お題:悔しいおっさん 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1310字

走り抜けるもの
 どうやら俺は荷物を届けなくてはならないらしい。
 いつの間にか背負っていた荷物の中身が何かはわからない。届け先がどこなのかもわからない。
 ただ、はっきりしているのは、目の前に伸びるこの道をまっすぐひた走らねばならない、そのことだけだ。
 走る時に、考え事はいらない。走ることを考えるのは、靴のメーカーか作家にでも任せておけばいい。今、俺に必要なのは、頭をからっぽにすることだった。
 俺は何度か足踏みをして、まっすぐな道を走り始めた。
 景色を楽しもうとか、そういうことは一切考えられない道だ。
 道の両側には何もないから。
 壁だろうか、溝だろうか、そういう黒い何かが広がっているばかりで、目を楽しませるようなものはない。
 もちろん、それも必要ないことだ。ただ走るだけでいい。荷物を背負って、走り抜けるだけでいい。
 やがて俺はY字路に差し掛かる。
 右か左か。考える間もなく、俺は左に曲がる。
 これでいいんだ。考えるというのは、雑念が入るということだ。もし、考えて左に曲がったとしたら、俺は右が正解だったのではないか、と後々悩んだだろう。
 それは余計な荷物だ。荷物は、背中のこれだけでいいのだから。
 道はだんだんと狭まってきた。両側にある壁か溝か分からないそれは、決して足がつかない場所だと本能が言っているから。
 ふと、両側の様子が変わる。
 完全な板塀になった。細長い板を縦に地面に刺して並べたような、当然裏側に横板があるのだろうが、ともかくそういうシンプルな板塀が並んでいる。
 そして、その塀にもたれている人間が見える。
 何人かいるようだが、そのどれもがくたびれた中年男性だった。たるんだ腹、薄くなった頭髪、全員が全員、そんな姿で下を向いている。
 その目には光るものがある。涙だ。
 中年にもなって泣くのは、異常なことだと思う。
 時を積み重ねるほどに涙もろくはなるが、積み重ねるごとに鈍感にもなるから。
 そんな彼らが、泣いてしまうようなことがあるのか。
 俺は横道にそれてしまった。考え事をしてはいけないのに、足を緩めてしまう。
 緩めるから、耳に余計なものが聞こえてくる。

