お題:たった一つの使命 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1128字

ミッション
「みなさんには、使命があるのです。人間は、必ず一つの使命を帯びて生まれてくる。今日旅立つみなさんは、その使命を探しに長い長い旅に出るのです……」

 中学の卒業式の校長の話なんてものを、どうしてだか俺はしつこく覚えていた。
 何が俺の心をつかんだのか、自分でも見当がつかない。
 だが、俺はあの時卒業式にいた誰よりも、この話を覚えておくにふさわしい人間だった。
 誰よりも、この使命というものを胸に刻んでおかなくてはならない人間なのだ。

 高校を出て、俺は地元の工場に就職した。
 そこで知り合った先輩に誘われて、ちょっとしたゲームをすることになる。
 その結果、先輩は死んだ。そして俺は1000万の借金負ったのだ。
 言葉にすればそれだけだが、そうすることでとても理不尽な状況に置かれたことが再確認できる。
 俺は借金返済のため、更なるゲームに挑むことになった。
 それが、「使命」のゲームだった。
 ゲームマスターと呼ばれる男から、俺は一丁の拳銃を渡される。拳銃には一発だけ弾が入っていて、それを使って指定された人物を殺すのだ。
 一人殺せば借金は100万減る。10人殺せばチャラだ。もう10人殺せば、1000万円の資産ができる。
 しかし、仕損じればおしまいだ。俺は全臓器を借金のカタにとられる。
 金持ちの暇つぶしだ、とゲームマスターは言った。お前は、駒なのだと。
 だから命を使って楽しませろ、と。
 ここまで俺は二人殺した。借金は後800万。
 次のターゲットを狙った時、ちょっとした事件が起きた。

「お前さ、一人につき一つの『使命』だと思ってるだろ?」
 俺がターゲットの部屋に着いた時、相手は既に死んでいた。
 その死体を見下しながら、知らない男は俺の方を見る。
「違うんだな、これが。ターゲットを狙っているのは、他の参加者も同じなんだよ」
 男はサカモトと名乗った。彼もまた、「使命」ゲームの参加者だった。
「お前、借金があるのか。俺は金を稼ぐためにやってるのに」
 最初はそうだった。先輩がこのゲームで負けて死んだから、一緒に組んでいた俺は先輩の分の借金を背負わされたのだった。
「下手打ったわけか、救えねえぜ」
 サカモトはせせら笑った。

 横取りされた時は、2回までは失敗にならないらしい。
 また別のターゲットを紹介され、次は首尾よく撃ち殺した。
 しかし、四人目のターゲットを見て、俺は驚いた。
 サカモトだった。顔見知りを殺すのは初めてだ。
 あと1回失敗できるなら辞退しようかと思ったが、サカモトは俺の家に乗り込んできた。
「死にな」
 サカモトは俺に銃を向けてそう言ってから、自分で死んで見せた。
 弾は二つになった
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:茶色い事故 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:206字
びっちょびちょだ。雨上がりの道を気分良く鼻歌を歌いながら能天気に歩いていた。それがいけなかった。周囲へ気を配ることを怠っていたのだ。横を自転車が通りかかりそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm banker ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、冬休み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:344字
十二月二十日から同月三十一日まではクリスマス休暇だ。来年は投資銀行のバンカーとして二十六年目になる。 クリスマス休暇というのは、家族と過ごすのが一般的だが、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:█████ お題:苦いコウモリ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:559字
あなたは気がつくことが出来なかった。背後から来たる黒い塊、予兆はあったはずなのだが、それをすべて見逃している。あなたは気づかない。洞窟内に響く水滴音に、すっかり 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女が愛した血液 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1048字
わたしは吸血鬼なの、と彼女は言った。片手に載せたワイングラスには、赤黒い液体がなみなみと注がれている。 わたしを満足させられる? 彼女はワイングラスをこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の殺人犯 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1016字
K市の西に位置する日暮山には謎の怪人が出るという伝説があった。 今から30年ほど前、K市で通り魔殺人が起こったのだが、その犯人が日暮山に逃げ込んだ。警察は山狩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの善 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:975字
「あんたが俺を殺してくれるのか?」 真っ白い空間で、白髪に髭の老人と向き合った不二ミノルはそう言ってニヤリとした。「○す? 何故、そう思う?」 老人は厳かに問い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2416字 評価:1人
2010 6 ××高等学校 普通科 中退 以上 白いな。 横に長いマスが、嫌味たらしくたくさん縦に並んでいる紙を見て、俺は顔をしかめた。 その一番上で二行しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:965字
A市のとある道路脇で女性の刺殺体が見つかった。 頸動脈を切られて殺されていたが、殺害方法に比して周囲に血痕は少ない。警察は、別の場所で殺害されてこの場所に遺棄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穏やかなプレゼント 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1275字
「激しいプレゼントとそうでもないプレゼント、どっちがいい?」 あまり聞かれたことのない質問をされて、僕は戸惑った。「激しいプレゼントと、そうでもないプレゼント。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:帝王のいたずら 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1108字
「暗黒の帝王より、虚ろな光の下で過ごす愚かなる人間に告げる。遠足を中止しなければ、多くの人間が死ぬことになるだろう。暗黒の帝王を崇めよ……」 とある中学校に届い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の負傷 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1013字
「呪われた金の延べ棒」の噂をご存じだろうか。 それは、今は亡きある富豪が保有していたいくつかの延べ棒の内の一つで、これを持っているものは富豪の霊に呪われるとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
秋というのは儚いものだ。 少しでも暑ければ夏だし、寒くなれば冬。見失いがちな季節だ。 同じ微妙な季節でも、春は存在感がある。花が咲くし、はじまりの季節のように 〈続きを読む〉