お題:悔しいおっさん 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1310字

走り抜けるもの
 どうやら俺は荷物を届けなくてはならないらしい。
 いつの間にか背負っていた荷物の中身が何かはわからない。届け先がどこなのかもわからない。
 ただ、はっきりしているのは、目の前に伸びるこの道をまっすぐひた走らねばならない、そのことだけだ。
 走る時に、考え事はいらない。走ることを考えるのは、靴のメーカーか作家にでも任せておけばいい。今、俺に必要なのは、頭をからっぽにすることだった。
 俺は何度か足踏みをして、まっすぐな道を走り始めた。
 景色を楽しもうとか、そういうことは一切考えられない道だ。
 道の両側には何もないから。
 壁だろうか、溝だろうか、そういう黒い何かが広がっているばかりで、目を楽しませるようなものはない。
 もちろん、それも必要ないことだ。ただ走るだけでいい。荷物を背負って、走り抜けるだけでいい。
 やがて俺はY字路に差し掛かる。
 右か左か。考える間もなく、俺は左に曲がる。
 これでいいんだ。考えるというのは、雑念が入るということだ。もし、考えて左に曲がったとしたら、俺は右が正解だったのではないか、と後々悩んだだろう。
 それは余計な荷物だ。荷物は、背中のこれだけでいいのだから。
 道はだんだんと狭まってきた。両側にある壁か溝か分からないそれは、決して足がつかない場所だと本能が言っているから。
 ふと、両側の様子が変わる。
 完全な板塀になった。細長い板を縦に地面に刺して並べたような、当然裏側に横板があるのだろうが、ともかくそういうシンプルな板塀が並んでいる。
 そして、その塀にもたれている人間が見える。
 何人かいるようだが、そのどれもがくたびれた中年男性だった。たるんだ腹、薄くなった頭髪、全員が全員、そんな姿で下を向いている。
 その目には光るものがある。涙だ。
 中年にもなって泣くのは、異常なことだと思う。
 時を積み重ねるほどに涙もろくはなるが、積み重ねるごとに鈍感にもなるから。
 そんな彼らが、泣いてしまうようなことがあるのか。
 俺は横道にそれてしまった。考え事をしてはいけないのに、足を緩めてしまう。
 緩めるから、耳に余計なものが聞こえてくる。

