お題:記憶の性格 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:929字

覚えていることも、いないこと。 ※未完
「はいっ。たった今から始まりました。エミちゃんクイズ~。ほらほら喜べー」
「わけわからんうえに五月蠅いし」
「わからないのは当然だよ。まだ問題出してないもん。まだ出題せずにわかるなんて、さてはプロか予言者だな」
「今日は一段と突っ走るなあ」
「はい。テンション下がる言葉はやめようね。あげてこ。アゲアゲで」
「……ういー」
 昼休みの一時。学生の本分でもある休み時間をだらだら過ごしていたところ、隣の席の関口絵美が話しかけてきやがった。こいつは何かと俺に絡みたがる。
 迷惑だ。眠いし。
 いや、好意云々はこの際置いておこう。ややこしくなる上に、……こいつの扱いに困る。
 それはさておき。これは完全に別問題。
 昨日ゲームで徹夜した俺は、この休み時間で睡眠時間を補うつもりでいたのだ。
「まあまあ、私と君の仲じゃない。気にせず行こう」
「気にしろな? 多少なりとも気にしてろ」
「では問題です!」
 ああ、いつもですけど。聞いてませんねこいつマジ。
 さっさと終わらせて五分でも多く寝たい。どうしたら飽きてくれるだろうか。わざと間違い続けてみようか。
「第二十五問!」
 間違い続ける作戦は、こいつにS気があるので失敗。
 てか眠くて辛いこっちを見て喜んでいるなチクショウ。くそエロい目で見下ろしやがって。
「そういえば、私との約束覚えてる。一問でも正解できなかったら、今度の日曜日買い物に付き合ってくれるって」
「マジ記憶にねえよコラ。勝手に都合良く造り上げんな」
「そういわず。美少女よ? 喜びなさい」
「ふざけろ。貴重な休みをお前にやれるか」
「美少女なのに」
「美少女でもだ」
「あ、美少女は否定しないのね」
「………………」
 しまったあ。
 これ黙ったら負けの奴だ。
 内心焦る俺に対して、絵美が黙りやがったので不審に思うと、意外な反応をしていた。
「おい。なんで顔赤いんだよ」
「えっち……」
「なんでそうなるんだよ」
「わあ。えっち。えっち!」
 このあと、俺はエッチだと女子たちからレッテルを貼られる。
 あることないことつけられたら。事実も捏造されて。結局、買い物に付き合うことになった。
 めんどくせえ。
「きおくっていうのはねえ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

白風水雪の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:忘れたい火事 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:986字
あれがあったからなんて、自分の不幸を語りたくない。 酔いしれて、役者まがいの台詞を吐いて、不運を歌いたくない。 僕は、あのとき愕然と立ち尽くすしかなかった。目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:記憶の性格 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:929字
「はいっ。たった今から始まりました。エミちゃんクイズ~。ほらほら喜べー」「わけわからんうえに五月蠅いし」「わからないのは当然だよ。まだ問題出してないもん。まだ出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:苦し紛れの駄洒落 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1145字
可愛い女の子とお付き合いしたい。 男子の誰もが一度は思うことだろう。当然、俺もそれに該当しているわけで。「なにか良い案がないか」 クラスの一番人気の女子、早苗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:かっこいい悪魔 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:975字
さてさて、何か面白いことはないだろうか。 人を楽しませ笑わせたい。そんな日だ。 ああ、自己紹介が遅れたね。私は、人間が通称で「悪魔」と呼ぶ存在だ。詳細は、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:消えた軽犯罪 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1811字
仲の良い男子二人が、昼の休み時間で騒がしくなる教室の傍らで他愛のない会話をしていた。 とはいっても、互いに気心知れた仲で、学校のある日は必ず顔を合わせていて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:魅惑の吐息 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1055字
モテたいと思うのは、別に男子に限った話ではない。 私だって、男どもにはちやほやされたい。可愛い、と言われたい。女の子に生まれたのだから。 だからそのための努力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:来年の「えいっ!」 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1070字
新年早々にいろいろ大変だったような気も。 両親との初詣。私は最寄りの神社まで来ていた。小さいながらに地元民で賑わい、新年早々ちょっとしたお祭り状態だった。 い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:鈍い空想 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1164字
僕はいったい何になりたかったのかな……。 そう溢して見上げた空は鉛色。 いつまでも僕の求める青が見れないのは、今の僕の心境そのもので。なんだか少し、哀しかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:過去の体験 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1229字
はっとして、起きた。 夢だったとしばらくして気づく。時計をみて、深夜だと知り、項垂れた。 最悪だ。明日は早出の当番だっていうのに。このままだと、眠気に負けて明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:弱い芸術 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1151字
僕らの世界はすでに終わっていた。 生まれてから十年経った誕生日のときだ。両親から告げられた言葉は、この世界の終焉だった。 この世界はすでに滅びが決まっている。 〈続きを読む〉