お題:俺は映画館 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:623字

夢を覚ましたのは、彼の夢だった
結局俺は何やっているんだろう。

俺は今、自分が働く映画館の事務所で経営者として座っている。毎日、PCの前で同じ事務作業をこなす日々を繰り返していた。映画が好きで、いつかは映画監督になりたいと思っていた。小学生からの夢。気がつけば36歳で、映画館で仕事をしてた。小学生の時、同級生の柏木仁志は、今、この映画館で上映されている作品を手がけた。大ヒットしているわけではないが、赤字にはならないだろう。彼のデビュー作だ。この作品が、この映画館で上映されると聞いた時、一気に忘れかけていた記憶が蘇ってきた。一緒に、同じ夢を見て、いつかは、日本のジョージルーカスとスティーブンスピルバーグのようになろうと語りあった。高校へ進学するのと同時に疎遠になった。

彼は夢を追いかけていたのだ。
その間、俺は逃げていた。高校の時は、映画をたくさん見た。小説もたくさん読んだ。大学に入って、映画館でバイトをし、何となく、好きなことに近い事をしていると、そう思って・・・ 勝手に僕は、良しとしてしまった。現実、そういうものだろうと、自分を肯定していた。映画を作る何んて、別の世界の、才能溢れた特別な人間が作るものと感じていた。柏木は、そういう人間だった。

馬鹿だ、俺は。

柏木仁志は、普通の人だ。選ばれた特別の人間ではない。自分に正直な柏木は信じるがまま進み、俺は何もしなかった。あんなに身近な奴が、夢叶えられちゃうとな。
可能なんだな、夢はいつか叶うものだと。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:黄色い秋 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:989字
黄色い。 秋は黄色い。 間違いない。 秋は黄色い。 学校からの帰るとき、並木道を通って思った。頭上には美しく黄色に染まった葉が、風になびかれて踊っている。 秋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めがねのさえきくん お題:緑の血 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1336字
生まれてこの方、希望なんてものは知らずに生きてきた。 テレビの向こうではアナウンサーが「夢の時代到来」なんて喚いてる。確かに、アンタ達にとってはそうなんだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:おいでよつるつる 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:375字
あなたが引っ越してきたのは、とある神様が作った、不条理な人間の世界とはもうひとつ別の世界。あなたは人間の心を持った鶴。「鶴は千年」といわれているけど、人間界の鶴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のっこ お題:理想的な兄 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:585字
私のお兄ちゃんは勉強ができる。私のお兄ちゃんはスポーツ優秀。私のお兄ちゃんは笑顔が素敵。私のお兄ちゃんは背が高い。私のお兄ちゃんは.......「ちょっとー、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:織子 お題:禁断のダイエット 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1042字
きた。ぼんやりとした意識の中そう思った。身体の奥、真ん中のあたりからそれはこみ上げてくる。ごめんね、と向かいで美味しそうにお肉を頬張る友人に断りを入れ、席を立つ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:正しいジジィ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1104字
「正論ばかりを吐くんじゃあない!」「なぜですか! 常識的に考えて、あの子は救うべきではないでしょう!」 周囲の少しざわついた、しかしもう聞き飽きていてうんざりし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kensyo お題:彼が愛したユートピア 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:636字
冥王星の衛星には、有名なカロンの他に二クスとヒドラという小さな星が存在するのだ、という話を彼は突然に始めた。ふたつの衛星はアルベド(天体表面の反射率)が高く、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の犯人 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:884字
「善いことをしなさい」 僕がまだ小さかった頃、おばあちゃんがよく言っていた。「たくさん善いことをすれば、死んだあとに素晴らしい場所に行けるからね」 おばあちゃん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な成熟 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:530字
今度は手足縛られて、ガンッと硬い何かで頭を殴られた。「鈴木さン!」 ジムが大声で叫んだのが聞こえた気がした。 気が付くと、僕はどこかの砂浜でパラソルを広げてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟な武器 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1580字
「カタールとかはどうだ?」ジャン・バーレルは壁に掛かったショートソードを眺めながら、娘に尋ねた。「お前はまだ小さいからね。大物は荷が勝ちすぎる」「そんな事ないわ 〈続きを読む〉

しょういちの即興 小説


ユーザーアイコン
何となくね ※未完
作者:しょういち お題:気高い娼婦 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:311字
「お代? いらないよ今夜は」うつ伏せに、自分の腕を枕にして、加代はそう言い返した。彼女に背を向けてベットに座って、財布に目を向けた時、そう言い返してきた。通常、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:俺は映画館 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:623字
結局俺は何やっているんだろう。俺は今、自分が働く映画館の事務所で経営者として座っている。毎日、PCの前で同じ事務作業をこなす日々を繰り返していた。映画が好きで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:商業的なプロポーズ 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:483字
山崎圭太二十六歳。金曜日の夜、一時間余り残業し、足早にオフィスを後にした。佐藤みどり24歳。同じ金曜日の夜、定時きっかりに、オフィスを出た。圭太は、小走りしなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:しょういち お題:黄金のむきだし 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:626字
深夜遅くに振り続ける豪雨。二、三百人くらいの歩兵部隊は、士気消失したまま歩いていた。砂利のこすりあう音、ぬかった泥のにゅるりとした音、その対照的な音を無意味に眺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:マンネリな彼 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:685字
春の夕日を眺めている。戦ってきたフィールドを一望できる小さな丘の上に、パートナーの彼と腰を下ろしていた。パーティーを組んでいた仲間たちは、数分前に解散し、村に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:青いバラン 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:679字
「いただきます」と心の中でささやいてからどれくらい時間がたっただろう。高校のお昼、いつものようにお弁当蓋を両手で開けて、ゆっくりと海苔がついていかないように、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:どす黒い食卓 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:650字
年末、三年ぶりに実家へ帰る。それまでは、年末だけは、必ず実家へ帰っていた。ただなんとなく、めんどくさいという理由で、遠のいていた。30歳後半になって、実家へ帰れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:勇敢な冤罪 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:428字
新宿駅から幾分離れた居酒屋で、晃は、巡年ぶりに合う知也と飲んでいた。偶然、朝の通勤途中電車の中でばったりとあった。電車の扉が閉じるとき、強引に飛び込んできたのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
空想の帝国 ※未完
作者:しょういち お題:帝王の恋人 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:231字
二年前、この国、アルミシリア大国の王子が結婚し帝王の世継ぎとして式典が行われた。長い間、争いはなく、国王はただ民の間では象徴でしかない。女子供の間では、物語とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しょういち お題:帝王のぐりぐり 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:586字
春。東京都内のとある居酒屋。今夜は、会社の仲間と打ち上げで来ていた。深夜遅くでも店はにぎわっていた。扉を開いて、全体を見下ろした。地面を掘り下げたような店内は、 〈続きを読む〉