ユーザーアイコン
お題:有名な消費者金融 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:800字

その貸しは一生に渡って続く ※未完

 名前を粗末に扱ってはいけない、というのは、魔法使いでなくても知っているこの世界の常識である。
 名は当人を表す最も短い呪いであり、その名を貶めたり変質させてしまうことは、名の持ち主に避けられない影響を齎す。だから多くの魔法使いは自らの本名を隠すし、魔法使いではない市井の人々もまた名の重要性は理解していて、隠したり、あるいは逆に次々と名を変えたりと、それなりの自衛を講じて居た。自らの名を守ることは、自らの家と同じくらい大切なことだった。
 逆に言えば、一度、誰かの名を手に入れたなら、その利用価値は絶大なものであった。
 そして、その価値に目をつけない人間が現れないはずもなかった。

 名を莫大な金で買ってくれる店が現れた、との噂が、戦後の荒れ果てた街を野火のように駆け巡った。
 生活に窮していない大半の人々は、そんな噂を鼻で笑い、名を売るなんて、臓器を売るよりもっと恐ろしいことだ、そんなことするなら死んだ方がましだ、誰がそんな店を使うのやら、と話しあった。
 しかし、困窮した人々、たとえば娼館の下級娼婦、煙突掃除、道で眠る孤児たちにとっては、それは恩寵として響いた。彼らに、自らの名の重大性を教えてくれる者は誰もいなかったので、彼らは服を売るような気軽さで、店に趣き、自らの名を売った。手続きは驚くほど簡単で、一枚の紙切れに魔法のインクで名前を書くだけで済んだ。字を書けない者には、店の者が代筆をし、その形を書き写させた(筆記だけはどうしても本人がしなくてはいけないらしい)。

 名を売ったところで、彼らの身には何も起こらなかった。
 おおよそ10年分の給金にあたる金が、彼らの名の代金として支払われた。もう寒い部屋で眠らなくても良い、空腹を耐え凌がなくても良い。彼らは名を失ったが、そのことをちっとも悲しまなかった。適当な新しい名を自ら名乗り、周囲にもそう呼ばせた。けれどその名は
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:年中さん お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:582字
「全軍、準備はいいか?」「アイアイサー!」「よろしい。わが同胞よ、我々は今日のために備えを果たしてきた。いざ出陣と、幾度思ったか知れない。その度、今ではないと耐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:黄金の車 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:132字
佑は繰り返すように笛の練習をしていた。すると、なにやらかすれた音が現れた。「うそ!?」佑は辺りを見回した。「なんだ、あの清掃道具か。」納得がいってて佑はふっと安 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:戦争と絶望 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:861字
どうも私は気が狂っているらしく、ふたつの時間を交互に生きている。 現在と100年後の世界、と言うべきか、100年前と現在の世界、と呼ぶべきか、いまいち判断が付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かな傘 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:782字
不思議ではあるけれど、何の役にも立たない代物、というのが世の中にはそこそこ存在する。 祖父から譲り受けたこの傘も、そんな代物のひとつだった。祖父もまた知り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの笑い声 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:855字
祖父はレコードが好きだった。 若い頃は歌うことも好きで、ほんのひととき、歌手として活躍したこともあったらしい。祖父の家には、その頃の古いレコードが何十枚も眠っ 〈続きを読む〉