お題:俺は映画館 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:623字

夢を覚ましたのは、彼の夢だった
結局俺は何やっているんだろう。

俺は今、自分が働く映画館の事務所で経営者として座っている。毎日、PCの前で同じ事務作業をこなす日々を繰り返していた。映画が好きで、いつかは映画監督になりたいと思っていた。小学生からの夢。気がつけば36歳で、映画館で仕事をしてた。小学生の時、同級生の柏木仁志は、今、この映画館で上映されている作品を手がけた。大ヒットしているわけではないが、赤字にはならないだろう。彼のデビュー作だ。この作品が、この映画館で上映されると聞いた時、一気に忘れかけていた記憶が蘇ってきた。一緒に、同じ夢を見て、いつかは、日本のジョージルーカスとスティーブンスピルバーグのようになろうと語りあった。高校へ進学するのと同時に疎遠になった。

彼は夢を追いかけていたのだ。
その間、俺は逃げていた。高校の時は、映画をたくさん見た。小説もたくさん読んだ。大学に入って、映画館でバイトをし、何となく、好きなことに近い事をしていると、そう思って・・・ 勝手に僕は、良しとしてしまった。現実、そういうものだろうと、自分を肯定していた。映画を作る何んて、別の世界の、才能溢れた特別な人間が作るものと感じていた。柏木は、そういう人間だった。

馬鹿だ、俺は。

柏木仁志は、普通の人だ。選ばれた特別の人間ではない。自分に正直な柏木は信じるがまま進み、俺は何もしなかった。あんなに身近な奴が、夢叶えられちゃうとな。
可能なんだな、夢はいつか叶うものだと。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:309字
「犯行現場に血痕があったとする」「唐突ね」 彼女は目をぱちくりさせる。だが、食事の手を緩めることはなかった。「非常に重要な証拠だ。もしかしたら犯人に繋がる手がが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない血痕 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1049字
日本国って海洋国です。ある程度の経済規模がある同じような国って、イギリス、オーストラリアぐらいですが、この2つは造船業に関してはそれなりの実力を持っています。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ラブレター ※未完
作者:匿名さん お題:儚い軽犯罪 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:447字
駄菓子屋で一人の少年がきょろきょろと回りを見渡している。 ーーあからさまに怪しい……。 どうやら奥の方にいる私の姿は入口近くにいる彼には見えていないらしい。 私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは誰か 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:607字
「……しまった」 営業に向かう途中、私はポールペンのインクを切らしていることを思い出した。道中で購入するつもりだったのだが、うだるような夏の暑さがその思考を奪い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チタン合金 お題:難しい奈落 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1138字
知識とは人を豊かにする。知識の量がその後の生き方をも左右する。だから、知識を蓄えねばならない。僕はそう教えられて育ったし、僕自身も知識を得ることが、何よりの楽 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない春 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1264字
春が落ちてきた。こう書くと、わざとらしく大きな溜息でも1つついて、「おいおい君、季節は巡るものであって、動いたり落ちたりするものではないよ」なんて苛立ちげに言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:静かな躍動 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:741字
「マジか」 玲奈の手に掲げられたそのチケットを見て私は呟いた。「マジやで」 玲奈は無表情を装っているが、頬が僅かに緩んでいるのがわかる。 私が教室に着いてすぐ話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家の冒険 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:630字
「妙なことになったなぁ」 困惑した表情で店じまいをするイリスは、手を動かしながらどうするか考えていた。 地元のラジオ局が、"小説家の冒険"というラジオドラマを企 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:彼女が愛した少数派 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1716字
僕が本屋で立ち読みしている時、隣の男女の声が聞こえてきた。「あー、あった」「うわ、こんなにたくさんある。すごいな」「ね?言ったでしょ?光るものは光るものなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ汗 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:676字
「めっちゃ面白かったわ、あのカエル」「蛙?」「そうそう。今日友達と一緒に飲み屋街歩いてたらさぁ…」シックでこじんまりした街角の喫茶店で、僕は幼馴染みの楠葉の自慢 〈続きを読む〉

しょういちの即興 小説


ユーザーアイコン
何となくね ※未完
作者:しょういち お題:気高い娼婦 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:311字
「お代? いらないよ今夜は」うつ伏せに、自分の腕を枕にして、加代はそう言い返した。彼女に背を向けてベットに座って、財布に目を向けた時、そう言い返してきた。通常、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:俺は映画館 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:623字
結局俺は何やっているんだろう。俺は今、自分が働く映画館の事務所で経営者として座っている。毎日、PCの前で同じ事務作業をこなす日々を繰り返していた。映画が好きで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:商業的なプロポーズ 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:483字
山崎圭太二十六歳。金曜日の夜、一時間余り残業し、足早にオフィスを後にした。佐藤みどり24歳。同じ金曜日の夜、定時きっかりに、オフィスを出た。圭太は、小走りしなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:しょういち お題:黄金のむきだし 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:626字
深夜遅くに振り続ける豪雨。二、三百人くらいの歩兵部隊は、士気消失したまま歩いていた。砂利のこすりあう音、ぬかった泥のにゅるりとした音、その対照的な音を無意味に眺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:マンネリな彼 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:685字
春の夕日を眺めている。戦ってきたフィールドを一望できる小さな丘の上に、パートナーの彼と腰を下ろしていた。パーティーを組んでいた仲間たちは、数分前に解散し、村に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:青いバラン 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:679字
「いただきます」と心の中でささやいてからどれくらい時間がたっただろう。高校のお昼、いつものようにお弁当蓋を両手で開けて、ゆっくりと海苔がついていかないように、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:どす黒い食卓 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:650字
年末、三年ぶりに実家へ帰る。それまでは、年末だけは、必ず実家へ帰っていた。ただなんとなく、めんどくさいという理由で、遠のいていた。30歳後半になって、実家へ帰れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:勇敢な冤罪 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:428字
新宿駅から幾分離れた居酒屋で、晃は、巡年ぶりに合う知也と飲んでいた。偶然、朝の通勤途中電車の中でばったりとあった。電車の扉が閉じるとき、強引に飛び込んできたのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
空想の帝国 ※未完
作者:しょういち お題:帝王の恋人 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:231字
二年前、この国、アルミシリア大国の王子が結婚し帝王の世継ぎとして式典が行われた。長い間、争いはなく、国王はただ民の間では象徴でしかない。女子供の間では、物語とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:帝王のぐりぐり 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:586字
春。東京都内のとある居酒屋。今夜は、会社の仲間と打ち上げで来ていた。深夜遅くでも店はにぎわっていた。扉を開いて、全体を見下ろした。地面を掘り下げたような店内は、 〈続きを読む〉