お題:孤独な犯人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1191字

復讐機
 生まれが同じなら思考も同じ。
 ただターゲットの首のとり方が違う。
「……」
 急所をえぐり、それを食す妹と違って私には死体を貪る趣味はない。
 やるなら、
「ね? クラスメイトだよね? な、なんで?」
 生きたまま、少しずつ生き血を吸う方がいい。

「お姉ちゃん、後片付け大変なんだから廊下で食べることやめてくれない?」
「ん……忘れてた」
 口元を拭いて、見渡せば確かにバラバラと骨とかが散らかってる。
「残飯を食べるのも好きだけど、お姉ちゃんのやり方ちょっと汚いよ?」
 そうなのかな。
「冷え切ってきちんと味付けしないと魚も肉も美味しくないでしょ?」
「何もかけない人もいる」
 考えるようにしながら、妹はスクールバッグを玄関におくと、手慣れた様子でまだ肉が残ってる骨を回収してく。
「今日は焼肉ができそう……なボリュームはあるかな」
「お願いね」
 その間に廊下を拭いておいてと渡される掃除用具の数々。
 一体どこで手に入れたかわからない名称の数々は、妹が外でハンティングする際に知り合った仲間から支援されたものらしい。
「……はぁ」
 失ってく生命を感じながら生き血を吸ってたせいか、ここまで血が飛び散るとはいつも忘れてしまう。穴という穴から吹き出る噴水のような生き物は他にいない。
 しかも仲良くなった友だちというのが重大で、さらに食欲をそそらせる。
「あまりクラスメイトだけを狙ってもバレちゃうよ?」
「そう……? 私わりと人気だからあまり噂されないよ」
「いやいやあたし学校で行方不明者続出してるから注意されるように言われたよ!?」
 あっ焦げるという声が聞こえた。
 こちらに視線を向けてる場合じゃないだろうに。
 さて飛び散った血の痕跡を消そう。
 
 作業は数分で終わった。
 手慣れたもので、あっけいないもの。
 お母さんを襲った親戚を磔にした時のが時間がかかった。
「……」
 あの時襲われたお母さんは未だ病院で眠る毎日。
 私たちは、復讐を行ってからおかしくなってしまった。
 人というエネルギーを摂取しなければ、狂気に落ちそうになる。
「お姉ちゃん? 終わった? お、きれいになったね」
 満足そうに居間から妹が出てきた。
「そろそろお姉ちゃんも外の人を襲う時期が来たと思う」
「親戚の残りは?」
「うーん、一応めどはつけてるけど足取りはまだ情報が入ってこないんだよね」
 そう。逃げられると思ってるのだろうか。
 お父さんを突き落とし、お母さんまでも襲おうとした血の一族は。
「大丈夫、殺し方はもう考えてあるから」
 嬉しそうに笑う妹の手を取りながら、居間へ入ると美味しそうなお肉の匂いがした。
 水分と生肉をかじっただけだからより一層美味しそうに見える。
「よくできました」
 たった一人の肉親。
 孤独じゃなくてよかった。
 
 でもーー
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:強い年賀状 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:517字
破けた紙が指に張り付いた。強い雨が体を打ちつける。「どうしてこんなことになったんだろうな」後ろから声がした。父親だ。母親に怒鳴りつける威勢の良さはもうない。事態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない机 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1280字
「人食い机の噂って知ってる?」 彼女は沈みかけた三日月のように唇をゆがめた。 人食い机は、僕の通う中学校に伝わる怪談の一つだ。 どこかの教室に人食い机と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と死の彼女 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:892字
「ごめん、ごめんね…」そう言いながら彼女は泣いた。君は悪くないのになぜそんな顔をするのだろう。だから僕は…――彼女と付き合い始めてから3年。僕らの関係はある転機 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ道団長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:愛、それはロボット 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1306字
父を父としてみたことがない。 私を育ててくれたのは、3番目に生まれた兄。 そもそも私の父が本当に父なのかわからない。「お兄ちゃん、今日のご飯は?」「ハンバーグ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:アブノーマルな天井 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:986字
才能が咲くとはいったいどういうことなのだろうか? 大人になればなるほど天井が近づく、そして限界が見えてくる。 兄はよくそんな愚痴をこぼす。 市大会、県大会と優 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:幸福な平和 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1330字
生まれた瞬間、ラスボスと戦うことになったら。 僕はまさにそんな状態で生まれた。 母親が世界を恐怖政治で圧政してたんだ。 簡単にいえば、母は難産して死んだ。 僕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:信用のない王子 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1243字
憲法は人が守るからこそ意味がある。守られない憲法は作った人の理を破壊する。その憲法も時が過ぎればゴミとは言わないが少しずつひび割れて使えない法へと変わってく。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:純白の女 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1238字
友だちが大学で純白のワンピースを着た幽霊を見たという。ずっと泊まり込みで研究してるからそのせいだろうと同じ研究室の仲間がいってが噂は徐々に広がってた。 決まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:孤独な犯人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1191字
生まれが同じなら思考も同じ。 ただターゲットの首のとり方が違う。「……」 急所をえぐり、それを食す妹と違って私には死体を貪る趣味はない。 やるなら、「ね? ク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:ぐふふ、夫 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1066字
夫が夜に徘徊してることは知ってる。 僕が眠りにつくと判断すると、すぐにベッドから一人勝手に抜け出すんだ。 で、何をしてるかというと、居間でAV鑑賞。 全く僕と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:マンネリな体 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1273字
彼は平常という言葉が嫌だった。 老いという言葉も嫌いだった。 だからこそ、幼い子どもを好んだ。 未来の自分を見るかのように子どもたちを惑わせた。 しかしながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:計算ずくめの小説 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1289字
生涯を文字で綴ることは決して難しいことじゃない。 大体の平日は学校または会社で過ごしてる。そして移動時間と休憩時間、睡眠時間という固定された時間しか人間は過ご 〈続きを読む〉