字
人の声を近くで聞いた気がする。「……?」 そんなに離れてないはずだけど、その影がみえない。 クマかシカだったのだろうか。いや、しゃべる動物を他に知らない。わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:893字
人の温もりがほしいとは思っても、願いはしない。 なぜならばボクがこうしてぼくであるように、世界はセカイでしかない。裏切ることもなく、ただ進む。自然の摂理。因果 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:永遠の野球 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1022字
人は成し遂げたとき、生きる目的を失う。 いわゆる達成感の強さが、生力を奪う。 大抵の人間は夢を現実として叶えることはない。 お金持ちになりたい、アイドルになり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひとのうつわ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:でかいお茶 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:755字
「ねぇ聞いてるの?」 母親が朝から何度目になるかわからない問いを告げてくる。「……」 私といえば会話する気はもうとうない。というよりか、表情を作るのさえ生きると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:アルパカのロボット 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1064字
研究課題というのは付きないもので、かつて存在してた生き物を機械として蘇すことも造作もない。なぜなら我々人間も今は機械化され人間という部分はもはや2足歩行するこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:俺の小説 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1076字
文字を見るのに最適な時がある。 それは朝。 脳がはっきりしないときに、頭を働かすからだという説はあるが根拠はない。集中できてしまえば、いつでも意味はある。 3 〈続きを読む〉