お題:孤独な犯人 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1191字

復讐機
 生まれが同じなら思考も同じ。
 ただターゲットの首のとり方が違う。
「……」
 急所をえぐり、それを食す妹と違って私には死体を貪る趣味はない。
 やるなら、
「ね? クラスメイトだよね? な、なんで?」
 生きたまま、少しずつ生き血を吸う方がいい。

「お姉ちゃん、後片付け大変なんだから廊下で食べることやめてくれない?」
「ん……忘れてた」
 口元を拭いて、見渡せば確かにバラバラと骨とかが散らかってる。
「残飯を食べるのも好きだけど、お姉ちゃんのやり方ちょっと汚いよ?」
 そうなのかな。
「冷え切ってきちんと味付けしないと魚も肉も美味しくないでしょ?」
「何もかけない人もいる」
 考えるようにしながら、妹はスクールバッグを玄関におくと、手慣れた様子でまだ肉が残ってる骨を回収してく。
「今日は焼肉ができそう……なボリュームはあるかな」
「お願いね」
 その間に廊下を拭いておいてと渡される掃除用具の数々。
 一体どこで手に入れたかわからない名称の数々は、妹が外でハンティングする際に知り合った仲間から支援されたものらしい。
「……はぁ」
 失ってく生命を感じながら生き血を吸ってたせいか、ここまで血が飛び散るとはいつも忘れてしまう。穴という穴から吹き出る噴水のような生き物は他にいない。
 しかも仲良くなった友だちというのが重大で、さらに食欲をそそらせる。
「あまりクラスメイトだけを狙ってもバレちゃうよ?」
「そう……? 私わりと人気だからあまり噂されないよ」
「いやいやあたし学校で行方不明者続出してるから注意されるように言われたよ!?」
 あっ焦げるという声が聞こえた。
 こちらに視線を向けてる場合じゃないだろうに。
 さて飛び散った血の痕跡を消そう。
 
 作業は数分で終わった。
 手慣れたもので、あっけいないもの。
 お母さんを襲った親戚を磔にした時のが時間がかかった。
「……」
 あの時襲われたお母さんは未だ病院で眠る毎日。
 私たちは、復讐を行ってからおかしくなってしまった。
 人というエネルギーを摂取しなければ、狂気に落ちそうになる。
「お姉ちゃん? 終わった? お、きれいになったね」
 満足そうに居間から妹が出てきた。
「そろそろお姉ちゃんも外の人を襲う時期が来たと思う」
「親戚の残りは?」
「うーん、一応めどはつけてるけど足取りはまだ情報が入ってこないんだよね」
 そう。逃げられると思ってるのだろうか。
 お父さんを突き落とし、お母さんまでも襲おうとした血の一族は。
「大丈夫、殺し方はもう考えてあるから」
 嬉しそうに笑う妹の手を取りながら、居間へ入ると美味しそうなお肉の匂いがした。
 水分と生肉をかじっただけだからより一層美味しそうに見える。
「よくできました」
 たった一人の肉親。
 孤独じゃなくてよかった。
 
 でもーー
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:孤独な犯人 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:411字
犯行というものは、一人でやるものじゃないんだろうか。牢屋の中で私は考える「いや、私が力不足なだけ…か」私はそう呟き、ベットに転がる「生まれた環境は、悪くない。と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:人妻の消しゴム 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:853字
人生に終わりがあるならそれは人に忘れられた時。 つまりは人に刻印を押し付ければ、僕という個体は消えはしない。 かといって作りすぎるのも考えようだ。 相手に顔が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:白い会話 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1041字
誰かと会話してるようでしてないことは起こりえない。 とはいえ、携帯電話を片手に忙しそうにしてるのは人に見えない。「……」 昔は本を読んだり、新聞を読んだりした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
グンマ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:群馬のギャグ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:605字
群馬といえば、にほんの秘境と呼ばれた場所であった。 そのことをニュースで取り上げた次の日に出演者が謎の失踪を遂げたことから、話題にしてはいけない黒いギャグとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:蓋然性のある表情 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:909字
「……笑うって楽しいかな?」「うーん……。笑うことが既に楽しいという前提に近いって、僕は思うかな」「でも、ずっと笑ってる人いるよね? 人が死んでも、何があっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:男の踊り 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:495字
刻印として残されたものは親から子へ。 受け継ぐのは遙かなる過去の記憶も含む知識となる。 だからこそ、王への嫌悪感は当事者に行われた行為よりも、一層強くなる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:3月の第三極 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:819字
別れはいつも突然で、その流れを止めることはできなかった。私には到底できない。 また出会えたらとお互いに思いあっても、現実は違う。 疎遠は心までも侵食し、やがて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:メジャーな天使 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1063字
クリスマスの夜、ベランダに天使が舞い降りた。「はじめまして」 金色のように月夜で輝く金髪はとても眩しかった。「はじめまして?」 天使と思った生命体は見知った顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しごと ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:戦艦の育毛 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:766字
見た目が違うからといって、同じものと考えるのはいけない。成分表にはきっちりと成分が記されてる。それだけの効果が望める。 彼が下着選びで同じものを選ぶからといっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
姉妹 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:阿修羅足 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:941字
強がりはやめて、と彼によく言われるのだけど、何が強がりなのだろうかと不安になる。 私はわたしのままで何もしてない。やりたいことをして、やりたくないことをやらな 〈続きを読む〉