お題:記憶の性格 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:929字

覚えていることも、いないこと。 ※未完
「はいっ。たった今から始まりました。エミちゃんクイズ~。ほらほら喜べー」
「わけわからんうえに五月蠅いし」
「わからないのは当然だよ。まだ問題出してないもん。まだ出題せずにわかるなんて、さてはプロか予言者だな」
「今日は一段と突っ走るなあ」
「はい。テンション下がる言葉はやめようね。あげてこ。アゲアゲで」
「……ういー」
 昼休みの一時。学生の本分でもある休み時間をだらだら過ごしていたところ、隣の席の関口絵美が話しかけてきやがった。こいつは何かと俺に絡みたがる。
 迷惑だ。眠いし。
 いや、好意云々はこの際置いておこう。ややこしくなる上に、……こいつの扱いに困る。
 それはさておき。これは完全に別問題。
 昨日ゲームで徹夜した俺は、この休み時間で睡眠時間を補うつもりでいたのだ。
「まあまあ、私と君の仲じゃない。気にせず行こう」
「気にしろな? 多少なりとも気にしてろ」
「では問題です!」
 ああ、いつもですけど。聞いてませんねこいつマジ。
 さっさと終わらせて五分でも多く寝たい。どうしたら飽きてくれるだろうか。わざと間違い続けてみようか。
「第二十五問!」
 間違い続ける作戦は、こいつにS気があるので失敗。
 てか眠くて辛いこっちを見て喜んでいるなチクショウ。くそエロい目で見下ろしやがって。
「そういえば、私との約束覚えてる。一問でも正解できなかったら、今度の日曜日買い物に付き合ってくれるって」
「マジ記憶にねえよコラ。勝手に都合良く造り上げんな」
「そういわず。美少女よ? 喜びなさい」
「ふざけろ。貴重な休みをお前にやれるか」
「美少女なのに」
「美少女でもだ」
「あ、美少女は否定しないのね」
「………………」
 しまったあ。
 これ黙ったら負けの奴だ。
 内心焦る俺に対して、絵美が黙りやがったので不審に思うと、意外な反応をしていた。
「おい。なんで顔赤いんだよ」
「えっち……」
「なんでそうなるんだよ」
「わあ。えっち。えっち!」
 このあと、俺はエッチだと女子たちからレッテルを貼られる。
 あることないことつけられたら。事実も捏造されて。結局、買い物に付き合うことになった。
 めんどくせえ。
「きおくっていうのはねえ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:それいけお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:922字
一面の茶畑が広がるのどかな田舎にも、トラブルはつきものだ。ひとりの男の子の泣き声が抜けるような青空に響いている。しかし、その涙の理由を訪ねてくれる大人はすぐ周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:見憶えのあるゴリラ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1241字
駅前で人が吹き飛ぶのが見えた。「あぁ……」 いつかはやるんじゃないかと思って人物がその中心で暴れてた。 うん、彼女だ。「どうしてこんなことに?」「あ、あぁ、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:最後の百合 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
また一本百合が枯れた。花瓶に残されたのは一本だけになってしまった。匂いを嗅ごうと花瓶を近づけようとするも、手がうまく動かない。仕方なく体を寄せるだけにした。窓か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:強い年賀状 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:517字
破けた紙が指に張り付いた。強い雨が体を打ちつける。「どうしてこんなことになったんだろうな」後ろから声がした。父親だ。母親に怒鳴りつける威勢の良さはもうない。事態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない机 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1280字
「人食い机の噂って知ってる?」 彼女は沈みかけた三日月のように唇をゆがめた。 人食い机は、僕の通う中学校に伝わる怪談の一つだ。 どこかの教室に人食い机と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akishinohonobu お題:アルパカの不動産 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:594字
「えっと、家を探してるんですけど」目の前にいるのは一匹の動物。話しかける事が可笑しいのはわかっているが、彼(彼女?)しかいないので仕方ない。俺は言い聞かせて声を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:経験のない傘 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:942字
「見たことのない傘だな」年末でも年度末でもないが、今日のオフィスは大掃除で忙しい。「偉い人がやってくるのでオフィスをキレイにしなさい!」とは朝一瞬顔を出してどこ 〈続きを読む〉

白風水雪の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:記憶の性格 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:929字
「はいっ。たった今から始まりました。エミちゃんクイズ~。ほらほら喜べー」「わけわからんうえに五月蠅いし」「わからないのは当然だよ。まだ問題出してないもん。まだ出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:苦し紛れの駄洒落 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1145字
可愛い女の子とお付き合いしたい。 男子の誰もが一度は思うことだろう。当然、俺もそれに該当しているわけで。「なにか良い案がないか」 クラスの一番人気の女子、早苗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:かっこいい悪魔 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:975字
さてさて、何か面白いことはないだろうか。 人を楽しませ笑わせたい。そんな日だ。 ああ、自己紹介が遅れたね。私は、人間が通称で「悪魔」と呼ぶ存在だ。詳細は、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:消えた軽犯罪 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1811字
仲の良い男子二人が、昼の休み時間で騒がしくなる教室の傍らで他愛のない会話をしていた。 とはいっても、互いに気心知れた仲で、学校のある日は必ず顔を合わせていて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:魅惑の吐息 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1055字
モテたいと思うのは、別に男子に限った話ではない。 私だって、男どもにはちやほやされたい。可愛い、と言われたい。女の子に生まれたのだから。 だからそのための努力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:来年の「えいっ!」 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1070字
新年早々にいろいろ大変だったような気も。 両親との初詣。私は最寄りの神社まで来ていた。小さいながらに地元民で賑わい、新年早々ちょっとしたお祭り状態だった。 い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:鈍い空想 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1164字
僕はいったい何になりたかったのかな……。 そう溢して見上げた空は鉛色。 いつまでも僕の求める青が見れないのは、今の僕の心境そのもので。なんだか少し、哀しかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:過去の体験 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1229字
はっとして、起きた。 夢だったとしばらくして気づく。時計をみて、深夜だと知り、項垂れた。 最悪だ。明日は早出の当番だっていうのに。このままだと、眠気に負けて明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:弱い芸術 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1151字
僕らの世界はすでに終わっていた。 生まれてから十年経った誕生日のときだ。両親から告げられた言葉は、この世界の終焉だった。 この世界はすでに滅びが決まっている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:最強の整形 必須要素:コミケ 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1342字
もっと可愛かったらいいのに。 鏡とにらめっこする私は、眉間に寄った皺を解す。今年のコミケはどうしようかと、本気で悩んでいた。 去年、意を決して望んだコミケだが 〈続きを読む〉