「どうしてこんな人生になってしまったんだ……」

「何で、夢を諦めたんだ……」

「あの時、もっと努力していればこんなことには……」

「たばこ、喫いたい……」

 おじさん共の悔恨は、俺の足を絡め取った。どんどん足が重くなってくる。

「何で、妻以外と寝てしまったんだ……」

「どうして俺は子どもと離されなくちゃならない……」

「何で俺じゃなく、あいつが出世するんだ……」

「電子タバコじゃ物足りない……」

 一人おかしいやつがいる。
 そのことに気付いた時、足の重さが少し軽くなった。
 どれだ。塀にもたれる無数のおじさんの中から、俺はそいつを探した。

「何でコンビニバイトは、番号で種類が分からないんだ……」

 いた。アレに違いない。
 傍目から見ても、歯が黄色い。ヘビースモーカーの証だ。
 俺はそのおじさんに、胸ポケットに入っていたタバコをやった。
 すると、ぐんと足は軽くなり、とおりを
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:沙久 お題:悔しいおっさん 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:584字
天道万里には従兄弟がいる。 従兄弟といってもずいぶん歳が離れているので、最近高校生になったばかりの万里にとってまるで叔父のような存在だ。いつも飄々としている彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:悔しいおっさん 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:974字
「悔しいなあ!!」「うるせえよ、そろそろ帰ってくれないか」深夜2時の居酒屋、とっくに店じまいの時刻は過ぎているが、この男がずっと泣きだしているもんだから店を閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
構って。 ※未完
作者: お題:悔しいおっさん 制限時間:30分 読者:268 人 文字数:1121字
「うるせえ、構うな」たった一言声をかけただけ、それだけでオッドアイに睨まれてしまう。しっしっと虫を追いやるように掌で自分の存在を払う蘭丸に嶺二はいじけて唇を尖ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五色豆 お題:悔しいおっさん 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:832字
「犯人はこの中にいる!」古びた洋館の一室に集められた人間は五名。ひとりはこの私、探偵である楠木正太郎。もう一人は助手であり現役女子高校生の立花洋子。バスローブの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東雲 奏汰@ゆっくり創作 お題:悔しいおっさん 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:681字
初めて就職した会社。初めてできた上司。そして、初めてできた、同性の恋人と呼べる人。俺は幸せの絶頂で、これからもっともっと仕事に打ち込んで、あの人の横にしっかり並 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:紙束 お題:悔しいおっさん 必須要素:二人称 制限時間:1時間 読者:253 人 文字数:470字
この世には、二種類の人間がいる。と聞いたときあなたは、どんなことを想像しますか?ある人は、金持ちと貧乏。幸せな人と不幸な人、そんなことを考えるかもしれません。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
檻の中 ※未完
作者:にい お題:今度の囚人 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:667字
同室の4人にいまや名前はない。親から受け継いだ苗字も、将来の期待をかけて贈られた名も、法を犯したときから名乗ることは許されなくなった。個人を識別するために必要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋/イトカ@企画消化中 お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:569字
汚れなき白き生物は、ある一人の思惑により世界に売られたその身を狙う強欲な"モノ"から必死に逃げまとう新緑が芽生えていた大地は、血潮が染み付き、腐敗した土地へと姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:アルパカの夏休み 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:867字
過去、現在、未来。時間は連続的に変化していき、すべての物質は、少なくとも非相対論的な解釈のもとでは同じ時間の関数の存在としてここにある。我々とて例外でない。足元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くちなし お題:汚れた船 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:484字
たぬきは泥舟に乗って、沈んでしまった。昔話であったっけ。うろ覚えだけれど、結構残酷だった気がする。そうそう、カチカチ山だ。あれ、いまじゃあソフトに話を変えられて 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:危ない机 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1280字
「人食い机の噂って知ってる?」 彼女は沈みかけた三日月のように唇をゆがめた。 人食い机は、僕の通う中学校に伝わる怪談の一つだ。 どこかの教室に人食い机と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:希望のスキル 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1217字
「居眠り運転のトラックとテロリストの車爆弾に挟まれた上に、落雷に打たれ地盤沈下で足元の道路が崩れて死んでしまうとは、あまりに可哀想だということになった」 パッと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:希望の人 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1005字
その箱は、開けてはならぬ箱。 開けてはならぬ箱は、いつかは開いてしまう箱。 箱に詰め込まれていたのは、ありとあらゆる災厄であった。 箱が開かれてからというもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3001字 評価:1人
栗山さんのことを僕よりよく知っている男は、この世にはいないだろう。 栗山さんは、僕と同じ高校同じクラスの二年生。下の名前はユキというが、多くの場合は苗字で呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄色い門 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1274字
「赤、青、赤、青、赤、赤、青だ。いいな、間違えるなよ」 そう言って先輩は、僕にピルケースを握らせた。中にはいくつかの錠剤やカプセルが入っている。 この薬を飲んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬のテロリスト 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1049字
カルブは腕のいい犬の調教師だった。 その技術を見込まれて、彼はある組織から勧誘される。 組織は、「この世は間違った神に支配されている」と謳い、「暴力によって邪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:緩やかな深夜 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1000字
秋の夜長というけれど、それほど長さに差を感じない。 それはすぐに寝てしまうからだ、と彼は言ってわたしを外に連れ出した。 玄関先で大きな欠伸をすると、外にいた彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:免れた天使 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1224字
「……というわけで、今日は言うことを聞かない王様の心を開くため、この国の赤ん坊を皆殺しにします」 背中に白い鳥の羽を持つ美しい天使は、その笑顔に似つかわしくない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:蓋然性のある感覚 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1144字
「大体のことは感覚でわかるんだ」 筑波くんはよくそう言うが、学校の成績は良くない。感覚でわかるんじゃないのかよ、と言うと「こういうのは勝手が違うから」と言い訳す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの使命 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1128字
「みなさんには、使命があるのです。人間は、必ず一つの使命を帯びて生まれてくる。今日旅立つみなさんは、その使命を探しに長い長い旅に出るのです……」 中学の卒業式の 〈続きを読む〉