ユーザーアイコン
お題:有名な消費者金融 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:800字

その貸しは一生に渡って続く ※未完

 名前を粗末に扱ってはいけない、というのは、魔法使いでなくても知っているこの世界の常識である。
 名は当人を表す最も短い呪いであり、その名を貶めたり変質させてしまうことは、名の持ち主に避けられない影響を齎す。だから多くの魔法使いは自らの本名を隠すし、魔法使いではない市井の人々もまた名の重要性は理解していて、隠したり、あるいは逆に次々と名を変えたりと、それなりの自衛を講じて居た。自らの名を守ることは、自らの家と同じくらい大切なことだった。
 逆に言えば、一度、誰かの名を手に入れたなら、その利用価値は絶大なものであった。
 そして、その価値に目をつけない人間が現れないはずもなかった。

 名を莫大な金で買ってくれる店が現れた、との噂が、戦後の荒れ果てた街を野火のように駆け巡った。
 生活に窮していない大半の人々は、そんな噂を鼻で笑い、名を売るなんて、臓器を売るよりもっと恐ろしいことだ、そんなことするなら死んだ方がましだ、誰がそんな店を使うのやら、と話しあった。
 しかし、困窮した人々、たとえば娼館の下級娼婦、煙突掃除、道で眠る孤児たちにとっては、それは恩寵として響いた。彼らに、自らの名の重大性を教えてくれる者は誰もいなかったので、彼らは服を売るような気軽さで、店に趣き、自らの名を売った。手続きは驚くほど簡単で、一枚の紙切れに魔法のインクで名前を書くだけで済んだ。字を書けない者には、店の者が代筆をし、その形を書き写させた(筆記だけはどうしても本人がしなくてはいけないらしい)。

 名を売ったところで、彼らの身には何も起こらなかった。
 おおよそ10年分の給金にあたる金が、彼らの名の代金として支払われた。もう寒い部屋で眠らなくても良い、空腹を耐え凌がなくても良い。彼らは名を失ったが、そのことをちっとも悲しまなかった。適当な新しい名を自ら名乗り、周囲にもそう呼ばせた。けれどその名は
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:猫の海 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:847字
陸地が減り続けてる現代。なんとか生きてくために人間という個体は、多種族の遺伝子を組み込まれ、亜人へと変わることとなった。 その中でも多いのはネコ科の亜人。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:黒い故郷 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:3016字
「みいちゃん、いもうとができるのよ」みいちゃんをだき、あやしながら、おかあさんがいいました。「みい、おねえちゃんになるんだよ」みいちゃんのほおを、ゆびのさきでつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男は佇む ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と時計 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:281字
旧い人間だと嗤われる程度に俺はこの店が好きだ。今時禁煙席喫煙席の区分もなく、便所はボットン。ド田舎の道をドライブしていてふっと現れる幽霊店舗のような佇まいなのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝の模倣犯 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:932字
本当に苛立っていることがある。 私は俳優で主役こそないものの、名前を聞けば半分ぐらいの人は知ってそうな、有名なドラマや映画に脇役として多く出演しているような俳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:消えた血液 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:585字
敷地の外にいたとき、ポケベルが鳴った。 「先生、またタバコですか」 看護師が顔をしかめる。手は空いていても、臭いは隠せないものらしい。 「二徹目だ、何かしてな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:10の男の子 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1159字
ある時期に、全国各地で10歳の少年がいなくなるという事件が起こった。それぞれ別の地域で起こった事件のため、関連性を疑う者はいなかった。 たった一人を除いては。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:私と銀行 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:776字
自販機で缶ジュースを買おうとしたら、小銭を落とした。はずなのに、なんの音もしなかったせいで、しばらく落下地点を見失った。たしかに落とした感覚はあった。100円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の過ち 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:456字
現状はカオスだった。どう説明すればいいのか、とにかく大変な事態であることは確かだ。お盆と正月どころではない。ブラジルと日本がくっついたぐらいの有り得ないことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない始まり 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:722字
冒険というのは危険がつきものだ。 地図にない前人未到の地を手探りで進んでいくのは、暗闇の中を明かりも持たずに走っていくようなもの。いつ何時障害物にぶつかって怪 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