「どうしてこんな人生になってしまったんだ……」

「何で、夢を諦めたんだ……」

「あの時、もっと努力していればこんなことには……」

「たばこ、喫いたい……」

 おじさん共の悔恨は、俺の足を絡め取った。どんどん足が重くなってくる。

「何で、妻以外と寝てしまったんだ……」

「どうして俺は子どもと離されなくちゃならない……」

「何で俺じゃなく、あいつが出世するんだ……」

「電子タバコじゃ物足りない……」

 一人おかしいやつがいる。
 そのことに気付いた時、足の重さが少し軽くなった。
 どれだ。塀にもたれる無数のおじさんの中から、俺はそいつを探した。

「何でコンビニバイトは、番号で種類が分からないんだ……」

 いた。アレに違いない。
 傍目から見ても、歯が黄色い。ヘビースモーカーの証だ。
 俺はそのおじさんに、胸ポケットに入っていたタバコをやった。
 すると、ぐんと足は軽くなり、とおりを
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:沙久 お題:悔しいおっさん 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:584字
天道万里には従兄弟がいる。 従兄弟といってもずいぶん歳が離れているので、最近高校生になったばかりの万里にとってまるで叔父のような存在だ。いつも飄々としている彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:悔しいおっさん 制限時間:15分 読者:244 人 文字数:974字
「悔しいなあ!!」「うるせえよ、そろそろ帰ってくれないか」深夜2時の居酒屋、とっくに店じまいの時刻は過ぎているが、この男がずっと泣きだしているもんだから店を閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
構って。 ※未完
作者: お題:悔しいおっさん 制限時間:30分 読者:277 人 文字数:1121字
「うるせえ、構うな」たった一言声をかけただけ、それだけでオッドアイに睨まれてしまう。しっしっと虫を追いやるように掌で自分の存在を払う蘭丸に嶺二はいじけて唇を尖ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五色豆 お題:悔しいおっさん 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:832字
「犯人はこの中にいる!」古びた洋館の一室に集められた人間は五名。ひとりはこの私、探偵である楠木正太郎。もう一人は助手であり現役女子高校生の立花洋子。バスローブの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東雲 奏汰@創作と音楽と。 お題:悔しいおっさん 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:215 人 文字数:681字
初めて就職した会社。初めてできた上司。そして、初めてできた、同性の恋人と呼べる人。俺は幸せの絶頂で、これからもっともっと仕事に打ち込んで、あの人の横にしっかり並 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:紙束 お題:悔しいおっさん 必須要素:二人称 制限時間:1時間 読者:263 人 文字数:470字
この世には、二種類の人間がいる。と聞いたときあなたは、どんなことを想像しますか?ある人は、金持ちと貧乏。幸せな人と不幸な人、そんなことを考えるかもしれません。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:58字
うるさい。エアコンの音、差し込んでくる日光、頭に覆いかぶさる眠気、かすかに聞こえる蝉の音、つきものの沈黙、うるさい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗いカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:706字
昔々のお話です。 あるところにカラスという名の鳥がいました。 カラスは生物学的には間違いなく鳥であるのですが、ペンギンや鶏のように空を飛ぶことができない鳥のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの狸 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:620字
タヌキ自体はそうでもないが、タヌキの置物にだけは異常な執着を見せる男がいる。 彼はタヌキの陶器の置物を見るや耐えがたい嫌悪感と吐き気に襲われ、猛烈に叩き割りた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:出来損ないの笑い声 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1079字
わたしの通っていた中学には、「蛇男」という怪談があった。 体育館の床下から「蛇男」の笑い声が聞こえてくる、というもので、在校生ならみんな知っている怪談であった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今度の負傷 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:964字
トシダ高校の野球部は呪われていると評判だ。毎年必ず大怪我する生徒が出る。 指導方法などの問題ではない。何せ、みんな練習中以外の時間に怪我をしているから。 5年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:3220字 評価:1人
業界最大の登録者数を誇るコミック系SNS「コミック・コミュニティア」、通称「コミティア」。 ここではプロ・素人を問わず、多くの漫画家が日夜作品を発表し、しのぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1185字
どこの国の部族か忘れてしまったが、「プンナムパパラヤー」という祭りがある。 非常に楽しげな響きなので、そのインパクトある名前はよく覚えている。 「プンナムパパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:贖罪の会話 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1265字
こんな中学にしては珍しい、いい先生なのだと思っていた。 中二の時の担任の太田先生は、クラス内で孤立しがちな生徒によく話かけていた。 わたしが通っていた学校は結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:蓋然性のある私 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1184字
この世のすべては宇宙人か何かが作ったプログラムかもしれない。 そんな疑念を持ったまま、わたしは生き続けている。 一度、同僚に相談したが、返答は冷たいものだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:灰色の愛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1074字
「ねぇ、愛って何色か知ってる?」 リカは隣に寝る男に尋ねた。20を過ぎたリカよりも、倍は年を取った男だ。ざらついた無精ひげを撫でて男は、「そうだなあ……」と気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:メジャーな男 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1236字
わたしの家の近所では、「メジャーマン」と呼ばれる怪人物がいるという噂があった。小学校は元より、中学の学区域レベルでも名が知れていた。 高校に入って、不審者情報 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:混沌の昼食 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1108字
「清田も一緒に食べようぜ」「いや、俺、お昼は一人で食べるって決めてるから」 そう言って俺は弁当箱を抱え、何とか教室から脱出する。 これから孤立してしまうかもしれ 〈続きを読む〉